« 新車心象風景:トヨタ・ウィッシュ | トップページ | クルマ散策:新型プリウス絶好調! »

新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ

Crownmajesta  好き嫌いはともかく、ゼロ・クラウンはエクステリアのまとまりがよかっただけに、現行のロイヤルシリーズのデザイナーは相当苦労したと思う。

 結局はバイブラント・クラリティ特有の表層的なラインを多用した”よく分からない”造形になってしまったんだけど、それでもメルセデスのSや一連のマツダ車が採り入れたフロントホイールのフレアからキャラクターラインをリアまで流す、なんて流行にチャレンジはしている。

 ところが、威風堂々なマジェスタではそんな試行はできなかったのか、とにかくこの新型には基本的な部分で特徴らしいものが何ひとつないんである。

 やっているのは例の表層小細工で、たとえばボンネット内側の縦のライン、ホイールアーチ、リアバンパー上面のラインなどは、どれもラインの端に向かうにつれ次第に薄くなって途中で消えてしまう。もちろん意図的なものなんだろうけど、その意味が分からない。

 先代はロイヤルと同種の明快なショルダーラインがフロントからリアまで貫かれ、それがボディ全体の流れになっていた。前後のランプもラインの”段”を受ける形になっていたし、ボンネットの大きな溝もフロントランプ上辺に合わせたものだった。つまり、何をやりたかったのかが明確なんである。

 ところが、新型はそういう薄皮のような線が出ては消えたりしているんだけど、意図が読めない。もしかしたら、ある種の繊細美を狙っているのかもしれないけど、残念ながらそれは完成していないとしか思えないし。

 それと、前後ランプの周囲は繰り返しのウネったボディパネルで囲まれているんだけど、これまた意図が不明。フロントランプ下端のフェンダーとバンパーが交差している場所などは、よーく見るとフェンダー先端が微妙に丸くしてあったりするんだけど、そこまでする意味自体がサッパリ分からない。そういうウネりに囲まれたフロントランプの形は当然不安定だし、偶然こういう形になっちゃいましたって感じだ。そもそも、この繰り返しってレクサスの技法なんじゃなかったっけ?

 で、結局それ以外には何の提案もないので、ボディはマグロのようにボテっとして緊張感がまったくない。デザインコンセプトには”堂々とした佇まいと躍動感”とあるけれど、堂々というのは単にボディがヌボーと大きいだけだし、躍動感がウネったパネルワークだとしたら中途半端以外の何ものでもない。

 BMWを去ったクリス・バングルはシリーズ全車のスタイルを一変させ、販売面では成績を残したものの、世界中に賛否両論を起こした。彼の仕事は表面だけの小手先に過ぎない、という意見もそのひとつだけど、それはどっちにしても主張が明確だからこその意見だろう。けれども、大上段に構えてフィロソフィをブチ上げたトヨタ車については、大多数のユーザーが全社的な変化にすら気がついていないんじゃないか。

 マツダなんかZOOM-ZOOMなんてフザけたコピーでやってるけど、出来上がった商品は明快なテーマがあって世界的にも評価を得ている。一方、トヨタは比較にならない程巨大なのに、いや、もしかしたら巨大だからこそなのか、変に理屈が先行したマニュアルを作ってしまい、自らその呪縛に右往左往してしまっている。

 レクサスのL-フィネスにしたって、ハリアーがあんなことになってしまってどうすんのよ、って感じだ。ここはトヨタブランドだけでも一昔前に戻って、色々自由にやった方がいいんじゃないだろうか。

|

« 新車心象風景:トヨタ・ウィッシュ | トップページ | クルマ散策:新型プリウス絶好調! »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

先代マジェスタからデザイン的におかしくなっていますが、今回の新型はさらにぼやけたデザインになっていますね。
グリル上端の位置がヘッドランプ上端より下になっているから、以前のように威厳が低い。ゼロクラウンのように若返りが必要なら意味はありますが、マジェスタってそもそも若返りの必要があるのか?イマイチベースとなったクラウンとの関係性をはっきりできないから中途半端なデザインになるんでしょうね。
これなら単純にクラウンのロングホイールベースV8モデルとして、グリルを変えるくらいで出してやった方がよかったでしょう。何も大して数が出やしないんだし…あえて専用デザインにしたのは、中国でそれなりに売れるから?といったところで、それほど煌びやかでもないし、どこへ売るのが目的で専用デザインにしたのかよくわかりませんね。

トヨタも今回の不況を機に、ラインナップを整理したほうがいいでしょう。なんでもかんでも販売店向けに、チャンネルごとにクルマを用意するからわけがわからなくなる。併売するクルマもあるのだし…
チャンネルも減らした方がいいでしょう。
クルマ狂である僕だって、トヨタのラインナップは完全に把握できません。このまま行けば、いずれGMのことのようになりかねないでしょう。

マツダは、確かにテーマが明確ですが、あの規模だから同じようなテーマで一貫してやれるところがありますね。でも、テーマに共通性はあってもいいけど、スポーツ一辺倒のキャラクターからもう少し違った別の路線を出してもいいような気がしますね。例えばベリーザの次期モデルなんかで、癒し系和風キャラなんかやってほしいものですね。以前ショウに出品していたシークレットバイアウトみたいなクルマを…

投稿: アクシオム | 2009年4月12日 (日) 22時53分

今年になってからだったか、雑誌、ネットなどの媒体で、プリウス・ウィッシュ・マジェスタ(RXもだったかな?)の、スクープ写真や、予想図を見て、デザイン的に、えらい事になりそうだなぁと思っていたのですが、本当にこんなになってしまうとは・・・

クラウンもゼロクラウンは、今見ても、「くやしいけど、かっこいい」と、感じる位、全体に、ピッと張りがあって昔のトヨタ車のようにソツの無い良い形で出てきたのに、「あ~あれは、まぐれだったのか」と、思わせるトヨタの現在のフィロソフィー

去年のiQから始まった、一連のデザインを見るにつけ、デザインて何!?
と、考えてしまいます。

プリウスはとても予約が入っているそうで、これから街にウジャウジャ出てくることを考えるだけでそら恐ろしい景観を想像してしまいます。

クリス・バングルも物凄くアクの強いデザインは比較的高価な車種で、数が出るであろう3シリーズには、余り下品にならない程度に抑制の効いたコンサバティブなデザインを持ってきていたのでは。

数の出る車には、やはり、そういった配慮がメーカーとしての責任ではないでしょうか?
マジェスタ、すぎもとさんのおっしゃる通りです。これも、デザインを語ってはいけない部類のクルマです。

投稿: ぷじお | 2009年4月12日 (日) 23時44分

日産のシーマも酷いが、
トヨタデザインだから期待に沿ってと言うか
負けず劣らずひでぃーデザインを出したもんだ。

カローラのデフォルメ版見たいだって言うと、
カローラに対して余りに失礼と言うべきか。

若社長になって若さの故って言うプリウス値段を提示するのもいいんだが、
世界一の自動車屋だったら、
それなりの哲学ってもの有るんじゃないのって言いたくなっちまうんだよネェ~~・
それこそ
こんな車出さずにクラウンのストレッチリムジンでも出したらいいのに。

投稿: 佐衛門 | 2009年4月13日 (月) 15時18分

例によって現物を見ていませんので、雑誌の写真からしか判断出来ません。 ウィッシュの時もそうだったのですが、写真って細かいディテールが判らないですよね。 ですから、すぎもとさんの記事を参考に考えてみました。
最初に写真を見たときカローラがマイチェン?と思ってしまいました。 デザインの良し悪しは兎も角、フェイスのアイデンティティーの統一を図る事はイイと思います。 ただ、トヨタ自身が「カローラと一緒では」と思っちゃったんじゃないですか。 だから必要以上にいじくってしまったと。 そういう事じゃないんですか。
それより気になる点が在ります。 先ずナイトビューなんですが、安全性に寄与する装備である事は確かです。 ただ、よりによってメーター部分に組み込むとは。 コチラを注視すると却って危険な様な気がします。 それとも視線が自然に入るほどダッシュボードの位置が高いのでしょうか。
次に後席のシートバックの寝具合です。 ちょっと寝過ぎな気がします。 ぶつかった時にサブマリン現象を起こしてしまうのでは?と危惧します。 トヨタの悪癖で、多いんですね寝気味のシートって。 こうなると前席も寝かし気味って思ってしまいます。

投稿: 山の熊さん | 2009年4月13日 (月) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29061666

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ:

« 新車心象風景:トヨタ・ウィッシュ | トップページ | クルマ散策:新型プリウス絶好調! »