« クルマ散策:ジェミニ・ツーリング | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(モデナ編) »

新車心象風景:トヨタ・マークX

Markx_2  話としては、HVじゃないトヨタの新車ってどうなんだ?ってことなんだと思う。

 のりピーだ結婚詐欺女だと、どこもが極端に一色に染まるTVニュースと同じく、すべてがHV大合唱になった自動車メディアのお陰か、もはや尋常でない受注数となったプリウスに比べ、先代に続いて佐藤浩市部長が頑張っているマークXの存在感は、しかしかなり薄い。これでSAIが発売になったらどうすんの?というくらいに。

 けれども、実はバカげた過熱報道だけがその原因じゃない?という可能性はあるだろう。それは多分、HVという飛び道具に対する、ガソリン車なりの反撃用新提案、あるいはセダンの可能性なんかが見当たらないからじゃないのか。

 それは「グラマラス」と「テック」を組み合わせたスタイリングとか、光りモノを加えて豪華っぽいインテリアとか、BMW5シリーズを目標にしたリニアな走りとか、V6・2.5リッターでなんと238万円から!というお値打ち価格とか、そんなんじゃなく。

 実は、いま売りの「ベストカー」でもこのマークXについて評論家諸氏のコメントが載っているけれど、ほぼ全員が装備やスペックで考えればリーズナブル、お買い得感が強いに終始しているんである。それでセダン復権の起爆剤になるか、なんてやっているんだけど、やっぱりそれは違うんじゃないのか?

 たとえば、少し前に書いたVWのように燃費向上を追及して1.6、1.8リッタークラスエンジン+過給機にダウンサイズするとか、デュアルクラッチのような高効率ミッションを投入するとか、あるいは素材や工法の工夫で大幅な軽量化を図るとか、別の視点ではIQの技術を応用して画期的に広大な居住空間を作り出すとか、そういう次元の提案が必要だったりしないのかなあと。

 もちろん、今後のニューモデルがずっとこんな感じだとは思わないけど、少なくともマークXを見る限り「HVはガンガン行くけど、ガソリン車は取りあえず現状+低価格を前面に」にしか見えないんである。それは戦略としてマズイだろうし、HVは新鮮だけど、ガソリン車もこんな可能性があるよ、というメッセージが欲しい。もちろん、同時にセダンとしての新提案だって見てみたいでしょ。

 モーターショー会場でも、デビューしたての割には”人気モデル”になり得てなかったっけ。そりゃあFT-86に持ってかれたのもあるんだろけど、それにはそれ相応の理由があるんじゃないかと思う。いや、マークXにもすぐにHV仕様出すからいいの、ってことなら仕方ないんだけど。

|

« クルマ散策:ジェミニ・ツーリング | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(モデナ編) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

マークX2代目、TMSで拝見しましたがあまりピンと来ないクルマですね。
デザイン面では、フェンダーなどのディテールはクラウンのような処理でそれなりに進化はしているのですが、サイドウィンドウは旧態然で、テールランプはバックランプが妙にでかくてお世辞にもカッコいいとはいえないし・・・
とにかくあの安さは、トヨタが強調するとうに原価低減活動の賜物でしょうが、それ以上に旧型からのキャリーオーバーと同じFR系であるクラウンやレクサス車とのコンポーネンツの共用も功を奏しているんでしょうね。
同じ旧型からのキャリーオーバーをした車でも、VWゴルフのように時代にフィットした環境性能やスポーティなキャラクターだったら魅力的ですが、マークXはただ安くてお買い得ってのがなんとも能がないですね。
本日発表された日産フーガの方がクラスは上ですが、相当頑張っているように思えますね。燃費に関してマークXより重量が150kg重くて、エンジンだって直噴じゃないのに、10・15モードで12km/L台をマークしているし。デザインも好き嫌いは別として、結構複雑な曲面構成と質感で勝負していますね。
ちょっとエロに振りすぎているきらいはありますが…

マークXはまぁ中国でレイツの名で売れているみたいなので、そのおこぼれに預かって国内でも売ることができるみたいなところはありますが、もう国内専用のセダンとしては、商売上成り立たない証拠なのかもしれません。
しかもマークXのHV化はしないそうですし。

それにしてもこの手の高級車に対するエコカー減税の対応がイマイチ気になりますね。マークXにしても、フーガにしても重量が装備によって重くなり、燃費も悪い方が減税率が高くなっていたりする。
これじゃ売れ筋の安いグレードを買ってもお得じゃないし、かといってオプションを多くして税金は安くなっても燃費が悪くなる。
これのどこがエコなのか?環境負荷を考え抜いた政策とは思えないのですが…

投稿: アクシオム | 2009年11月19日 (木) 21時57分

前回、「ポロ」のところで書いてしまったんですが、このデザイン。
デザインと呼んでいいのでしょうか? 生理的にイヤな部分にもう入っています。
最近のトヨタ車全体に言えるのですが、「とにかく、線を減らしなさい」と、入りと、出がわからない線に覆われたボディは見て、不快以外何も感じません。

デザインが出来ないなら、外部のデザインスタジオにやらせなさい。
丁度、今月のCG誌でデザイナー特集なんて企画がありましたね。トヨタには、名前が出るデザイナーがいない(デザイン部門でやってるのでしょうが)と言うのを見て納得しました。
確かに、部門全体での共同作業ということなんでしょうが、私には、全く裏目に出ていると思います。
「船頭多くして、船、山登る」 あの会社の自己満足で日本の景観を損なうことは本当に勘弁してもらいたいです、仮にも世界一の車屋なんですから!

投稿: ぷじお | 2009年11月20日 (金) 20時45分

アクシオムさん

デザインフィロソフィというやつがちょっとあれですが、デザインコンセプトが
理屈先行になっているのが気になりますね。二つの要素の合体と言えば
そうも見えるのですが、そんな説明がなくても「いい!」と思わせるのが本
来の筈。そういう意味では僕もフーガの方が分かりやすくていいと思います。

エコカー減税、ようやく新聞で「妙なこと」になっているのが取り上げられて
きましたね。補助金も延長の気配が出てきたし、新年度から内容変更
して欲しいですね。

ぷじおさん

トヨタは意図的にデザイナーの名前を出しませんね。ダイハツもですが・・・。
日産やマツダとは対照的です。

トヨタほどの企業でデザインができない筈がないので、経緯の問題かと
思います。目的がハッキリしていれば初代ヴィッツのようなものが社内(欧
州ですけど)でできるわけですし。

ただ、雑誌にプリウスのクーペをイタリア工房に委託?みたいな記事が
ありましたね。それがすごいカッコよかったら・・・どうなんでしょうね?


投稿: すぎもとたかよし | 2009年11月21日 (土) 17時45分

すぎもと様
ご丁寧なコメントへの返信ありがとうございました。
マークXのモデルチェンジなんですが、あまり興味が無い車のせいか、「まあいいんじゃないの」という感想です。
中高年や地方の保守層にはこんな車もアリなんでしょうね。
クラウンは高いし、世間的にも「見分不相応」と影口たたかれそうだし、でもある程度の見栄を張りたいし…、
といった要求には応えられそうです。
デザイン的には、あれもやろうこれもやろう、前作のネガも潰そうと、色々とやって、逆にわけ判らなくなってしまう、
典型的なモデルチェンジの悪いパターンですね。
デザイン的には(賛否両論あっても)、前作の方がまとまっていたと思います。
新型のデザインは、妙なラインが複数有ったり、サイドのウインドウの下端よりウインドスクリーンの下端が上にあり過ぎだったり、
Cピラーが傾き過ぎて、後席の横の視界が全く塞がれていて穴蔵に押し込められているようなこと、
乗降性が悪化していることがダメな点ですね。
これではミニバンからセダンに戻ろうとする人はいなくなるでしょう。むしろミニバン人気が復活するかも?!

投稿: シン・レオ | 2009年11月25日 (水) 23時35分

追加です。
ちょうど3年前、V36スカイラインの時に書いたこと、「売りが走りだけで環境が考えられていない」
これと同じことを3年後に今度はトヨタに言わなければならないとは…。
トヨタはHV技術も有るのに使おうとしないのは、日産より悪質と言わざるを得ませんね。
長期的な観点での企業のあり方や、車の未来、地球の未来など考えているのか?
やはりトヨタは環境など商売の手段にしか考えていないんでしょう。
目先の利益にだけに汲々としていて、世界トップの企業として恥ずかしくないのでしょうか。
近い将来どこかの企業に追い抜かれるんじゃないですかね。

投稿: シン・レオ | 2009年11月26日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32106409

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・マークX:

« クルマ散策:ジェミニ・ツーリング | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(モデナ編) »