« クルマ散策:シューマッハ復帰!! | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:日産・リーフ(市販予定車)

Leaf  発売は来年後半ということだけど、正式にお披露目されたので、一応。

 EV=シティコミューター≒軽自動車? なんて固定概念を覆す、5ドアコンパクトカーという発想は上手い!と思う。

 ただでさえも特殊なEV。基本的に一家に1台の条件下、家族みんながフツーに乗れないクルマなんて非現実的なんである。もちろん、高価なバッテリーをリースにして、初期投資額を低減する方法も面白いし。

 けれども、新開発のリチウムバッテリーにしてMAX160kmの航続距離・・・と、この点はやっぱり厳しいなと。だって、せっかく家族5人が乗れても温泉旅行は無理でしょ。せいぜい郊外のショッピングセンターと近所の日帰り温泉施設か。リーフは、日産のハイブリッド攻勢までの「つなぎ」という話があるにせよ、ね。

 それと、その5ドアボディのカタチもどうもなあ、と。「葉」から流動体をイメージしたヌメヌメボディはある種の未来感を醸し出しているし、空力もスゴイんですよ、というメッセージもよく伝わってくる。ただ、ちょっとモーターショーのコンセプトカーっぽくないか? 奇抜で”取り合えず感”が強いっていうか。

 もし日産が5ドアコンパクトで勝負を掛けるのであれば、僕はもっと”普通”の方向で、素晴らしくスタイリッシュなデザインにするべきだったんじゃないかと思っている。妙にEVっぽさを前面に出すのではなく、動力源が何であれ「これはカッコいい!」「欲しい!」と思わせる方向ね。たとえば、よりシャープでより質感の高いティーダみたいな。

 それが航続距離の短さを補うかもしれないし、幅広い年齢層の支持が期待できるかもしれない。タイミング的に間に合うのであれば、そのボディでハイブリッドをやってしまっていいじゃないか。せっかくの専用ボディなんだし、同時に似たようなライバル2車との差別化も図れるという意味も含めてね。

 そんなことを考えるとこのボディ、ちょっとネラい過ぎたんじゃないかな。基本的な考えはすごくいいのに、何だかもったいない。

|

« クルマ散策:シューマッハ復帰!! | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

日産は軽ベースでは普及できないと踏んだのと、自社で軽ベースがない&軽の次に大きいAプラットフォームを利用しても、バッテリーの重さなどからリーフのような大きさのクルマでEVをデビューさせたのかも知れませんね。

どうせ狙ったデザインなら、リーフというネーミングから逆にデザインを発想してもよかったかも知れません。
葉っぱの形状をモチーフに、ヘッドライトやサイドウィンドウをデザインしても良かったかと…
EV専用デザインにしては、ティーダっぽいサイドウィンドウとテール廻りが惜しい気がします。
まぁすでに出ているクルマのデザインを取り込めば、どこか見たことのあるデザインで安心感はあるのでしょうが…
一番惜しいのはインテリアで、ホンダのように上下2分割にしたメーターに対して、なんとも平凡なセンターコンソール。これで出すのか?と・・・
その点、トヨタはプリウスで先進的なインテリアの研鑽を積んでいるせいか、うまいと思います。

しかし、日産はハイブリッド攻勢までのつなぎとしてこのEVを考えてはいないでしょう。むしろハイブリッドもないとEVだけではおぼつかないから、ハイブリッドも出すという考えかもしれません。
フーガからはじめるようですが、プリウスのような一番競合するハイブリッドは出せるのか?フーガの次がセレナらしいので、その方が日産にとってはいいのかも知れませんね。一番の量産ミニバンですし。

ps.昨日日産本社ギャラリー行きましたが、残念ながらリーフの展示はありませんでした。やっぱり…でしたが。

投稿: アクシオム | 2009年8月 9日 (日) 00時12分

うーん、去年まではトヨタ車がデザイン的には頭ひとつ抜き出て悪かったのですが、今年になって日本車全体が次から次へとデザイン的には壊滅し始めましたね。

日産の「リーフ」はしかも出るのは来年後半!予定ですよね。 出るまでには若干のブラッシュアップはあるとしても、基本的には形はアレでってなるとやっぱりガッカリ感は否めません。
デザインの基本は、伝統の「マーチ」型ですね、ショルダーラインの下で一塊、その上にキャビンを乗っける。でも、それだと現行マーチになってしまうので顔とお尻をいじってみた、と。
しかし、これでは売れませんね~ (あのスペックでは市販も本気じゃなさそうですし)
良くも悪くも、アノ手のクルマを買う人は、「他人とは違う」というイメージも一緒に買うでしょう。それにしては、デザインが普通すぎます。

すぎもとさんが仰るように「かっこいい」とか、または、「なんじゃこりゃ」なデザインにしたほうが良いのでは?

今年になり、日本車は完全にデザイン暗黒時代です。少なくとも私には。
カマロ、マスタング、ボルト(出るかな?)凋落激しい国のクルマの方が俄然魅力的なのは皮肉ですね。

投稿: ぷじお | 2009年8月 9日 (日) 21時44分

数ヶ月前、どこかの雑誌に「EVである事を利用して、今までにないスタイルで…」的なコメントが関係者談として載っていた様な気がしたんですけど、アァァ腰砕け! 確かにボンネットは薄くて強く傾斜しており、ソコに真っ当なエンジンを載せられるかと云われれば‘無理’と言わざるを得ないけど、何か普通ぽいですね。 しかも魅力的かといえば、そうでも無い。(プリウス/インサイト同様、何かスペシャルをと考えた?せいか、リア廻りに嫌味たらしさを感じます) スペース効率もガソリン車並みでさほど良くなさそうだし、どうなっているのと言いたい。 まさかアトで発電用エンジンを積むバージョンをつくるんじゃないだろうな?
スタイルの悪口はこれ位にして、内容的になんですが、まあまあ無難と云ったところでしょうか。 渋滞に陥らなければ実質120Km位は走れそうですし、シティコミューターとしては及第点かなと云う気がします。
しかしネックはやはりバッテリーでしょうね。 量産に拠るコストダウンを考えても、十年以内に100万円を切る事はかなり厳しいでしょうから。
何れにせよ、年産5万台と本腰を入れた販売をするそうですから、その英断?には敬意を表します。

投稿: 山の熊さん | 2009年8月10日 (月) 13時41分

アクシオムさん

中村史郎さんは雑誌で「サイドウインドウが葉っぱみたいでしょう?」と書いてあり
ましたけど、そういう風には思えなかったですね。とくに新鮮な形状じゃないし。
エクステリアの妙な感じに比べると、仰るとおりインテリアはこれまた妙に現実的で
面白くないですね。この辺はアンバランスさを感じます。日産のHVはFRから、と言
われてますが、その辺の戦略がイマイチよく分からないです。どこの要望なのか?
ところで新社屋はいかがでしたでしょうか? 僕も早目に行きたいですね。

ぷじおさん

マーチスタイルはいいにしても、上下の結びつきがとくに前後でウルサイですね。その
辺もまたコンセプトカーっぽいです。来年後半の発売なら、お披露目の評判を聞い
て直してもいいんじゃないかと思いますね。しかし、出した瞬間にアレ?というのは日
産らしくないですよねー。

山の熊さん

僕も年産5万台という意気込みは買います。しかし、そのためのクルマの魅力がイマ
イチなのはどうも?です。意表をつきたいのか、普通に見せたいのかが中途半端なん
だと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年8月12日 (水) 15時31分

日産ギャラリーの報告。
横浜駅からの連絡路から行くときれいに整備されていますが、パシフィコやランドマークタワー側から行くと横浜市発注の連絡路が工事中のためギャラリーがわかりにくく、外観上NGですね。
銀座より広くて、カフェも併設されているし、海外専売車、特にインフィニティFXの展示はなかなかでした。GT-RもVスぺがあるし、クロスオーバーも全色展示されている。
特にカフェの椅子は寝そべれるほど快適でした。
残念なのは、座間記念庫にある車両を多く展示できなかったこと。ヘリテイジコリドーなる日産の歴史展示はあるのですが、車両展示ではなく、壁面展示だったこと。
入口近くにダットサンとレーシングカーの実車展示はありましたが、2台しか展示できていませんでした。

それと気になるのは、銀座本社の時にあった試乗が横浜でもできるのか?まだ完全に整備されていないし、駐車場がないので無理っぽいですが…
行くなら電車で横浜駅がベスト。もしクルマなら、近くの臨時駐車場の1時間500円、以降30分260円を払って止めることになります。

ps.ホリデーオート誌で中村史郎さん曰く、リーフはコストが掛けられなかったのでドアハンドルは流用していると自慢していましたね。
なんだかホンダのインサイトのように、登場する前から貧相さを漂わせていますね。

投稿: アクシオム | 2009年8月13日 (木) 23時01分

こんにちは

Leafのデザインが日産車の何かに似ているなと感じていたのですが,やっと気がつきました,ADワゴンです.となるとデザインチーフは長谷川浩さんでしょうか.フロントバンパーにGT-Rの匂いも感じます.

良く見ると,相当空力は詰めている感じがします.特にリア周りが.

ともかく正当な評価はモーターショーで実車見てからでしょうね.

投稿: akira isida | 2009年8月16日 (日) 11時39分

アクシオムさん

面白そうですね、日産。
横浜は出身ですし、あの辺は土地勘もあるんですよね。
座間の個体はやっぱり積極的な公開は考えていないのでしょうね。
そのうち取材したいものです。FXとカフェは期待かな?

akira isidaさん

こんにちは。

ADワゴンですか。。。なるほど。
たしかに東京ショーで実車を見てからですね。個人的にはリファイン
を期待してはいますが。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年8月22日 (土) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30877501

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・リーフ(市販予定車):

« クルマ散策:シューマッハ復帰!! | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »