« 新車心象風景:スズキ・キザシ | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ »

雑誌ナナメ読み:NAVI休刊

Navi02  6日の新聞紙上で雑誌NAVIの休刊が報じられた。

  そんな話を少し前に聞いてはいたけれど、会社からこれほど早く発表するとは少々意外だった。次号から編集長を交代して誌面もリニューアルと謳っているから、多少の混乱はあったのかな?

 以前にも何度か書いているけれど、僕が創刊から欠かさず購読している自動車雑誌はこのNAVIと、いまお世話になっているマガジンXだけ。というか、クルマに興味を持った大学生時代にちょうど創刊したNAVIがあったからこそ、いまこうしてライターの真似ごとをやっている具合なんだとも言える。

 初代大川編集長の掲げる新自動車評論を具現していたのは名物コーナー「NAVI TALK」だったけど、作家や評論家を執筆陣に招いたのは、文化としての自動車を語る試行として、少なくとも当時は画期的だった。

 また、たとえば下野氏の人気連載「イッキ乗り」が痛快だったのは、単に面白おかしい語り口だけが理由じゃなく、そうした雑誌としての明快なビジョンが底に流れていたからこそなのだと思う。自由主義か平等主義か、とにかく反権力の旗を掲げんとする・・・ように感じさせた初期の方針に、きっと僕は賛同したんだと思う。

 2代目編集長の鈴木氏が推進したクルマ生活を彩るモノへの注視は、同時に氏が語る学生運動の残り香や矢作氏の起用などと相反するじゃないか?なんて批判を抱えつつも、おそらく知的好奇心とモノ=ファッションを自動車雑誌で融合させたことが読者層の拡大につながったように見えた。

 けれども、その後のNAVIは少なからず迷走していたんじゃないか? この辺はいろいろな意見があるとは思うけど、創刊以来の財産を使いつつ、しかし容易に新機軸が見つからないという感じがどうも・・・

 とくに最近はポルシェだフェラーリだルマン参戦だと、どうにもバブリーな企画が多くなったこと、編集部員よりも他誌と同じような評論家起用が目立ったことなど、これが果たしてNAVIなのか? と首を傾げていたのも事実なんである。ファッションや時計などのページは、いまだに載っている必然性がほとんど感じられないし。

 もちろん冷静に考えれば、NAVI TALKが終わったとき、この雑誌を継続するための求心力も実質的にほぼ失われていたのかとは思う。そりゃ、自分がこの25年間でずい分と年取ったのもあるんだけど、想定を超える記事によって自分を導いてくれる感覚はずい分減ってしまったなあと。

 今後は老舗雑誌CGに集中するなんて会社のコメントがあったけれど、個人的には新生NAVIたる新冊子による”再出発”を期待したい。もちろん、CGは変わらないという前提なら。

  HVやEV以外はクルマにあらずとか、温暖化はクルマが主犯などという短絡的TV報道。外国勢に見切られそうな日本市場。過剰ラインナップと価格破壊、等々。クルマ評論なんていまさら・・・などと言われていても、初心に戻ればやることはまだまだ山ほどあると思うからね。

 とりあえず、あと2号はしっかり読ませていただこうと思う。

|

« 新車心象風景:スズキ・キザシ | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

NAVIは確かに創刊当初からの役割は終えたのかもしれませんね。
NAVI TALKをやらなくなった時点で、今まで毎月買っていたものが、立ち読みをしてシビアに内容で買うか買わぬか決めていましたね。
そういえば、最近は評論家や雑誌のひひょうにより新車がどう判断されているかなんて気にしなくなりましたね。巨匠?も「間違いだらけ~」を止めちゃったし・・・(ひっそりエコカー版で間違いだらけ~は復活していますが)

最近は、編集長がCGから移籍?したせいかCGとどう違うの?と思えるスポーツカーというか走り屋指向の企画が多かったし…
2代目編集長は、まぁ色々とありすぎた方で、まさか企画そのまま他社へ移籍するとは思ってみませんでしたね。ボクはNAVIが休刊するより、2代目編集長が移籍した某誌の方が先に休刊すると思っていましたが…

NAVIが役割を終え休刊するのは仕方ないとしても、最近自転車に走ってしまった自分としては、姉妹誌である自転車NAVIまで道連れにするのはけしからんですね。確かに本体が休刊するなら、姉妹誌も右に倣えはわかんでもないですが、結構ムッとしますね。

NAVIが自動車業界に少なからず与えた影響はあったにせよ、今の業界って雑誌媒体が影響を与えるよりも、自分たちの都合で勝手にやっているところが多いような気がしますね。そして、我々ユーザーがそっぽを向いたら慌ててなんかしようとしても遅い。いやもう日本のユーザーなんて大して振り向いてはいない。
その結末が、今回の休刊にも少なからず結びついているような気がしますね。

投稿: アクシオム | 2010年1月 7日 (木) 23時10分

創刊号から鈴木さんが去る頃まで買ってました>NAVI
CGLUBの末席に置かせて頂いている身として、一抹の寂しさはありますが、今の時代ネット上には雑誌より遥かに面白い情報が山程ありますからね、自動車に限らず。
その情報にお金を払う価値があるのか、難しい時代ですね。

ところで16日、立川で新年会やります。もし宜しければ。

投稿: gop | 2010年1月 9日 (土) 11時03分

私も鈴木編集長の時まで購読していたクチです。
3人衆のNAVIトーク、「エンスー」なナベゾ画伯(合掌)などなど思い出深いですね。

と、徳大寺御大が先日出演したラジオ、聴きました?
アーカイブありますから(1月8日)ソースが消える前にどうぞ。
http://www.joqr.net/blog/main/
いやはや、味わい深いキャラは相変わらず。聴いててシビレましたです。

投稿: knock | 2010年1月10日 (日) 23時32分

アクシオムさん

鈴木編集長がやめた、あるいはNAVI TALKが終わった、という
タイミングで離れた方は多いかもしれませんね。結局、それらに
代わるものが育たなかったのでしょうか?
もうひとつの雑誌の方には元NAVI編集がしっかり帰ってきてい
ますが、色々あるのでしょうね。

gopさん

やはり鈴木編集長までですか。このネットの時代でも、ここにし
かない何かがあればお金は出すと思うのですが。
16日は仕事で出勤です(残念!)。次回イベントも是非お声をか
けてください!!

knockさん

やはり鈴木氏までですか。
このラジオは聴いていません。文化放送ですか? これから聴
いてみますね。情報ありがとうございます。

投稿: すぎもとたかよし | 2010年1月11日 (月) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32883212

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:NAVI休刊:

« 新車心象風景:スズキ・キザシ | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・タント・エグゼ »