« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編) »

新車心象風景:シビック・タイプR EURO

Civic   欧州シビックは古いのか?

 ようやく日本にやって来たEUROが雑誌で騒がれるのは、それが”R”であることがいちばんの理由だ。じゃあ、この特徴的なスタイルはどうなのか?

 ある雑誌で清水草一氏は、このEUROをカッコいいなどと言ってるのは、80年代に郷愁を感じる40代以上だけだ、とバッサリやっている。つまり感覚がえらく古いと。

 これ、僕は半分だけ賛成だ。

 それは、どこかロボットアニメちっくなイメージが80年代だよねってな話に、イメージとしては何となく「そうだよなあ」と感じるから。巷ではガンダム風と言われてるヤツで、いいとこ突いてるなあ、と。

 ただ、じゃあ実際に80年代のどのクルマ? となると実はあんまり思いつかないのが賛成半分の理由かな。たとえばMR2、スターレット、スープラ、スカイライン、シルビア、スタリオン、アルシオーネあたりはそれっぽかったけど、それをこの欧州シビックの「まとまり感」あるスタイリングと比較するのはチョット違う、というか可哀想だもの。

 それより、導入したのが3ドア、しかも”R”だけっていうのがある種の古さ、あるいは子供っぽさを感じさせるんじゃないかと僕は思っている。

 皆さんご存知のとおり欧州では5ドアも売っているし、グレードもごく普通に展開されている。”R”でさえ日本版より実用的な乗り心地だって言うから、他のグレードはより生活車としての味付けがされているんだと思う。きっと。

 で、ドアを4枚持った実用的なハッチバックが、こういう塊り感のある実にシャープなスタイリングを纏っているのが「肝」なんじゃないのかな。ホンダはそうやって欧州市場で戦おうとしたと。

 だから、僕はタイプRだけを持って来るその考え方が拙いのであって、結果清水氏の言う40代以上とか、ある種の走り屋さんなんかのイメージが先行しちゃう原因となってるんじゃないかと思う。言ってみれば、その発想が80年代ってことで。

 なので、ホンダには是非5ドアや普通のグレードを持ち込んで欲しかった。できればディーゼルも入れちゃおうか、くらいのつもりで。そうすれば、同じ雑誌で前澤義雄氏が書いていた「誰のために売ってるのか?」という疑問の大半は拭えると思うし。

 いや、もちろん最初からこれを国内で売っていればよかったんだけどね。国内はより大人しいセダンが合っている筈、っていうリサーチもしっかり外したわけだし。

 僕は欧州シビック、古いとは思わない。 

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

楽しみに読まさせて貰ってます。
シビックオーナーでは無く現行ロードスターオーナーですが日本仕様シビックには丸っきり魅力を感じません、ユーロシビックがワンダーからのシビックの本来の後継に見えますね。
シビックって一寸尖った、実用的な、一寸お洒落な、カローラとは違うベーシックカーだったのが先代で迷走して現行でカローラと同じに成ってしまった様に感じます。

いくら良い脚とエンジンでも日本仕様タイプRのデザインでは買いたく無いですし。

投稿: B.Y | 2009年12月 7日 (月) 10時44分

日本のメーカーというか、市場もそうですが、あまりにも売り手側の都合による売れ線モデルしか用意しませんね。シビックのTypeRはまさにそうでしょう。ヨーロッパから持ってくるなら、5ドアのディーゼルが一番ヨーロッパらしいのに。
正規にラインナップすると、グレードやボディカラーの選択肢が少なすぎる。
やはり正規で販売するのは、認可関係にコストがかかるし、店舗の運営費用など、商品以外のことにお金がかかりすぎるのが原因なのかもしれませんね。
これだったら正規品を輸入するんじゃなくて、並行輸入で好きなボディカラーやグレードを持ってきた方がいいと思いますね。

ガンダムデザイン、確かにガンダム自体80年代に流行ったものですが、クルマのデザインとしては90年代後半のもので、それをわざわざ80年代括るのはいかがなものか?
それに今だって、GT-Rをはじめ、ガンダムデザインってある種のトレンドにあると思いますが・・・
僕はこのシビック、セダンに比べたら全然新しいと思いますよ。セダンこそ糾弾されてもいいですが、このハッチバックをそのような視点で古く切り捨てるのはどこか勘違いしているような気がしますね。
ただし、3、4年も経って入れているようじゃ、ホンダの日本ってやることが遅いですね。

投稿: アクシオム | 2009年12月 7日 (月) 10時47分

私はUKシビックハッチが、ジャパニメーションの影響を受けたデザインだとは思いますが、清水氏の言い方には首をかしげる。インテリアはともかくエクステリアはゴツゴツした異物感丸出しではなく塊感のあるモダンな造形ですし。

これをR限定で導入したホンダは本当にバカだと思う。このデザインに惚れた人間は、なにもRなぞ求めていない。それこそ普通の5ドアで良いのでは?と。

ちなみに、東京モーターショーでこれを見て、シビックハイブリッド、インサイト、CR-Zよりも一番モダンでデザインの完成度も高くて、これをハイブリッドに出来るなら、それでハイブリッド専用車にしたらよかったんじゃ?と写真から思った印象をあらためた再確認しました。

デザインだけで見ればこれが一番魅力もあるし、ハイブリッド専用車にすることで、その魅力が高まる。オリジナリティがあるから、インサイトのようにプリウスのパクリと言われることもない。オペラグラスもあるから、サイバーCR-X的要素もあるし。ってスタイリングのサイバー度でも先に挙げた車種の中で一番ではないでしょうか?CR-Zなんていらない。

正直、私、最近のホンダのインテリアって、全体の統一感はないわ、ステアリングホイールのデザインも含めて、子供っぽいディテールばかり目について、それこそ80年代アニメなデザインで大嫌いだったんですが、不思議とこのUKシビックハッチだとしっくりくる。インテリアも最近のホンダの中ではまとまりのある方だし、何よりエクステリアとつりあいがとれている。他の車種はエクステリアに対して、インテリアが浮きすぎだと思いますし、アニメ調の子供なSFなデザインに木目貼ってる、オデッセイとか珍妙に感じます。


投稿: KATSU | 2009年12月 7日 (月) 16時56分

娘が帰ってきたら
こういうのが良いなァ~~

投稿: 佐衛門 | 2009年12月 7日 (月) 18時20分

私も好きに一票です。
新しい、古い、っていうか、昔のイメージの「ホンダ」っぽいてのがほんとです。
雑誌で何年か前に見て、久々にホンダ感のあるシビックになるんだと思ってたら、イギリス工場製でしかも、日本に入ってこないと言うことの方がビックリしました!
シビックは今や、「フィット」に変わってしまい、名前を残すためだけに存在しているような立ち位置の曖昧なクルマになってしまいましたよね、それに比べるとユーロシビックは、純血のシビック後継だと思います。

形。いいじゃないですか!訳のわからん理屈で捏ね回したフィロソフィーなんてクソ食らえってところが。おもちゃですもん。基本こういうクルマって。

ただ、いつか、すぎもとさんの所にも出てくると思ってたんですが・・・「ガンダム」っぽいデザインて表現アレ、イヤなんですよ。
ガンダム世代ど真ん中なんですけど、羽が付いたり、やたらと空力パーツが付いたり、変なデザインだったり、ようするに、稚拙なデザインを指してマイナス的に使われているのがどうも納得できないです。
「ガンダムデザイン」の方がもっと道具感のある、(戦車とか軍用車両とか飛行機、電車など)「男の子」が根本的に好きなデザインなんじゃないかなぁ。
カッコ悪いモノ、美的感覚がおかしいものを「ガンダム」って言われるのには昔から抵抗があります。

個人的には、シビックの外観は、ガンダムじゃないですね。
それよりも、ボンネットフードに「穴」開けるデザインは、そろそろ卒業した方が・・・スバル、三菱さん。

投稿: ぷじお | 2009年12月 7日 (月) 21時15分

BYさん

こんにちは。
ワンダーは個人的にもベスト・オブ・シビックです。
あれ以降はワンダーの貯金でやってきましたが、すでに
その残額もなくなった感じですね。たしかに正当な後継
かもしれません。

アクシオムさん

イタリア車じゃなく、日本メーカーのクルマなんだから、こう
いう入れ方はないですよね。こういうことをやれば、ますま
すシビック=Rしか価値がない、という構図になって行くの
が分からないのかな?

KATSUさん

そうそう、Rなんて求めてない人こそ大事にするべきなんで
すよね。しかし、これをハイブリッド専用車にっていうのは面
白い発想です。現行シビックは論外として、CR-Zだって所詮
母集団の少ないクーペ市場ですからね。それなら欧州シビッ
クの5ドアが普通にハイブリッドっていうのは面白いです。

左衛門さん

普通グレードで、気の利いたボディカラーがあればいいですね。

ぷじおさん

ガンダム風・・・実は僕も大嫌いです。僕もガンダムを高校生で
リアルタイムで観た世代ですしね。って言うか、実際にガンダム
にそっくりなんてことはないし、多分番組を見たこともないだろう
女性ライターとかが使ってたりすると苦笑しますね。これに限ら
ず、流行言葉でくくるのが好きですね、日本人は。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年12月 8日 (火) 22時43分

いつも楽しく閲覧させていただいています。
七代目EUシビックは先代EKまでの走りは失いましたが、ファミリーカーとしては燃費も良く
とても使いやすい車でした。
しかしフィットはバカ売れするのに、EUシビックは日本では売れませんでした
(社外パーツも凄く少ないです)。
今5ドアハッチで頑張っているのは、コンパクトクラス以外ではアクセラですが、それでも
ミニバンより売れていない現状です。
フィットアリアの後継車も海外ではヒットしていますが、日本では売れずに絶版になりました。
ディーゼルは平均速度が低く、ストップ&ゴーが多い日本の道路では、その性能を発揮しづらい
のではないでしょうか。
ユーロ仕様がタイプRのみ日本で販売なのは、単純に市場を見極めた結果ではないかと思います。

投稿: しらが | 2009年12月23日 (水) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32504210

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:シビック・タイプR EURO:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編) »