« クルマ散策:アストンのIQ | トップページ | 雑誌記事:ニューモデル・マガジンX 9月号 »

新車心象風景:レクサスHS250h

Hs250  中型以上はディーゼルで、と言ってたホンダが「やっぱりハイブリッド」と軌道修正するくらい、もはや日本はHV一色なんである。

 こうなりゃ、泣かず飛ばずのレクサスが一番欲しいのもHVに決まってるわけで、もう待ってました!の1台がHSということか?

 では、プリウスが発売1ヶ月前で数万台の受注をしたのに比べ、発売時点で3000台の受注という、この数字はどうなんだろう。もちろん、月販目標500台を考えれば6倍なんだけど、絶対数としては違い過ぎるもんね。そりゃ200万円台と500万円の違いだよ、ということなんだろうか。いや、なんか違うんじゃないかなあ、と僕は思うんである。半分以上は。

 プリウスが成功したのは、たぶん専用車種だったことが大きいんだと思う。だから、同じく専用車種としたHSはそういう意味じゃ間違ってないんだけど、ぶっちゃけ、このスタイルのセダンである理由はどうにもこうにも理解できないんである。

 つまり、プリウスは初代の3ボックスにしても2代目以降のハッチバックにしても、そのスタイリングが”異色”だったでしょ。これ、外見も変わってるけど、中身も違いますよって。だからこそ専用車種であることに意味があったわけで。

 ところが、このHSにはそういう特別感がほとんど感じられないでしょ。せいぜい、フロントグリルがコンセプトカーっぽいくらいで。プレスリリースには明快なショルダーラインとか、レクサス言語のナローヘッドを用いたサイドグラフィックとかあるけど、それはHVとしての特別感とはまったく違う話だもんね。ひらたい話、こっちがISで、先に出たのがHSだったとしても、まあ別に問題ないでしょ。

 どうなのかな。もしかして高級車だから妙に奇をてらっちゃいけないってことだったのかな。やっぱりお高いクルマはこういうセダンが一番売れるんだよ、ってことで。

 僕はそれも違うと思う。少なくとも日本の市場は違うと。だって、そもそもレクサス自体が認知されてないんだから、そんな高級車事情も関係ないんである。いくらHV専用ボディだからって、これじゃあ遠からず「やっぱ、プリウスでいいや」になっちゃうんじゃ?

 ということで、レクサスにHV専用車種を投下するんだったら、僕はカタチから特別にするべきだった思う。いや、そう難しく考えなくても、たとえばプリウスの方向性でレクサスらしく高級に仕立ててみるだけでもよかったんじゃないかな。プレミアム・プリウス。ウッドと本革の。

 と、ここまで書いてきてなんだけど、あとはガックリ気の抜けた話だ。まず、数ヵ月後には基本同じカタチをしたトヨタブランド車が出てきちゃうって話。SAIだっけ? ウワサじゃあ60~70万円くらい安いそうだけど、もしこいつがホントに出てきたら、今朝の新聞広告にドーンと掲げた「LEXUS  for EARTH」ってコピーは一体・・・。

 それともうひとつ、なんでHS250hなの? HV専用車ならわざわざhは要らないんじゃ? まさか、これからフツーのエンジンも積みますとか。え、そもそも誰もHVしか出さないなんて言ってないって? そうなの?

|

« クルマ散策:アストンのIQ | トップページ | 雑誌記事:ニューモデル・マガジンX 9月号 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

楽しんで読ませて貰ってます。
レクサス好き⇒本当はベンツ、アウディ、BMW、ジャガーのデカイエンジン積んだモデルが欲しい、けど世間体が、信頼性が、使い勝手が…な人⇒エコじゃ無い馬鹿っぽいハイパワー車が好きな人。

プリウスやインサイトが好きな人⇒燃費バカでケチな人&エコカーのが安い上に頭が良さそうに見えると思ってる人。

でレクサスの客層にエコカーは合わないんじゃ無いでしょうか。

自分もチューンドカー好き、高級車好きでエコカーは貧乏臭くて嫌いです。

投稿: B.Y | 2009年7月18日 (土) 12時22分

おそらくですが、SAIが本命で、HSがレクサス用のお助けクルマなんでしょうね。
レクサスの場合、インフィニティのようにFR専用で売るブランドでもなさそうなので、手っ取り早く出来て、安くて、そこそこいい出来、まさにハイブリッドの吉牛や~という感じで出来てしまったんでしょうね。
ご指摘のようにLフィネスデザインに徹し切れていない面が多いですね。
それにボディカラーやインテリアカラーは、受注生産&高額プレミアムブランドであるレクサスゆえに豊富ですが、なんでも揃えればいいってもんでもないだろうと…
試乗車を検索すると、意外とインテリアカラーにブラックとサドルタンというタイプが多いのですが、これって日産がやりそうなパターンですが、どう見てもアースカラーで押しているトヨタのハイブリッドイメージからすると似合わないし、HSがそこまで趣味性を持ったクルマとも思えない。
明日試乗してみますが、果たしてそんなにいいくるまなのか?いっちょ試してみます。

