« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ »

新車心象風景:トヨタ・ウィッシュ

Wish  今回はデザイン・インプレッションということで。まずはウィッシュ、そして次回はクラウンマジェスタのトヨタ2車を。

 新しいデザイン・フィロソフィを掲げてからのトヨタデザインはどうもなあ、と思っているんだけど、それは新しいウィッシュにもズバリ当てはまるんである。ここでは、フロント、サイド、リアが全部バラバラという話だ。

 まず、デカい顔。デザインコンセプトにもなっているとおり、フロントの安定感を出すためにバンパー両端が台形に広がっていて、正面から見ると四角な威張り具合がよく分かる。これ自体はいいんだけど、一方で大きくベッタリした顔を紛らわすためか、はたまたサーキットで磨いた走行性能の象徴なのか、バンパーのアンダーグリルが強烈にエグられているのが何とも唐突で浮いている。さらに、軽さを出したかったのか、バンパー上面角はウネウネと不可解な曲線でもってカットされており、実に曖昧で気持ちが悪い。

 一方、サイドは先代になかった明快なキャラクターラインが与えられてスッキリに。ま、フロントからリアに向かってサイドウインドウとの間が狭くなるのが少々小細工っぽいけど、ここに妙なウネリを入れてしまったスバルのエクシーガなんかよりはいいと思う。ただ、サイドグラフィックを伸びやかにするためブラックアウトしたというBピラーだけど、個人的には意図的に傾けた先代のボディ同色ピラーの方が前進感を演出していて悪くなかったと思う。

 リアは、サイドのスッキリラインをまったく受け止めていないのがもうイケナイ。先代はハッチ両端にごくフツーに四角形のリアランプを置いて、これがワンモーションフォルムのルーフの流れをグッと受け止めていた。ところが、横長になった新型のランプは、それ自体の形状が非常に曖昧で不安定なことも手伝って、ワンモーションの流れをまったく引き受けていない。そればかりか、まるで日産のウィングロードのようにリアスタイル自体をまったくの無個性、かつ意味不明にしてしまっているんである。

 こうしてフロント、サイド、リアがてんでばらばらなんである。

 で、このエラの張った四角いフロントが”流線な”サイドにどうにも馴染めず、つながり部分が完全に破綻しているのが最大の×だ。フロントホイールアーチがそのいい例で、後半分はフツーに円弧を描いているけれど、前側はフロントバンパーの角と融合させるために、妙に間延びしたデタラメな造形になってしまっている。いや、スポーティグレードなんかはここに普通の円弧を描いたオーバーフェンダーを貼り付けてしまっているので、さらにメチャクチャなことになってしまっている。

 かてて加えて、先ほどのウネったバンパーラインが、フロントランプを介してサイドのキャラクターラインにつながっている無理やりさは、もうほとんど理解不能な処理なんである。とにかくフロントランプ後端部分の煩雑さと来たらもう!

Newprius_2  偶然かどうか分からないけど、先代はボンネットに張り付いたようなフロントランプや、強いラインを持たないサイド面、ハッチ両端の四角いリアランプなど、現行の2代目プリウスと共通点が多かった。で、これも偶然なのか、先日プロトタイプが発表された3代目プリウスは、四角くエラの張ったフロントや一直線のサイドラインなど、これまた新型ウィッシュと類似点が多い。

 ただし、角ばったフロントバンパーからサイドへのつながりに大きな破綻がないのと、プリウスはリアランプがほとんど現行と同じで収まりがいいので、妙な不安定さがない。全体では同じようなアプローチだから、つまりはまとめ方のレベルに大きな差が出てしまっているということだ。ライバルのコピー云々は別にして、まとまりとしては先代の方がよかったと思う。 

 バイブラント・クラリティと呼ばれるデザインフィロソフィは明快・快活といった意味だそう。まあ、かなり抽象的だからどうにでも解釈ができるわけだけど、実際には多くの場合でボンネットやフロントバンパーなどに表層的なラインを何本も流したり、ヘッドランプ周りをヘンテコな形状にしたりに終始しているのが残念な感じだ。

 一昔前のトヨタデザインと言えば、決して斬新じゃないんだけど「まあ、巧いことまとめるよなあ」というソツなさがあって、逆にその点で不器用だった日産なんかに随分痛い思いをさせて来た。ま、それでも結果的に売れればいいんだろうけど、純粋にデザインレベルで語れば、いまや日産は遥か前を走っていると僕には思える。

 で、これはそのままクラウンマジェスタにも言えるんである。

 

 

 

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

最近のトヨタに、そんな、デザインフィロソフィーなんてあったんですか!
逆にビックリしました!
すぎもとさんが言われる様に先代の方がまとまっていて、毒にも薬にもならないデザインでしたが、実は、今のトヨタ車の中では好き
(特にマイナー前)だったんです。
誠に申し訳ないけど、オリジナルのストリームより好きなデザインでした。

しかし、今度のはヒドイ、次期プリウスもヒドイ・・・iQも同じセオリーなのか、やはり、ヒドイ。
デザインという観点ではもう見ることが不可能です、コンピュータで出来る仕事で、「人間」が全く介していないかのような冷たささえ感じます。

特に、四隅を角にするのは、乗ってる人にわざと「擦ってください」と言わんばかりで、悪意さえ感じられます。
ウィッシュもプリウスも老若男女いろんな方が運転されるタイプの車なのに、何故?
デザイン云々の前にお客様に優しくないのは論外だと思います。

思い上がるのもいい加減にして頂きたいですね。

投稿: ぷじお | 2009年4月 7日 (火) 20時13分

実物を見ていないので、はっきりした事は云えませんが、すぎもとさんの意見解る様な気がします。 と云うよりトヨタのDNAがそうさせたと考えています。 個人的な感想ですが、トヨタは昔から良しにつけ悪しきにつけ、ギミックを駆使して売ってきた様なところが見受けられましたが、近年はそれが造形やプレスラインといった事に出てきたのではないかと考えています。 他のメーカーも「やり過ぎ」なところが在りますが、半ば確信犯的な匂いを感じさせられるのに対し、トヨタは内面から出ているという私の見方は穿ち過ぎでしょうか。 ‘乾いたタオルを、更に絞る’トヨタですから、予算・時間共にリミットがきつく、そこに調和を図るまでの余裕が与えられない。 それが一見判り難い機能ではなく、表面上で判るデザインであったので、否応なしに目に付くのではないでしょうか。 まあ、デザインに関しては好き嫌いが有りますから、単に「私の趣味では無い」とだけ言っておきます。
余談ですが、通勤途中の信号で良くレクサスISの後ろに付くのですが、高級車らしくしようとしたのか、やたら意匠に凝った様で、いつもエグさを感じてイライラします。

投稿: 山の熊さん | 2009年4月 8日 (水) 12時34分

バイブラント・クラリティを掲げるなら、もっとシンプルにモダンにすべきでしょう。そこがレクサスとのデザインフィロソフィーとの違いになるはずなのですが…
プリウスは、エクステリアのディテールもイマイチですが、インテリアのモニター周りの処理が意外と古くさいですね。
もっとシンプルにした方がいいのに、細々しくて嫌ですね。
日産も最近は、昔ほどモダンでクリーンではなくなってきましたが、それでもまだトヨタよりモダンかな…
ハイブリッドの技術が進歩してバッテリーをはじめとしたユニットがコンパクトになってゆくのなら、それに合わせてデザインだってシンプルになってモダンになるべきでしょう。
レクサスのHSも含め、今後のトヨタハイブリッド車には魅力を感じないし、ホンダのインサイト潰しを見ていると、商品の魅力がなく価格勝負に陥ってしまうのもどことなく頷けますね。

投稿: アクシオム | 2009年4月10日 (金) 00時16分

このご時世にWISHでもあるまいに、と思います。DAIGO起用すればよかったか。エスティマに似てきた感じ。ストリームと運命をともにする車。リーマンショック前から作業してましたから、意地で出してみました、と? この車にフィロソフィーを求める必要を感じません。元々が模倣、「マネシタ」、「トッタ」レベルの商品ですから。
日産は小排気量+過給器で燃費向上を狙うらしい。まあこれもTSIの模倣でしょうが、日本メーカーがやればどうなるのでしょうか。過日(20年以上前ですが)のような、なんでもかんでもターボ、とか、わけのわからない4WS全盛のような「迷い道」に入らねばよいのですが。
80年代(サブ)カルチャーには好意を感じますが、当時の車で好きなのは、ワンダーシビックとトラッドサニー、クイント・インテグラぐらい。ソアラやレパードにはついていけませんでした。

投稿: 優路 | 2009年4月11日 (土) 04時32分

ぷじおさん

意外と知られていないのかもしれません。それはそれで悲しいですが。たしかに嫌味のないということでは先代の方がいいと思います。

山の熊さん

ギミックが表面に出てきたというのは面白い見方ですね。なるほど。L-フィネスのレクサスも同じですが、仰るように表面に凝りすぎなんですよね。

アクシオムさん

そうですよね、やはりもっとシンプルに、しかし時間に耐え得るデザインが欲しいですね。以前のトヨタのそういうデザインはイタリア発注という話もよく聞きますけど。HSもちょっとどうなんでしょう。

優路さん

そもそも大上段に構えてフィロソフィを叫ばなくてはいけないのか?という問題ですね。僕は要らないと思いますけど。シビックもよかったですが、クイント・インテグラは傑作だと僕も思います。クイントで意見が合ったのは優路さんが初めてですね!

投稿: すぎもとたかよし | 2009年4月11日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/28967728

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ウィッシュ:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ »