« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX12月号 »

クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(欧州っぽいクルマ編)

Seat1  ヨーロッパでまず「オヤ?」と思うのが日本未導入のセアトやシュコダですね。

 まずは90年代のコルドバ。これ、イタルデザインが絡んでいたヤツだったかな? すでにスポーティなイメージですよね。

Seat2_2  シルバーのアルテアは現行車種。すでにワルター・デシルバの手が入った世代ですよね。

 でも、このリアスタイルは意外と柔らかいイメージです。

Leon_2  に、比べてやっぱレオンはグッとシャープでスポーティ。とくにこのイエローはいいなあ。まあVW的には難しいんだろうけど、導入したら結構ウケると思うんだけどな、セアト。

Sukoda2   シュコダがまた違うイメージなのは、巧い住み分けができてるっでことかも。先代ファビアは実にシックな感じで、古い街並みにピッタリ。

Sukoda_2  でもって、新型ファビアはエレガントなまとまり。どこか、ランチアみたい。でも、セアトと違って日本市場ではあんまりウケないような気がします。

Img_3277  赤いのはルーテシア、じゃなくてクリオのセダン。初めて見ました。だた、あとで気がついたんだけど、エンブレムはクリオじゃないみたい。南米向けの名前かな?

Logan  ウワサのダチア・ロガン。最初見たとき「そんなに安っぽくないじゃん」と思ったのは、多分ピカピカの新車だったから、だと思います。うーん、しかしこの”実用に徹した感”がいいなあ。

Aigo  意外と言っちゃあ失礼だけど、結構走ってのがトヨタ・アイゴ。必要最小限の外寸や4人乗れるパッケージだけじゃなくて、欧州をしっかり意識したスタイリングもウケてる理由なんじゃ?

P1006  でもって、さらに意外だったのはアイゴ姉妹(兄弟?)もまた結構見かけたこと。このプジョー107の他、シトロエンC1も何回か見かけました。でも、まとまりはアイゴがいちばんいいかも。

Curoma  フィアットですが、そこそこ見かけたのがクロマです。このクラスとしては売れたのかな。でも、マイナーチェンジでブラーボ風になったフロントランプはイマイチ。小細工っぽいもん。

Punto  で、間違いなく大ヒットだったのが実感されるグランデ・プント。もう、どこでも走ってます。結構地味なボディカラーが多い中、南仏で撮ったこれは明るくてよかったなあ。日本にもターボモデル入れて欲しい。あ、そういえば今度の「プント・エボ」もやっぱ小細工な感じです。

Ford  そのフィアットなんかに負けないくらい目立つのがヒュンダイと欧州フォードですね。フォードはキネティックデザインで注目を集めている感じで、たしかに未来感があります。

 次回は旧いクルマ、集めて見ます。

  

      

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX12月号 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

うぁ~ というほど、大好きなタイプのクルマたちです。
特に、日本では売ってないだけに、「シュコダ」とか「ダチア」とかたまらんです!
個人的には、「シュコダ」の最近のデザインが全体的にすきなんですよ。

あと、グランデプントは地味な色が多いのは意外です!まぁあちらは完全に道具扱いですもんね。 トヨタもアイゴ売ればいいのに・・・わざわざiQなんて作らなくても。20年前なんかは、フランス、イタリア辺りは、先代のマーチがかなり走ってましたが、今、日産はどうなんですかね?(ルノーになちゃったから色々あるんでしょうが。
また、写真をアップしてください。待っております!

投稿: ぷじお | 2009年10月31日 (土) 14時27分

ぷじおさん

お好きなクルマが多くてよかったです!
シュコダが気になるとは渋いですねー。

ボディカラーですが、以前の欧州は赤などが多かった
ですが、近年は無彩色が増えているようです。それで
も濃い青や緑などは結構走っていますので、日本の
ように広大な駐車場が見渡す限り白とシルバーだけ
なんてことはないです。

皆さんが関心をお持ちかどうかは分かりませんが、ま
た写真をアップしますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年11月 3日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/31915826

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(欧州っぽいクルマ編):

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX12月号 »