« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

新車心象風景:日産・NV200バネット

Nv200  商用車をオシャレに使いこなす。この辺はトヨタのタウン、ハイエースやプロボックスあたりの専売特許。

 だったんだけど、インドネシア製の新しいタウン・ライトエースが「あれ?」っていうスタイルになっちゃったところに、NV200なんである。

 ヒット中のセレナと同じデザイナーと言われるスタイリングは、そのセレナと対照的なアプローチでやって来た。即ち、端正なカタチを質感の高い面でまとめたセレナに対し、NV200はとにかくカッコよさそうな要素を何でも盛り込んじゃえ、と。

 ダイハツが勢いで作った(ような)YRVを想起させるフロントだけでも実にシャープだけど、その先鋭なヘッドランプからフロントサイドウインドウにつながるライン、さらにその下をフロントバンパーから並んでサイドウインドウに駆け上がるもう一本のライン。まとまってるのかいないのか、もうよく分からないけど、えー、ここは勢いこそが大事なんだ!と。いや、一応前下方視界を意識したウインドウ形状にせよ。

 そして、リアスライドドア・レールに合わせたラインは、上記2本のラインとは逆に下へ向けてキュっと流される。唐突だとか言わせん、とにかくこれで上下方向のバランスをとってるんだ!と。そして立体感のあるリアランプはなぜかシャープじゃなくて丸っこいんだけど、とにかくフロントやリアに負けない個性を持つ。

 上下2段構成のコクピットは、色分けされた素材の組み合わせが立体的で、思い切り手前に張り出したシフト操作部とともに、これもまた大胆。開閉式のエアベントに合わせた左右両端のドリンクホルダーも大きなポイントだし、汎用のステアリングは巧いこと先進性を感じさせる。

 これ、たぶん多くの人が先代のADバン=ウィングロードを思い出したんじゃないかな。あのマイナーチェンジ後のやつね。つまり、カッコのつけ方が超古典的でとても分かりやすい欧州風とが現代的とか、そういう気取ったやり方じゃなくて、「ロケット・新幹線=カッコいい」という20世紀ニッポンのベタなカッコよさ。

 おそらくADバンと一緒で、商用車だからこそここまでできた気がする。ま、どうせ仕事でガシガシ使われる実用車だし、大して注目もされてないんだから、あまり気を使わないでやりたいことやっちゃえって感じで。もちろん、輸出されればこの程度の個性はいい方に働くしね。エンジンも次期ティーダに使われそうな新型1.6リッターを積んじゃったりとか、積極的。

 例によってワゴンタイプが設定されているので、冒頭のようにオシャレに使う”仕事以外”のユーザーも結構買うんじゃないかと思う。写真のグリーンの他、レッドも用意されてるし。んで仕事の方も、このスタイルに負けない感じのステッカーやら塗装を施して欲しいよね。

 「子供っぽい!」という意見もあるかと思うけど、変に凝っていまのADバンみたいな悲惨なことになるんだったら、こういうカッコつけ方は「アリ」なんじゃないかな? そんでもって、評判がいいなら次期セレナの参考にしよう、なんてね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX 7月号発売

Mag07  ニューモデル・マガジンX、7月号が発売になりました。

 今回は例の土休日高速道路1000円乗り放題についてで、改めて「どうしてETCだけなの?」というお題です。具体的には所管である国土交通省・道路局への取材を行いました。

 内容はお読み頂ければ分かりますが、ドライバーの多くが何で?と思っている疑問を、一度真正面から聞いてみようというものです。回答は国会対応などを行っている専門官の方で、いかにも「回答慣れ」した感じでしたが、その様子が分かるようにまとめてみました。

 ETC限定に疑問をお持ちの方、是非お読みいただければと思います。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新車心象風景:スバル・レガシィ

Legacy  大きく舵を切ったのは、寸法を含めたスタイリングみたいで。

 数について言えば、全体の7割前後を海外で売るという現状を鑑ると、ボディ拡大は必然? ま、もうインプレッサが大きくなっちゃったしね。

 事前のスクープ写真で気になっていたのは、たぶん読者の皆さんと同じ2点で、ヘッドランプの形状とDピラーなんである。

 ヘッドランプは、なんて言うかこう、後端が「持ち上がりすぎ」な感じがするでしょう。巻き爪じゃないけど、ボンネットの中央に向かってそっくり返っちゃうような。そして、デカい。