投稿: アクシオム | 2009年7月18日 (土) 21時49分

以前から出す予定の車種が、たまたま、プリウス狂の時期に上手く乗ったタイミングで出てきましたね。

あまり、興味の無いクルマなので外見的な部分の主観なのですが、やはり、醜いですね。
すぎもとさんも言っておられますが、L-フィネスとか大層な事を謳ってたわりに既にトヨタ車の「バイ~(なんちゃら)クラリティ」(でしたっけ?)みたいな線も入ってきて、訳が解らなくなってきていますね。
雑誌などを見ると、LSもマイナーチェンジでフロントバンパーのインテイクの穴の形が明らかに四角になりそうですし・・・
全てが、鋭角になっているのが、レクサスのデザインフィロソフィーじゃなかったかな~?
顔がレクサス、フロントサイドからリアサイドまで今のトヨタ、リアがプレミオ、こんなキメラの様なデザインの車にあの価格は、正直私には有り得ないです。

トヨタさんお願いですから見て気持ちが悪くなる様なデザインを野に放たないでください、あと、現行プリウスの顔と先代ウィッシュの顔凄く似ていると思うんですが・・・街ですれ違う時プリウスかと思うと先代ウィッシュってことがよくありまして・・・目がおかしいんですかね(笑)

投稿: ぷじお | 2009年7月19日 (日) 17時58分

デザイン的には気に入らないですけど、パッセンジャーカーとしては、プリウスより真っ当なスタイルをしていますね。
ただ、いやらしいのはレクサスで出してきた事かな。 プリウスではあまり儲からないから、第二段は「思いっきり吹っ掛けてやれ」って事でしょうか。
「プリウスなら10ヶ月待ちですが、こちらなら2~3ヶ月でOKです。 でもって需要が落ち着いたら適正価格のSAIも発売します。 ただHSと共用の為、HSの販売状況によっては供給量は少なくなります」 こんなところでしょうか。 相変わらず上手い商売しますね。
ところで、レクサスというブランドからすると、高級で必要かつ十二分?なパワーといったイメージを出そうとしていると思いますが、肝心のバッテリー容量やモーターの出力はどうなっているのでしょうか? モーターが大きくなればバッテリー容量も大きくしなければならず、そうすると更にモーター出力を上げる必要が…。 あんまり低燃費というイメージが湧かないですけど、どうなんでしょう。 それともHSはマイルドハイブリッドの進化版と捉えた方が良いのかな?

投稿: 山の熊さん | 2009年7月21日 (火) 00時01分

B.Yさん

こんにちは。いつもお読みいただいているとのこと、ありがとうございます。
レクサスにエコは似合わない・・・という側面は確かにあると思います。が、いまやレクサスはHVにすがるしかないんでしょうね。

アクシオムさん

いかがでしたか、試乗。SAIは「やっぱりセダンが欲しい」トヨタファン対策なんでしょうね。アリオンとかが好きな。しかし、一挙両得・・・って高級車が一番やっちゃイケナイのに。ノリタケの珈琲カップが泣くぞ。

ぷじおさん

両ブランドのフィロソフィが曖昧になっているのは当初から感じていました。そもそも無理やり分けている感じでしたからね。僕は少なくともトヨタブランドには統一したフィロソフィなんて要らないと思いますね。実際、数年前までの方が面白くて巧いデザインがありましたもん。

山の熊さん

SAIは少々遅れるんじゃないか、という気もしますね。バッテリーの製造キャパとか。しかし、SAIはどうやって売るんでしょう? 「実はレクサスと中身が同じでこんなにお得」ってやるんでしょうか? ますますHSは厳しいですねー。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年7月31日 (金) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30560700

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:レクサスHS250h:

« クルマ散策:アストンのIQ | トップページ | 雑誌記事:ニューモデル・マガジンX 9月号 »