« Drive My Car:ジェミニ入院 | トップページ | 新車心象風景:レクサスHS250h »

クルマ散策:アストンのIQ

Iqam  三菱がプジョーにアウトランダーをOEMっていうのも結構驚いたけど、こっちはその上を行ったかも。

 正式なコメントはないけど、普通に考えれば欧州のCO2排出規制をこれ1台で一気にクリアしちゃおうってこと? なんて想像させる。

 ま、そういう事情はともかく、すんごいOEMなんである。

 見所はどんな内外装にするか、そしていくらで売るか。IQ自体もプレミアムを謳っていて、まあそれは単に高級って意味じゃないワケだけど、でもそれなりの高級感は狙っていたからね。そこんところをアストンはどう料理するか。

 これ、僕はある意味日本車と欧州車のクルマの「あり方」を比較する絶好の機会かと思っているんである。IQはプレミアムと言えど、160万前後というあくまでも身近な価格にしている。つまり、基本的には安くて量を売りたいという意味で、日本車ど真ん中の企画。

 そこで、たとえばアストンがこれを250万円あたりで抜群の高級感を持たせて売るのであれば、やたらな量を売らなくてもそれなりに儲けを出すという欧州車そのもののやり方になると。基本まったく同じクルマでそういう別のアプローチとなれば、これはかなり面白いサンプルじゃないか?

 IQは今後レーシングヴァージョンや女性、若年層をターゲットとしたバリエーションを展開するそうで、これまた日本車っぽい方向に拡大しそうだしね。

 それともうひとつ、レクサスの話だ。

 これ、先のように250万円クラスの「高級車」として企画されるとなると、トヨタの高級車、言ってみればレクサスを欧州メーカーが作っちゃったことになるでしょ。で、それが結構好評になんかなっちゃったら、完全にお株を奪われるカッコだよね。

 とりわけ日本でのレクサス不振打開には、おそらくHSなんていう中途半端なハイブリッドセダンより、たぶん高品質なコンパクトカーがいいんじゃないかと僕は思っているんである。ま、それはホントならヴィッツくらいのユーティリティがあるとベストだけど、とりあえずIQなんかでも面白いだろうと。

 それをトヨタ自身がやらないで、もしかしたら外国車メーカーが先にやっちゃうのが面白いなあと。でもって評判になったら、今度は逆輸入してレクサスバッチで販売、とかね。

 

|

« Drive My Car:ジェミニ入院 | トップページ | 新車心象風景:レクサスHS250h »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

私も同じ写真と記事見ました。
ちょっと、にわかには信じられない写真ですよね~
でも、この数年のアストンのデザインアイコンを全て入れてきている所が、海外に(特に最近のヨーロッパ勢)多いデザインコンセプトの統一もここまでやるかという気持ちで、バカバカしさを通り越して痛快です!

同じ素材で違うもの作られちゃうと、今の日本では厳しいかもしれませんね。なんで日本で作るとこうなっちゃうの?っていうのがバレちゃいますもんね。
ま、正規では入ってこないんで大丈夫と思ってるんでしょうけど。

マガジンXの情報そのままですが、日本では、2シーターとか、女性向け(う~ん なんかバカにされてる?)とか迷走を始めるみたいですが、本当に、日本人て、日本車好きで良かったですね。トヨタさん。と、バカ売れプリウスの記事と共に、一末の寂しさも感じる、今日この頃です。

投稿: ぷじお | 2009年7月10日 (金) 23時33分

アストンマーチン、しかもバンテージまんまのある意味芸のあるような、ないようなデザインですね。
しかし、iQってあまりにも全長3m以内にこだわってしまったがゆえに、ユーティリティも悪いし、デザインも悪い。正直な話、日本の市場ではイマイチなクルマで、これからどんなに頑張ってもダメそうな気が…
唯一活路があるとすれば、EV化するしかないでしょう。ハイブリッド化をしたところで、エンジンとモーター、バッテリーの重さを考えたら燃費の飛躍的な向上は望めなさそうだし…
シティコミューターとして、カーシェアリング向けにEV化すれば、ホントいい素材だと思いますが…

レクサス化するにしても、EV化した上でやるなら結構注目を浴びそうですね。
トヨタは、日産や三菱がEVの普及とインフラの整備をしたところに、遅れて根こそぎEVもやりそうな気がしますね。
iQはそこまで視野に入れて、小型化と軽量化のための技術を入れたと思いますが…

投稿: アクシオム | 2009年7月11日 (土) 23時23分

このOEMの話を聞いた時、皮肉屋の私としては「アストンの苦汁の選択の様な気がしないでも…」と感じました。 スポーティーな大型高級車しか持たないアストンとしては、このままでは規制をクリア出来ないし、かといって小型で燃費の良い車は創れない。 すぎもとさんが言う通り規制をクリアするにはOEMしか無かったが、どのメーカーも発売間もない(欧州で一年未満なんてほぼ新型)ブランニューでしかも新設計、燃費もそこそこ良いなんて車を他社に廻したくないと思います。 増してそれ迄関係が薄いなら尚更です。 多分アストンは各メーカーに打診したんだと思いますが、唯一トヨタがiQならイイヨって事になったんじゃないですか? 本当は別の車が欲しくても。
トヨタとしてはアストンマーチンが採用と云う事で、小さな高級車のイメージを再構築出来るし、これから出るオープンにも関連付けられる。 それに十分余裕のある生産キャパも埋められる。 一石三鳥だって思って居るんじゃないでしょうか。
これでアストンが評判を落とさなければと危惧します。 私はかつてiQを剣呑な車と云いましたが、それは単に生存空間が狭いだけでなく、ある雑誌のエンジンルームのレイアウト記事で…

投稿: 山の熊さん | 2009年7月12日 (日) 23時32分

〔続きです〕
マウント方式に疑問を持ったからです。 私が曲解していなければ、もし正面からぶつかれば、かなりのマスが室内に飛び込んでくる気がします。
それにしても、この欧州規制は色んな事を引き起こしているみたいですね。 あのポルシェとVWの騒動も、全部とは云いませんが、一部の要因にはなっている気がします。

投稿: 山の熊さん | 2009年7月12日 (日) 23時55分

こんばんは!
今日 無事 修理が終わり
愛車ジェミニが 戻ってまいりました
全快、まだまだ いけそうです
なんかどっかツーリング行きたい気分です
それでは、また

投稿: 丈 | 2009年7月14日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30462404

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:アストンのIQ:

« Drive My Car:ジェミニ入院 | トップページ | 新車心象風景:レクサスHS250h »