« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | クルマ散策:シューマッハ復帰!! »

雑誌ナナメ読み:乗れば癒される?

Legacy  テリー伊藤氏はクルマ好きで知られているけれど、業界外からの率直な意見が面白いということで、誌面での活躍も多い。

 その中で、新しいレガシィを扱っている記事がいまあるんだけど、今回はちょっと「あれ?」って感じなんである。

 話としては”見た目は悪い”けど”乗るといい”という内容。キャバクラで隣に来た娘が”即チェンジ”な容姿だったけど、色々話をしてみたら性格美人だった、と。まあ、そのこと自体が理解できないわけじゃないけど、この考え方はあまりに古過ぎるでしょう。

 ホラ、かつて「技術の日産」が凋落し始めた頃、その商品企画の酷さにこの表現がよく使われたのを覚えてないかなあ? カクカクになっちゃった3代目のオースターとか、走る棺桶と揶揄されたローレルとか。ハードはいいんだけど、デザインに代表される商品企画がまったく追いついてないという状況ね。

 ザックリ、あれからもう20年以上だもん。もはやあらゆる情報が瞬時に入手できて、評価の方法も山ほどある。そんないま現在、多くの人が「変なカタチ」と思う商品を世に出しちゃうって、やっぱりダメなんじゃないか。それは「乗ればいい」ということじゃ埋め合わせられないんじゃないのかな、もはや。

 テリー氏も書いてるとおり、いまやレガシィは北米がメインマーケットであって、そのための大型化、そのためのアイコン放棄だったと。僕もその点は仕方がないと思うけど、それと「カッコ悪くなる」ことはまったく関係ないもん。大きくなろうが、Dピラーをボディ色にしようが、要は結果的に優れたデザインか否かでしょう。

 新しいレガシィについては、評論家諸氏の意見もほとんどこの「乗るといい」「乗ると癒される」になっているんだけど、”街の自動車評論家”の異名をとるテリー氏までもそこに同調しちゃうのは寂しいなあと思ったんである。デザイナーはキャバ嬢の容姿には手が出せないけど、クルマのカタチはどうにでもできるんだから。

|

« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | クルマ散策:シューマッハ復帰!! »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

カッコ悪くなったのは、おそらくトヨタの余計なちょっかいが入ったからだと陰口が叩かれていますね。
全体の造形が平凡というか、他のセダン、ワゴンと同じようなボリュームのデザインで、デティールで妙に個性を出そうとしたのに、センスが悪いからこうなっちゃったって感じですね。

乗ると癒されるのなら、レガシィよりもティアナの方が先駆者だし、数段上。新型レガシィはいやされる前に、眠くなるような退屈感がありますね。確かに乗り心地はよくて静かですが、先代のような面白さがない。結構トヨタ化している。
CVTだってそんなにスムースだとは思わないし、ターボの5速とそれほど変わらない。ターボ車もエンジンに抑揚感がない。
デザインだけでなく、乗り味にも薄いものを感じましたね。どこかベターっとした乗り味、走りでしたね。

Dピラー周りの処理は、スバルの場合実用性も求められるから、アテンザワゴンのようにカッコよく処理できなかったんでしょう。
もともとカッコつけようとしても社風からして無理があるんですから、これだったら愚直に実用性に徹したほうがよかったかも。
先代のデザインが素晴らしすぎます。ただし、前期型に限ります。後期型は、今回のFMCにつながるような改悪さが気に入りません。

スバル、特にレガシィもホンダのようにらしさ、らしさを求められ、縛られるのがある意味つらいところですが、それにもきちんと答えて欲しかったFMCですね。

投稿: アクシオム | 2009年8月 3日 (月) 22時15分

レガシィは、何か褒めておかないとスバルがかわいそう、と、みなさん思っちゃうんですかね?
実際、スバルの屋台骨ですし、「凄くかっこ悪い」というとマズイ的な気遣いなのかもしれませんよ。

現在は売れているようで安心していますが、先代までのようなコンスタントに売れ続ける車になるには、やはり、このデザインでは苦労すると思います。
1~3代目までは、デザイン云々より「レガシィ」というクルマの魅力で独特の世界を作り、4代目でやっと良いデザインも手に入れたのに・・・
特にマイナー前っていうのは、アクシオムさんと全く同意です!

何故、(スバルらしいといえばそうなんですけど)退化してしまったのか。スバルの今後を考えると、このデザインの退化は会社の存続を左右してしまうかもしれません。
現社長は、「トヨタ傘下、脱・スバリスト」の現状が満足そうですが、個性のある車会社が無くなってしまいそうで寂しいですね。ほんとに欲しいクルマがどんどん無くなってしまう~

で、よく「トヨタ」の仕業か?と言われていますが、レガシィは流石にまだそこまでのトヨタの力は及んでいないのでは?
良くも悪くも、いつものスバルの感じがしますけど(笑)

投稿: ぷじお | 2009年8月 4日 (火) 22時45分

確かに良い車なのにデザインが…と云う車は在ると思います。 そういう意味ではテリー氏の発言は間違ってはいない。 いや、新型レガシィには乗った事がないから、実際に良いかどうかは判りませんが。 でも、少なくともデザインに関してはテリー氏もダメだと認めている?みたいですし。 まぁ何れにせよ、私の好きな車から外れたから興味は無いんですけどね。
ところで今月号のマガジンχだったと思いますが、サンバー系がダイハツのOEM車になると云った記事が載っていましたが、私にとってはそちらの方が関心があります。 確かに販売台数も少ないから効率を考えれば合理的なんでしょうが、あの手の車としては山間部や降雪地域で一番頼りになる車なんですよね。 ホイールベースが短いから小回りが効くし、亀の子にも成り難い。 それにリアエンジンだから雪路でもトラクションが掛かる。 ホンダのアクティーもリアエンジンVer.をSWB化するらしいですが、4WDのシステムや実績からいっても一日の長があります。 だから当地の農協では「営農サンバー」として販売している位ですし、山仕事に従事する人が乗る軽トラの2/3がサンバーですから、無して欲しくないなー。

投稿: 山の熊さん | 2009年8月 6日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30803868

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:乗れば癒される?:

« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | クルマ散策:シューマッハ復帰!! »