« 新車心象風景:日産・NV200バネット | トップページ | 雑誌ナナメ読み:東京モーターショー再び »

クルマ散策:EVは人気者?

Imiev  プリウスはいま買っても11月納車という、まさにハイブリッド人気真っ盛り。その雰囲気に乗ってか、今度は電気自動車の話題が出てき始めた、みたい。

 当面の話題は近日デビューの三菱i-MiEVとスバルのプラグイン・ステラ。とくに泣かず飛ばずの三菱は、こいつを「起死回生」の起爆剤と位置づける自慢のEVなんである。

 なんだけど、どうもなあ・・・。

 走行中のCO2排出量がゼロ、高い加速性能、わずかな電気料金。そんなにいいものがいまだに普及してない理由はクルマ好きなら皆が知ってる。充電スタンドとういインフラの未整備。短い走行距離。高額なお値段。そして進歩度合いの不確定要素。

 たとえばi-MiEVは10.15モードで160kmだけど、走行条件次第では半分程度だって言われているし、ステラはもともと90kmしかない。フル充電は十数時間、急速充電でも30分かかるから、仮にスタンドができても「サッと寄って」というワケには行かない。そしてお値段は450万円超だ。

 メーカーは、普通のユーザーの1日の走行距離は30~40kmだからOKと言ってるけど、じゃあ今週末は温泉に行こうか・・・には対応できない。いや、これはシティコミューターだからと言うけど、じゃあ温泉用はもう一台買えってこと? それこそ普通のユーザーには無理だから当初は法人、自治体向けって話なんだと言われそうだけど、来年の春には市販化としっかり発表済みなんである。

 あ、いやいや、僕が今回言いたかったのはEVそれ自体じゃなくて、何でそういう状況なのにTV・新聞はこんなに騒ぐんだって話。それも、HV人気に乗っちゃった「こっちはもっとエコ」みたいなノリで。

 そりゃ電気、電池ということでは「お友達」なんだけど、実際にはHVとEVは全然違う乗り物なんだという報道になってないでしょ。HVは電気を燃費に振ってるからガソリン満タンで1000kmに届くかって話だけど、EVは逆に普通のクルマの数分の一しか走らない。そういう意味でも”状況”としては逆なのに。

 もちろん、これから数年経てばバッテリーの進化で走行距離は延びるだろうし、充電時間も短縮されると思う。もちろん価格も下がるだろうし。もしかしたら2、3年でフル充電5分、航続500km、お値段200万円なんてことになるかもしれないけど、とにかくいまは違うでしょ。

 それに、そのバッテリーの進化度合いで同じ車種でも買って1年後には倍の航続距離、なんて妙なこともあり得るしね。日産がバッテリーをリースにするという話だけど、まあとにかくそのまま売りっ放しはマズイ雰囲気。

 いままでと同じ感覚で乗れるHVとEVとは、とにかくそういう違いがある。EVのポテンシャルは高いし、デリバリーが始まること自体が素晴らしいという考え方もあるだろうけど、いまはまだ問題もあると。「パンパカパーン!」とお祭り的じゃなくて、何だかそういう冷静な報道があるべきなんじゃないかなあ。

 雑誌的には今後発売になる号から載り始めるだろうけど、その論調に注目かな。やっぱりEV万歳、EVバラ色みたいになっちゃう? それとも専門誌としてもう少し高い視点を持つか?

 そうだ、8月に発表(のみ)されるという日産のEVは5ドア・ファミリーカーという、従来のEVの既成概念をぶち壊すってクルマだって話だけど、性能的な面でも圧倒的サプライズが用意されているのかな?

 

|

« 新車心象風景:日産・NV200バネット | トップページ | 雑誌ナナメ読み:東京モーターショー再び »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

この手の話題に対して、いつも思うのが、なぜ軽自動車や小型車ベースが先なんだろうって疑問です。
一方で相も変わらず大排気量の重量車を利益率がいいからと、どんどん作って売っておいて、片方でエコカーが時代の要請みたいな事を言う。
そんなに本気で環境を考えているなら全車HVなりEVに転換するべきなんじゃないでしょうか。
何だかファッションというか小手先のごまかしのような気がして仕方ないです。
ディーゼルの魔女狩りと丁度正反対の現象のようにHV/EVだけが闇雲に崇拝されている感じでちょっと不気味です、この国の国民性は。(私もその一隅にいるのですが)
団塊世代ですが、子供の頃街の中を走っていた、トロリーバス(立派な電気自動車ですぞ)が都市交通の邪魔者扱いで消えて行ったのは何だったんだろうと思ってしまいます。
(もちろん環境ダメージはゼロとは言わないけど)
片や地方の鉄道路線を電化せず廃線に追い込んで、もう一方でHV/EVを推進する行政にもいささか疑問を感じずにはいられません。

