« クルマ散策:イベント参加 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX8月号 »

新車心象風景:マツダ・アクセラ

Accera  ブランディング、ということなんだと思う。

 スバルがレオーネをレガシィに進化させ、続いてインプレッサ、フォレスターを登場させたとき、僕は「お、スバルは日本のBMWになるかも」と思ったもんである。

 4WDに水平対向エンジンという分かりやすいハイライトがあったし、何しろスタイリングが垢抜けていた。軽のプレオでさえ、他社にはないクオリティ感を与えられていたしね。

 ところが丸目の2代目インプレッサあたりから怪しくなり、お見事なRシリーズを自己否定して迷宮入り。いまやラインナップ的に何だか脈絡のない感じになっただけじゃなく、デックスなんてお荷物を預かるまで堕ちてしまった。ま、路上で見たことないけど。

 一方、バブル期に5チャンネル化で崩壊したかに見えたマツダは、技術的にスバルみたいなハイライトが見当たらない。ロータリーエンジンは珠玉だけど、燃費やコスト面で残念ながらデミオみたいな量販車には使えないまんま。

 ところが、かつて「ときめきのデザイン」で見せたデザイン力を、初代のアテンザあたりから商品価値とマッチさせることに成功し、そこからブレのない展開を実現させているのが面白いんである。

 デミオ、アクセラ、アテンザといったラインナップがみなイメージを統一させ、しかもモデルチェンジでも先代からの”深化”に徹して激変をしないというやり方は、メイン市場の欧州をモデルにしていることはもう周知のところでしょう。

 その深化も、近年のコンセプトカーのエッセンスを市販版へ落とし込むという点でブレがない。しかも、コンセプトカーの進化とともに、市販車への応用もまたレベルアップしているのは相当な手腕だと僕は思う。最新作のアクセラはそれがより顕著だ。まるでUFOやラブホテルみたいなどこぞのコンセプトカーとはだいぶ違って、これなら「日本のBMW」じゃなくても「日本のVW」くらいにはなれるんじゃないかと。

 ブランディングっていうのは、歴史が長いとか、高価な商品とか、高機能とか、そういうことは必ずしも条件にはならない。ユニクロがいい例だけど、要はコンセプト、ターゲット、ポジショニングがいかにしっかりしてブレていないか、だ。

 マツダは高級車メーカーじゃないし、先述のとおりロータリーエンジン以外に飛び抜けた独自技術もない。何たってこのアクセラでようやくアイドリング・ストップなんて話だし。じゃあ、それだと世界で太刀打ちできないのかと言えば現実にはそんなことはなく、地に足の着いた商品展開でブランディングの構築に成功しているんじゃないか。

 ま、日本的には現行アテンザが先代比で大味な感じになっちゃったのと、ビアンテがやっぱり「やり過ぎ」という評価なのか、売れ行き不振なのは残念かな。あと、軽をOEMで売るにしても、内外装の工夫でもっと独自性を出せば結構面白いことになるのになあ、とも思うけど。

|

« クルマ散策:イベント参加 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX8月号 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

日本のメーカーの場合、ブランディングについては従来、全社的に統一したものではなく、各車種ごとにブランディングしてきた面が強かったのと、時代時代の流行に左右されすぎて来た面がありますね。
いい例が、クラウンとかスカイラインでしょうかね。
21世紀に入って、日産やマツダ当りがメーカーとしての統一的なブランディングを始めましたが、これってやはり海外メーカーとの提携をした影響がありますね。
マツダは、比較的ラインナップが少ないからうまくやっていますが、前にも書いたとおり、スポーティー一辺倒なキャラクターをから違う面を打ち出してもいいような気がしますね。
BMW的なものもいいですが、そもそも日本のBMWなるということ自体、マネや模倣と揶揄されそうですね。

しかし新型アクセラ、ボクはイマイチで、コンパクトアテンザという感じが否めないし、グリルレスマスクやコンセプトカーのNAGAREモチーフをディテールに持ち込んでも新鮮さを感じませんね。
サイドウィンドウのグラフィック自体、先代とあまりにも変わらないせいでしょうか?
トレンドには乗っていても、新型アクセラとしての特徴が薄いですね。

投稿: アクシオム | 2009年6月25日 (木) 17時54分

マツダのデザインは、バブル期がちょっと確変し過ぎというか、本当に世界を引っ張る様なデザインと面白い技術を次々と投入して製品化出来てしまう異常な状態でしたね。

丁度、バブル崩壊後にマツダにも関係のある仕事をしていたので、強烈に思い入れがあります。その頃の迷走ぶりも良く見てきました。
フォード傘下になってから「顔」のブランディングから(最初は取って付けた様で違和感アリアリでしたけど)始め、やっと、ここ数年で統一できてきましたね。
でも、バブルの頃を知ってると、まだ物足りない感じがします。
とんでもないデザインの破綻は無いのですが、「新鮮さ」が足りないなぁと。
バブル期はマツダは明らかに「発信」していましたが、現状は国内他社のレベル低下によって相対的に良く見えるという感じです。

でも、そう感じている人ですら少ないのかもしれませんね、最近はデザインにこだわる人自体が少数派っぽいですもん。
トヨタ車が売れてるってそういうことなんですよね。なんか、悲しいな。

ユーノス・ロードスター、コスモ、500、アンフィニ・RX-7、MS-9、MPV(初期)なんかが今でも「カッコイイ」の基準だったりします。今考えてもデザイン的には凄いラインナップですね~

投稿: ぷじお | 2009年6月25日 (木) 22時57分

「ブレがない」これが今のマツダを端的に表している言葉だと思います。
デザインでブランディングに失敗したスバルとは正反対だと思います。
5チャンネルの頃を見返したら見事ですよね、現在のマツダ。

スバルについては、先代レガシィが、先々代レガシィの台形グリルを否定してしまった頃から?と思っていましたので、現在の混迷状況は、残念ながら成るべくして成ってしまった自業自得だと思います。
デザインアイデンティティを軽視したらこうなると言う反面教師ではないかと思いました。

マツダは5ポイントグリルといい、フロントフェンダーラインといい、モデルチェンジで、デザインにコンセプトカーからのエッセンスを注入しつつも、デザインにぶれがないのは見事だと思います。
その分、代わり映えがしないと言うのは否めませんが、止むを得ないのかなと言う気がします。

投稿: gilles | 2009年6月25日 (木) 23時27分

マツダも車種整理が進んで、ブランディングがやり易くなったんでしょうね。 でも全体的にクドイ系な気がして、私としてはちょっと食指が動かない。 しかも新しいモデルになる度、クドさが増してきている様な気が。 でもマツダとしてはコレで行くしか無いと思っているかも知れませんね。 同じくブランディングを比較的プレーンな形で進めている日産が、少しずつクドい方にシフトしつつありますから。 同じ土俵に上がったら多分勝ち目は薄いでしょうから。 
どうせなら先祖返りしたらどうかな?とも思います。 マツダ800(後のファミリア)や初代のルーチェ・キャロル(クリフカット)等も同系のデザインで、ブランディング出来ていたと思いますが、コチラの方はエレガンスを感じました。

投稿: 山の熊さん | 2009年6月26日 (金) 01時05分

みなさん書かれていますが、私も最近のマツダ車は全体に新鮮味に欠けるなあと思っています。別にキープコンセプトがいけない訳ではないし、コンセプトカーのデザインをちゃんと反映したりしている点は買えるのですが…。なんいうか、格好良さの表現が古くさいというか、悪い意味でのアニメっぽいクリシェや(アニメ好きの人ごめんなさい)、子供っぽさが気になります。アクセラも全体的なフォルムに目新しさがなく、グリルやライトなどのディテールばかりいじくってくるあたり、いかにも旧来の日本車的。メーターまわりのデコラティブさも私にはちょっと辛いです。ふじおさんの書かれている通り、相対的によく見えるという感じでしょうか。マツダや日産くらい褒めておかないと、他に褒めるものがないというか…。

しかし最近では海外メーカーもこのような表層的デザインが主流のようなので、ストイックなデザインが好きな私にはかなり残念な状況です。車の本質的な機能に差が無くなっている以上、表層に流れるのは仕方ないのでしょうか。

投稿: yad | 2009年6月26日 (金) 12時33分

アクシオムさん

この手の展開は車種が限定されていることが必須ですね。その点はスバルも同じなんですけど。スポーティ路線はたしかに単調に見えますが、しかしそれ以外に明快な活路が決まらない限りはこのままでいい気がしてます。

ぷじおさん

ユーノス500は個人的に近年の日本車でベストに近いですね。実はいまでも中古で探しているくらいですから(希望グレードが出てこない・・・)。あれに比べて物足りないというお気持ちはよく分かります。

gillesさん

スバルはブランディングを軽視したのか、失敗したのか? 迷走してしまったのは確かなんですけどね。

山の熊さん

クドいですね。ですから、少なくとも日本では万人に受けようという意識はないのかもしれないですね。しかし、まだわずか2世代です。この次くらいから新しい方向性を打ち出すんじゃないでしょうか? それでいいと僕は思います。

yadさん

表層的な勝負はやっぱりクリスバングルのBMWから加速が付いた気がします。インハウスデザイナーの台頭も比例しているような。僕なんかマツダよりメルセデスのCやEなんかの方がよっぽど表層的に見えますよ。その表層的な見せ方にもピンキリがあるのかもしれません。
マツダは全車がデミオのレベルになれば本物なのに・・・とは思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年6月26日 (金) 22時50分

すぎもとさん、解ります。
ユーノス500は、良いタマが無いんですよね。更に、グレードを絞るとなると・・・ ご存知だと思いますが、あの頃のマツダ車に共通して、あらゆるパーツの品質と耐久性が少々低いんです。おそらく、機関系に手を入れないといけませんし、サッシュ辺りのゴム類の劣化、塗装にも、かなり深刻な劣化が出て来てしまっている個体が多いです。
(因みに、コスモの内装もほとんど革張りでしたが、これも現状でちゃんとしているのはおそらく奇跡だと思います。)

でも、500カッコイイですよね!800の初期型も好きです。
ミラーサイクルエンジン、MS-9の換気用天井ソーラーパネル、あれ!?今のクルマと装備が変わらない・・・

投稿: ぷじお | 2009年6月27日 (土) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/30186734

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・アクセラ:

« クルマ散策:イベント参加 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX8月号 »