« 雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009 | トップページ | クルマ散策:今週末のクルマたち »

クルマ散策:スカイライン・クロスオーバー

Skylinecross  夏発売なので新車じゃないけど・・・取りあえず巧いなあ、と思ったのは名前と売り方のふたつ、かな。

 スカイライン・クロスオーバー。いやあ、分かりやすいよね、これ。ご存知のとおりコイツはインフィニティEXであって、海の向こうでは「G」とは別モノ扱い。けれども、同じインフィニティとしての関連性を持たせたデザインは、つまり日本じゃそのままスカイラインの親戚になると。

 だったら、そのまんま名前を付けてしまえというのは、単純だけど正解だと思う。スカイラインというネームバリューは日産の財産だし、ムラーノあたりとの差別化にもちょうどイイ。大きなSUVの旬が怪しい感じになってきていることもあるし、とにかくイメージ作戦がベストかと。

 それと売り方。たとえば先行したレクサスが国内じゃあどうにもこうにも、いや、たとえばRXとハリアー併売とか、新型ハイブリッドセダンをトヨタブランドと姉妹化、みたいな解決不可能な状況になっちゃっているのに対して、こっちはサラッと巧いことやってるよなあと。

 たしかに、ジュネーヴショーでの「エッセンス」がインフィニティとしての今後を示唆したりしているんだけど、そんなの日本の多くのユーザーは知らないだろうし、関係もない。だから、海外の売り方を無理やり国内で合わせ込む必要なんか元々ないわけで、みんな日産でいいじゃん、というのも正解だと思う。さらにそのスタイリングが優秀なら国内の日産ブランドにとって何も悪いことはないし。

 日産は一時インフィニティの日本展開を公言していたけど、いまはどうなんだろう? まあ常識的に考えて、それで得るものがあるとは僕には思えないので、止めた方がいいと思うけど。そんな余裕があるなら、それこそ海外専売の日産車を「損にならない」程度に色々持ってきた方が面白いんじゃないかな。FXとかセントラとか。

 あ、そういえば新しいプリウスのOMにイチローが出演・・・っていう話があるとか。信憑性は?だけど、トヨタに近いキムタクがオファーして共演なんて話。もしこれが本当なら、日産を裏切るのか!とイチローを責めるより、見境がないぞ! とトヨタを責めるべきかと。そんなことより、トヨタレンタカーの草薙君自粛なんて止めなさいってば!

|

« 雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009 | トップページ | クルマ散策:今週末のクルマたち »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

国内において、EXを日産、それもスカイラインブランドで売るのは構いませんが、そもそもインフィニティブランド用につくったデザインのクルマを、日産のブランドでそのまんま売るのってどうなんでしょうね。ブランドごとにそれぞれのデザインフィロソフィーなんて作っておいて、都合よくブランドを変えてしまうなんて…グリルやちょっとしたディテールくらいブランド別に分けないんでしょうかね。まぁコストがかかるからと言われればそれまでですが…

GT-Rは日産ブランドなのに、インフィニティよりも超高級な売り方をするなど、ちぐはぐですね。
それと日産が今後SUVに注力するのはわかりますが、ムラ―ノとのバッティングや、2.5リッター車の未設定、そして遅ればせながらの国内投入など、せっかくの魅力ある商品ですが、販売政策的には少々分が悪いクルマですね。
以前EX(左ハンドル仕様)をこっそり運転させてもらいましたが、スカイラインをそのままクロスオーバーにしたクルマで、腰高感はなく、スカイラインからそのまま乗り換えても違和感はほとんどないクルマです。
もちろんハンドリングはGoodです。
ただし、後部席のレッグスペースは、かなり狭いクルマです。話を聞くと、開発当時EXより上級SUVであるFXの旧型のホイールベースが、スカイラインと同じ2850㎜だったので、無理やり50㎜縮めたため狭くなったようです。
レッグスペースとカーゴルームの狭さを問題にしなければいいクルマですが…
そういう点ではクーペっぽいSUVかもしれません。

投稿: アクシオム | 2009年5月 4日 (月) 20時55分

車自体の良し悪しは別(詳しく判らないのでパス)にして、クロスオーバーの名前、すぎもとさんの言われる通り良いと思いますよ。 シャーシ等もキャリーオーバーしているみたいだし、あれだけ似ていれば、この名前に違和感は感じられないと思います。 名前を浸透させるって存外労力と費用を必要としますから、今の日産には最善の策だと思います。 少なくとも(カローラ)ルミオンなどより遥かに納得出来ます。 まぁ今のスカイラインは、車として極めて真っ当でイイ車なんですが、(日本車には珍しい、ある種の)異端性を無くしてしまった様なので、私自身の思い入れも昔よりは薄くなった事は事実ですが。
ところで、インフィニティ(アキュラも)ブランドですが、日本では創らない方が良いと思います。 新規のディーラーとする事で今迄の顧客との関係が薄くなる危険性があり、現にレクサスが苦戦しているのも、トヨタのお得意だった‘ご縁’を半ば断ち切った事が一因だと思っています。(ヤケに利益を乗っけている事も在りますケド)
草薙君の件は難しい問題ですね。 事がギャグ化出来るくらいならイイんだけれど、さすがに警察が保護じゃなく、事件沙汰にしちゃうと…。

投稿: 山の熊さん | 2009年5月 4日 (月) 23時08分

これ売れるよ。
ハリアーが♂ましレクサスになっちまってやたら高くなっちまったし、
対抗馬のムラーノのあの銀歯ギラギラじゃネェ、趣味悪い過ぎだし、
値段もスタイルも大きさも、日本人の生活に丁度いいです。
夢あるし、スカイラインだもの。

投稿: 佐衛門 | 2009年5月 5日 (火) 10時47分

スカイラインの名前を付けたのは、良いような、悪いような・・・
確かに、日産は馴染みのある車名を消しすぎてしまった感は、あります。しかし、今のスカイラインユーザーの方ってもう「スカイライン」に乗ってると感じている方はかなりお年を召した方か、全く、昔の名前とは関係なく形・性能が気に入って買っているのでは?

私なんかもそうですが、R32スカイラインの流れからいくと、今のGT-Rがスカイラインの後継にダブって見えてしまうんですよね。
そこへ、こういった形のクルマを「スカイラインです。」って、持ってこられても販売店は苦労すると思います。

日産は、GT-Rを出したり、Zも出したり、心意気はとても買いますが、時代が最悪になりつつある今、もう少し販売店さんの事も考えてあげないといけないんじゃないですかねぇ。
個人としては、色々な車が選べるのがベストなんですが、こういう趣味的なクルマは、スバルあたりの規模か、景気の良い時でないと厳しいですよ~

デザインも最近の日産デザインは、ウネウネし過ぎでちょっと・・・ デュアリス位が良いなぁ。
デュアリス、スカイラインクロスオーバー、ムラーノ、こんなに今の日産に必要ですか?

投稿: ぷじお | 2009年5月 5日 (火) 16時58分

アクシオムさん

デザインに造詣の深いアクシオムさんがそのように感じられるのは分かります。ただ、日産がもし国内でインフィニティをやらないと判断したのであれば、ある種の納得はできますが・・・。
しかし、EXに乗られたなんて羨ましいですね。クーペっぽいのは、まあコンセプトがスペシャルティSUVですからね。

山の熊さん

スカイラインへの思い入れ。日産もそういう声に応えて32、33、34とやってみて、もはや販売数的には路線変更も影響なしと踏んだわけなんでしょうね。ま、名前は残したワケですけど。
アキュラも・・・多分やらないでしょうね。

佐衛門さん

売れますかね、これ。たしかにレクサスRXは高価過ぎるし、新しいムラーノもあれですが。BMWのXシリーズと張り合うと面白いですね。

ぷじおさん

ムラーノ、スカイラインクロスオーバー、デュアリス。これ、実は皆海外市場メインのクルマですよね。そういうとマーチもティーダもティアナもフーガも。つまり、日産はもう国内専用車を多く作っていられる会社じゃないってことですよね。トヨタとは違う。そういうクルマを国別に振り分けて考えるサイズのメーカーだと。でも、それで国際競争力を持ったクルマが生まれるなら、僕は間違った戦略じゃないと思ってます。
GT-Rについては、国内での評価が尋常でなく低い、っていうか話題にならないですよね。北米やイギリスなんかの方がよっぽど評価が高くて、ポルシェ完敗なんてことになってる。その原因は色々あるようですけど、そういう異常な状況がGTーRの日本での存在を曖昧にしている気がしますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年5月 5日 (火) 22時57分

すぎもとさん、私も「日産の世界戦略」としては良いと思っています。
ただ、現状を見ていると余りにも日本の日産ファンの方々を軽視しているようで・・・

確かに、ルノー傘下にあるため「ルノーの日産部門」的になってしまうのは仕方が無いとは思うのですが、せめて、顔を少し整形するなど、「日本も大事にしているぞ!」という気持ちを見せてもらいたいです。

他社からのOEM車と「セレナ」「ノート」位しか売れていない現状で、ファンまで無くしてしまうのではないか、私が言うことではありませんが、心配です。

GT-Rについては、あの性能で、あの価格と言うことがポルシェなどを買っていた層には驚きでしょう、また、「エキゾチックカー」と言う観点でまだ海外の方は見ている気がします。
もともと、「スカイラインGT-R」を日常車として知っている日本人には、「高くなったな~」としか受け取られないのも無理ないのではないでしょうか?
恥ずかしい事ですが、日本ではまだ、「ポルシェ」「フェラーリ」のブランドにお金を出しているいる層が有り、その人たちにはブランド的に価値が無く、か、といって、一般サラリーマンにはちょっと手が出せない価格、
それが、日本人にはどうでもいい車なってしまったと。

ゴーンさんの日本での戦略は、私は失敗だと思います。
日本車が好きだからこその、素人の戯言だと思ってください(笑)長文すいませんです。

投稿: ぷじお | 2009年5月 6日 (水) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29416198

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:スカイライン・クロスオーバー:

« 雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009 | トップページ | クルマ散策:今週末のクルマたち »