« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

雑誌ナナメ読み:日本軽視? 東京モーターショー2009

Mortor_show2009   今年の東京モーターショーについては少し前にも書いたけれど、先日のB誌にも「119社減少、展示面積49%縮小」てな見出しの記事があった。

 ただ、その記事の中に気になる部分がふたつあったんである。まずは「これは日本軽視だ!」ってやつ。

 まあ、何たってドイツ4社が参加中止だ。こりゃエライこっちゃとなるのは分かる。でもって、間違いなくそれは日本軽視なんだと思う。でも、それに怒ってどうする?

 だって、外国車市場についちゃあ、こっち側の「軽視」がいまに始まった話じゃないでしょ。たとえばドイツ車がやたらに日本で高価なのは、何も本国が強引に決めただけとは思えないし。日本法人にも「高級車は高いほど売れるんだよねー」みたいなノリでやって来たところもあるんじゃない? 

 で、日本のメーカーはそうやって外国車シェアが数%なんて異常な状態なのをずっと歓迎して、やっぱり日本車の方がいいですヨー、って売ってきたと。外国車は、まあ一部のお金持ちとマニアが買ってください、とか。

 いまでこそこんな騒いでるけど、東京ショーに行った人なら分かるとおり、お客さんの数はもう完全に日本車ブースが圧倒的でしょ。通路挟んだ両岸でこんな違うかってくらいに。とくにアメリカのビッグ3なんかスカスカだったし、フランス、イタリアメーカーですら「押すな押すな」みたいなことにはなってなかったでしょ。その外国車ブースのお客さんだって、実際に買おうかなあというより、ディーラーに入るのも気が引ける高嶺の花を、もうこの際まとめて見ておこうって感じで。

 つまり、こういう状況になるのは世界不況なんてこととは別に、もうずっと以前から想像できていたこと。それがチョット早まっただけでしょう。そして、主催者はそういう状況に何ら手を打つことなく、キャンギャル目的のカメラ小僧なんかを当てにしてボーっとしてたと。

 ま、狭い日本にまだまだ6社も7社も乗用車メーカーがあって、しかもどのメーカーも安くて壊れないクルマをじゃんじゃん作っている。で、自国民もそれを享受してとくに不満はなさそう。外国車の価格をもっと適正にして選択の幅を拡げようなんて運動は、行政、自工会、輸入組合、販売店、メディア等々、ほとんど聞こえて来ないし。例えば外国車シェア20%作戦!とか。

 じゃあ、それでいいじゃんって話だ。それだけのことだ。東京ショーはもう国産車だけのローカルショーでいいですって。今後も大音響に合わせて踊るキャンギャルと彼女等による棒読みのアナウンス、それに群れるカメラ小僧で行くと。雑誌もそういうお姉ちゃんの写真満載でいい感じ、みたいな。

 ま、そんなだから先方の「軽視」も当然のことなんだよねえ。

 あ、もうひとつの気になった部分は「このままでは上海や北京の中国ショーに奪われちゃうかもしれない・・・」 

 いや、だからもうとっくに前回から奪われてるんだってば!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:マガジンX6月号

Magx06  ニューモデル・マガジンX6月号が発売されました。

 今号の巻頭特集である「大型連休」に絡めて、との話でしたので、以前から聞いてみたかった高速道路の渋滞対策としました。

 具体的には中央高速道を管轄するネクスコ中日本への取材です。この高速道では小仏トンネルと調布の渋滞が「名物」ですけど、そこにどんな対応を行っているか、あるいはいないのか、です。

 高速料金1000円後の大型連休。渋滞だけではなく、高速に慣れていないドライバーの事故も増えるかもしれません。総決算でもいいから、自動車評論家もちゃんと記事にした方がいいんじゃないかな。いや、その前に何でETC限定なの? という大問題についてもですけど。

 それでは、よろしければ書店、コンビニにてお求めください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:旧いクルマ面倒見ます

Suntec1  僕の愛車がいすゞジェミニ=旧車ということで、こういういいショップがありますよ、との連絡を読者の方からいただき、早速先週末に行って来ました。湾岸道路葛西出入口近くにある「サンテック」というショップさんです。

 オーナーの鈴木氏は元いすゞのレーシングチームに所属されていた方だそうで、ガレージにはレース仕様のいすゞ製最終型ジェミニが置かれていました。何しろ僕はガチガチのノーマル指向なので、元々こうしたショップにはあまり縁がないのですが、しかし、いまやいすゞのクルマに乗るということは「そんなこと言ってられない」状況ということなんですね。

Suntec2  それにしても、前回書いた「イーグル狭山」さん同様、乗用車からとっくに撤退したメーカーのクルマをいまでも取り扱っている店があるというのはとても貴重なことです。本来であれば、メーカーがしっかりアフターフォローをするべきところを、民間の「ファン」が支えているワケですから。

 15兆円の景気対策では、ドイツにならって買い替え補助金が最大25万円。いずれも手持ちの古いクルマを廃車にすることが条件なので、これで結構な数の「旧車」がこの世から消え去るのは確実でしょう。

 ただ、ドイツの場合は、これも前に書いたとおり自国を代表するメルセデスが古いベンツの中古車事業を始めるそうで。つまり、旧いものは何でも捨ててしまえという一方通行じゃなくて、片方ではしっかり保護する。そういうバランス感覚があるんですね。もちろん、相当の年月に耐え得る魅力を持ったクルマ作りをしている、という前提ありきですけど。

 一方のわが国はとにかく新しいものが正義。例の中央郵便局解体じゃないですけど、どんどん新しくすることが経済を回すことと信じて止まない。稀有な例だけど、上野の「こども図書館」みたいなことも可能なのに。いや、その前に、自動車立国なのにクルマは悪だ、みたいな風潮も背景にあったりするし。

 たとえば、いすゞが自社だけでは動けないにしても、こうした民間業者と手を組むことで、部品供給など何らかのフォローを行ったりできないのかなあ、などと思うんですが。ま、いすゞはタマ数が少ないですけど、それでも商売に持って行くことはできると思います。もちろん、トヨタ、日産なんかは当然ですが。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:旧車イベントとJAZZ

Okutama1_2   今日、東京は奥多摩湖で開催された旧車イベントに行って来ました。これは毎月1回、東日本いすゞ車の殿堂「イーグル狭山」が主催しているものですが、そのいすゞつながりの友人が例の1000円で大阪から来るとのことで、ここでお会いしたというコトです。

 主催者の関係からいすゞ車メインみたいなものかな、と思っていたら、まったくそんなことは無かったですね。ヨタハチからスカG、スバル360、コスモスポーツ、ビートと、もう何でもあり。

Okutama2  いすゞ車では、63年式ピアッツァ・ネロのノーマル車が来てました。この車体は雑誌NAVIの4月号で”80年代名車”として掲載されたものだそうです。そういえば、たしかに載ってましたね。

 僕は自分の嗜好からノーマル車に目が行ってしまうのですが、やっぱりこの手のイベントでは少ないですね。今回は他にビートや初代カリーナなどがほぼノーマルだったかな。

 イーグルの社長さんのお話だと、やっぱりいすゞ車のみでの商売はもう厳しいそうで、色々と工夫されているとのこと。こうしたイベント開催もその一環なのかもしれません。

Okutama3  帰りは奥多摩周遊道路を久々に走りました。まだ桜が残っていてキレイな山並みでしたね。ただ、わずかな距離の中でMR-Sの大破とバイクの転倒という2件の事故を目にしました。ここは都心からもお手軽なワインディングですけど、ヒッチハイカーも少なくないし、ちょっと考えなくちゃいけないです。

 五日市に下りて来る途中には、昔から寄っていた手作りの”おやき”屋さんがあって、今日も買って来ました。最初に寄ったのはもう16、7年くらい前で、地元のおばあちゃんが焼いていたのですが、いまは娘さんらしきおばさまがやっています。

Okutama4_2  結構評判になったようで、以前はただの小屋だったところがずいぶんキレイな店構えになってました。味は変わらず美味しい!

 さて、昨夜はまたしてもジャズライブに行って来ました。ブルーノート東京での、ボブ・ジェームズ率いる「フォープレイ」です。

 実は自分がジャズに興味を持ったのは、忘れもしない中学生のとき、ボブ・ジェームスのファーストアルバム「はげ山の一夜」を聴いた衝撃からでした。当時はフュージョンなんてジャンルは無く、クロスオーバーなんて言われてましたけど。

 いや、しかし素晴らしい演奏でしたね。ボブ・ジェームスにラリー・カールトン、ネイザン・イースト、ハービー・メイソンなんて超大御所ですが、何となく「旬は過ぎたか・・・」なんて不安があったものの、1曲目で完全に杞憂であることを思い知らされました。

Forplay_2  ボブの意外なほどにスピーディなピアノ、ネイザンの自由自在なベース、ラリーの緩急ある大人のギター、小技と大技のバランスがすごいハービーのドラム。どれもまるでレコーディングかのような完成度と、そしてサービス精神。1小節ずつのソロも珍しいのに、アンコールでは何と1音ずつのソロ回し。さすがスタジオミュージシャンをこなしてきた4人!

 これは映画でも本でも何でもそうですが、こちらの想像を遥かに超えたプレイ(内容)を見せつけられると、もう思わず笑いが出ちゃいますね。あんまり凄すぎて。逆に言うと、多くの場合で想定内ばかりが日常に蔓延してるということなんですけど。

 中学生から30年以上。なんと初めてのボブ・ジェームスでしたが、こんなに素晴らしい内容だったらもっと早聴きに行けばよかったな。いや、充実した週末でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:新型プリウス絶好調!

Newprius  わずか2週間で2万台を超える受注となり、トヨタの幹部は「えらいことになっている」と語ったとか。そりゃあ、240~250万円になる筈だった話題のクルマを、いきなり205万円にするなんていう、それこそ「えらいこと」を自らやっちゃったんだから当然でしょう。

 これはもう単にインサイト潰しなんて甘いもんじゃなくて、身内の200万円前後のセダンやハッチバックをも壊滅状態にするんじゃないか、と予測する評論家氏もいる。もちろんライバルメーカーも含めて。たぶん、その予想は結構いいところを突いているんだろうと思う。って言うか、2週間で2万台ってそういうことなんだろうし。ただ、これを聞いて僕はチョットなあ・・・と。

 いや、つまり同じ値段なら「プリウス」なのか?という問題なんである。

 たしかに話題のハイブリッド、注目度はバッチリだ。実際に燃費もいいらしいし、おまけに免税対象ときている。ま、25万円補助はプリウスに限らないけど。でも、クルマってそういう理由で決まっちゃうのか、決めちゃうのか。そういう人が圧倒的なのか、という話。

 要は車種選択の”浮遊票”の件なんだろうけど、そいつが2週間で2万台、もしかして1ヶ月で3万台オーバーなのかと。もちろん、初期受注という特殊性もあるにせよ、それでも凄まじい数字じゃないか。

 べつに中身は何も変わっちゃいないのに、野党の秘書逮捕がトップニュースになればなぜか自民党の支持率が上がっちゃう国民性だ。ミサイルが飛んでくると騒げば防衛費増額60%賛成とか。同じようにTVがハイブリッドだEVだとやれば皆そっちを向くよなあ・・・とは思うけど。でも、200万円の買い物もそういう「流れ」で行っちゃうか。

 ここんところ販売台数上位がワゴンRやムーヴなのは「軽」という規格だからだろうし、せレナやフリードが売れるのは3列が欲しいから。じゃ、4、5人乗りの小型車を考えたとき、普通のセダンやハッチバックが本当にごっそりプリウスに持って行かれるとしたら、こりゃあずいぶんツマラナイ話だと思う。

 件の評論家氏が言ったことが的中するかどうかまだ分からない。でも、新しいプリウスがいいとか悪いとかではなく、いくら話題満載でもあのスタイルは違うよなあとか、多少の燃費の差があっても個性が欲しいよなあとか、いちクルマ好きとしてはそっち方面をかなり期待したい。いいものとしての選択ならOKだけど、「流れ」で決めるのは寂しいなあと。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・クラウンマジェスタ

Crownmajesta  好き嫌いはともかく、ゼロ・クラウンはエクステリアのまとまりがよかっただけに、現行のロイヤルシリーズのデザイナーは相当苦労したと思う。

 結局はバイブラント・クラリティ特有の表層的なラインを多用した”よく分からない”造形になってしまったんだけど、それでもメルセデスのSや一連のマツダ車が採り入れたフロントホイールのフレアからキャラクターラインをリアまで流す、なんて流行にチャレンジはしている。

 ところが、威風堂々なマジェスタではそんな試行はできなかったのか、とにかくこの新型には基本的な部分で特徴らしいものが何ひとつないんである。

 やっているのは例の表層小細工で、たとえばボンネット内側の縦のライン、ホイールアーチ、リアバンパー上面のラインなどは、どれもラインの端に向かうにつれ次第に薄くなって途中で消えてしまう。もちろん意図的なものなんだろうけど、その意味が分からない。

 先代はロイヤルと同種の明快なショルダーラインがフロントからリアまで貫かれ、それがボディ全体の流れになっていた。前後のランプもラインの”段”を受ける形になっていたし、ボンネットの大きな溝もフロントランプ上辺に合わせたものだった。つまり、何をやりたかったのかが明確なんである。

 ところが、新型はそういう薄皮のような線が出ては消えたりしているんだけど、意図が読めない。もしかしたら、ある種の繊細美を狙っているのかもしれないけど、残念ながらそれは完成していないとしか思えないし。

 それと、前後ランプの周囲は繰り返しのウネったボディパネルで囲まれているんだけど、これまた意図が不明。フロントランプ下端のフェンダーとバンパーが交差している場所などは、よーく見るとフェンダー先端が微妙に丸くしてあったりするんだけど、そこまでする意味自体がサッパリ分からない。そういうウネりに囲まれたフロントランプの形は当然不安定だし、偶然こういう形になっちゃいましたって感じだ。そもそも、この繰り返しってレクサスの技法なんじゃなかったっけ?

 で、結局それ以外には何の提案もないので、ボディはマグロのようにボテっとして緊張感がまったくない。デザインコンセプトには”堂々とした佇まいと躍動感”とあるけれど、堂々というのは単にボディがヌボーと大きいだけだし、躍動感がウネったパネルワークだとしたら中途半端以外の何ものでもない。

 BMWを去ったクリス・バングルはシリーズ全車のスタイルを一変させ、販売面では成績を残したものの、世界中に賛否両論を起こした。彼の仕事は表面だけの小手先に過ぎない、という意見もそのひとつだけど、それはどっちにしても主張が明確だからこその意見だろう。けれども、大上段に構えてフィロソフィをブチ上げたトヨタ車については、大多数のユーザーが全社的な変化にすら気がついていないんじゃないか。

 マツダなんかZOOM-ZOOMなんてフザけたコピーでやってるけど、出来上がった商品は明快なテーマがあって世界的にも評価を得ている。一方、トヨタは比較にならない程巨大なのに、いや、もしかしたら巨大だからこそなのか、変に理屈が先行したマニュアルを作ってしまい、自らその呪縛に右往左往してしまっている。

 レクサスのL-フィネスにしたって、ハリアーがあんなことになってしまってどうすんのよ、って感じだ。ここはトヨタブランドだけでも一昔前に戻って、色々自由にやった方がいいんじゃないだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新車心象風景:トヨタ・ウィッシュ

Wish  今回はデザイン・インプレッションということで。まずはウィッシュ、そして次回はクラウンマジェスタのトヨタ2車を。

 新しいデザイン・フィロソフィを掲げてからのトヨタデザインはどうもなあ、と思っているんだけど、それは新しいウィッシュにもズバリ当てはまるんである。ここでは、フロント、サイド、リアが全部バラバラという話だ。

 まず、デカい顔。デザインコンセプトにもなっているとおり、フロントの安定感を出すためにバンパー両端が台形に広がっていて、正面から見ると四角な威張り具合がよく分かる。これ自体はいいんだけど、一方で大きくベッタリした顔を紛らわすためか、はたまたサーキットで磨いた走行性能の象徴なのか、バンパーのアンダーグリルが強烈にエグられているのが何とも唐突で浮いている。さらに、軽さを出したかったのか、バンパー上面角はウネウネと不可解な曲線でもってカットされており、実に曖昧で気持ちが悪い。

 一方、サイドは先代になかった明快なキャラクターラインが与えられてスッキリに。ま、フロントからリアに向かってサイドウインドウとの間が狭くなるのが少々小細工っぽいけど、ここに妙なウネリを入れてしまったスバルのエクシーガなんかよりはいいと思う。ただ、サイドグラフィックを伸びやかにするためブラックアウトしたというBピラーだけど、個人的には意図的に傾けた先代のボディ同色ピラーの方が前進感を演出していて悪くなかったと思う。

 リアは、サイドのスッキリラインをまったく受け止めていないのがもうイケナイ。先代はハッチ両端にごくフツーに四角形のリアランプを置いて、これがワンモーションフォルムのルーフの流れをグッと受け止めていた。ところが、横長になった新型のランプは、それ自体の形状が非常に曖昧で不安定なことも手伝って、ワンモーションの流れをまったく引き受けていない。そればかりか、まるで日産のウィングロードのようにリアスタイル自体をまったくの無個性、かつ意味不明にしてしまっているんである。

 こうしてフロント、サイド、リアがてんでばらばらなんである。

 で、このエラの張った四角いフロントが”流線な”サイドにどうにも馴染めず、つながり部分が完全に破綻しているのが最大の×だ。フロントホイールアーチがそのいい例で、後半分はフツーに円弧を描いているけれど、前側はフロントバンパーの角と融合させるために、妙に間延びしたデタラメな造形になってしまっている。いや、スポーティグレードなんかはここに普通の円弧を描いたオーバーフェンダーを貼り付けてしまっているので、さらにメチャクチャなことになってしまっている。

 かてて加えて、先ほどのウネったバンパーラインが、フロントランプを介してサイドのキャラクターラインにつながっている無理やりさは、もうほとんど理解不能な処理なんである。とにかくフロントランプ後端部分の煩雑さと来たらもう!

Newprius_2  偶然かどうか分からないけど、先代はボンネットに張り付いたようなフロントランプや、強いラインを持たないサイド面、ハッチ両端の四角いリアランプなど、現行の2代目プリウスと共通点が多かった。で、これも偶然なのか、先日プロトタイプが発表された3代目プリウスは、四角くエラの張ったフロントや一直線のサイドラインなど、これまた新型ウィッシュと類似点が多い。

 ただし、角ばったフロントバンパーからサイドへのつながりに大きな破綻がないのと、プリウスはリアランプがほとんど現行と同じで収まりがいいので、妙な不安定さがない。全体では同じようなアプローチだから、つまりはまとめ方のレベルに大きな差が出てしまっているということだ。ライバルのコピー云々は別にして、まとまりとしては先代の方がよかったと思う。 

 バイブラント・クラリティと呼ばれるデザインフィロソフィは明快・快活といった意味だそう。まあ、かなり抽象的だからどうにでも解釈ができるわけだけど、実際には多くの場合でボンネットやフロントバンパーなどに表層的なラインを何本も流したり、ヘッドランプ周りをヘンテコな形状にしたりに終始しているのが残念な感じだ。

 一昔前のトヨタデザインと言えば、決して斬新じゃないんだけど「まあ、巧いことまとめるよなあ」というソツなさがあって、逆にその点で不器用だった日産なんかに随分痛い思いをさせて来た。ま、それでも結果的に売れればいいんだろうけど、純粋にデザインレベルで語れば、いまや日産は遥か前を走っていると僕には思える。

 で、これはそのままクラウンマジェスタにも言えるんである。

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:今日の取材

 今日、取材に行って来ました。

 取材先は某高速道路会社です。いままで首都高速道路株式会社には2度ほど行ったことがありますが、その他の高速道路会社は初めてですね。

 内容は今度媒体が発売されたらお知らせしますが、会社としての雰囲気は首都高と同様「やっぱり元公団だなあ」といった感じです。なんていうか、こう切迫感がないような、おっとりというか・・・。

 高速道路といえば料金1000円。交通量が思ったほどじゃないとか報道されているけど、そんなことより、これのどこが景気対策なのかサッパリ分からないなあ、と。ニュースではSAの売り上げがどうとか、行楽地のお土産店の客入りとかインタビューしているけど、仮にそこで売り上げがそこそこ増えたからって、いま必要な景気対策になるのかな?

 ま、少なくとも100万台の特需となるETC車載器メーカーとカード会社はいい思いしているんだろうけども。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »