« 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ | トップページ | クルマ散策:旧車イベントとJAZZ »

クルマ散策:新型プリウス絶好調!

Newprius  わずか2週間で2万台を超える受注となり、トヨタの幹部は「えらいことになっている」と語ったとか。そりゃあ、240~250万円になる筈だった話題のクルマを、いきなり205万円にするなんていう、それこそ「えらいこと」を自らやっちゃったんだから当然でしょう。

 これはもう単にインサイト潰しなんて甘いもんじゃなくて、身内の200万円前後のセダンやハッチバックをも壊滅状態にするんじゃないか、と予測する評論家氏もいる。もちろんライバルメーカーも含めて。たぶん、その予想は結構いいところを突いているんだろうと思う。って言うか、2週間で2万台ってそういうことなんだろうし。ただ、これを聞いて僕はチョットなあ・・・と。

 いや、つまり同じ値段なら「プリウス」なのか?という問題なんである。

 たしかに話題のハイブリッド、注目度はバッチリだ。実際に燃費もいいらしいし、おまけに免税対象ときている。ま、25万円補助はプリウスに限らないけど。でも、クルマってそういう理由で決まっちゃうのか、決めちゃうのか。そういう人が圧倒的なのか、という話。

 要は車種選択の”浮遊票”の件なんだろうけど、そいつが2週間で2万台、もしかして1ヶ月で3万台オーバーなのかと。もちろん、初期受注という特殊性もあるにせよ、それでも凄まじい数字じゃないか。

 べつに中身は何も変わっちゃいないのに、野党の秘書逮捕がトップニュースになればなぜか自民党の支持率が上がっちゃう国民性だ。ミサイルが飛んでくると騒げば防衛費増額60%賛成とか。同じようにTVがハイブリッドだEVだとやれば皆そっちを向くよなあ・・・とは思うけど。でも、200万円の買い物もそういう「流れ」で行っちゃうか。

 ここんところ販売台数上位がワゴンRやムーヴなのは「軽」という規格だからだろうし、せレナやフリードが売れるのは3列が欲しいから。じゃ、4、5人乗りの小型車を考えたとき、普通のセダンやハッチバックが本当にごっそりプリウスに持って行かれるとしたら、こりゃあずいぶんツマラナイ話だと思う。

 件の評論家氏が言ったことが的中するかどうかまだ分からない。でも、新しいプリウスがいいとか悪いとかではなく、いくら話題満載でもあのスタイルは違うよなあとか、多少の燃費の差があっても個性が欲しいよなあとか、いちクルマ好きとしてはそっち方面をかなり期待したい。いいものとしての選択ならOKだけど、「流れ」で決めるのは寂しいなあと。

|

« 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ | トップページ | クルマ散策:旧車イベントとJAZZ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

流行に弱い日本人。

どうして月に500kmも走らない連中がこの車を買うのか理解に苦しむ。
化石燃料云々、
二酸化炭素云々、
温暖化云々、
これらを考えるのなら、一般ユーザーより先に、
長距離トラック、タクシー、宅配、バス、
これらを優先的にハイブリッドにすべきだろう。

もっと笑えたのはBMの7のハイブリッド。
20%ほど燃費が良くなるんだそうだ。
だからなんなのだ。

投稿: 佐衛門 | 2009年4月16日 (木) 15時08分

はじめまして。
確かに今の流れはおかしいと思います。
エコと言うならハイブリッドシステムを作る分の環境破壊も明らかにするべきですし、そもそも買い換え=エコもおかしいですしね。
所詮は持ちつ持たれつの中での評論でしょうから仕方ないですかね。

