« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

クルマ散策:今日の本

Kousokudourononazo  清水草一氏著「高速道路の謎」を読んでみました。

 氏が高速道路ウォッチャーであることは雑誌などで知っていましたが、こうした本を出すのは相応に訴えたいネタが揃ったのでしょう。

 「雑学」として色々なことが書かれていますが、基本的には「交通容量」という視点から、各路線の渋滞原因や、その解決に向けた現況、将来予想が柱になっています。

 交通容量という客観的数値に対し、同様に車線の増加、路線の新規開通といった物理的要因による分析は、何せ数字での表現ですから相応の説得力がありますよね。

 そうした数字は極端な話、各道路会社に取材をすれば”出て来る”ものとも言えますが、実際に本として出す場合、過不足のないデータ量を間違えなく揃えるというのはかなり大変だと思います。僕のようにせいぜい2ページの取材記事でさえ、数字を扱うのはそれなりに神経を使いますから、その点スゴイなあと思います。また、単に分析に止まらず、例の無料化案に対し、独自の対案を示しているのもいいですね。

 で、先のように、評論家の中で高速道路と言えば清水氏となっているワケですが、やっぱりそれはどうなのか?ということを改めて感じました。だって、道路、とりわけここ数年色々な問題となっている高速道路について、多くの評論家・ジャーナリストの中で、氏ひとりが「物申す」というのはあまりに寂しいじゃないですか。

 仮にCOTYの委員がまとまって高速道路料金のあり方、渋滞対策、あるいは暫定税率なんかについて”提言”を行えば、それなりに社会的な影響力を持つと思うのですが、どうしていまだに何も起こらないのか不思議です。もちろん自動車ジャーナリスト協会でもいいのですが。何しろ道路とクルマは一体ですから、皆が専門家で当然ですもんね。ま、清水氏はひとりの方が気楽だと言うかもしれませんけど。

 取りあえず、こうして形にすることは素晴らしく、是非おススメしたい本ですね。もちろん、氏の対案に賛成するか否かはまた別の話ですけど。

 ところで、全然次元の違う話ですが、この本に出てくる首都高速箱崎ジャンクションの「東京シティ・エアターミナル」には感じ入ってしましました。もうずいぶん昔、学生の頃、FM東京(現TOKYO FM)の昼の音楽番組で、この東京シティ・エアターミナルによるフライト案内が放送されていたんですよね。

 そのコーナーは、BGMに映画「大空港」のメインテーマが流れていて、その美しい旋律に魅惑的な女性のアナウンスが重なり、実に幻影的な雰囲気が。さらに「東京シティ・エアターミナル」という、何だかよく分からないけど、当時とんでもなく未来っぽい場所の名前が加わって、まるで別世界のような数分間になっていました。ま、いま思えば”空港パニックもの”の映画音楽をよく使ったなあと思いますが。

 清水氏によれば、いまこのターミナルは相当落ちぶれた感じだそうですけど、当時の別世界な雰囲気が数十年ぶりによみがえって来てしまいました。いやあ、懐かしい。どなたか憶えてませんでしょうかね? 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX12月号

Magx12  ニューモデル・マガジンX12月号が発売になりました。

 今回も特集内で、「激動の09年、どうなる2010年」というテーマです。

 内容は高速道路1000円制度で笑った人と泣いた人への取材。それと次年度について民主党に話を聞いたものです。

 今回は電話取材が多かったのですが、対面取材ではなく、電話だからこそ話が聞ける場面もあるんだな、という経験をしました。電話の場合、たいていはアポなしですし、顔が見えないことが”気楽”な方向に働くこともあるようで、最初は「話すことはない」といった対応でも、少し話し易い感じで持って行くと色々話が出てきたりします。

 ただ、リアル感もないし、どちらかと言えば直接取材が自分には合っているようですね。

 それでは、今月号もよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(欧州っぽいクルマ編)

Seat1  ヨーロッパでまず「オヤ?」と思うのが日本未導入のセアトやシュコダですね。

 まずは90年代のコルドバ。これ、イタルデザインが絡んでいたヤツだったかな? すでにスポーティなイメージですよね。

Seat2_2  シルバーのアルテアは現行車種。すでにワルター・デシルバの手が入った世代ですよね。

 でも、このリアスタイルは意外と柔らかいイメージです。

Leon_2  に、比べてやっぱレオンはグッとシャープでスポーティ。とくにこのイエローはいいなあ。まあVW的には難しいんだろうけど、導入したら結構ウケると思うんだけどな、セアト。

Sukoda2   シュコダがまた違うイメージなのは、巧い住み分けができてるっでことかも。先代ファビアは実にシックな感じで、古い街並みにピッタリ。

Sukoda_2  でもって、新型ファビアはエレガントなまとまり。どこか、ランチアみたい。でも、セアトと違って日本市場ではあんまりウケないような気がします。

Img_3277  赤いのはルーテシア、じゃなくてクリオのセダン。初めて見ました。だた、あとで気がついたんだけど、エンブレムはクリオじゃないみたい。南米向けの名前かな?

Logan  ウワサのダチア・ロガン。最初見たとき「そんなに安っぽくないじゃん」と思ったのは、多分ピカピカの新車だったから、だと思います。うーん、しかしこの”実用に徹した感”がいいなあ。

Aigo  意外と言っちゃあ失礼だけど、結構走ってのがトヨタ・アイゴ。必要最小限の外寸や4人乗れるパッケージだけじゃなくて、欧州をしっかり意識したスタイリングもウケてる理由なんじゃ?

P1006  でもって、さらに意外だったのはアイゴ姉妹(兄弟?)もまた結構見かけたこと。このプジョー107の他、シトロエンC1も何回か見かけました。でも、まとまりはアイゴがいちばんいいかも。

Curoma  フィアットですが、そこそこ見かけたのがクロマです。このクラスとしては売れたのかな。でも、マイナーチェンジでブラーボ風になったフロントランプはイマイチ。小細工っぽいもん。

Punto  で、間違いなく大ヒットだったのが実感されるグランデ・プント。もう、どこでも走ってます。結構地味なボディカラーが多い中、南仏で撮ったこれは明るくてよかったなあ。日本にもターボモデル入れて欲しい。あ、そういえば今度の「プント・エボ」もやっぱ小細工な感じです。

Ford  そのフィアットなんかに負けないくらい目立つのがヒュンダイと欧州フォードですね。フォードはキネティックデザインで注目を集めている感じで、たしかに未来感があります。

 次回は旧いクルマ、集めて見ます。

  

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

Image  東京モーターショーに行って来ました。もちろん、取材で。

 外国車メーカーが撤退したとうことは頭では分かっていましたが、いや、実際に足を運ぶと改めて寂しいですね。

  もちろん、特別展示は色々とあるんですけど、多分、その大半が一般公開客を対象としていて、プレスデーでは閑散としていた、という面もあるとは思いますが。

Sai_3  今回はほぼ国産メーカーだけという異常事態の中、個人的にはもっと現実路線のコンセプトカーを望みたかったですね。レクサスの2台や、妙に人気のトヨタFT-86、ホンダCR-Zなんかがそうですけど、他にも1、2年後に発売するクルマを惜しみなく出して欲しかったな。

 まあ、そう思ったのは、たとえば写真のSAIやマークX、アルトなど、市販車・市販予定車への注目度が低かったのも大きいかな。FUGAなんかは力入ってたけど。外国勢はこの辺が強いですもんね。

 目玉のCOTY歴代受賞車も今日はひっそりしてました。これも24日以降賑わうのかな? 個人的には写真のFFカペラ、ワンダーシビック、アコード、ラングレーあたりはグッと来ましたね。ま、そんなんじゃイケナイんですけど。

Capera2  んー、それにしてもプレステとチョロQコーナーがあんなに広いって、やっぱどうなんだろう? キツイよなあ。

 原稿についてはこれからまとめ方を考えますが、記事になりましたらお知らせしますのでよろしくお願いします。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:ヨーロッパ・ツーリング(出発編)

Furankfrutstation  勤続20年のリフレッシュ休暇を9月のシルバー・ウィークに引っ掛け、10年ぶりの欧州旅行に行って来ました。

 コースはドイツ・フランクフルトを起点に、ロマンチック街道を下って南ドイツのフュッセン、イタリアに入ってベネチア、ボローニャ、トリノ、南仏に移ってニース、プロバンス、アヴィニオン、スイスのベルンを経由、再びドイツに入ってシュトゥットガルト、そしてフランクフルトへ戻る時計回りの道程。

 自動車満載旅行・・・と行きたかったところですが、家人との旅ですのでその辺はお互い希望を半分ずつ、ということに。

Taxi  レンタカーはこれまでコンパクトカーのMTばかりでしたが、今回は長丁場の行程だし、高速を使うことも多いので思い切ってフルサイズ、しかもATに。クルマは代表車種のメルセデスCクラス。ディーゼルかな?と思っていたら以外にもガソリンのC180Kで、例のBlue EFFICIENCYでした。

