« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

新車心象風景:スズキ・アルト

Alto 編集中の記事をUPしてしまったようで、大変失礼しました。  

  で、またしても「規格」の話になってしまうと思います。

 東京モーターショーで初代と並べて展示されていたのが物語るように、新しいアルトもベーシックな軽のあり方を提案してるのは間違いないかと。

 実際、バンであれば70万円台からだし、上級グレードでも100万円少々と、近頃の軽としちゃあ、お安い価格帯設定なんである。

 けれども、そのベーシックは安かろう悪かろう、かというとそうでもないらしい。「かしこくステキ」「あたらしい暮らし」「使いやすいという美しさ」なんてキーワードを見る限り、持って行こうとしているのはいわゆる”シンプルライフ”方向の模様。もちろん、いい意味での。

 世界戦略車Aスターに準じたスタイルは、かつてのツインみたいな薄っぺらい感じはないし、一体成形の樹脂で覆われた室内は、明快なデザインとそれっぽい色使いで「いいんじゃない、これで」と思わせる。ただ、そう思わせるんだけれど、じゃあ20、30万円お高いワゴンRやラパンなんかはどうなるんだ、とも思うわけだ。

 ここでの問題は、基本中身が同じって話。たとえばアルトはワゴンRとエンジンはもちろん、シャシーも基本一緒でしょ。アルトがお安いといっても、とくに遅いとか燃費が悪いってことはないし、逆にワゴンRやラパンがお高いなりに速かったり静かだったりはしないと。逆に新しい分、アルトには最新式CVTが奢られたりして。

 そうするとこれ、つまりは着せかえ人形って話なんだよね。しかも、その着せかえ服は値段相応にスゴイ差があるわけじゃない。そう、せいぜい、ジーユーの890円ジーンズとユニクロの2900円ジーンズの差かな? ま、少なくとも9800円のリーバイスにはなってないと。で、なんか軽自動車ってこんな商品展開してていいのかな、と僕は思うんである。

 VWとスズキが提携して、今後軽か、あるいは軽に準じたクルマが本格的に海外に進出する可能性を得たでしょ。そうするとたぶんエンジンを800とか1300ccに換装したり、シートの作りを見直したり、あるいはデザインもより質の高いものになったり。もちろん、実燃費向上も意識して。そうやって何やらすごいコンパクトカーができそうな気配があるでしょ。1300ccで輸出されているダイハツのコペンなんかはその試行っぽいし。

 でも、それをなぜいまだに日本でやらないの?と思う。軽の技術には相当な可能性があるのに、当の日本がいつまで着せかえ人形やってるの? 排気量なんか660ccなってから一体もう何年経ってるの?

 スズキは世界戦略車であるAスターに沿った存在として国内版アルトを作ったという。だったら、軽枠自体について検討したらいいのにと思う。

 いや、軽規格は当面変更ないと思うんで、規格をはみ出して作ってみればいいじゃんと。だって、小型車並の質感や走行性能を軽のサイズくらいで欲しいっていう人はそこそこいると思うけどな。燃費の良さも含めて。値段が張るといっても、一部の軽はすでに150万円オーバーで小型車より高いし。そしたら、あとは小さいなりの面白いスタイリングやパッケージがあればね。

 いやいや、もっと高級路線だって・・・という話もあるんだけど、それは今度アストンマーティンのシグネットのときに書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX2月号発売

Magx02  ニューモデル・マガジンX、2月号が発売になりました。

 今回は「道路関係」という編集部の意向により、久しぶりに道路関係の天下り財団について取材を行いました。

 今回取り上げた団体は、僕がマガジンXで社会ネタを始めて間もない頃に取り上げたのですが、その後TVニュース等でも大きく取り上げられたところです。

 批判を浴びた天下り先は解散や統合といった”処分”となるケースがあるわけですが、じゃあ、その解散って何? という話について所管に聞いてみました。

 よろしければ今月号もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(日本車編)

Mazda323  ヨーロッパ・ツーリング写真集、最後は彼の地で見た日本車数台をアップします。

 まず、いちばん多く感じたのがマツダ車ですね。これはとくにどの国、ということじゃなく、まんべんなく多かったです。

 まずはランティスことマツダ323。これはドイツでしたね。僕はもともとランティスが好きなので、迷わずシャッターを切りました。

 日本でも状態のいいグリーンボディなんかを稀に見ますけど、やっぱり向こうで似合うクルマですね。

Mazda121  続いてレビューことマツダ121。実を言うと僕はレビューも好きだったりします。

 非常にコンパクトながらセダンボディという点もそうですけど、初代デミオに通じるカジュアルな雰囲気が好きです。

 レビューもたまーに日本で見ますが、状態がいいといまでも欲しいなあなんて思います。

 これはドイツ南部ですが、きっと何かの商用車ですね。

Mazda626  マツダ車がホントに欧州に根付いているんだなあ、と思わせるのがこの626でしょうか。

 何たってクロノスは国内で壊滅的に売れなかったですからね。それがいまだにあちらで走ってるなんて。

 当時のマツダだと、僕は圧倒的にユーノス500が好きですけど、これは1回だけ見ました。走行中だったので写真は撮れませんでしたが、日本にはない淡いグリーンだった記憶があります。

Collolasprinter  トヨタです。

 これはスプリンター・シエロでしたっけ。あちあらでは普通にカローラです。

 やっぱりこうしたクルマを見ると、向こうは5ドアが浸透していることを感じますね。

 しかし、この代のカローラ・スプリンターは売れましたよねえ。個人的にはこの前の代がいちばん好きですけど、こちらもなかなか。トヨタってまとめ方が巧いよなあ、と感心していた頃ですね。

Collola5door  で、比較的最近のカローラも走ってました。またしても5ドアですが、これは日本にはない車型ですよね。

 しかし、こうやって比べてみると、ボディパネルの加工の自由度が上がるっていうのは、必ずしもいいとは思えないですね。

 新しいカローラのヒップは丸っこくてスベスネですけど、クルマとしての佇まいというか、存在感は80年代のカローラの方があるような気がしてしまいます。

Primera  次は日産です。

 初代プリメーラですね。これは欧州専用のスーパーレッドという赤です。プロテクターまで赤なのは自分で塗ったのかな?

 これ、実は日本でも期間限定で発売されたんですよね。その筋では有名な限定車です。って言うか、僕も欲しかったんですよね、この赤。

 初代は他にも数回見ましたが、やはり5ドアもいましたね。

Maxmaqx  これはセフィーロこと、マキシマQXです。

 インフィニティじゃなくて日産ブランドですが、早くもQXなる名称が使われていたんですね。

 マキシマは最初ブルーバードの鼻先を伸ばしたものでしたが、オリジナルになった最初のモデルはよかったですね。

 他メーカーが成金的高級車に向いているとき、マキシマはいち早く合理的でプレーンな提案をしました。

Justy1  スズキのクルマがスバルのOEMとして売られているとは聞いてましたが、このカルタスことジャスティがそうでしたね。

 なんかホントに車名のシールだけ違うみたいな状況で悲しいです。

 そういえば、スイスはスバルが目立ちましたね。4WDという需要もあるんでしょうけど、高速を走っていて、スイスのSAになった途端駐車場でスバル車が多くなりましたもん。

Impressa  このインプレッサもSAで見たものですね。

 ベルンの街中ではレガシィも結構見ました。先代の他、2代目とか、とにかく実用的に使われている感じでしたね。

 スバルはスイスと特別に輸出ルートを設けているんでしょうかね。

 あ、そういえばスイスはナンバープレートの大きさや形が日本に似てました。それに、周囲の国の中でスイスだけ高速道路が100km/hでしたっけ。

Subaru700  スイスにスバルが根付いているなあ、と決定的に感じたのがこのスバル700でしょうか。

 実はこのクルマの生い立ちについてはほとんど知らないんですけど、ボディはレックスっぽいですよね。

 いや、このクルマがとにかく程度がよくて、もうピカピカ。日本でも、当時のスバル車でこんなキレイなのほとんど見ないですよね。よっぽどマニアか、物持のいいオーナーさんですよね。

Civic  新しいクルマも少し。

 言わずと知れた欧州シビックです。タイプRとかじゃない、普通のグレードですね。

 前に書きましたが、実用グレードでもこのスタイリッシュさっていうのが、このクルマの身上じゃないかと。

 今回は3回くらい見かけましたけど、タイプRは見なかったし、2回は5ドアでしたね。

 新しいといえばこういうのも。

Daihatsusirion  ダイハツ・ブーンことシリオンです。やっぱりこういう廉価なコンパクトカーって支持されるんですかね?

 ちなみに、このブーン(パッソ)は、上記同様、あちらでは現行のスバル・ジャスティですよね。

 雑誌では、トヨタの次期ラクティスをスバル・ジャスティにするなんてことが書いてありましたが、もうジャスティの名前は叩き売り状態ですね。

 じゃ最後の1枚は番外編?ってことで。

Gs300  ドイツの田舎町にひっそり佇むレクサスGSです。

 レクサスは今後本格的な欧州進出を図るそうですが、なるほど、ほとんど見なかったですもんね。

 と、いうことで、今回のヨーロッパ・ツーリングはこれでお仕舞いにします。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・SAI

Sai 僕はSAIについて、トヨタというより、雑誌等の記事にふたつの疑問がある。

 まず、このクルマはプロの評論家が評価するべき対象なのかな、というのがひとつ。

 これはもうたくさんの方が感じていると思うけど、パワートレーンや基本シャシーはもちろん、ピラーやドア(フロント)、インテリアの造形までをレクサスHSと一緒にして、これは別のクルマですっていうのはやっぱりどうなのよ、と。

 いや、ユーザーがそう思って買ったりするのはいいんだけど、プロがやれシステムのチューニングやサスペンションの設定がどうのと、細かな”差異”を探し出して、いかにも違うクルマですってあれこれ書くのはねえ。

 それから、SAIが「小さな高級車」っていうのもどうかと。これはいくつかのメディアで同じことが書いてあるので、たぶんメーカーからプレス向けにそういう話があったんだと思う。曰く、クラウンクラスからのダウンサイジングや、HVがまさに現代の小さな高級車なんだそう。たとえば、かつてのプログレみたいに。

 いやあ、それはキツいよねー。だって、先行したHSが高級車の証たるレクサスとして売ってるのに、それよりお安くまとめたSAIもまた高級っていうのは完全に矛盾してるもん。だいたい、ダウンサイズとか言っても、その前にこの中途半端なスタイルのどこが高級なの?

 もちろん、今後ヴィッツクラスまで展開するというHV自体が高級車の要素とはもはや論外だし。

 いやね、繰り返すけど、ユーザーがちょっと和の雰囲気のある内張りなんかを見て「高級感あるなあ」と思うのは仕方ないんである。実際300万円オーバーだし。もちろんHSと関係が深いなんて知らない場合はとくに。

 けれども、プロがそれと同じレベルで評論書いちゃうのはいかがなものかと。オーリスとブレイドでもどうなのよ、と思ったけれど、今回は両方とも高級車ですっていうのがさらにね。

 僕はそもそも評論の対象じゃないと思う。いや、たしかにずいぶん昔は兄弟・姉妹車なんてお手軽商品が結構あったけど、いまじゃトヨタだけでしょ、こんなことやってんの。これに比べたら、日産やマツダが軽でやってるOEM商品の方がよっぽど正直でいいよね。

 なんかね、VWポロの記事では日本車もこういう姿勢を忘れないでやって欲しい、なんて書いてるのに一方でこういうのって酷いでしょ、やっぱり。そりゃトヨタはコスト削減で最大の効果を狙うわけだけど、それにOK出しちゃねえ。