 で、実車では微妙。写真よりは「そっくり返り感」が少ないけど、やっぱり角度によってはそう見えちゃう。真正面なんかは結構いいんだけど、斜めになると次第にグニューっとね。

 ヘッドランプの内側はボンネットと接してるんだけど、これ、微妙にウネりつつ内側に膨らんでるだよね。つまり、ボンネットラインに合わせてヘッドランプを沿わせたんじゃなくて、ランプの形状を優先してボンネット側が凹んでると。だから、余計にランプがでかく見えちゃう。

 「存在感」というテーマを反映・・・したのかもしれないけど、僕はボンネットラインをキレイに流して、そこへ自然にランプを沿わせるべきだったと思うな。それでも十分「鷹の目」になるだろうし、インプレッサより強い顔にもできたと思う。おまけに端正にも。

 そして、ついにボディ同色になったDピラー。今回は20年目のイノベーションっていうコピーだけど、まあそういうことなのかな。そろそろ大きな変化も必要だと。

 それに寸法がかなり大きくなったこともあるのかもしれないな。ここまで大きさに余裕があれば、あえてブラックアウトして後に抜かなくても十分「行ける」だろうと。そして、VWやアウディあたりと対等に渡り合おう、とか。

 僕も絶対ブラックアウトを残さなくちゃダメだとは思わない。けれども、逆に言えば、止めるんだったらそれはそれで新たな「レガシィ」らしさの創造が必要なんじゃないかと。あえてボディ同色にはしたけど、ああこれは他にない処理だなあ・・・っていうオリジナリティが。

 だって、ワゴンの場合はこのDピラーがある意味勝負どころでしょ。かつての初代インプレッサ・スポーツワゴンなんて、それこそボディ同色を逆手に取った実に個性的、かつ美しい処理だったもんね。

 けれども、残念ながら新型の処理にはそこまでの新味がない。たとえば、最近の欧州勢のようにシャープなグラフィックを真似ているわけじゃないけど、かといって新しくもない。これ、どこかで見たなあ・・・と思ったら、アルテッツァ・ジータだった。Dピラーの手前から少しキックアップするウインドウグラフィック。真っ直ぐなキャラクターラインはそのまま後へ伸びて、リアをラウンドする。他にもあるかもしれないけど、とにかく既視感があるでしょ。

 B4は写真だと何だか無国籍風だなあ、なんて思ってたけど、実車の後姿を見て瞬時に思い浮かんだのがレクサスGS。ウワ、そっくり!って。まあ、それだけ立派になったとも言えるんだけど、チョット再検討してもよかったような。

 歴代のスポーティさ、シャープさを残すためか、ウエストラインがエクシーガと違ってスパーッと一直線に流れているのはいい感じなんだけど、前後がうるさかったり甘かったりして、その良さが生きてないのが惜しい。グリルはそのままだから、前から見るとたしかにレガシィなんだけど、横から後へ移るとどこのクルマだかよく分からない・・・というのが正直な印象かな。

 いやー、こうしてみると、先代ってすごくまとまりのいいデザインだったなあ。キリリとしたヘッドランプに、明快でシンプルなウエストライン、それを受けるシャープなリアランプ。当たり前だけど、全体のテーマが明快なんだよなあ。

 もちろん、ホイールベース延長による広い室内や質感向上著しいインテリア。2.5リッターに格上げで220万円からはお得! という視点はアリなんだろうけど。新型を見ると、先代はホント小さく見えるもん。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・プリウス

Newprius  新しいプリウス自体に何か違和感を感じるっていう話じゃない。

 なんだかんだ言って、実際の日常使いが可能なHV車を市販してすでに3世代目というのは素晴らしいし、依然技術的な優位性を保っているのも然り。ひとつの分野で最高峰のクルマを作り上げているのはトヨタ、あるいは日本の誇りだろうし。

 スタイリングも、先代を基本にシャープにまとめた欧州スタジオ案はよくまとまっていると思う。まあ、ランプはやっぱり小細工のような気がするけど。

 それより何より、事前受注で8万台、という話だ。

 2万台受注の時点で?な話をここで書いたばかりだけど、すでに4倍である。かつて、初代イストが販売後1カ月で4万台オーバーという実績を作ったけれど、こちとら販売前で2倍と、もう圧倒的なんである。

 これ、やっぱり気持ちが悪くないか?

