« クルマ散策:四国ドライブ | トップページ | 雑誌記事:マガジンX11月号 »

クルマ散策:フランクフルト心象風景(その2)

Lfch  ISより小型化すると、こうやってハッチバックにするしかないということなんだと思う。たから、このLF-ChがまるでBMWの1シリーズみたいだ、というような話は今回の趣旨じゃなくて。

 このクルマを見て思ったのは、やっぱり国内のレクサスと海外のレクサスを同じにすることは無理なんじゃないか、ということなんである。

 レクサスに欠けていたのがコンパクトカーだ、というのは同感なんだけど、じゃあその回答がこれでいいのか?と聞かれると、少なくとも国内は違うんじゃないかと。

 欧州じゃあ、それこそBMWの1シリーズやメルセデスのA、アウディのA3あたりを相手にするわけだから、このアプローチが直球ど真ん中だ。コンセプトカー然としたデコレーションを剥げば、そんなに違和感がないところに落ち着くだろうと想像できる。ま、そしたらもっと1シリーズっぽくなるかもしれないけど。

 もちろん価格次第だろうけど、ハッチバックが定着している欧州ではそこそこ善戦する可能性もあるかと。って言うか、コンパクトという位置も含めて、レクサスの知名度を同市場で押し上げるチャンスとも考えられるかな。

 けれども、 日本のコンパクトはコレじゃない。それはフィットであり、ヴィッツであり、軽なんである。お値段も100万円からせいぜいが150万円。つまり、もうひと回り小さいし、小さいから安いんである。

 だから、高級ブランドのレクサスもその土台に乗った日本独自の商品展開が必要なんじゃないか? 求められる、つまり売れるのは(仮に)300万円のLF-Chじゃなくて、170万円の高級ヴィッツという考え方。450万円のISじゃなくて、200万円の高級カローラ、600万円のGSじゃなくて、250万円の高級アリオン、というようなね。あ、150万円の高級パッソでもOK。オリジナルのジャパン・レクサスね。

  個人的には日産ティーダの成功なんかにその芽があると思う。ラグジュアリー・コンパクトとして「そこそこ」の高級感を与え、150~160円で販売、ヒットした。で、この方向でもう数十万円分の贅沢を与え、レクサスならではの特別感、差別化を図るのを忘れないと。ま、デザインの方向性をいまと変えるか否かはまたべつの話としてね。

 そんな中途半端じゃどうなの? というご意見もあるかと思うけど、何たって中途半端じゃない現状レクサスが売れてないんだからさ。それでも、やっぱりこれじゃあレクサスブランドの意味がないよというなら、つまりレクサスは日本に要らないって話に戻るんである。

 

|

« クルマ散策:四国ドライブ | トップページ | 雑誌記事:マガジンX11月号 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

HSがまんまレクサス版SAI過ぎて、これのどこがLフィネスなんだと思いましたが、このChはそこそこLフィネスが反映されたデザインにはなりましたね。
でもこのクルマだってオーリスあたりがベースなんでしょうね。FF横置きなのに、どことなくBMW1シリーズに張り合おうとしているのがいじらしく見えますね。

以前iQのレクサス版を導入してみては…と話題が出ましたが、iQはどう頑張っても3気筒1リッターでは、レクサスで売るには振動や騒音の面で無理がある。最近出た4気筒1.3リッターでなんとか及第点っぽいので、ヴィッツくらいのクルマがベースとして出すのが最低ラインかもしれませんね。

ティーダ、僕もこのクルマのそこそこプレミアムコンパクトな考え方はいいのですが、走りの面でイマイチ軽すぎてプレミアムには少々物足りないものを感じます。最近の日産の質感や足回りの仕上げ方なら、次期型でいまのコンセプトを昇華させるなら結構いいクルマとして出てきそうですね。

レクサスブランド不要論ですが、もうトヨタブランドには戻れないでしょう。
トヨタブランドだって、プリウスを全店で扱うようになっては、いずれ4チャンネルの維持はおろか、それほど遠くないうちに日産、ホンダのように1チャンネルになってもおかしくないかもしれません。
デザインフィロソフィーをきっちり分けてデザインしている以上、ブランドを市場によって混在させることに対して、ボクは賛成しませんね。
そういう点で、HSのデザインにはがっかりしています。

投稿: アクシオム | 2009年9月20日 (日) 22時17分

最早、「レクサス」をブランドと考えての販売は、現実的に無理なんじゃないですかね。最初から、「トヨタのレクサス」ってアレだけ自分たちで宣伝してしまった以上、ブランド化は無理です。
おそらく、レクサスに乗っているお客は、昔、トヨタに車を買いに来て「一番高いの持ってこ~い」という方が多いのでは?

当初目指していた輸入車ユーザーの取り込みは失敗してるようですし(当たり前です!)色々な車種を今頃投入してもさらにトヨタとの差別化が曖昧になってしまっていますね。  正に、「貧すれば鈍する」。

新しいコンパクトも中身はオーリスあたりだとすると値段の差は何?ってことになりますよね。  アメリカ・ヨーロッパでは確かに 外車ですが、日本人には、値段が意味も無く高い  国産(しかもトヨタ)の何処に価値を見つけたら良いのやら・・・


日本では、「レクサス」ブランドの撤退も考えた方が良いのでは。変な面子にとらわれている時機ではないと思います。

ちなみに、私は、やっぱりこの手のデザインはキモチワルイです。

投稿: ぷじお | 2009年9月21日 (月) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/31417963

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:フランクフルト心象風景(その2):

« クルマ散策:四国ドライブ | トップページ | 雑誌記事:マガジンX11月号 »