« 新車心象風景:トヨタ・プリウス | トップページ | 雑誌記事:マガジンX 7月号発売 »

新車心象風景:スバル・レガシィ

Legacy  大きく舵を切ったのは、寸法を含めたスタイリングみたいで。

 数について言えば、全体の7割前後を海外で売るという現状を鑑ると、ボディ拡大は必然? ま、もうインプレッサが大きくなっちゃったしね。

 事前のスクープ写真で気になっていたのは、たぶん読者の皆さんと同じ2点で、ヘッドランプの形状とDピラーなんである。

 ヘッドランプは、なんて言うかこう、後端が「持ち上がりすぎ」な感じがするでしょう。巻き爪じゃないけど、ボンネットの中央に向かってそっくり返っちゃうような。そして、デカい。

 で、実車では微妙。写真よりは「そっくり返り感」が少ないけど、やっぱり角度によってはそう見えちゃう。真正面なんかは結構いいんだけど、斜めになると次第にグニューっとね。

 ヘッドランプの内側はボンネットと接してるんだけど、これ、微妙にウネりつつ内側に膨らんでるだよね。つまり、ボンネットラインに合わせてヘッドランプを沿わせたんじゃなくて、ランプの形状を優先してボンネット側が凹んでると。だから、余計にランプがでかく見えちゃう。

 「存在感」というテーマを反映・・・したのかもしれないけど、僕はボンネットラインをキレイに流して、そこへ自然にランプを沿わせるべきだったと思うな。それでも十分「鷹の目」になるだろうし、インプレッサより強い顔にもできたと思う。おまけに端正にも。

 そして、ついにボディ同色になったDピラー。今回は20年目のイノベーションっていうコピーだけど、まあそういうことなのかな。そろそろ大きな変化も必要だと。

 それに寸法がかなり大きくなったこともあるのかもしれないな。ここまで大きさに余裕があれば、あえてブラックアウトして後に抜かなくても十分「行ける」だろうと。そして、VWやアウディあたりと対等に渡り合おう、とか。

 僕も絶対ブラックアウトを残さなくちゃダメだとは思わない。けれども、逆に言えば、止めるんだったらそれはそれで新たな「レガシィ」らしさの創造が必要なんじゃないかと。あえてボディ同色にはしたけど、ああこれは他にない処理だなあ・・・っていうオリジナリティが。

 だって、ワゴンの場合はこのDピラーがある意味勝負どころでしょ。かつての初代インプレッサ・スポーツワゴンなんて、それこそボディ同色を逆手に取った実に個性的、かつ美しい処理だったもんね。

 けれども、残念ながら新型の処理にはそこまでの新味がない。たとえば、最近の欧州勢のようにシャープなグラフィックを真似ているわけじゃないけど、かといって新しくもない。これ、どこかで見たなあ・・・と思ったら、アルテッツァ・ジータだった。Dピラーの手前から少しキックアップするウインドウグラフィック。真っ直ぐなキャラクターラインはそのまま後へ伸びて、リアをラウンドする。他にもあるかもしれないけど、とにかく既視感があるでしょ。

 B4は写真だと何だか無国籍風だなあ、なんて思ってたけど、実車の後姿を見て瞬時に思い浮かんだのがレクサスGS。ウワ、そっくり!って。まあ、それだけ立派になったとも言えるんだけど、チョット再検討してもよかったような。

 歴代のスポーティさ、シャープさを残すためか、ウエストラインがエクシーガと違ってスパーッと一直線に流れているのはいい感じなんだけど、前後がうるさかったり甘かったりして、その良さが生きてないのが惜しい。グリルはそのままだから、前から見るとたしかにレガシィなんだけど、横から後へ移るとどこのクルマだかよく分からない・・・というのが正直な印象かな。

 いやー、こうしてみると、先代ってすごくまとまりのいいデザインだったなあ。キリリとしたヘッドランプに、明快でシンプルなウエストライン、それを受けるシャープなリアランプ。当たり前だけど、全体のテーマが明快なんだよなあ。

 もちろん、ホイールベース延長による広い室内や質感向上著しいインテリア。2.5リッターに格上げで220万円からはお得! という視点はアリなんだろうけど。新型を見ると、先代はホント小さく見えるもん。

|

« 新車心象風景:トヨタ・プリウス | トップページ | 雑誌記事:マガジンX 7月号発売 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型レガシィをこの週末試乗しましたが、まぁスバルらしく真面目なんですが、そこまで。従来のターボをはじめとしたスポーティな特殊路線から、20年目の成人式を迎え大人になったのかもしれませんが、ライバルとの違い、特にキャラクターの差があまりないように思いますね。
デザイン面は特に、もう少し新しいことをしてもいいように思いますね。独自性を発揮する上で…新型は、ライバルに照準を合わせたにすぎないように思います。だったら、従来の特徴を残すべきかと…
日本仕様のB4、ワゴンはフェンダーの張り出しがない分ベターっとし過ぎている。
それにテールランプの構成は、B4は古色惨憺、ワゴンは整理がされてないままごちゃついている。
帰り際にすれ違った先代初期型のB4を見ると、すっきりしていていいデザインです。それを見ると、いくら新型が性能面、ユーティリティで優れていても、見た目でユーザーの心を動かす部分が少ないように思います。
これなら自社でなく、以前特別仕様のブリッツエンを手掛けたポルシェデザインや、SVXを手掛けたイタルデザインにやらせたくなりますね。
スバルが生き残るには、水平対向エンジンの技術と、それを生かしたブランドの要となるデザインをなんとかせねば…と思う新型でしたね。