 メーカーが手を抜いてもメディアは褒める。褒めない輩は排除する。皆が内輪で仲良くやる。批評とか言ってないで楽しもうゼと。そうやって何十年も盛り上げてきた筈なのにクルマは売れなくなり、モーターショーは傾き、雑誌も休刊が続く。

 もしかして、そういう近視眼的なやり方は回りまわって自分たちの首を絞めることになっているんじゃないのか。だれもそれを言わないのかな。いや、だれもそんな風に思っていないのかな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

クルマの他:年末恒例コンサート

Img_5098  「クルマの他」は、前回は他のサイトに書きましたけど、色々大変なのでやっぱりこっちに書きます。

 年末恒例のコンサートに行って来ました。

 まずは渡辺貞夫。クリスマスコンサートとして毎年渋谷のオーチャードホールで開催されています。今回はサックスのケニー・ギャレットが大物ゲストとして参加。withストリングスなど、クリスマスらしい演出の多い公演ですが、今回は完全にBe Bopに徹した夜でした。

 ケニーの緩急自在なプレーはもちろん素晴らしかったでしが、ドラムをかじっている自分としては、貞夫氏が惚れ込んだというジョナサン・ブレイクのプレイに釘付けでした。出しゃばらないけど、やることはやるってスゴイ。

 続いては矢野顕子。「さとがえるコンサート」として毎年12月に開催しているものですが、東京はここ数年NHKホールです。

 今回は昨年に引き続き新作アルバムのメンバーをNYから引き連れた構成。皆さんスゴイですけど、やっぱりギターのマーク・リボットは驚きの才能ですね。アルバム全体もディレクションしていると思いますが、独自の世界が素晴らしい。

 ”アッコちゃん”は最近上原ひろみとのデュオもあってか、さらにピアノが踊っていたように感じますね。どこまで行っちゃうんだかって感じです。とくに今回のアルバムはミディアムテンポの曲が多いので、コンサート向きというか、ソロについてはいろんなことをやり易いんでしょうね。

 それにしても、いいコンサートは仕事の疲れを吹っ飛ばしてくれますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:谷保天満宮旧車会

Img_5091  昨年から始まった地元国立の「谷保天満宮旧車会」、今日その2回目が開催されました。

 これは、1908年「自動車の宮様」と呼ばれた有栖川宮威仁親王と政財界の有志が、都心からこの国立谷保天満宮まで初めてのロングツーリング「遠乗会」を開催したことを記念したもの。

 国立のクルマ愛好家が発起人となって、昨年から大々的にイベントとして復活させました。

 その前回は「昭和のクルマ」を公募して近所の広場に大集合となりましたが、今回は「選ばれた名車」が天満宮内に展示されるという趣向です。

 自宅から間もない天満宮の鳥居をくぐると、いきなりピカピカの旧車が並べられていました。神社にクルマ?と思いますが、よく考えてみればクルマの「お祓い」は珍しくないですよね。

Img_5082_3  展示車は国産車と外国車がいいバランスで並べられていました。スバル360は結構見ますが、三菱ミニカ、マツダキャロルはなかなか珍しかったですね。

 他に国産車では、プリンス・スカイラインやべレット、初代フェアレディなどが目立っていたでしょうか。あ、写真手前のサニークーペもなかなかキレイでした。いやあ、こういうのを拝見しちゃうと、僕のジェミニなんて「最新式」と言ってもいいくらいですよね。

Img_5086  外国車勢では、カニ目などのイギリス勢が多かったかな。中にはサーブ99なんて希少な固体もありました。

 それにしても、こうした旧車達の多くが「多摩」ナンバーなのには驚きましたね。こんな珍しい旧車が比較的近いところに”保存”されてたなんてまったく想像もしてませんでしたから。

 とにかく、発起して実現させる愛好家の方たちの努力には頭が下がります。天満宮や市が協力しているとはいえ、なかなかできるもんじゃないですもんね。

 今回は参加型ではなかったですけど、とにかく、地元にこういうイベントがあるのは嬉しいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(シュトゥットガルト編)

Sg1  フランクフルトから始まったツーリングですが、イタリア、フランス、スイスを経由して再びドイツに戻りました。

 最後の観光はシュトゥットガルトです。

 もちろん、メルセデス・ベンツ博物館が目的です。本当は最近できたポルシェ博物館にも行きたかったのですが、どうしても時間が取れず、見学はできませんでした。残念。

 で、この街に来てまず驚いたのが中央駅ですね。写真がそうですけど、何と塔のてっぺんにスリーポインテッドスターのマークが! しかもゆっくりと回転して・・・。

 いやあ、トヨタもこれを見習って名古屋駅にドーンとT字マークをのっけたらいいのに、なんて思いましたね。正確には豊田市ですけど。

Sg3  博物館は、その名もメルセデス・ストリートという通り沿いにありますのでわりとすぐに見つかりました。ま、建物のもメチャクチャ目立ちますしね。当たり前ですけど、駐車場も広いです。

 実は、前夜に宿泊したホテルで博物館のことを尋ねると、何と日本語版のパンフレットをくれました。さすがはメルセデス・ベンツ・・・と言いたいところですが、そこまでしなくても、というのが正直な感想ですね。何か旅先で日本語を突然見せられると、ちょっと残念な感じってありませんか?

Sg4  さて、入館すると、まずは音声ガイドの貸し出しがあります。もちろんこれもそれぞれの言語が用意されてます。

 で、それを受け取ると写真のエラく未来的なフォルムのエレベーターに乗って最上階へ上がります。つまり、一旦上へ上がって、降りながら見学というのが順路という発想です。逆だと疲れますから、なかなか上手い考えですよね。

 展示は基本的に年代の旧い順からになっていますが、もうひとつ、カテゴリー別にもなっているのが特徴的でしょうか。

 たとえばバスなどの旅客車とか、トラックなど仕事のクルマ、といった具合です。これはかなり見易い工夫ですよね。

Sg8_2

  旅客車では昔のボンネットバスから、最新の高速バスが並んでたりしています。最新型は中に乗り込むことも可能で、これは子供たちが喜んでましたっけ。

 写真のキャリングカーは働くクルマの一例ですが、載ってるクルマもスゴイので、どっちが主役か分からないような贅沢な展示もあります。

 また、何かしらのエピソードを持ったクルマの展示というのも考えた工夫でしたね。

Sg9_2  たとえば、日本の離島診療で使われていた商用車や、シュワルツネッガー知事が使っていたSクラスとか、色々なエピソードを音声ガイダンスで紹介しながら展示しているといったものです。

 それだけメルセデス・ベンツのクルマが世界中で活躍しているというメッセージでもありますよね。

 あとは、各階の要所要所に「シャッターポイント」という表示があって、そこからだと実にいい感じの写真が撮れるなんて配慮もあります。

Sg13  個人的には、80年代以降の実用車に興味があるので、写真のW124とか、最初期型の190Eなんかグサッと来ましたね。

 もちろん、いまでも現役で走っているんですけど、博物館で改めて解説を聞きながら見ると、また違った感慨があったりします。

Sg14_2   それから、メルセデスといえばレース活動ということで、そのあたりの展示も充実していました。もちろん人気も高くて、写真撮影はひと際多かったです。

 ツーリングカーもそうですけど、今回の見学ではF1マシンが一番人気で、ハミルトンのマシンには常に人だかりができていましたね。

Sg18  これは以前も書きましたけど、同社は70年代以降のクルマをリフレッシュし、中古車として売る「ヤング・クラシック・プロジェクト」という事業を始めました。

 以前からネットでこの博物館に車輌展示があると聞いていたのですが、しっかりありましたね。写真の2台を始め、当時の名車が数台ピカピカになって展示されていました。

 これらは依頼すると試乗ができる他、もちろん気に入れば購入もできるそうです。まあ、日本では当面導入されないそうですけど。

Sg19  このリフレッシュカー計画は、前から書いているとおり、是非日本のメーカーでもやって欲しいですね。

 で、下まで戻ってくると、お約束のショップがあります。ここも博物館の規模に準じてとても充実していました。

 ただ、フェラーリ博物館で勢いに乗ってアウターを買ってしまったので、さすがにここでは自重しました。買ったのはお土産用の小物だけです。

 さて、次回は最終回ということで、向こうで見た日本車の写真をアップしたいと思います。 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新車心象風景:シビック・タイプR EURO

Civic   欧州シビックは古いのか?

