« 雑誌ナナメ読み:乗れば癒される? | トップページ | 新車心象風景:日産・リーフ(市販予定車) »

クルマ散策:シューマッハ復帰!!

Photo   首の筋肉など体力的な問題、今年のマシンに乗っていないこと、つまりKERSも使ったことがない、規定でテスト走行もできない。

 ・・・てなマイナス方向のニュースが飛び交っているけど、まあハッキリ言ってそんなの関係ないってことでしょう。

 何しろ、マッサの回復によっちゃあ1戦しか走らないかもしれないし、彼自身のチャンピオンシップにはまったく無関係。さらにチームのコンストラクターズポイントにしたって「もはやいまさら」な状況なんである。

 チームにしてみれば、却ってライコネンより速かったりした方が気まずいことになるわけで、だから順位なんてどうでもいい話というわけで。じゃあ、一体何だと言えば、フェラーリチームへの注目とともに、今後のチケット売り上げとTV視聴率の劇的向上に他ならないのかな、と。いや、実際観たいでしょう、世界中のファンは。

 それが証拠に、先のような憶測やらニュースが、バトンとベッテルの優勝争いという本来の最重要課題をも吹き飛ばしちゃったしね。どこぞの国の与党じゃないけど、いかにいまのドライバーが”小粒”ばっかりになっちゃったかってことなのかもしれない。

 根っからのファンにとっては「何をいまさら・・・」ってことだろうと思う。レギュラードライバーが抜けたんならリザーブドライバーを出せ、いないなら有望な新人を連れて来いと。それはまったく正論で、本来あるべき姿はそっちの方。チョット違うけど、テニスの伊達公子さんに賛否があったように。

 けど、僕はこの話OKだ。たしかに本筋じゃないんだけど、今回に限ってはマッサ復帰までの数戦という特別な状況であって、そういうことならベストじゃなくてもベターな選択と言えるんじゃないか。少なくとも一時囁かれたアロンソ参戦なんていうことよりもずっといいと思う。

 日本のファン的にはセナの「敵役」だった彼が最終的に大きな人気を得たのは、やっぱりレースに対する「こだわり」と「情熱」が圧倒的だったからだと思う。べつにいまの選手が皆ユルイってことじゃないけど、伊達さん同様、ある種の緊張感を現場に投げかけるという意味でも面白いんじゃないかな。

 ま、弟のラルフのコメントがなくても、彼が走りたくてウズウズしていたのは何となく感じられていたけれどね。

|

« 雑誌ナナメ読み:乗れば癒される? | トップページ | 新車心象風景:日産・リーフ(市販予定車) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

低迷するフェラーリにとって一番怖いのは、何と云っても来期以降のスポンサー離れ、或いは広告契約料の減額でしょう。 以前で在ればネームバリューで何とか為ったでしょうけども、昨今の経済状態ではさしものフェラーリも、そう殿様商売は出来ない。 そう云った意味でミヒャエルの復帰は適切だろうと思います。 一躍スポットライトの中心に躍り出ましたからね。
KERSやウイングの新レギュレーションの問題から不安視されていますが、案外活躍するかも。 彼は現役引退後も新型開発に係わるなどしていますから、現行マシンにも乗って居るかもしれませんし、シリーズチャンプの重圧も無いですから気楽に走れます。 少なくともマッサ並の成績を残せば成功と云って良いんじゃないでしょうか。 元々クレバーなドライバーですから不安は少ない様に感じます。
(チョット話が脱線しますが)もしセナが存命で、彼が乗ると云う話になったら、私は大反対です。 日本ではフジテレビとホンダの影響で彼を特別視する傾向が在り、私の周りでも‘セナ・セナ’でしたが、彼のドライブは非常に危なっかしく感じていました。(表裏の関係になりますが、その分エキサイティングだった事は認めます)

投稿: 山の熊さん | 2009年8月 6日 (木) 02時32分

すぎもとさんがF1にご興味があるの知りませんでした!

私は、ほとんどの方もそうでしょうが、フジテレビが全戦放送する頃から見始めました。 ウイリアムズ・ホンダの絶頂期くらいから(もう、20年以上か・・・)今も、見てます。

シューマッハがスポットでもF1に帰って来るのは、やはり、ちょっと楽しみではありますが、マッサの事故はショックでした。あんな15cm位のカーボンっぽい部品が当たっただけで気を失ってしまうとは・・・
よく、モータースポーツはスポーツじゃない的なことを言う人がいますが、あんな死と隣り合わせなスポーツ常人にはできないですよ~ 今回、マッサは運悪く大事故になってしまいましたが、ああいう状況でも破片を避けていけるドライバーも何度も見てますし。

ナニーニなんて例もあるので、マッサには是非戻ってきて欲しいですね。

で、シューマッハなんですが、デビューしたての頃は大嫌いでした、しかし、ベネトン、フェラーリと発揮された車を開発する能力、そして、最後まで、意地が悪いほどの勝負への執念。特別なドライバーであることをあそこまで見せられると、好き嫌いではないですね。

ちなみに、一番好きなドライバーは、アラン・プロストです。(ウイリアムズ時代は無しで) セナは、危険なドライバーのイメージなんですが、たまに、神がかり的なレースがあったんですよね。  今と違って、マンガみたいに個性的なドライバーがあの頃のF1の魅力でしたね。

投稿: ぷじお | 2009年8月 6日 (木) 18時17分

山の熊さん

注目度は目算とおり圧倒的ですね。それに、現場では走りについても結構
行けるんじゃないかって、もっぱらだそうですね。ま、こればっかりは実際に
走ってみないと分かりませんけど。スポンサーは・・・上手く行けばいいです
ね。

ぷじおさん

まあ、僕は普通にTV観戦するくらいのものですが・・・。
シューマッハはフジの放送でもあからさまに「敵視」してましたしね。やはり
好調ベネトンを離れて「勝てないフェラーリ」に飛び込んだのも心象を良くした
んじゃないかと思います。実際勝てるまで数年掛かりましたしね。
ドライバーの小粒化は、やっぱり若年化が影響しているんでしょうかね?

投稿: すぎもとたかよし | 2009年8月 8日 (土) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30833441

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:シューマッハ復帰!!:

« 雑誌ナナメ読み:乗れば癒される? | トップページ | 新車心象風景:日産・リーフ(市販予定車) »