 レンタカーの営業所があるフランクフルト中央駅入ると、ちょうど開催中のフランクフルトショーの垂れ幕(BMWの)が。ただ、残念ながら見学の時間はなしです。

 駅の前はタクシーが列を成してますけど、ウワサとおりメルセデスのEクラスばっかりなんですね。ある意味壮観でした。

Mb1  このCクラスの写真はドイツ、スイス、イタリア国境近くのものです。いろいろとクルマの写真を撮ってきましたので、旅の内容はともかく、これからその写真をひたすらアップして行きますので、よろしければ見てくださいね。

 では、また次回。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダ・ステップワゴン

Stepwgn  大ヒットの初代にこだわりすぎた2代目、その低迷の反動である3代目。いずれもクリーンヒットにならなかったステップワゴンが出した答えは”原点回帰”だ。

 先代に比べればスクエアなボディがそういうことなんだろうけど、でも、このボディを見て”原点回帰”と感じるより、「何だかセレナみたい」と思う人の方が多いんじゃない?

 例えばフロントマスク、とくにマイナーチェンジした後のセレナに酷似しているところなんかが皮肉な感じ。けれども、それよりはプレーンな印象を与える面構成がライバルを連想させる最大のポイントかと思う。それだけを見れば「コピー」と言ってもいいくらいだ。だって、原点回帰って言っても初代はこんな張りのある面じゃなかったもの。

 そして低いウエストライン。さすがにフロントへ向けて段をつけるところまではやってないけど、基本的には同じ発想だ。まあ、ここはリアピラーをブラックアウトした点も含めてマツダのビアンテも参考にしてるかもしれないけど。

 唯一回帰を感じるのは、リアドア用のスライドレールのくぼみをボディ周囲に連続させているところで、これは2代目の反復かと。

 3代目の失敗、そして奇襲に出た先述のビアンテの不振を横目に見て、ドップリ家族向けのミニバンはやっぱり余計なことしちゃダメなんだと思ったのかも知れない。ライバルに似てると言われようが、とにかくヒットすりゃあいいんだ結果的に、と。いや、そんなに似てるかな?と思った方は、フロントのエンブレムが日産になったのを想像してください。多分ほとんど違和感ないと思いますので。

 で、実際最初にパッと見て「あ、売れるなコレ」と僕は思った。まとまりいいじゃん、質感高いじゃんと。きっと全国の営業マン氏もそう感じた方は多いんじゃないかな。そりゃ売り上げナンバーワンのライバルに似せたんだから当たり前なんだけど、とにかくそう思わせたんなら作戦成功なわけだもんね。

 けれども、言い方を替えればほとんど新提案がないんである。東京モーターショーに向けては、ハイブリッドスポーツとかミニバンとかが次世代のホンダデザインを示すのか?って感じだけど、こっちは全然関係ありませんからっていうような。いや、燃費の向上を果たしたエンジンやミッションとか、機能の話は別にしてね。

 何たってセレナはもう4年以上前の登場だ。カタチの話にせよ、4年前のライバルに追いついただけっていうのは、ホンダっぽくないという以前の次元で何だかなあ・・・と。あ、いや、分かってます。売れればいいんですよね、売れれば。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

Naikakufu  今日、久々の取材に行って来ました。

 場所は地下鉄永田町と国会議事堂前の間にある議員会館です。距離としては、いつも行く国土交通省とそう遠くはないのですが、やっぱり雰囲気が違います。

 何たって、永田町側から行く場合は官邸前を通りますから、警官の数が違う。道路の角はもちろん、官邸入口付近はかたまって立ってますし。

 この緊張感に比べると、議員会館の向かいに建つ国会議事堂の方が何だか身近に感じちゃいますね。ほら、小学生が社会科見学で入ったりするし。

 で、その議員会館は現在新館の建設中でした。現行の建物の真横にピカピカの立派なやつを作ってます。皆さん、あそこに自分の部屋が欲しいわけですね。

 記事が出ましたら、またお知らせします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX11月号

Magx11  少々遠出をしていて書き込みが遅くなりましたが、ニューモデル・マガジンXの11月号が発売になりました。

 今回も巻頭特集の中でなのですが、現在施行中のエコカー補助金について、所管の経済産業省と現場であるディーラーへ取材を行いました。

 この補助金については、導入に当たって混乱があったとは聞いていましたが、実際に現場に聞いてみるとなるほど大変そうですね。経済産業省は「やることはやっている」との見解ですが、聞けば聞くほど色々出てきましたから。

 が、一方で新車販売が一時的でも回復しているのも事実なようで、これまた痛し痒しかもしれませんね。

 それにしても、この補助金といわゆるエコカー減税を混同しているユーザーさんがかなり多いみたいです。先日なんて、某FM局の番組で、何とCOTYメンバーがこのふたつの制度の施行期間を間違えてたくらいですし・・・。

 しかし、トヨタの願いもむなしく、補助金は本当に3月でおしまいなんでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »