« クルマの他:渡辺貞夫 in ブルーノート東京 | トップページ | クルマの他:今日の映画 »

クルマ散策:フランクフルト心象風景(その1)

Bluemotion

 正式には17日からだけど、フランクフルトショーの出展車両が続々と発表されているのでそろそろ。

 東京ショーの外国車ほぼ撤退が影響しているのか、何だかその分内容の濃さが際立っているように感じる今年のIAAだ。

 で、公開前なんだけど、気になった出展内容からまずはVW。今回は同社が少し前から展開している省燃費、低炭素のブルーモーション・シリーズで、一気に量産モデル3台っていうのがスゴイ。

 基本的にはいずれもコモンレール式ディーゼルエンジンにハイギアードMT、アイドリングストップ、そしてエネルギー回生装置を組み合わせたものらしい。さらにボディの空気抵抗低減、転がり抵抗の少ないタイヤ、軽量かつ空気抵抗が少ないホイールと芸が細かいんである。

 これで新型ポロなら、1.2エンジンで30.3km/L。45リットルの燃料タンク満タンで航続距離は何と1363km! 東京からだったら熊本あたりまでOKで、さらに最高速度は173km/h。恐らくディーゼルの特性を生かして高トルクも期待できるでしょ。つまりは、単なる省燃費スペシャルのノロノロカーじゃないと。

 そうやって、新しいエンジンと既存の技術を組み合わせて日本のハイブリッドに相当するような「結果」を出すところがスゴイなあと思う。いや、その技術そのものも素晴らしいんだけど、省燃費やCO2の削減に向けて、こうやって色々な手法、技術を展開して見せるところね。今後当面のクルマのあり方に対して、これだけの様々なやり方がある、答えはひとつじゃないんだよと。

 もちろん、これからハイブリッドも出すんだろうけど、それにしたってディーゼル・ハイブリッドという展開もあるだろうし、とにかくいまの日本の「ガソリン・ハイブリッド以外はクルマにあらず」といった実に気持ち悪い方向に持って行かないのが大人な感じで。さらに、これが量産モデルっていうからなおのことね。

 このポロについて言えば、デ・シルバの手が入った新型は、引き締まっている分ゴルフよりもエクステリアのまとまりがよく思えるので、個人的に結構魅力的なんである。

 小排気量+過給器では、日産が来年登場の新型マーチでやるとか。でも、こういう細かい技術を巧いことコントロールさせるのは日本の得意とするところだったような気もする。もちろんハイブリッドだってそうなんだけど、それにしてもこの偏った流れは異常だもんねー。

|

« クルマの他:渡辺貞夫 in ブルーノート東京 | トップページ | クルマの他:今日の映画 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

VWのことでしょうから、結構運転が楽しみなハイブリッドに仕上げてくるんでしょうね。一連の小排気量+過給機エンジン+DGSの組み合わせは、プリウスやインサイトのハイブリッドに比べて運転していて断然面白いです。
日本のハイブリッド車って、運転することが億劫な日本人にとってこれほど楽チンで燃費が良いクルマはなんでしょうが、ヨーロッパをはじめ海外でイマイチなのはやはり運転していても面白くないからなんでしょうね。

日本の場合、一般の乗用車オーナーは長距離を乗らないから、ディーゼルの普及はあまり見込めないし、ディーゼルをあまりにも悪玉視しすぎてしまった某知事の影響があまりにも大きすぎる。
しかし、ガソリンハイブリッド一辺倒ってのも、あまりにも多様性がなさすぎますね。一つの技術に絞る方が効率的だといっても、あまりにも偏りすぎますね。
まぁハイブリッドの次はEV偏重が待ち受けていそうで、ますますクルマが面白くなくなるのかもしれません。

投稿: アクシオム | 2009年9月 8日 (火) 20時50分

欧州のディーゼルは日本のものと比較して一日の長があるのでしょうか。

昨年頃でしたか、欧州のエンジン・オブ・ザ・イヤーにアコードのディーゼルが選ばれた
かと記憶しております。またisuzuのコモンレール技術は現在どうなっているのか
気になります。

一方でベンツEクラスの尿素つぎたしを要する、なんちゃって触媒ディーゼルやメカニカルの信頼性はどうよ、のDSG+TSIのVWに懐疑的な気持がいたしております。

日本車達をエコひいきするわけでもなく、魅力的な車に出てきてほしいと切望して
おります。ただ欧州車と日本車において評価の基準が違うように感じることが多いものでつい。

投稿: ぴおりん | 2009年9月 9日 (水) 19時44分

こういう所なんですよ、今の日本車に面白みがなくなったのは。
外観や、内装もガッカリな上に(最近のベンツはトヨタ的でおかしいですが・・・)技術的な進歩というか、煮詰めが無くなってしまい安く造る方法と手抜きが上手くなってしまっただけで20年くらい無駄にしてしまったと感じています。

昨年、「プリウスが10周年」と、コマーシャルをやってましたが、正直、何も進歩無しに10年経っちゃたな~という感想でした。
10年前に初めて商品化されたときは「すごい!」の一言でしたが、あの感じなら今頃リッター100キロぐらいになってないと!