投稿: ナビ | 2009年4月16日 (木) 20時24分

2代目プリウスから海外市場、特にヨーロッパでの高速走行を重視したせいか、空力的に優れたおむすび山のスタイルになりましたが、本来日本市場でこのスタイルの必要性はないですよね。しかも高速で飛ばしたら、空力的な恩恵を受けることもなく燃費はよくなかったですし。
ハイブリッドシステムによる低燃費効果はあっても、見切りや後方視界の悪さや、後席のヘッドクリアランスの不足をまねくなど、必ずしもいいわけではない。
3代目もそのまま…って感じですね。
オールマイティーにこなすは結構ですが、もう少し実用的にしてもらいたいものです。
インサイトも価格勝負はいいですが、これだってプリウスと同じような発想のデザインで決して実用性が高いわけでもない。
むしろハイブリッド車は、価格もさることながら実用車として使い勝手がよく、取り回しのいいクルマに仕立ててもらいたいものです。それこそ、シビックのハイブリッドの方がいいですし、トヨタも先を見越してカローラやプレミオをFMCを機に全車ハイブリッド化しちゃった方がよっぽど国内仕様としては最適でしょう。
まだまだ環境にやさしいというイメージ商品でしかないですね。専用デザインの方がわかりやすくて売れるなんて、もう古い。むしろ普通のクルマがハイブリッド化する時期に来ているんですよ。

投稿: アクシオム | 2009年4月16日 (木) 22時12分

最近、トヨタのことで怒ってばかりでいけないですね。(笑)

前に、すぎもとさんが「エコ替え」ってなんじゃ~的な事を仰っていたのと、同じ線上の話ですが、しかし、トヨタも国もここまで品の無いことを堂々とやるとは、怒るというか呆れてしまいます。

エコと言いつつ車を売ろうとする国・・・

そこまでするか、と、露骨な消耗戦を仕掛ける世界一の自動車会社・・・

品がありませんねぇ。

私は、なんと言われようと、モノを大切に使うことがエコ(嫌ですこの言葉)だと考えますので、今ある物を壊れるまで使い倒します。

日本人、もうちょっと頭を使って「考え」ましょう!

投稿: ぷじお | 2009年4月16日 (木) 22時49分

雰囲気に流され易いですからね日本は。 一時的に流行る事は仕方がないと思います。 ただ、特に今の状況は、新型が出るまで買い控えていたものが一気に出てきた事と、一番判りやすい減税Carだという部分が多いと思います。 ヒートアップが収まれば、ある程度のレベルに落ち着くと私は踏んでいますが。 まぁ、それでも軽自動車を除いたらトップクラスでしょうが。
だいたい、同クラスの同等装備の車と比べたら、やはり3~50万円位高いですから、走行距離が多い人以外メリットが少ない。 もう多くの人が気付いていると思います。 現に私の街ではあまり走っていません。 何せ、山間部では価格差を埋めるほどの燃費差は無いし、どうしても走りに違和感を感じますから。
スタイルについては好き嫌いが有りますから何とも言えません。 私はあまり好きではないですが。(この手の車として)
それよりも完全ハイブリッド車がプリウスだけというのが問題です。 本当に効率性を重視し、環境やエコを標榜するなら、トヨタにはサクシード&プロボックスというモット合う車種が在るのに。

投稿: 山の熊さん | 2009年4月17日 (金) 00時15分

左衛門さん

「節約」も流行のひとつ。もちろん温暖化もでしょうけど。実質より国民の「努力」こそ大切みたいなのもイヤですけど。

ナビさん

買い替え=エコ。昼休みに照明を消す会社がある一方で、こういうことがまかり通るとは面白い国です。

アクシオムさん

そうですね。ホンダならフィット、トヨタならヴィッツとかの方が相応しいと思います。ただ、なぜか専用ボディじゃないと売れない、みたいな現象があるようですけど、これも売り方次第でしょうね。プリウスで205万円ならヴィッツで150万円ではどうかと・・・。

ぷじおさん

温暖化はしていない、これは新たな産業戦略だ、ということに対しての明確な反論がなかなかメディアに出て来ないですね。いずれにしても買い替え=エコはあり得ませんよね。

山の熊さん

ヒートアップが落ち着けばいいですね。メリットについても仰るように気がついている人が多ければいいと思います。
燃費向上は現状技術でもまだ可能でしょうし、ディーゼルはダメだというならディーゼルハイブリッドはどうなのか、なんて思ったりしますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年4月17日 (金) 16時13分

マスコミやなんかでちょっと良いとか悪いとかいうと、直ぐに流されるのが日本人ですからね。
TVでバナナや納豆がいいとか言ったら翌週には、売り切れ続出するけど、1ヶ月もしないで元通り…。

> クルマってそういう理由で決まっちゃうのか
トヨタを選ぶ人は、元々そういう人が多いのでは。
特別優れていたり、個性がある訳でもないけど、大企業だから売れているから安心だとろうみたいな。

投稿: dezimac | 2009年4月17日 (金) 20時31分

プリウスに関しては意見は多様ですよね。
因みにアメリカでの印象を話します。先日、ニュ-ヨ-クとロサンゼルスへ行ってきたんですが、プリウスが多いですね。一部の地下鉄以外は車に頼らざるを得ないロスやNYでは激しい渋滞が発生しており、この状態でモ-タ-のみで動く事は画期的ですよね。一部の橋を除いて高速道路が無料のアメリカでは都心で激しい渋滞とフリ-ウェイで100km/h前後の走行が日常ですから1.8Lの排気量アップは海外を本気で目指した答えでしょう。ビバリ-ヒルズではフェラ-リの隣にプリウスが、と言う景色が多く見られました。破格の高級車とプリウスを所有しているのがセレブの流行なのか? 自動車販売店には必ずプリウスが置いてあり、僅か10年でブランドイメ-ジはレクサス以上かも。但し一般の人がどの程度買うかは?ですが。そんな私はレンタカ-はハ-ツでマスタングを借りてV8エンジンに酔ってました(この考えが時代遅れか)。でも、車は実用重視か趣味に重点ですからね。
ロスのセレブもリムジンを処分してプリウスだけにすればいいのに、無理でしょうね。どの程度本気なのかなあ。

投稿: R35 | 2009年4月19日 (日) 10時52分

dezimacさん

納豆・・・ありましたねー。たしかに店から消えましたね。あるTV番組で久米宏が、小泉さんのときなら、日本は戦争が出来ただろうと言っていたのを思い出します。同感ですね。そういう国だからこそトヨタの天下なんでしょうね。

R35さん

アメリカでお仕事・・・ですか? レクサスよりもプリウスが浸透というのは実に興味深いお話ですね。
日本には本当のセレブがいないのか、お金持ちがプリウス・・・という話はあんまり聞かないですね。芸能人とかスポーツ選手とか、いまだにベンツだハマーだとかやってますし。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年4月19日 (日) 18時33分

そうか、取得税や重量税べらしは、トヨタ流を国レベルに敷衍した国を挙げての「エコ替え」キャンペーンか。それに「乗る」人は多いでしょうね。目先の支払いは少なくなる。しかし「事実上の値引き」の原資は国民の税金&借金な訳ですが。郵政についても効率とか費用対効果とかばかりで、もともとの財産は国民のもの、という意識が薄い。JRも高速道路も日航も。見えるものばかりでなく、見えないものにも目を向けなければ、と思います。そんな余裕がないのも承知の上、ですが一応。このごろ、本当に生きにくい世の中になったなー、と思います。ETCつけてれば割引で、なければ割引なし、というのは一種の差別では?法の下の平等の原則上、それが許されるのか?とも思います。国の「エコ替え」は消費促進、業界繁盛、景気回復をもくろんでのものですが、子供たちに大借金の禍根を残しかねない、と危惧します。

投稿: 優路  | 2009年4月22日 (水) 10時50分

 此の新聞記事は約3年前のモノですが、中部地方ローカルの記事と言う事で、もしかすると関係者からの意図的なリークでは無かろうかとも思われます。

 まぁ何れにしましても、3代目に関しては可成り以前から衝撃的な価格設定を考慮しつつ開発が進んだと思われますので、単なる『インサイト潰し』と言った近視眼的な見方は、些か安直に過ぎるのでは無いのでしょうか。

ttp://www.chukei-news.co.jp/news/200602/15/articles_1869.php

投稿: Thori-Tung | 2009年4月24日 (金) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29129629

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:新型プリウス絶好調!:

« 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ | トップページ | クルマ散策:旧車イベントとJAZZ »