« 雑誌記事:マガジンX1月号 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:日産・フーガ

Fuga フーガ、僕はいいと思う。

 先のマークX同様、プレスリリースを見てもセダンとしての新提案はあまり見当たらないけれど、901運動を再現したという走りといくつかの新しいドライブ支援装置を片手に、とにかくまずは美しいスタイルとインテリアを見てみなさい、というのは間違ってないと思うからだ。

 好評だったインフィニティ版コンセプトカー「エッセンス」のエッセンスを文字とおり採り入れた躍動感あふれるエクステリアは、ロングノーズ・ショートデッキという恐ろしく旧い方程式なんだけど、それでも結果として美しければいいじゃんと。そりゃあ、”エッセンス”はずい分と薄くはなっているけど、量産車でここまでやれば大したもんということで。

 いや、先代だってかなりチャレンジングで、個人的にはプレーンな面構成の中にダイナミックさを出した先代の方がデザインの時間的耐久性があるんじゃないかと思っているんだけど、エモーショナル路線だってここまでやれば認めたいとも思う。

 それと、外だけじゃなくインテリア、たとえばドア内側のウッドまで「波」を意識した曲線が再現されてたりしてるんだけど、妙なデザイン・フィロソフィとかを理屈っぽく語らないでサラッとやっているのもいいなあと。ライバルのクラウンやマークXがそうやって「部分」ばかりに目が行くカタチなっているのに比べ、フーガは主張が明快でしょ。

 ま、クルマにはいろいろなアプローチがある中で、スタイルでも何でも「これで一発勝負!」というのは、それが秀でていれば基本的にアリだと思う。

 自分で「最高の日産」なんて言っておきながら月販目標800台というのは、結局日本市場じゃいまだにこうしたデザインは受け入れられない、やっぱりクラウンにはかなわないと思ってるんでしょう。だからスカイライン同様インフィニティと掛け持ちにもなっちゃうんだろうけど、それでもこうやって日本市場へ投入するのは賛成だ。

 願わくば、ハイクラスだけが「最高の日産」なんじゃなくて、すべてのカテゴリーで「最高」をやって欲しいとは思う。

 で、政権も変わったことだし、日本のクルマ市場、つまりは僕らユーザーもこのくらいのチャレンジを受け入れるようなチェンジをしたいものだけど、果たしてどんなもんでしょう?

|

« 雑誌記事:マガジンX1月号 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ここ最近の日産の、「ウネウネ系」の親玉がついに登場!って感じですね。

でも、やっぱり、「マークX」なんかとは比較できないほど、デザインはされてるんですよ。ちゃんと。ディレクターさんがいて、責任を持って作られたものとの差ですよね。

ただ、売れるかどうかというと厳しいでしょう。ちょっと、クーペ風セダンにも見え世界の潮流には乗っているのですが、日本は特殊ですから。「レパードJフェリー」の悪夢ふたたびとならないことを祈ります。

軽自動車と、箱みたいなクルマと、プリウス(最近、本当にうじゃうじゃ出てきました)だらけじゃおもしろくありません。
日産あたりに頑張ってもらわないと!

東京モーターショウのスバルのコンセプトカーが最近のお気に入りです。あんなのお願いしますよ~

投稿: ぷじお | 2009年11月30日 (月) 18時58分

昨日試乗しましたよ。
デザインについては、エッセンスのエッセンス?を十分取り入れながらもうまく消化した印象ですね。先代と比べてまったく性格の異なるデザインですが、名だたるプレミアムブランドに伍するとなるとこれくらいやらなければというのが伝わってきますね。
ただしパッケージ面では先代の方が優れていたし、そこは古典的なロングノーズのグラマラスなデザインと引き換えになった面は否めませんね。特にリアドアの開口部は明らかに狭くなったと…
全体的な仕上げは抑揚のあるデザインを採用した割には、精密で質感の高さを相当なものかと思いますね。
走りの面でも、20インチホイールを採用している割に、ロードノイズや突き上げ感はなく、非常にしっくりしている。
最近の日産車は、Zにしても、FMCで相当なフィニッシュレベルで商品の投入ができている。これは1世代前のゴーン氏就任後の日産車では考えられなかったものかと思います。
ちなみに試乗したディーラーで伺うと、フーガの受注はかなり好調で、エコカー減税対象の250系はさして注文が入らず、370系ばかり売れるそうです。
まぁ初期需要とはいえ、エコカー減税ばやりの中、これは日産にとっていいのかも?

投稿: アクシオム | 2009年11月30日 (月) 22時59分

本田**販売の社長夫人が来店中日産の担当がフーガに乗ってやってきましタ。
私がフェアレディーに乗ってるのを知ってるのでね、そこは奥様の風格と云うべきで、
『アラこれ新しいフーガじゃないの』ってな軽い乗りで、
奥様ご一緒に試乗をすることになりました。
インテリアはホンダ、トヨタ、とは別物でしてね、なかなかです。
奥様も褒めちぎってましたと。そりゃインサイトとはチャいますよね。
エクステリア全般、ファーストバックになりチョイマセラティーの匂いがするような全体感とムッチリ感。
なかなかエェでガス。
奥様も及第点を出しておられました。

私自身としても、クラウンアスリートよりこっちゃのほうがって気持ちになりましたね。
売れて欲しいですね。

投稿: 佐衛門 | 2009年12月 1日 (火) 15時01分

表題と関係なくて申し訳ないのですが...
天満宮の旧車祭、13日だそうで、今年も参加されるのでしょうか。
二日酔いの身とは思いますが(笑)酔い覚ましがてら見に行こうかと。

P.S.
そうそう、天下市のときだったか、JT150大学通りでお見掛けしました(^^
新ポルシェミュージアムレポート、楽しみにしております。

投稿: gop | 2009年12月 2日 (水) 19時52分

ぷじおさん

そうですね、デザインする行為が真っ直ぐな感じがします。
売れるか否かは日産が頑張るというより、こっち側である
ユーザーの意識ですよね。このくらいのチャレンジは受け
入れて欲しいですが。
スバルのコンセプトカー、僕も好きです。

アクシオムさん

欧米ではこのくらいはいまや当たり前ですね。インフィニティ
としては健闘して欲しいです。そうですか、好調ですか。

ゴーン就任時はコストが厳しかったと思いますが、デザインと
技術投下がマッチして来ているのではないでしょうか? ただ
今後はマーチ、ティーダ、シルフィといった成功作のFMCがあ
るので、しっかり地に足のついたデザインを期待したいですね。

佐衛門さん

これは「好き嫌い」の別れるデザインだ・・・なんて評価で終わる
と寂しいですね。その可能性が強いですが。しかし、たしかに
マセラティっぽいですね。

gopさん

え、今月また開催なんですか? 案内ありましたっけ? 早速
確かめてみます。


投稿: すぎもとたかよし | 2009年12月 3日 (木) 00時28分

僕はこのデザイン、特にグリル、どうかと思います。
はっきり言うと、かっこ悪いと思います。
風雅と言うより、威厳とか、威圧とかに変えたほうがいいんじゃない?
日本的なものをということで、歌舞伎の隈取を取り入れたとか…
日本的よりもむしろ中華的なものを感じてしまう。
クラウンのマジェスタなんかよりはずっとマシとは思うんですが、
昔から日産車は、車好きの若者には評価が高いんですが、
肝心のこういう車を買う年齢層、富裕層には人気が無い。
そこがこれに限らず、日産の問題じゃないかな。
数年後から十数年後に、中古車がシャコタン車になってヤンキー御用達になるのが
いつもの日産の高級車のパターンで、これもそうなりそうな匂いがプンプンします。

投稿: シン・レオ | 2009年12月 6日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/32399322

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・フーガ:

« 雑誌記事:マガジンX1月号 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »