« 新車心象風景:VW・ポロ | トップページ | 雑誌記事:car@niftyの記事 »

クルマ散策:ヨーロッパツーリング(旧いクルマ編)

Furanceoldcar  今回はチョット旧いクルマをアップします。

 ヨーロッパで旧いクルマと言えば、何となくイタリア・・・みたいなイメージでいたのですが、今回の旅では南仏で多くの旧車を見ることになりました。

 たとえば、このルノーサンク、クリオ、プジョー205の3連ショットなんかがいい例ですよね。これが普通な感じです。

P309  プジョーでは、205の姉妹車とも言える309も結構走ってましたね。これは日本にも正規輸入されてましたけど、数は少ないですよね

P106_3  もちろん、数的にはもうひとつ新しい世代の106なんかの方がずっと多いです。それでも結構懐かしいですが・・・。

P405  それと405もそこそこ見ました。いやー、それにしても309も106も405も、やっぱり端正でいい感じですね。個人的にはピニンファリーナというと、フェラーリよりこっちのイメージが強い、というか好きです。

Renauet19  ルノーでは、写真の19が懐かしかったですね。グラスエリアの大きいプレスドアがいかにもイタルデザインっぽいです。廉価モデルだったのか、ベーシックな感じがいいですね。

Kangoo  カングーはまだ旧くないですけど、やっぱりフランスの郵便配達車がいちばんよく似合うと思って撮ってきました。働くクルマもオシャレさんです。

Pelcorsa  オペルの初代コルサには驚きましたね。もういかにもゲタ代わりですけど、頑張ってますって感じで。それにしても、80年代って欧州コンパクトカー最盛期っていうか、こういう合理的パッケージが先進的で斬新でしたよね。

Unopanda  何だかんだでイタリア車です。パンダとウーノの2ショットはいかにもな感じで。この2台はもう現役バリバリですね、向こうでは。雑誌AUTOCARに2011年頃新しいウーノがデビューって書いてましたけど、ホントですかね。ウーノクラスっていう意味だとは思うんですけど、楽しみではあります。

Tipo  ティーポはすっかり見ないですね、日本では。イデアのチョットひねくれたスタイリングは好きでしたね。何か心に引っ掛かって。

Alfa33  これ、アヴィニオンだったかな。たまたま駐車場で見たんですけど、えらくキレイな33です。マニアとか好き者ですよね、絶対。

 現地でデビューしたての新車を見るのもいいですけど、ちょっと旧いのはもっと面白いですね。

 次回はイタリア・トリノのスナップをアップしますので、よろしければ見てください。

|

« 新車心象風景:VW・ポロ | トップページ | 雑誌記事:car@niftyの記事 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

え~っと、ごちそうさまです。

私が、大好きなクルマだらけです。ほんとは、この、一世代あとぐらいが一番ストライクなんですが(笑)

この頃の車だと自分の手の入る余地があって楽しいんですよね。今の車は電子デバイスだらけで。走るだけならこの頃ので十分なんですよね~

また、写真楽しみにしています!

投稿: ぷじお | 2009年11月 4日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32057627

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ヨーロッパツーリング(旧いクルマ編):

« 新車心象風景:VW・ポロ | トップページ | 雑誌記事:car@niftyの記事 »