投稿: nobol | 2009年6月 7日 (日) 01時00分

「ハイブリッド」にも?ですが、「電気自動車」には、私はもっと???です。

どちらも、自動車としての環境対応のラストアンサー的に扱われているニュースなどを見るにつけ、鼻白んでしまいます。

電池の話云々は散々解っている人には今更なので言いませんが、問題は、インフラの整備だと思います。
本気で普及をさせたいなら、クルマ以前に現在のGS同様の設備の充実度が必要でしょうし、一企業の努力ではまさに無理で、国が全面的にバックアップしなくては、「日本の技術はすごい!」ってだけで、また、終わってしまう公算が高いですよね。

日本の弱点はこういう時の、政治のフットワークの悪さと大胆に発想を転換する力の無さ(科学・技術に対する見識、知識の低さ)に問題があると思います。
自動車雑誌の反応も楽しみですね(笑)

今、アメリカの自動車メーカーがめちゃくちゃになっているからこそ、アメリカの方が先に国を挙げてインフラ整備を含めて世界標準を作られたら、あっという間に技術的優位なんて無くなります。
私は、新物好きですが、クルマのエンジンはやっぱり今までのが好きです。流石、100年かけて進歩してきた技術はなかなかのものですよ。是非、電池なんか積んで重くしないで、低燃費をとことん突き詰めて欲しいです。(願望)・・・

日産の電池交換式も・・ものすごく、現実味ないです。

投稿: ぷじお | 2009年6月 7日 (日) 13時06分

すぎもとさんは相変わらずEVに疑問的な様ですね。 前にもコメントしましたが、私は‘有り’だと考えています。 但し、あくまでコミュータービークルとしてで、普通の車とは別個に考える必要があると思います。 少なくとも現在は。
私が‘有り’とする理由は幾つか在りますので、主だったものを列挙します。
○前にも書きましたが、原子力発電で作っている無駄な深夜電気の有効利用。
○特に都市部に於いてのヒートアイランドと排ガス対策。 特にヒートアイランド化によるエアコン利用の増大を考えると、効果は倍になる?
○化石燃料の省資源化と、多様化に拠る車社会の延命。 私も内燃機関の車が好きな一人ですが、走ればどうでもイイヨって人にはEVに乗って頂ければ、その分永く乗れる計算になります。 バイオフュエルも在りますが、食糧価格の高騰でアフリカやアジアの一部で栄養失調等が多くなっている事を考えるとチョットね。
確かに充電設備の問題は有りますが、EVでも問題無いよと云う人は居ると思います。 三菱系のローソンでは店舗の大半に充電設備を設置する予定だそうですし、徐々に環境は整っていくのでは。 先ず「楷より始めよ」だと思います。

投稿: 山の熊さん | 2009年6月 8日 (月) 00時03分

nobolさん

そうなんです。HVとEVを闇雲に・・・が気持ち悪い。もちろんエコポイント同様景気対策も考えてのことなんでしょうけど、バランスが悪いです。

ぷじおさん

まったくですね。そもそも日本はどこよりも低炭素を実現しているのに、そこを外交に利用できないし、太陽電池も海外に持って行かれそうだし。エコ減税の途端にどこも燃費アップの改良を行ってますけど、既存技術で何が出来るのかもしっかり見せて欲しいですね。

山の熊さん

僕はEV自体に疑問を呈したことはないと思いますよ。今回も現状の「商品」を考えれば騒ぎすぎと言っているだけです。しかもHV人気に乗っかって騒ぐのはおかしいと。
EVには大きな可能性があります。ただ、いまメーカーや行政がEVを推進するなら、EVをどう使ってどう普及させるか、つまり、現状は何が出来て何ができないのか、将来的にどう位置づけるのかを明確に示すべきだとは思います。EVにはまだそういう道案内が必要だということで、メディアにはそれを果たして欲しいんです。もちろん、停止できない発電所の件もそういう中のひとつでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年6月 8日 (月) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29975607

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:EVは人気者?:

« 新車心象風景:日産・NV200バネット | トップページ | 雑誌ナナメ読み:東京モーターショー再び »