« クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編) | トップページ | クルマの他:年末恒例コンサート »

クルマ散策:谷保天満宮旧車会

Img_5091  昨年から始まった地元国立の「谷保天満宮旧車会」、今日その2回目が開催されました。

 これは、1908年「自動車の宮様」と呼ばれた有栖川宮威仁親王と政財界の有志が、都心からこの国立谷保天満宮まで初めてのロングツーリング「遠乗会」を開催したことを記念したもの。

 国立のクルマ愛好家が発起人となって、昨年から大々的にイベントとして復活させました。

 その前回は「昭和のクルマ」を公募して近所の広場に大集合となりましたが、今回は「選ばれた名車」が天満宮内に展示されるという趣向です。

 自宅から間もない天満宮の鳥居をくぐると、いきなりピカピカの旧車が並べられていました。神社にクルマ?と思いますが、よく考えてみればクルマの「お祓い」は珍しくないですよね。

Img_5082_3  展示車は国産車と外国車がいいバランスで並べられていました。スバル360は結構見ますが、三菱ミニカ、マツダキャロルはなかなか珍しかったですね。

 他に国産車では、プリンス・スカイラインやべレット、初代フェアレディなどが目立っていたでしょうか。あ、写真手前のサニークーペもなかなかキレイでした。いやあ、こういうのを拝見しちゃうと、僕のジェミニなんて「最新式」と言ってもいいくらいですよね。

Img_5086  外国車勢では、カニ目などのイギリス勢が多かったかな。中にはサーブ99なんて希少な固体もありました。

 それにしても、こうした旧車達の多くが「多摩」ナンバーなのには驚きましたね。こんな珍しい旧車が比較的近いところに”保存”されてたなんてまったく想像もしてませんでしたから。

 とにかく、発起して実現させる愛好家の方たちの努力には頭が下がります。天満宮や市が協力しているとはいえ、なかなかできるもんじゃないですもんね。

 今回は参加型ではなかったですけど、とにかく、地元にこういうイベントがあるのは嬉しいですね。

|

« クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編) | トップページ | クルマの他:年末恒例コンサート »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

お会い出来ず残念でした。何台かは市内で見掛ける個体もありましたね。
某議員さんもいらしていて要らぬ勘ぐりもしてしまいましたが。
さらに主催クラブの事務局は市内某ビルだそうで、ビックリ致しました。

投稿: gop | 2009年12月14日 (月) 06時52分

こんにちは
私も見に行きました.サニークーペは私が行ったときにはフードを開けていましたが,エンジンルームがキレイなのに驚きました.エルバ・クーリアを初めて見られたのが良かったです.

投稿: akira isida | 2009年12月14日 (月) 16時45分

gopさん

議員さん・・・ですか。
市とか商工会とか色々絡んでいますので、参加者側には
見えないことも多いのでしょうね。しかし、イベント自体は
地元の貴重な資産になればいいと思います。

akira ishidaさん

エンジンルームは見られませんでしたね。残念。
来年はどんなコンセプトになるんでしょうね?

投稿: すぎもとたかよし | 2009年12月18日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32599552

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:谷保天満宮旧車会:

« クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編) | トップページ | クルマの他:年末恒例コンサート »