 もともと日本人が流行に弱いことはよく承知。とりわけ近年はTV報道が臆面もなく「大衆誘導」を展開しているしね。朝青龍イジメ、ミサイル落下、小沢代表や草薙君叩き、いまはインフルエンザで校長先生攻撃、なんて。

 そもそも「エコ」自体が誘導じゃないのか? エコバッグにエコ箸、エコ家電もあればエコ出張とか。エコ冷蔵庫がデタラメだったのは、ある意味こうしたエコ商売の胡散臭さを示していた筈なのに、重く大きな電池を積んで機構を複雑にしたクルマが果たして「エコ」なのか、という視点に戻っての報道はもちろん、ない。

 もはや「低炭素のためなら死んでもいい」って世界になりつつあるけど、なんでこうも一方向に突っ走るかな。プリウスはたしかに素晴らしいけど、もう10年間もずっと売っているわけで、何でいまさら各局TVニュースが発表会を一斉に報じちゃう?

 たとえば、トヨタが筆頭株主のあいおい損保は従来から行っていた独自の割引制度で新型プリウスを最大の割引率と発表。もうイケイケ状態。けれども、それはあくまで売る側の、あっちの話。

 そりゃあ、べつに8万人の方々に話を聞いたわけじゃないけど、やっぱりこの数字は異常だ。なにせ維持費の安い軽でもなければ、人気の3列ミニバンでもないし、保守層の好むトランク付3ボックスでもない。おまけに、日本人好みの5ナンバーですらない。もっと言っちゃえば、日本人には結構アレルギーのあった筈のミドルクラスハッチバックじゃないか。

 しかも爆発的ヒットで景気回復・・・ならいいけど、一部新聞報道ではトヨタ車自身も含めた”食い合い”で、全体の販売数は変わらないとの指摘も出ている。そのくらい尋常じゃないってことなんである。

 いや、繰り返すけどトヨタはいいクルマを作ったと思う。だから、今回はあくまで僕らユーザー側の話。もちろんクルマだけの話じゃないけど、何て言うか、こう・・・自分自身の物差しでしっかり立った感じってないもんかな? 騒ぎに巻き込まれないような。ハイブリッドはいいけど、ヴィッツやフィットに載るまで待とう、とか。

 あー、ニュースでは鳩山代表になっただけで民主党支持率アップって言ってるな。こりゃあ、自分の物差しなんて無理な相談ってことか。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

クルマ散策:金沢・京都出張

Kanazawa1  前回書きましたが、金沢、京都へ行って来ました。

 今回はサラリーマンの方の出張です。京都だけなら新幹線で、と思ったのですが、金沢もありなので愛車ジェミニで巡って来ました。当然バタバタ忙しかったのですが、朝夕や移動時間を利用して訪れたところを書いてみます。

 まず、金沢へは順当に中央道、長野道、北陸道で。約500キロを休憩を入れて6時間くらいだったでしょうか。長野を抜けて日本海側に出ると曇天になるのはいつものパターンです。

 金沢に行くと必ず行くのが喫茶店「チャペック」ですが、今回も何とか寄れました。以前は近江市場横にありましたけど、現在は県庁近くの店舗だけです。店長さんにもそろそろ顔と名前を覚えていただいたみたいで、もちろん豆をお土産に買って来ました。

Kanazawa2  その近江市場ではそろそろ夏の名物である岩牡蠣が出ていて、翌日の朝食代わり(!)にその場でいただきました。あとオニエビっていう珍しいエビも。いやー、こういう市場はその場でいただくのが一番ですね。

 京都までは北陸道から名神を通って300キロくらいでしょうか。ちょうどいま名神は集中工事をやっていて、小牧から豊中まで延々と車線規制してました。ちょっと信じられない距離の規制です。もちろん、遅いクルマが1台いたら即渋滞。

Kyotoinoda  京都での朝食は毎度のイノダコーヒー本店へ。何ていうか、いわゆる珈琲マニアが好むコーヒーじゃないんですけど、やっぱり伝統のある独特のテイストがいいです。もちろん、旧館に代表される店の雰囲気も込み、ですけどね。

 これはまったくの偶然ですが、今回は京都三大祭のひとつである「葵祭り」と遭遇しました。御所から下鴨、上鴨神社へと練り歩く大きなお祭りで、交通規制も結構なもんです。もちろん、見学している時間なんてありませんでしたが・・・。 

 あと、仕事後に最近行ってなかったあの有名な「一澤信三郎帆布」にも寄って見ました。兄弟分裂後は道路を挟んた店舗だったのが、最近同じ西側に並んだんですね。

 遺言に関わる裁判では新たな展開になっていると聞いていますが、いずれにしても弟さんの「信三郎帆布」の方が、お店にもお客さんにも活気があるように感じます。結構お値段が張るし、夕方の「チョイ覗き」のつもりが、実際に見ちゃうともうダメで、結局ひとつ買ってしまいました。

Kuotoichizawa_2  肝心のクルマ関係ですけど、面白いのが走っていたら写真でも、と思っていたのですが、今回はあんまり収穫なしでした。って言うか、基本的に仕事なのでそんなに時間があったわけじゃないので。

 ただ、帰途に着く前に祇園の裏手を歩いていたら、いかにも京都らしい家並みに沿って駐車していたアルファの147が”絵”になってましたね。これだけは写真におさめておきました。

Kuoto147_2  帰りは工事規制を避けるため、新名神、東京阪を利用しましたが、運よく渋滞は無かったですね。あとは中央道を使って国立まで約500キロです。

 今回は一般道も入れると約1500キロの行程。高速でリッター15キロ弱くらいの燃費でしたでしょうか。年々悪くなってきているんですけど、エンジンが汚れてるのかな? 

 ま、とにかく昨深夜の帰京まで今回も我がジェミニはよく頑張ってくれました。ご褒美に、今日はエンジンオイル、エレメント(オイルとエア)類の交換です。ま、いつも安いオイル使ってるからあんまり喜んでないか・・・。

                                                                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

Kokudo1_2 有休をとって取材に行って来ました。今回もまたまた国土交通省です。

 今日はクルマで行ったのですが、首都高にはあちこちで警察の検問が。何だろうと思いつつ、霞ヶ関に着くとさらに多くの警官が。

 日比谷公園近くの駐車場にクルマを止めて官庁街へ進むと、外務省前はもう警官のかたまり。あー、そうか、プーチン首相が来日中だったっけ。なるほど。

 国土交通省のある第3庁舎はその外務省のとなりなんですけど、いつもなら中に入る前に外観写真を撮るのですが、何だかいまカメラを出して構えたりしたら、警官が2、3人飛んで来そうなので止めました。

 取材前は例によって1Fのドトールで最後の確認兼一服。なんかこの時間が妙にいいんですよねえ。あ、赤いカードは入館証です。

 さて、明日からサラリーマンの方の仕事で、金沢、京都へ出張です。京都だけなら新幹線なんですけど、金沢もあるし、今回はジェミニで出かけてみようかと。

 オイル交換もして、一応準備万端です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:今週末のクルマたち

Ginza1 土曜日は新橋演舞場へ中村吉右衛門を観に行く途中、日産の銀座ギャラリーを覗くと、おやまあ、前回書いたスカイライン・クロスオーバーのプレビュー展示が。ま、もう”出来てる”クルマなんだからこういうことも可能なのか。

  決して小さくはないけれど、スカイラインに慣れてる目で見れば過剰な巨大さは感じなかったかな。少なくともギンギラになっちゃったムラーノよりはすんなり入れる佇まい。でも、囲まれ感のある凝ったインテリアを見ると、やっぱりスカイラインとは関係ないんだよなあ、と思っちゃう。