 ようやく日本にやって来たEUROが雑誌で騒がれるのは、それが”R”であることがいちばんの理由だ。じゃあ、この特徴的なスタイルはどうなのか?

 ある雑誌で清水草一氏は、このEUROをカッコいいなどと言ってるのは、80年代に郷愁を感じる40代以上だけだ、とバッサリやっている。つまり感覚がえらく古いと。

 これ、僕は半分だけ賛成だ。

 それは、どこかロボットアニメちっくなイメージが80年代だよねってな話に、イメージとしては何となく「そうだよなあ」と感じるから。巷ではガンダム風と言われてるヤツで、いいとこ突いてるなあ、と。

 ただ、じゃあ実際に80年代のどのクルマ? となると実はあんまり思いつかないのが賛成半分の理由かな。たとえばMR2、スターレット、スープラ、スカイライン、シルビア、スタリオン、アルシオーネあたりはそれっぽかったけど、それをこの欧州シビックの「まとまり感」あるスタイリングと比較するのはチョット違う、というか可哀想だもの。

 それより、導入したのが3ドア、しかも”R”だけっていうのがある種の古さ、あるいは子供っぽさを感じさせるんじゃないかと僕は思っている。

 皆さんご存知のとおり欧州では5ドアも売っているし、グレードもごく普通に展開されている。”R”でさえ日本版より実用的な乗り心地だって言うから、他のグレードはより生活車としての味付けがされているんだと思う。きっと。

 で、ドアを4枚持った実用的なハッチバックが、こういう塊り感のある実にシャープなスタイリングを纏っているのが「肝」なんじゃないのかな。ホンダはそうやって欧州市場で戦おうとしたと。

 だから、僕はタイプRだけを持って来るその考え方が拙いのであって、結果清水氏の言う40代以上とか、ある種の走り屋さんなんかのイメージが先行しちゃう原因となってるんじゃないかと思う。言ってみれば、その発想が80年代ってことで。

 なので、ホンダには是非5ドアや普通のグレードを持ち込んで欲しかった。できればディーゼルも入れちゃおうか、くらいのつもりで。そうすれば、同じ雑誌で前澤義雄氏が書いていた「誰のために売ってるのか?」という疑問の大半は拭えると思うし。

 いや、もちろん最初からこれを国内で売っていればよかったんだけどね。国内はより大人しいセダンが合っている筈、っていうリサーチもしっかり外したわけだし。

 僕は欧州シビック、古いとは思わない。 

続きを読む "新車心象風景:シビック・タイプR EURO"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

Dotoru_2  今日、今月の取材に行って来ました。

 雑誌編集に詳しい方ならご存知かと思いますが、月刊誌の多くは年内に12と1月の2カ月分の原稿を入稿しています。もちろん、年末年始のお休みのためですね。

 今日は12月の分で、例によって国土交通省です。

 もう、すっかりクルマで行くのが当たり前になってしまい、とくに今日は雨降りでしたので尚のことクルマが便利で・・・。

 これも例によって1Fのドトールで最終調整をしてからの取材。この店は職員さんも来ますが、陳情やら打ち合わせやらの外部の人も多く、やっぱりここで時間調整をしたり、ついでに事前の確認をしたり、という風景が見られ、なかなか興味深いです。

 それと、廊下を挟んだ向かいにはガラス張りの喫煙室があって、ここは白い煙の中に職員さんが「ごった返して」います。この風景も結構楽しかったりします。

 来週の取材先は初めてのところなので、いまから楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »