« クルマ散策:旧いクルマ面倒見ます | トップページ | 雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009 »

雑誌記事:マガジンX6月号

Magx06  ニューモデル・マガジンX6月号が発売されました。

 今号の巻頭特集である「大型連休」に絡めて、との話でしたので、以前から聞いてみたかった高速道路の渋滞対策としました。

 具体的には中央高速道を管轄するネクスコ中日本への取材です。この高速道では小仏トンネルと調布の渋滞が「名物」ですけど、そこにどんな対応を行っているか、あるいはいないのか、です。

 高速料金1000円後の大型連休。渋滞だけではなく、高速に慣れていないドライバーの事故も増えるかもしれません。総決算でもいいから、自動車評論家もちゃんと記事にした方がいいんじゃないかな。いや、その前に何でETC限定なの? という大問題についてもですけど。

 それでは、よろしければ書店、コンビニにてお求めください。

|

« クルマ散策:旧いクルマ面倒見ます | トップページ | 雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009 »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

マガジンχの記事を読みました。 なんか「対症療法はやって居ますよ」的な、責任逃れを聞いている様な気がします。 新しい道路は造るが、既に出来上がった路線を改良する事に余り乗り気ではないのは、旨味が少ないから?と思ってしまいます。 それとも、欠陥道路を造ったと云われない為でしょうか。 第一、クロソイド曲線とか高次の数学を使いながら、一方で勾配での加減速を読めないとは、人間不在と云うか、人を指令通りに動くコンピューターと勘違いしている気がします。 渋滞に因る追突事故の割合が高い事を考えると、新しい路線を造るより、こういった箇所の改良が急務だと思われるのですが。
ETCの割引料金は、(私を含め)皆さんが色々言われていますので、敢えてここでは言いませんが、ETC自体はどうなるんでしょうね。 民主党は高速道路の無料化をマニフェストで謳っていますから、政権交代が有れば無用の長物と化す可能性があります。 でもトヨタ辺りは反対するんだろうな。 系列を含めて、ETC関連会社に多くの役員を送り込んでいるし、頼みもしないのにETC機器を半ば強引に着けてくる。 お陰でエンジンを掛ける度「カードが……」と五月蝿くて堪りません。

投稿: 山の熊さん | 2009年4月27日 (月) 00時31分

私も記事を拝見させていただきました。
本当に、お役所仕事的な発想と対応にびっくりですね。
机の上で計算してみた事と、あとは、希望的観測。頭の作りが凡人とは流石に違いますね!
特に、Webを利用してなんて、まさに時代の最先端、まさか、運転中にケータイでご確認を~なんて事ではないですよね?
高速は、一般道と違ってケータイ見ながらの運転はO.K.だったとは。

高速料金\1000・取得税などの減税(環境云々よりも、日本車のほぼ9割が何らかの形で減税になるってのも?)に、ホイホイ乗っかる日本人も情けない。

マガジンXの「エコカーは本当にエコロジーなのか?」の記事も、今更ですが、面白い企画です。が、エコカーと言われる車に乗ってる人々は、ああいう記事(雑誌)を読まないからなぁ。

投稿: ぷじお | 2009年4月28日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29280567

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:マガジンX6月号:

« クルマ散策:旧いクルマ面倒見ます | トップページ | 雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009 »