Ginza2 あ、久々の”銀ブラ”だったので、老舗の煉瓦亭でお昼をいただきました。もしかして不況でなくなってたりして・・・なんて思いましたが、しっかり行列で安心。定番のハヤシライスはやっぱり美味しかったですね。

  で、日曜日は関東近県のジェミニオーナーによるツーリング。4回目となる今回はエンスーの聖地、箱根コースとなりました。ターンパイクから芦ノ湖スカイラインっていうね。

  参加は前回の倍の14台。相変わらず僕みたいなノーマル派から超モディファイ派まで様々なクルマが集合しましたが、今回は”前オーナー”もおふたり参加という充実ぶりでした。

Jthakone1 個人的な興味はターボディーゼル車の参加。僕もいまの前はディーゼルに乗っていたので、もう懐かしいの何のって。地域によってはまだ登録できるんですよねー。

  1.5リッターのターボディーゼルは3速に入れておけばどうにでもなるトルクの高さと、高速でリッター20キロに届く、インサイトも真っ青の高燃費が魅力でした。記憶ではヨッコラと重たいエンジンフィールだったけど、今日久々に乗せてもらったらかなりスムーズで驚きました。さすがはいすゞ。

Jthakone2  それにしても、もう20年以上前のクルマがこれだけ集まるのはすごいですね。ジェミニはクルマ全体としての魅力もありましたが、たとえば写真のように前後期で結構違う雰囲気や、イルムシャー、ロータス、ディーゼルなどの付加価値の付け方が上手かったのでしょうね。

 帰途は少々渋滞につかまりましたが、充実した週末となりました。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

クルマ散策:スカイライン・クロスオーバー

Skylinecross  夏発売なので新車じゃないけど・・・取りあえず巧いなあ、と思ったのは名前と売り方のふたつ、かな。

 スカイライン・クロスオーバー。いやあ、分かりやすいよね、これ。ご存知のとおりコイツはインフィニティEXであって、海の向こうでは「G」とは別モノ扱い。けれども、同じインフィニティとしての関連性を持たせたデザインは、つまり日本じゃそのままスカイラインの親戚になると。

 だったら、そのまんま名前を付けてしまえというのは、単純だけど正解だと思う。スカイラインというネームバリューは日産の財産だし、ムラーノあたりとの差別化にもちょうどイイ。大きなSUVの旬が怪しい感じになってきていることもあるし、とにかくイメージ作戦がベストかと。

 それと売り方。たとえば先行したレクサスが国内じゃあどうにもこうにも、いや、たとえばRXとハリアー併売とか、新型ハイブリッドセダンをトヨタブランドと姉妹化、みたいな解決不可能な状況になっちゃっているのに対して、こっちはサラッと巧いことやってるよなあと。

 たしかに、ジュネーヴショーでの「エッセンス」がインフィニティとしての今後を示唆したりしているんだけど、そんなの日本の多くのユーザーは知らないだろうし、関係もない。だから、海外の売り方を無理やり国内で合わせ込む必要なんか元々ないわけで、みんな日産でいいじゃん、というのも正解だと思う。さらにそのスタイリングが優秀なら国内の日産ブランドにとって何も悪いことはないし。

 日産は一時インフィニティの日本展開を公言していたけど、いまはどうなんだろう? まあ常識的に考えて、それで得るものがあるとは僕には思えないので、止めた方がいいと思うけど。そんな余裕があるなら、それこそ海外専売の日産車を「損にならない」程度に色々持ってきた方が面白いんじゃないかな。FXとかセントラとか。

 あ、そういえば新しいプリウスのOMにイチローが出演・・・っていう話があるとか。信憑性は?だけど、トヨタに近いキムタクがオファーして共演なんて話。もしこれが本当なら、日産を裏切るのか!とイチローを責めるより、見境がないぞ! とトヨタを責めるべきかと。そんなことより、トヨタレンタカーの草薙君自粛なんて止めなさいってば!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »