« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(出発編) »

新車心象風景:ホンダ・ステップワゴン

Stepwgn  大ヒットの初代にこだわりすぎた2代目、その低迷の反動である3代目。いずれもクリーンヒットにならなかったステップワゴンが出した答えは”原点回帰”だ。

 先代に比べればスクエアなボディがそういうことなんだろうけど、でも、このボディを見て”原点回帰”と感じるより、「何だかセレナみたい」と思う人の方が多いんじゃない?

 例えばフロントマスク、とくにマイナーチェンジした後のセレナに酷似しているところなんかが皮肉な感じ。けれども、それよりはプレーンな印象を与える面構成がライバルを連想させる最大のポイントかと思う。それだけを見れば「コピー」と言ってもいいくらいだ。だって、原点回帰って言っても初代はこんな張りのある面じゃなかったもの。

 そして低いウエストライン。さすがにフロントへ向けて段をつけるところまではやってないけど、基本的には同じ発想だ。まあ、ここはリアピラーをブラックアウトした点も含めてマツダのビアンテも参考にしてるかもしれないけど。

 唯一回帰を感じるのは、リアドア用のスライドレールのくぼみをボディ周囲に連続させているところで、これは2代目の反復かと。

 3代目の失敗、そして奇襲に出た先述のビアンテの不振を横目に見て、ドップリ家族向けのミニバンはやっぱり余計なことしちゃダメなんだと思ったのかも知れない。ライバルに似てると言われようが、とにかくヒットすりゃあいいんだ結果的に、と。いや、そんなに似てるかな?と思った方は、フロントのエンブレムが日産になったのを想像してください。多分ほとんど違和感ないと思いますので。

 で、実際最初にパッと見て「あ、売れるなコレ」と僕は思った。まとまりいいじゃん、質感高いじゃんと。きっと全国の営業マン氏もそう感じた方は多いんじゃないかな。そりゃ売り上げナンバーワンのライバルに似せたんだから当たり前なんだけど、とにかくそう思わせたんなら作戦成功なわけだもんね。

 けれども、言い方を替えればほとんど新提案がないんである。東京モーターショーに向けては、ハイブリッドスポーツとかミニバンとかが次世代のホンダデザインを示すのか?って感じだけど、こっちは全然関係ありませんからっていうような。いや、燃費の向上を果たしたエンジンやミッションとか、機能の話は別にしてね。

 何たってセレナはもう4年以上前の登場だ。カタチの話にせよ、4年前のライバルに追いついただけっていうのは、ホンダっぽくないという以前の次元で何だかなあ・・・と。あ、いや、分かってます。売れればいいんですよね、売れれば。

 

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(出発編) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型ステップワゴン。ウルトラマン関連のグッズをお目当てに
販売店へ。実物拝見。質感は高い。外観はでかい。
「やっとセレナに追いつきました」的存在。
3代目、マイナーチェンジ後は好きだったんだけど。
「でかくて買えないなあ」 一言で片付きました、わが家の場合。
メーター類が奥まっていて、その前に物を置けそうなスペースが。
「ケータイぐらいなら置いちゃいますよね」無駄なスペースだ。

日産は、ミニバンではセレナ以外にはもはや熱意を失っている。
来年ぐらいに新型が出そうだが、どうなってくるのか。
「Lui-Lui」がヒットしすぎて次の「Cry Cry Cry」が大コケしてしまった
太川陽介のようにならなきゃいいけど。

投稿: 優路 | 2009年10月15日 (木) 01時22分

なんでこういうのにハイブリッド載せないんだかネェ~~

投稿: 佐衛門 | 2009年10月15日 (木) 15時32分

どの媒体を見ても、みんな「セレナ」「セレナ」と・・・
ちょっとかわいそうですが、まぁ似てますよね。

私は、どちらかと言うと「モビリオ・スパイク」の大型化に見えます。「スパイク」が特にそうだったのですが、あの頃からホンダにデザインは期待していません(笑)。 
セレナと比べると、断然セレナの方が洗練され、デザインされてると感じます。すぎもとさんは、売れそうとの予想ですが、私は、息切れが早いと見ます!新車効果か爆裂値引きでなんとかなるかな?
意外に「フリード」が売れているということは、ドンガラの大きいだけのミニバンの使命は終わりつつあるのでしょう。

本当に、輸入車贔屓ではないのですが、シトロエンC4ピカソの様な、「わ~」と目からウロコのようなデザインと発想か、トヨタの「ハイエース」的な道具に徹したバンがメインになっていくと良いですね。(シトロエンはデザイナー日本の方なんですよね、しかも若い!)

ヴェルファイア・アルファードは旧クラウン、セルシオ層にお乗りの方々の層と同じできっとステップワゴンを購入する人とはかぶらなそうですし、物置のようなクルマが減ってくると嬉しいなぁ。

というわけで、こういうデザインのクルマには、そろそろ、一線を退いて頂きたいです。

投稿: ぷじお | 2009年10月15日 (木) 21時39分

お面をみたときに私も、ちょっとでっかいモビリオスパイク?と感じました。

販売に関する戦闘力はノア・ボクシー連合軍といい勝負ではないでしょうか
早い時期にハイブリッドが搭載されることを期待します
補助金の延長が決まってから発売されるのかもと邪推。

一代限りで消えたS-MX乗りとしては、ひそかに期待していたのですけれども
お顔やたたずまいをみてやめました。

投稿: くろすぽろ | 2009年10月16日 (金) 16時18分

4代目ステップワゴンが現行セレナに似ている件について、むかしホンダがストリームを出した後に
トヨタからウィッシュをパクリ後追いで出された件を思い出しちゃいますね。
そのあとホンダがトヨタに向けて「ポリシーはあるか」なんて挑発的なCMを打っていましたが…

ミニバンもユニクロのようにそこそこ品質の良い低価格路線でいくしかないんでしょうね。
個性があろうがなかろうが…
一時期ミニバンで流行ったヤンキー、ちょい悪路線も、こう景気が悪いとアクセサリーにお金はかけら
れないですし、やはりエコ路線でいくしかないんでしょうね。
4代目にはやはりホンダが推し進めるハイブリッドを出さないと、持ちそうにないですね。

投稿: アクシオム | 2009年10月17日 (土) 17時50分

優路さん

候補だったんですね。先代はどちらかというと小さく見せよう
という感じでしたね。次期セレナ、最近の日産っぽくエモーシ
ョナル方向にシフト、なんでしょうか?

佐衛門さん

クラス的にまだ開発が間に合わないのでしょうね。当面はコン
パクトカーに集中なんじゃないでしょうか? このクラスになる
とトヨタ方式もあるでしょうし。

ぷじおさん

はあ、なるほどスパイクですか。
セレナは箱型スタイルの中で、どうやって高質なデザインが
できるのか、を考えたと感じさせます。面の張りはその結果
で、ノアは追随しなかったけど、ステップワゴンは取り込んだ。
まあ、堅実な判断ですね。僕もピカソのようなクルマをホンダ
に期待したいですが、そうなると今度はユーザーの美意識が
試されるのでしょう。

くろすぽろさん

あー、S-MXですか。最近見かけなくなりましたね。新型は
ある意味正反対なアプローチですよね。冒険止めましたと。
補助金延長、厳しいでしょうね。

アクシオムさん

フィットハイブリッド、トヨタがヴィッツクラスハイブリッドを150
万円程度で出すそうですけど、そうなるとステップワゴンクラ
スも驚きの価格でハイブリッド・・・が必須になって来ますね。
何だか消耗戦の気配ですが、マツダみたいに開き直るくらい
が気持ちいいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年10月18日 (日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/31756566

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・ステップワゴン:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(出発編) »