« クルマの他:年末恒例コンサート | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(日本車編) »

新車心象風景:トヨタ・SAI

Sai 僕はSAIについて、トヨタというより、雑誌等の記事にふたつの疑問がある。

 まず、このクルマはプロの評論家が評価するべき対象なのかな、というのがひとつ。

 これはもうたくさんの方が感じていると思うけど、パワートレーンや基本シャシーはもちろん、ピラーやドア(フロント)、インテリアの造形までをレクサスHSと一緒にして、これは別のクルマですっていうのはやっぱりどうなのよ、と。

 いや、ユーザーがそう思って買ったりするのはいいんだけど、プロがやれシステムのチューニングやサスペンションの設定がどうのと、細かな”差異”を探し出して、いかにも違うクルマですってあれこれ書くのはねえ。

 それから、SAIが「小さな高級車」っていうのもどうかと。これはいくつかのメディアで同じことが書いてあるので、たぶんメーカーからプレス向けにそういう話があったんだと思う。曰く、クラウンクラスからのダウンサイジングや、HVがまさに現代の小さな高級車なんだそう。たとえば、かつてのプログレみたいに。

 いやあ、それはキツいよねー。だって、先行したHSが高級車の証たるレクサスとして売ってるのに、それよりお安くまとめたSAIもまた高級っていうのは完全に矛盾してるもん。だいたい、ダウンサイズとか言っても、その前にこの中途半端なスタイルのどこが高級なの?

 もちろん、今後ヴィッツクラスまで展開するというHV自体が高級車の要素とはもはや論外だし。

 いやね、繰り返すけど、ユーザーがちょっと和の雰囲気のある内張りなんかを見て「高級感あるなあ」と思うのは仕方ないんである。実際300万円オーバーだし。もちろんHSと関係が深いなんて知らない場合はとくに。

 けれども、プロがそれと同じレベルで評論書いちゃうのはいかがなものかと。オーリスとブレイドでもどうなのよ、と思ったけれど、今回は両方とも高級車ですっていうのがさらにね。

 僕はそもそも評論の対象じゃないと思う。いや、たしかにずいぶん昔は兄弟・姉妹車なんてお手軽商品が結構あったけど、いまじゃトヨタだけでしょ、こんなことやってんの。これに比べたら、日産やマツダが軽でやってるOEM商品の方がよっぽど正直でいいよね。

 なんかね、VWポロの記事では日本車もこういう姿勢を忘れないでやって欲しい、なんて書いてるのに一方でこういうのって酷いでしょ、やっぱり。そりゃトヨタはコスト削減で最大の効果を狙うわけだけど、それにOK出しちゃねえ。

 メーカーが手を抜いてもメディアは褒める。褒めない輩は排除する。皆が内輪で仲良くやる。批評とか言ってないで楽しもうゼと。そうやって何十年も盛り上げてきた筈なのにクルマは売れなくなり、モーターショーは傾き、雑誌も休刊が続く。

 もしかして、そういう近視眼的なやり方は回りまわって自分たちの首を絞めることになっているんじゃないのか。だれもそれを言わないのかな。いや、だれもそんな風に思っていないのかな?

|

« クルマの他:年末恒例コンサート | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(日本車編) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

まぁそれならこの際、SAIは無視しましょう…とはいかないようですね。
逆に徹底してHSとの違いを意地悪く批評してみては?
結局のところ、メディアのトヨタ支配…とまで言いませんが、広告費を多く握っているトヨタさんを無碍にできない現実がそこにはあるんでしょうね。
評論なんか、我々素人の方が好き勝手にやっていた方が面白く、鋭いものがありますし、まさか家電や日常品のように「買ってはいけないクルマ」みたいなタイトルの本を、自動車メーカーの広告を乗っけている雑誌社が出せるわけもないですし。

それにしても、SAIのような商品を出せるのも今のうちじゃないですかね。
いずれ販売チャンネル、店舗の整理統合とともに、車種の整理統合もバッサリやらないとトヨタだってもたなくなるでしょう。
現に、一番売れているハイブリッド車の納期長期化とリース、ローン販売の台頭で販売店の経営は相当大変になっていますから。

投稿: アクシオム | 2009年12月17日 (木) 23時30分

通り過ぎようとしたらなんかプリウスとは違う車が近くのトヨタに飾ってあった。
ゥ~~~ンン  普通のセダンじゃん!!
いくらなんだか知らないが、二百万以上出して乗りたい車じゃないネェ。
プリウスのほうがエェ  。

投稿: 佐衛門 | 2009年12月18日 (金) 14時48分

う~ん、すぎもとさんの言っていることもわかるんですけどね。
ただ、ベーシックグレードで338万円のセダンは「高級」という扱いでしょう。
これをベーシックセダンなんて書いたら、消費者は引くと思いますよ。
マークXですら、中間グレードが買えちゃう値段ですし。
「HS250hは特上」「SAIは上」ってところじゃないですかね。

高級車か否か?は、
「同門と比べてどうか?」ではなく
「マーケット全体の中で見てどうか?」
なのだと思いますよ。僕は。


で、「HS250hとの違い」ですが、
これは仕方ないんじゃないですかね。
HS250hの存在を知っている読者は両車の違いを知りたいですから。
(僕だけでしょうか?)

1台の新型車として淡々と紹介されるよりも、比較して紹介してもらったほうがわかりやすいです。

某WEBで掲載された「なぜ車両重量が70kgも違うのか?」とか
ある雑誌で読んだ「エコ素材を使ったクッションはなぜ運転席側だけなの?」なんかは
とても興味深く読めました。
(どちらも、HSとの関連があるのです)


投稿: TK | 2009年12月18日 (金) 15時11分

これが、「トヨタ」ですよ! ザッツ・トヨタ。

確かに、自動車評論家の方々は、どこが違う、ここが違うと書いてますが、昔からトヨタってこんなじゃないですか?

ただ、現場にいて、あきらかにトヨタが変質し始めたのは2000年頃からです。あからさまに安物を使うようになりました、(けど、それと逆のベクトルで売れ始めたんですよ)本当に「質」が落ちているものを平気で採用するようになり何故売れているのか正直???でした。今も、友人のトヨタ車に乗ると、当時より更に材質の劣化が目に付きます。
初代エスティマより今のヴェルファイアの安っぽいこと。で、それをごまかす技術は上手かったのに、それすら現状はできてないレベルです。

お客様からお金をいただいていいギリギリのレベルです。
そういう視点で見ると、SAIもましてや、HSなんて、「高級車」ではなくただの『高額車』で、見るのも、話すのも嫌なクルマです。

ですので、あまり、深く考えなくても良いのでは? 買いたい方はお好きに、それだけです。ただし、やっぱり、エクステリアデザインは嫌ですね。

私は、本当に自動車業界から足を洗って良かったな~と思うことしきりです。
今、一番ワクワクしているのは、VWとスズキの提携です。

投稿: ぷじお | 2009年12月18日 (金) 21時08分

アクシオムさん

販売店再編は避けられないですね。しかし今回は
ブランド間でのことですもんね。

「買ってはいけない」は面白いと思いますよ。つまり
危険とか壊れるとか、そういう視点ではなく、あり方
としてどうなんだ、ということであれば社会的制裁の
ようにはなりませんしね。難しいでしょうけど。

TKさん

鋭いご意見ありがとうございます。趣味的に両車の
違いを聞いてみたいというのは面白い発想ですね。
そのために実際に2台のクルマが存在してしまうと
いうのはあまりに贅沢かとは思いますが。

もちろん、何もユーザーさんは高級車で納得でしょう
し。

ぷじおさん

そうなんですか。トヨタにそんな変化が。
「高級車」じゃなくて「高額車」という考え方、大賛成
です。僕もSAIは高額車だと思います。高級という言
葉をあまり軽く使わないほうがいいとも思いますね。

VWとスズキ、驚きですね。うまい関係になればと思
います。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年12月20日 (日) 11時00分

こんにちは、今は、たぶん変わっていると思いますが、「トヨタ社」は、新入社員は、「自動車」・「ホーム」・「ヨット」など入社時点では何処に配属になるかわからなかったんですよ。

そして、「トヨタ自動車」に配属になっても、車と関係ない部門になると、当時は全く車と関われないという会社でした。工学部の院を出ても関係なくそんな社風です。

その点、バブル後のグダグダだの状態でも、『マツダ」のエンジニアさん達は話をしてて面白かったです。
すごくクルマが好きなんですもん。色々な事も教えてもらいました。

私が知るだけなんですが、「マツダ」はクルマを作りたい人が現場にちゃんといて、「トヨタ」は、どんなにクルマ好きでも配属次第で現場にいけない。
そんな違いが、今、作っているクルマを見ると出てきている気がしてなりません。

投稿: ぷじお | 2009年12月20日 (日) 14時01分

「日本のユーザーの大多数は、高価格=高級と思っている」
なんてね、昔からそんな考えしてますよ、トヨタは。
小手先変えて光り物多く(結局はプラスチックにメッキしたもの)すりゃ、喜んで買ってしまうユーザも問題だと思うのですけどね。
ま、納得して買ってりゃいいかとも思います。
自分の家族には「やめておけ」と注意はしますけど、他人さんに対しては「いいクルマ買ったんですね」って言うだけですから。

今の状況なら、レクサスマーク付けりゃ、パッソだって高級車ですよね。

投稿: nobol | 2009年12月23日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32642624

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・SAI:

« クルマの他:年末恒例コンサート | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(日本車編) »