« クルマ散策:旧車イベントとJAZZ | トップページ | 雑誌記事:マガジンX6月号 »

クルマ散策:旧いクルマ面倒見ます

Suntec1  僕の愛車がいすゞジェミニ=旧車ということで、こういういいショップがありますよ、との連絡を読者の方からいただき、早速先週末に行って来ました。湾岸道路葛西出入口近くにある「サンテック」というショップさんです。

 オーナーの鈴木氏は元いすゞのレーシングチームに所属されていた方だそうで、ガレージにはレース仕様のいすゞ製最終型ジェミニが置かれていました。何しろ僕はガチガチのノーマル指向なので、元々こうしたショップにはあまり縁がないのですが、しかし、いまやいすゞのクルマに乗るということは「そんなこと言ってられない」状況ということなんですね。

Suntec2  それにしても、前回書いた「イーグル狭山」さん同様、乗用車からとっくに撤退したメーカーのクルマをいまでも取り扱っている店があるというのはとても貴重なことです。本来であれば、メーカーがしっかりアフターフォローをするべきところを、民間の「ファン」が支えているワケですから。

 15兆円の景気対策では、ドイツにならって買い替え補助金が最大25万円。いずれも手持ちの古いクルマを廃車にすることが条件なので、これで結構な数の「旧車」がこの世から消え去るのは確実でしょう。

 ただ、ドイツの場合は、これも前に書いたとおり自国を代表するメルセデスが古いベンツの中古車事業を始めるそうで。つまり、旧いものは何でも捨ててしまえという一方通行じゃなくて、片方ではしっかり保護する。そういうバランス感覚があるんですね。もちろん、相当の年月に耐え得る魅力を持ったクルマ作りをしている、という前提ありきですけど。

 一方のわが国はとにかく新しいものが正義。例の中央郵便局解体じゃないですけど、どんどん新しくすることが経済を回すことと信じて止まない。稀有な例だけど、上野の「こども図書館」みたいなことも可能なのに。いや、その前に、自動車立国なのにクルマは悪だ、みたいな風潮も背景にあったりするし。

 たとえば、いすゞが自社だけでは動けないにしても、こうした民間業者と手を組むことで、部品供給など何らかのフォローを行ったりできないのかなあ、などと思うんですが。ま、いすゞはタマ数が少ないですけど、それでも商売に持って行くことはできると思います。もちろん、トヨタ、日産なんかは当然ですが。

 

 

|

« クルマ散策:旧車イベントとJAZZ | トップページ | 雑誌記事:マガジンX6月号 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

こういう業者さんが居てくれると心強いですね。 日本のメーカーに期待するのはまず無駄でしょうから。
前にもコメントに入れましたが、ちょっと悪い処を見つけては、買い換えに持って行こうとするんですから。 もっとも修理する技能が低下しているのかも知れませんけどね。 今は不調を訴えても、原因を突き止める事もせず、関係しそうな箇所をアセンブリーの一式交換で済ます事も多いですから。 その方が安いと言われれば、しょうがないけど。
ところで、旧車が少なくなると嘆いている様ですが、もしかしたらすぎもとさんにとっては暁光に為るかも知れませんよ。 廃車になる車が増えれば、中古部品が増えるかも知れませんし、新品にしても競合相手が少なくなる。 まあ、私としては、そう心配は無いと思っているんです。 すぎもとさんもそうでしょうけど、心底その車に惚れ込んでいる人は、そうそう手放さないと思います。 まあ少なくなるのは平成一桁の中~後期年代の車じゃあないんですか。 この年代の車はバブル後で安造りの車も多いですから、惜しい車も少ないと思います。 ただ、製造や廃棄のコストを考えたら、決してエコだと言い切れるとは思いませんが。

投稿: 山の熊さん | 2009年4月22日 (水) 02時30分

こういう工場を見つけるのって大変ですよね、今は、ネットもあるので比較的良くはなってるんでしょうが。
最近、よく、すぎもとさんのここにも出てくる話ですが、ちょっと古い車の方が魅力的だったり、スタイルもカッコ良かったり、決して回顧趣味という訳ではなく、純粋に「カッコイイ」という本能が疼くクルマが最近無いのと、本当に「エコ」と言うのは、大量生産大量消費ではないと言う観点からも、旧車を大切にしていく事は大切だと思うんですがねぇ。
最近の「エコカー」ファッショの日本を見るにつけ、へそ曲がりの私としては、ますます、覚めた目で見てしまいます。

なるべく、買い替えなどせず自分の好きなクルマをメンテしながら乗っていくのが、「エコロジー」であると多くの日本人が気付いてくれると日本の車文化ももう一つステップアップできると思うんですが・・・
それでは日本の経済が成り立たないと言うのなら、(大量生産大量消費なんて)そんな時代遅れのものは捨ててしまったほうが良いのでは?
次の新しいシステムの自動車を考えるか、旧車も文化としてちゃんと残しつつ、ハイブリッドに主軸を移していくのか、選択の時が来ているような気がします。

前にも言ったように、ハイブリッドに未来があるとは思えないので、せめて、デザインの良い車が出てきてくれれば良いのですが、どうもそういかなくて、コストダウンに方向が向いているようで残念です。
日本が自動車の先進国になるのは無理なんですかね。トホホ・・・

投稿: ぷじお | 2009年4月23日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/29220802

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:旧いクルマ面倒見ます:

« クルマ散策:旧車イベントとJAZZ | トップページ | 雑誌記事:マガジンX6月号 »