投稿: アクシオム | 2009年5月25日 (月) 22時34分

レガシー早速、展示車をチラッと見ました。
まずは、「デカ」っていうのが、第一印象です。
毎回モデルチェンジの度に大胆に顔が変わるクルマですが、先代までは、段々見慣れてくると「レガシー」以外に見えなくなる不思議な車だなといつも思っています。
中でも、先代はスバルらしくなく(笑)綺麗にラインが流れて、テールに収束していて素直に現日本車の中では一、二の好きなデザインでした。
特に、マイナー前のB4は、かっこ良かった。
今回のも慣れればいいのかな?
でも、ちょっと、顔が大きいぞ! ちょっと、横がメタボリックだぞ! Dピラーからお尻が商用バンみたいだぞ! あと、B4のCMがBMWのCMみたいだぞ!

「レガシー」に見えてくるか楽しみです。
今のところ、先代が一番好きなレガシーですね。デザイン的に!

投稿: ぷじお | 2009年5月25日 (月) 22時43分

「レガシィ」ですね。「レガシー」って書いてました!

私も、アクシオムさんと同感です。
思い切って、ヨーロッパのデザインスタジオに任せてみても面白かったと思います。景気悪化している今、デザインスタジオも経営的に大変な所も多いので、意外と安く仕事を請けてくれるかもしれないですし・・・
ザガートは無くなりましたし、ピニンファリーナも自社工場での生産を止めたり、残念ですが、逆にチャンスでもありますよね。

投稿: ぷじお | 2009年5月26日 (火) 21時16分

正直「デカっ!」「エグい!」、といった第一印象です。(笑)

懐古論で申し訳ありませんが、一番好きだったのは初代です。
スバルが自社の得意な技術を、(珍しく)スタイリッシュなワゴンという形にして世に問うた画期的なモデルでしたよね。バイクのようなボクサーサウンドに萌えたのも懐かしい..。
先代のデザインは確かにまとまっていると思いますが、発表時に「なんだか、レガシィらしくなくなっちゃったなあ」と感じたのを思い出しました。

ところで、今回のモデルで「ボクサーディーゼル」導入の予定はないのでしょうか。
目玉的トピックになると思うのですが。

投稿: ぴろ | 2009年5月26日 (火) 22時43分

度々、おかしな所が、「ザガート」じゃなくて、「ベルトーネ」でしたね。最近無くなったの。
でも、ザガートってまだ在るのかな?
酔っ払ってていてすいません。
あと、韓国のメーカーがデザイン垢抜けてきましたね。日産にもデザイナーさんが居たような・・・ やっぱり、レガシィもう少しスッとした形が良かったな~

投稿: ぷじお | 2009年5月27日 (水) 00時08分

トヨタ・スバル・レガシィの新型がでましたか。ハイブリッドもそのうち載せるそうで、まあ前途洋々なんでしょうか。興味はまったくない。ツーリングワゴン、という形態自体が「終わっている」感じがします。私の興味はNV200(笑)。本国で膨らんでしまったカングーの代替に、日本でなれるのか? お面は死んでしまいそうなほどブサイクなのですが…

投稿: 優路 | 2009年5月27日 (水) 13時44分

今回は多くを言いません。 なんでしょうね、あのマスク。
トヨタの考えが入っているとすれば、自社よりも売れる車は許せなかった?
スバルオリジナルなら存在感を上げたかった? と云うより、浮いた存在になった気がします。
それにしても、5ナンバー枠に収まる車が少なくなってきましたね~。 片田舎の道ではまだまだセンターラインの無い狭い所も多いので、幅広車が多くなると、すれ違いに気を遣う事が多くなるんだよな~。 ドアミラーだし。

投稿: 山の熊さん | 2009年5月28日 (木) 22時02分

先代のA typeに乗っていますが、このデザインを見て、

"この車は無いな"

と、完全に次の候補車から落第しています。

最初はおとなしすぎるように感じた、先代のマイチェン前のデザインですが、今になってシンプルで、ストレートでいいデザインだなぁと思えるようになってきました。

すぎもとさんの評価もよかったのでちょっと安心しました!

投稿: しげ | 2009年6月23日 (火) 12時38分

この車をデザイン中心に語ることにあまり意味を見いだせません。デザインは個人的好みが大きいですから。アメリカでの現行は、歴代と比較できないくらい売れてますね。アメリカ人の好みにはあっているということなのでしょう。

私もデザインが良く思えない一人ですが、もっと心配していることがあります。それは、コストダウンが足周り、ボディの溶接、ステア、フレーム、塗装など、車の基本性能や耐久性に関わる部分に及んでいないかということです。

ワゴンやアウトバックのベースグレードを、オプション付けずに雪国やアウトドア用の道具車として乗るなら、選択肢としてアリですね。ワゴンならDセグAWDを220万くらいから乗り出せるわけですし。逆に内装質感、走りは、お世辞にも良いとは思えないのでセダンのB4はナイと思っています。日本では・・・

投稿: なお | 2012年5月24日 (木) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29757841

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・レガシィ:

« 新車心象風景:トヨタ・プリウス | トップページ | 雑誌記事:マガジンX 7月号発売 »