それに比べ、ワーゲンは、飛び道具に走らず、昔からある技術を「磨く」かたちでハイブリッドカーと同等の燃費を出す車を作ってきたと。しかも、乗り心地も今までの車のちゃんと延長上にあるようですし、羨ましいです。

本当は、こういうワーゲンみたいな進歩を日本車にもして欲しかったですね。技術を突き詰めるとGT-R、手を抜くとヴィッツみたいな選択しかできないのは残念です。
日本車は、いつの間にやらマックのメニューみたいになってしまいました、100円マックか、ビッグマックかの差くらいにどーでもいい「モノ」に。

たまには、さらっとお茶漬け、今日は、血の滴るステーキ(表現が古いですね)的に色々選べるのが楽しいんですがねぇ。
マックばかりだと食指が動きません。

投稿: ぷじお | 2009年9月 9日 (水) 21時22分

ぴおりん様
 いすゞのコモンレールディーゼルは、Ddビッグホーンの4JXから4JH系などに進化し、商用車のエルフやタイでトップシェアを誇るピックアップトラックのD-Maxなんかに搭載されていますよ。
 システムをゼクセル製からボッシュに変更したり、ターボを可変容量型に変更したりしてかなり性能を向上させているようです。
 そういえば、初期のDdビッグホーンに9年乗りましたが、3度も高速でエンジントラブルに遭い、一歩間違えば大惨事でしたね。3度ともインジェクターの破損で、いきなり黒煙を吐いてそのままストップする。とんでもないエンジンでした。

 あとV6ディーゼルを藤沢工場で開発、生産して、欧州のルノーベルサティスやランチアテーシスなんかに載せていましたね。今となってはベンツなんかも採用していますが、オールアルミブロックをいち早く採用していましたが、このアルミブロックが割れやすくて多くのリコールを出したようです。今では、こちらも生産を中止し、供給も止めたようです。
 
 アコードのディーゼルは、いすゞが一時期やばくなった時に、ホンダへ技術者が転職して作られたようですね。ホンダはSUVでもそうですが、いすゞからOEM供給を受けておいて、技術をものにできたらさっさと自社製に切り替えてしまいますね。しっかりしています。いすゞも見習ってほしいと思いましたが、今となっては…

投稿: アクシオム | 2009年9月 9日 (水) 22時30分

アクシオム様、

いすゞやホンダのディーゼル事情につき教えて頂きありがとうございました。
一部では非常に高評価のいすゞコモンディーゼルにそのような不備があったとは
知りませんでした。まるで誉エンジンのような、、、。

アコードのディーゼルが日本に登場するのを待っていたのですが、この風潮(ハイブリッドのみ正義)では
難しそうです。日本のディーゼルハイブリッドはぜひホンダからと願っています。

投稿: ぴおりん | 2009年9月11日 (金) 09時19分

アクシオムさん

エコ家電じゃないですが、いまやエコは政治と商売の道具である
ことがハッキリしちゃった感じですね。クルマがそこに追随するの
は結構悲しいです。べつに反社会的な愚行をするつもりはないで
すが、こうも偏向しちゃうとチョット・・・ですね。

ぴりおんさん

ディーゼルもそうでしょうし、ディーゼルハイブリッドもそう。あるいは
小排気量+過給器も、ディーゼル技術を応用した最新の直噴ガソリ
ンも。要は色々な展開を示して欲しいということですね、メーカーに
は。

ぷじおさん

そうなんですよ。何か特別な「我慢バージョン」とかじゃなくて、通常
ラインナップと並ぶ実用性を持たせているのがいいなと。新規軸なん
だけど、特別視しない。たとえば、アクセラだって何で高性能版はい
きなり「マツダスピード」なんてことになって、あそこまで特別なものに
しちゃうのか? もっと上手いやり方があると思うんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年9月12日 (土) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/31276263

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:フランクフルト心象風景(その1):

« クルマの他:渡辺貞夫 in ブルーノート東京 | トップページ | クルマの他:今日の映画 »