« 新車心象風景:マツダ・アクセラ | トップページ | 雑誌記事:今月の取材 »

雑誌記事:マガジンX8月号

Mag08  ニューモデル・マガジンX、8月号が発売になりました。

 今回は先月号に引き続き、高速道路料金上限1000円のETC限定についての第2弾です。前回は所管の国土交通省でしたが、今回は高速道路会社ということで、ネクスコ東日本への取材を行いました。

 少し前にも書きましたが、今回は先方の都合のため「文書」による取材でした。このカタチに慣れていないというコトもあるかもしれませんが、やはり人から話を聞くのは直接対面が一番、というのが率直な感想です。

 ただし、取材はそういったマイナス面が出ないよう、色々と工夫をしています。それはそれでいい勉強になったかもしれませんね。

 それにしても、都合の悪いときは”国策”と逃げるのに、そうじゃないときは国土交通省顔負けのETC擁護に必死なる道路会社って一体・・・・・・?

|

« 新車心象風景:マツダ・アクセラ | トップページ | 雑誌記事:今月の取材 »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

マガジンχ拝見しました。 表紙を見て一瞬「相手はドランカー中川、はたまたアパホテル田母神か?」って思っちゃいました。(閑話休題)
文書によるインタビュー。 フラストレーションが溜まったんじゃないですか? 相手の反応を見る事は出来ないし、回答を更に突っ込む事も出来ないから。 まあ、担当者多忙につき文書で回答したいって、多くの場合は、細かい事を尋ねられて矛盾の発覚を嫌がったり、作文の時間稼ぎの為に採られる手法なんだよな。 大体。
回答の方は、チョット前の流行語で言うなら「想定の範囲内」って感じでしょうか。 今は会社組織に成っていますが、管理職クラスは役人と同根ですから。 料金所の係員では対応出来ないって、今でも手計算でやってるの?と言いたいですね。 通行券に付いている磁気テープは単なるアクセントで、管理用コンピューターにはノープログラムだった様ですね。 左ハンドル車用の一部に時間記録が出来ないものが? 右ハンドル車と左ハンドル車では通行券が違うのかな? 券が一緒なら記録部分のアップグレードかアセンブル交換で対応出来るはず。 それとも、発券機は一体構造になっているのでしょうか? 見え見えの言い訳ですね。

投稿: 山の熊さん | 2009年6月27日 (土) 10時35分

記事を拝見しました。
ETC無し、高速乗らず、(新車にも替えず)の三重苦(笑)の私には、他人に税金を使われ放題なので何を言われても頭にくるのですが、言い訳がやはり小学生並みですね!
昔からゲートを入る時にナンバー確認出来てカードに(下2桁でしたっけ?)印刷までできているのに、設備の関係でって・・・

海外では、そのような機能でETCのゲートのバーまで無い所もあるようですし、見苦しい言い訳です。

自分たちの職場とお金が入ってくればなんでもいいんですね。
なんでみんな怒らないかなぁ?サラリーマンにはほとんど見返り無いのに。

投稿: ぷじお | 2009年7月 1日 (水) 21時32分

山の熊さん

フラストレーション、溜まりましたねー。やはり一度ではどうしても記事にならず、追加取材をやって、ようやくあそこまでですからね。
「想定内」の回答なんですけど、一応かたちとしてはETCは国の施策なので、べつに道路会社が躍起になって言い訳する必要はないんですけどね。何に一生懸命になっているのか? 左ハンドル用はたしかに笑えます。

ぷじおさん

多くの人が怒らないのは「無関心」もあるでしょうけど、やっぱり情報不足なんだと思います。どうでもいい情報は24時間TVがばら撒いてますが、コレという内容はサッパリですもんね。キー局が主要ニュースでORSEの実態を流せばアッという間に火がつくと思いますけど・・・やらないでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年7月 3日 (金) 19時57分

すぎもとさん、久しぶりです。
私の体験を話します。3年前にニュ-ヨ-クからワシントンDCまでレンタカ-で移動中に料金所を通過しましたが、ゲ-トのバ-はありませんでした。現在はEZPASSの機器が取り付けてあるので後日、請求が来るようですが、当時は機器無しのゲ-トで係員に払っていました。うっかり持ち合わせが無く、当日の便で帰国だったのでキャッシュが無いことを話したら料金所のおじさんが「今はクレジットは使えない、ナンバ-プレ-トを読み取っているから所有者に請求が行くよ、それまで待ってなさい」とゲ-トをスル-させてくれました。後日、レンタカ-会社に請求が来たので、クレジットカ-ドで引き落とされてました。
現金払いの人はバ-が無くても止まるし、ナンバ-を読んでるから不払いの人に請求も可能なんですよね。
当然、役人も視察に行って知っているのに、日本は必要以上に高額に作ること、天下り団体を増やす事が評価されるんでしょうね。
今度の選挙、皆さん、投票しましょう。

投稿: R35 | 2009年7月 5日 (日) 14時18分

民主党政権になると、高速が完全無料化されてETC不要になるらしい。簡単にそうなるかどうかは分かりませんが、とにかく1台でも多く、この際、車載器を売ってもうけてやろう、というのが「ETC利権集団」の考えなのでしょう。水資源公団も競争入札とはいいながら実際には細かな条件をつけて、官僚OBがたくさん天下っているところに仕事を回していたそうですし。
むかし分割される前の道路公団を就職先に考えていた事がありましたが「おおきな仕事から料金所の料金徴収まで、退職後の仕事はたくさんある」と職員の方に豪語されました。私は当時若かったので退職後の事などどうでもよかったのですが、話してくれた方はおじさんだったので、そういうことが関心の的だったのかもしれません。利権。ああその甘美な響き(笑)。

投稿: 優 路 | 2009年7月 6日 (月) 12時36分

R35さん

ETC導入に当たってはもちろん海外視察を行ったと聞いています。アメリカもイタリアも非常に簡易なシステムであったり、レンタル可能だったり、ですよね。ETCは高機能過ぎて、駐車場料金など他の使い道を検討するという本末転倒なことになってますね。行政、メーカー、天下り先、とあまりに分かりやすい構図ですね。

優路さん

公団でそんなやりとりが・・・。昔?はまだ天下り先云々なんて話は表面化してなかったですからね。民主党は都市高速は有料で残すので無駄にならないと言ってますが・・・ちょっと無理がありますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年7月 7日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30292738

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:マガジンX8月号:

« 新車心象風景:マツダ・アクセラ | トップページ | 雑誌記事:今月の取材 »