« クルマ散策:金沢・京都出張 | トップページ | 新車心象風景:スバル・レガシィ »

新車心象風景:トヨタ・プリウス

Newprius  新しいプリウス自体に何か違和感を感じるっていう話じゃない。

 なんだかんだ言って、実際の日常使いが可能なHV車を市販してすでに3世代目というのは素晴らしいし、依然技術的な優位性を保っているのも然り。ひとつの分野で最高峰のクルマを作り上げているのはトヨタ、あるいは日本の誇りだろうし。

 スタイリングも、先代を基本にシャープにまとめた欧州スタジオ案はよくまとまっていると思う。まあ、ランプはやっぱり小細工のような気がするけど。

 それより何より、事前受注で8万台、という話だ。

 2万台受注の時点で?な話をここで書いたばかりだけど、すでに4倍である。かつて、初代イストが販売後1カ月で4万台オーバーという実績を作ったけれど、こちとら販売前で2倍と、もう圧倒的なんである。

 これ、やっぱり気持ちが悪くないか?

 もともと日本人が流行に弱いことはよく承知。とりわけ近年はTV報道が臆面もなく「大衆誘導」を展開しているしね。朝青龍イジメ、ミサイル落下、小沢代表や草薙君叩き、いまはインフルエンザで校長先生攻撃、なんて。

 そもそも「エコ」自体が誘導じゃないのか? エコバッグにエコ箸、エコ家電もあればエコ出張とか。エコ冷蔵庫がデタラメだったのは、ある意味こうしたエコ商売の胡散臭さを示していた筈なのに、重く大きな電池を積んで機構を複雑にしたクルマが果たして「エコ」なのか、という視点に戻っての報道はもちろん、ない。

 もはや「低炭素のためなら死んでもいい」って世界になりつつあるけど、なんでこうも一方向に突っ走るかな。プリウスはたしかに素晴らしいけど、もう10年間もずっと売っているわけで、何でいまさら各局TVニュースが発表会を一斉に報じちゃう?

 たとえば、トヨタが筆頭株主のあいおい損保は従来から行っていた独自の割引制度で新型プリウスを最大の割引率と発表。もうイケイケ状態。けれども、それはあくまで売る側の、あっちの話。

 そりゃあ、べつに8万人の方々に話を聞いたわけじゃないけど、やっぱりこの数字は異常だ。なにせ維持費の安い軽でもなければ、人気の3列ミニバンでもないし、保守層の好むトランク付3ボックスでもない。おまけに、日本人好みの5ナンバーですらない。もっと言っちゃえば、日本人には結構アレルギーのあった筈のミドルクラスハッチバックじゃないか。

 しかも爆発的ヒットで景気回復・・・ならいいけど、一部新聞報道ではトヨタ車自身も含めた”食い合い”で、全体の販売数は変わらないとの指摘も出ている。そのくらい尋常じゃないってことなんである。

 いや、繰り返すけどトヨタはいいクルマを作ったと思う。だから、今回はあくまで僕らユーザー側の話。もちろんクルマだけの話じゃないけど、何て言うか、こう・・・自分自身の物差しでしっかり立った感じってないもんかな? 騒ぎに巻き込まれないような。ハイブリッドはいいけど、ヴィッツやフィットに載るまで待とう、とか。

 あー、ニュースでは鳩山代表になっただけで民主党支持率アップって言ってるな。こりゃあ、自分の物差しなんて無理な相談ってことか。

 

 

|

« クルマ散策:金沢・京都出張 | トップページ | 新車心象風景:スバル・レガシィ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ハイブリッドもそれはそれでアリと思うけど、MAZDAのi-stopのようなエンジン制御技術(しかもローコスト)で燃費の改善が出来るなら、そちらも評価されるべきではないかと思うのです。
やれる事は全部やったのか?そのエンジンにベストは尽くしたのか?を問わずにはいられません。
ましてやプリウスの場合、新型で排気量アップしてる事を考えても、「本当にこれでいいのかな?」と思ってしまいます。
あくまで古いタイプの機械好き(エンジン好き)から見た感想ですが。

投稿: nobol | 2009年5月21日 (木) 01時46分

ディーラーは泣いている?んでしょうね。 インサイト対策で、価格を当初設定より2~30万円安くした為、その分販売店マージンが異常に低いと云う話ですし、プリウスが売れる分だけ他の車種が売れなくなって、収益率が悪化しているという話も聞きます。 地場資本でトヨタ自身が出資していない(していても低割合)ディーラーが多いから出来る事なんでしょうけど。 ただでさえ過剰在庫となった車を、数百~数千単位でディーラーサイドに半ば強制的に押し付けて居るんですから。 あるディーラーでは、営業所々長は2台、他の肩書き職は1台の自家購入(販売ノルマではない!)の割り当てがきたとボヤいていました。
それにしてもプリウスってそんなに魅力的なんでしょうか? 居住性や視認性も取り立てて良くない様ですし、特に制動時の挙動にも違和感が在ります。(初~二代目を短時間運転した限りに於て) やはり「エコに気を使っているんだぞ」とアピールしたい人が多いのでしょうか?
そもそも本当にエコ(殊にエコロジーの方)なのでしょうか。 廃車が多くなってきた時に、新たな問題を引き起こさなければ良いがと思っています。 エコノミーの方もバッテリーの劣化で載せ替えを考えると…。

投稿: 山の熊さん | 2009年5月21日 (木) 02時38分

「大幅値下げ」「ハイブリッド」「免税」、この3ワードが惹いたんだろうなぁと。そうとしか思えないんです。

メディアが「ハイブリッドがいま考えうる最高の車!」みたいなあおり方をしているのもいけないんでしょう。「20km/Lしか」走らないプリウスより、「15km/Lも」走るヴィッツのほうが偉いでしょうに。。。

あとは値段です。プリスウを205万円で売るなら、プレミオを160万円、ベルタを100万円ぐらいで売らなきゃいけない。食い合いで済むならいいですが、キチンと利益の出るクルマが売れなくなったらトヨタ本体もつらいことになるのはないでしょうか?

投稿: LANDY | 2009年5月21日 (木) 10時58分

味も素っ気も無いイカ刺しみたいな車に、
8万人もネェ~
日本人らしいといえば確かにそうでは有る。

すれ違う車、スーパーの駐車場、
みんな自分とおんなじ車。
ぞっとしないって感覚がうらやましい。

投稿: 佐衛門 | 2009年5月21日 (木) 15時14分

デザインについては、以前にも悪口を言っている(笑)ので短く。
側面の張りは先代や、ウィッシュ、マジェスタのだらだら、へなへなな側面よりすっきりとしています。以上。

あと、これからも、四隅のバンパー部分を角張らせたデザインのクルマが次々と出てきそうですが、これには私は絶対賛同できません。(センサーやカメラが付くので大丈夫って言うかもしれませんが、だったら、そんな余計なもの付けなくても、見切りの良いデザインを考える方が、本道。)

そして、すぎもとさんの「あー」も解ります。 本当にプリウスが売れているのは兎も角、日本人、簡単に釣られすぎで嫌になりますね。
そこへ、ここ数年は、何故か勝ち馬に乗るのが快感になってしまったというか・・・
勝ち馬のお尻に乗っても、自分がその仲間であるって事では無いんですがねぇ。

プリウスの売れ方、連休中の高速道路の渋滞、家電製品のエコポイント(失笑)しかも、大型製品の方がエコ!?
この国も、住んでる人もどうしちゃったの?

投稿: ぷじお | 2009年5月21日 (木) 15時38分

インフルエンザのマスクと一緒ですね。
諸外国から見れば、海外でマスクをして異様な光景だと見られるのと同じで、日本に来たら街中プリウスだらけで異様というように…
まぁハイブリッドで、真面目に燃費がいいクルマですし、日本のような低速走行状態でこのクルマに敵うクルマってそうそうないでしょう。
それゆえにインサイトはがんばってほしかったですが、価格以外やっぱりクルマとして負けています。ありゃ昔ホンダが苦し紛れに出したコンパクトカーロゴのハイブリッドだし…
それにしてもこの国っておかしいのは、多く売れるモノに飛びつく傾向も強ければ、それに対して結構批判的というかひがみが強いですよね。
この国には、多種多様とかライフスタイルの個性化とかいいながら、結局のところみな同じものに収束してしまう。選択の自由が生かされない国だと思いますね。

投稿: アクシオム | 2009年5月21日 (木) 22時03分

2代目プリウスとすれ違うたびに「5ドアハッチなのにオトーサマ方によく受け入れられたよなあ」といつも感じます。
ちょっと前だったら、マークⅡやクラウンが演出していたプレミアム感をプリウスが上手く受け継いでいる、といったら良いのか、ともあれトレンドと商品が合致して見事に時代のアイコンとなったのはスゴイです。しかも不況にあってそれが「クルマ」だという。
このタイミングで3代目の登場。ご存知の通り、マスコミが勝手にバンバン宣伝してくれている!のできっと売れまくるんでしょうね。(..変なローンシステムとか駆使して)

個人的にはプリウスなんかよりも、軽含め小さい車種が売れていることのほうに「健康的だなあ」(?!)と感じる昨今です。

投稿: ぴろ | 2009年5月22日 (金) 17時33分

nobolさん

賛成です。ここ数年の燃費向上は著しいですが、既存技術のブラッシュアップによる燃費向上はまだ余地があると思います。燃費が正義だというのなら、軽の排気量を上げてみればいいのに、とか。

山の熊さん

そんな話があるんですか。僕は詳しくないですが、ただ、いきなり販売価格を数十万円単位で引き下げたら、まあ誰かが泣きを見るのは当然ですよね。どうしてそういう話が出てこないのか?

LANDYさん

いまの景気を立て直すなら消耗戦からの脱出こそ必要・・・という話はいまや珍しくないのに、トップ企業自らこれをやっちゃうんだから驚きです。そういう企業が「エコ」とか言ってもなんだかなあ、と。

佐衛門さん

ははは。イカですか。確かに。
皆と同じ・・・じゃないと不安みたいですね、日本人の多くは。集団心理は今回のインフルエンザでお腹一杯ですね。

ぷじおさん

エコポイントは何ていうか、もうね。使い道も決まってないし、仰るようにデカイ程ポイントが高いって凄いですよね。

アクシオムさん

インサイトは売りやすいでしょうけど、実質を取るならやっぱりフィットのハイブリッド版のような気がします。その際はエクステリアにどこか明確な違いを出すと結構売れるかもしれないですね。
日本には多用な価値観が・・・というのは僕もウソだと思います。都合のいいときに持ち出される言葉ですけど、先進国でこんなに主体性の無い国民は珍しいのでは?

ぴろさん

勝手に宣伝してくれる。これは宣伝する方もプリウスに乗っかりたいという共存ということですね。企業とメディアが組めば国民なんてイチコロってことですね。怖いけど。
僕もフツーの燃費のいいコンパクトカーの方が健康的という意見に賛成です。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年5月25日 (月) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29700014

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・プリウス:

« クルマ散策:金沢・京都出張 | トップページ | 新車心象風景:スバル・レガシィ »