« クルマ散策:今日の本 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパツーリング(旧いクルマ編) »

新車心象風景:VW・ポロ

Polo  新しいポロがいいなと思う理由はふたつかな。

 まず、エントリーに近いコンパクトカーなのに、技術の出し惜しみがないこと。たとえば最初に導入のコンフォートモデルでもあの7速DSGが用意されてたり。いや、べつにデュアルクラッチが万能って話じゃないけど、安くするんだから適当なヤツを・・・ってしないところがね。

 あと、来年中ごろには1.2TSIも来るそうで、小排気量直噴エンジン+ターボというVWの新提案を日本に持ち込む積極性がいいなと。実質1.6~1.8リッタークラスの高トルクと、18km/lを超える省燃費の両立は相当使い易そうだし。できれば、例のブルーモーションも入ってくれば、HV一辺倒なここ日本の雰囲気も変わるのにね。

 それと、もうひとつはスタイリング。ワルター デ・シルヴァ氏による新世代VWとして、先行したゴルフよりまとまりがいいと思わせるのは、よりコンパクトなサイズのお陰かと。プレーンな面を基本とするデザイン文法は同じなんだけど、小さい分だけ“間延び感”がなくて引き締まっているでしょ。

 それにフロント下のラジエターグリルや、ボディサイドのキャラクターライン、あるいはリアランプの処理がいずれもエッジを効かせていて、プレーンな中にも勢いを感じさせてるのがまた巧い。

 個人的にはメルセデス、BMW、アウディなど、いいものとは分かっていても関心が持てなかったドイツ勢で、かなり本気モードになった初めてのクルマかもしれないんである。イタリアンデザインのドイツ車は、考えてみればイタリアンデザインの日本車である我が愛車に近いものがあるのかな?

 あとは、明るい黄色とかグリーンとか、パッとするボディカラーと、開放感のある色調のインテリアがあれば言うことなしなんだけど、残念ながらいまのところそれはナシみたい。黄色はあるけど少々彩度が低いし、インテリアはブラックのみだもんね。

 次期マーチがコスト最優先でタイ製になり、ヴィッツ(クラス)やフィットがHV攻勢を掛けようとしている中、従来の技術の磨き込みと、美しいデザインで総合的な商品価値のアップを仕掛けてきたVW。この考え方の違いは興味深いなと思う。

 国産メーカーでも、マツダは従来技術のブラッシュアップで数年内にリッター30kmのコンパクトカーを出すとか。新型エンジンやアイドリングストップなんかね。そうなると、次期スイフトあたりには何らかの独自提案があるといいと思うな。少なくとも、HVを含めた低価格競争に走らない何かを。

|

« クルマ散策:今日の本 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパツーリング(旧いクルマ編) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

何度も言ってますが、やっぱり、小さいクルマっていいなぁ。

私も、すぎもとさんと同じく「ポロ」の方のデザインが好きですね。デ・シルバといえば、先世代までのアルファの様にアクの塊みたいなデザインもするし、今の、VWのラインの様な「しょうゆ味だけどコクがある」みたいなデザインも出来る器用な方ですね。

で、「ポロ」。すぎもとさんに言われたことがほとんど、私の感想です。

日本車もこうなるハズ!と、20年前は、思ってたんですけど。う~ん

今月号のNAVI誌に書いてあった、BMWのエンジンの話など読むにつけ、ほんとーに悔しいです。

デザインも、新しい「マークX」を見て全身から力が抜けました。
私自身も、イタリアンデザインのフランス車乗りですが、特に奇をてらったことは何も無いんですが見て落ち着くデザインが出来るデザイナーさんっていつも、すごいなーって思って日々乗ってます。

投稿: ぷじお | 2009年11月 4日 (水) 21時37分

新型ポロのしっかり中身のつまった感に好感をおぼえます。
外の見た目もすぎもとさんの仰る通りかと。

一度試乗にいきたいです。心配としては自分で新型がでるのを納得ずくで
旧型クロスポロにしたことを後悔するかもしれないことでしょうか。
新型のクロスポロはいつ、どんな型で登場するのかも興味深々です。

投稿: くろすぽろ | 2009年11月 4日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32004514

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:VW・ポロ:

« クルマ散策:今日の本 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパツーリング(旧いクルマ編) »