« Drive My Car:能登・岐阜・長野ツーリング | トップページ | クルマ散策:メルセデスの「リフレッシュカー」 »

新車心象風景:ポルシェ・パナメーラ

Panamera  4ドアポルシェ、パナメーラの予約受付が始まったらしい。

 お披露目は来月の上海ショーだし、販売はずっと後だから、このクルマ自体の話はまた今度ということに。

 で、話はカリーナED問題なんである。

 メルセデスがCLSなんてモデルを出し、BMWはグランツーリズモ、アストンがラピードと続き、VWはパサートCCを発表。どうやらこの手の4ドア・クーペが欧州では「来てる」らしい。そこで気になるのが、最近雑誌で目にするカリーナED問題だ。

 「これはカリーナEDじゃないか」「ようやく世界がカリーナEDに追いついたか」「当時カリーナEDは批判されたけど、外車なら認めるのか」「欧州車も地に堕ちたもんだ」

 これ、そうなんですかね? 僕は違うと思うんだけど。

 なぜって、まず車格が全然違う。初代カリーナEDは当時のミドルセダンとして、全長は4.3メートル台しかなく、しかも全幅は5ナンバーサイズ。これにハードトップと称してわずか1.3メートル少々の高さしか与えなかったと。現行のワゴンRが全高1.6メートル超であることを考えると、その「窮屈さ」加減は言わずもがな。

 一方、欧州勢は比較的小型のパサートCCでも、4.8メートル以上の全長に、1.9メートル近い全幅をもつアッパーミドルサルーンである。全高だって10センチ以上高いし、ホイールベースは20センチ近く長い。

 たしかにプロポーション自体は相似形と言えるのかもしれないけど、この絶対的な数値差を無視して「同じ」などと言うのはおかしいでしょ。要するに、欧州勢はある程度以上のマスを確保した上での4ドア・クーペということで、膝が前席に当たるとか、頭が天井にぶつかるとか、パッセンジャーと肩が触れるとか、そういう空間じゃないんである。

 それと、欧州勢は基本的に”贅沢車”という点ね。厳密にはアストンとVWじゃ意味合いは若干違うだろうけど、基本的にはファーストカーとして実用的に使うんじゃなくて、まあ広いのは別に持ってるから、セカンドカーとしてこういうのもいいねと。そういう人たちが買う贅沢カー。

 なんか、そういうことを考えないで「何だ、カリーナEDじゃんか」的物言いはいかがなものかと。僕はべつに欧州崇拝者じゃないけどやっぱりどうも、ね。

 それともうひとつ。当時カリーナEDは批判された、なんて書いているけど、僕の記憶じゃEDを批判したのは良心的なごく一部の評論家だけで、他の大半の評論家は”こいつは新提案だ!”なんて肯定的だったけどな。中には「やっぱりクルマは低いのがカッコいい」なんて言い切った超有名評論家もいたし。

 ま、これをVWのジェッタやオペルのアストラがやったらダメだよ、もちろん。それと、とにかく欧州車がこんなパッケージングをすること自体ケシカラン! というのであれば話は別だけどもね。

|

« Drive My Car:能登・岐阜・長野ツーリング | トップページ | クルマ散策:メルセデスの「リフレッシュカー」 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

カリーナEDですか。懐かしいですね。
何度か後席に乗せて貰いましたが、やはり『狭い!』っていう印象しかないですね。
ちなみにメルセデスCLSはディーラーでも乗ったことがありますが、見た目とは裏腹に後席も快適です。ガラス面積が小さいですが、程良い『包まれ感』がありました。正に『絶妙な』パッケージングだと思います。只、いかんせんスタイリングそのものは好きになれませんが・・・

投稿: アレスタ | 2009年3月18日 (水) 20時08分

カリーナEDに、EXIV。ひとまわり小さいので、セレス、マリノと、懐かしいです。
やはり、若かったので形はスタイリッシュに見えました。でも、中はとても狭い(特に後者)クルマだったのは間違いありません。やはり、それを輸入車のクーペ風セダンと比べるのはおかしいですね。そんな比較をしている評論家さんいるのが、びっくりです。
EDなどは、時代のあだ花的な車で、ヨーロッパ車は比較的昔から2ドアクーペでも、そこそこ使える後席も造っていたので、そのノウハウの蓄積も全く別物ではないですかね?
うちのプジョー406クーペも、外観の破綻なくしっかり後席も使えるようになってますし、そういった日本車を創れないのが、車好きに愛想つかされていると、逆に提案してほしいです。
パナメーラは特殊としても、パサ-トCCとか、シトロエンC5みたいな車が街にもうちょっと走ってたら楽しいな、と、思います。風景としても美しい物が街にあったほうが、嬉しいですし。
実用車だらけってのも、文化的にねぇ。世界一の自動車メーカーを持つ国としては。

投稿: ぷじお | 2009年3月18日 (水) 21時29分

カリーナEDで思い出したのが、4ドアピラーレスハードトップなるボディ形状。確か日産がセドリック以降長らく特許を持っていたおかげで、トヨタとしては初めてのピラーレスハードトップでしたね。低い屋根で、見るからに快適とは思えない後席とは裏腹に、そこそこスタイリッシュには思えましたね。
でも、90年代に巻き起こった安全論争で、特に側面衝突の強化でトヨタはもちろん、元祖日産もあっさりピラーレスをやめ、そのうち4ドアハードトップもなくなりましたね。
そういえば今のミニバンも、よくよく考えれば4ドアハードトップみたいにいざという時にあれば重宝する後席とリアドアの存在同様、普段どう見ても使うことのない3列シートを持っているところが似ていますね。
いずれミニバンも主流じゃなくなると言われていますが、意外と市民権を得続けていますね。

でもパナメーラって、CLSのような4ドアセダンとクーペのクロスオーバーというより、ハッチバックとクーペのクロスオーバーだと思えるのですが…それでも4ドアクーペのカテゴリーなんでしょうかね。

投稿: アクシオム | 2009年3月18日 (水) 23時42分

「これはカリーナEDだ」と言いたくなる気持ちはよ~く分かります。ずーっとずーっと「日本車のデザインは外車の○○のマネ」と言われ続けてますからね。

(ここ10年くらい、その手の批判を見なくなったような気はしていますが)

そのくせ「ルノー・クリオは第三シャレードのマネ」、「ルノー・トゥインゴはホンダ・トゥデイのマネ」…等々を正面切って指摘するメディアは「ほぼゼロ」でしたからね。鬱憤は溜まってるんですよ。

内実はともかく、カッコ(外見)はクリソツでしたからね。

まあ個人的な感覚で恐縮ですが、「パナメーラはひどく醜いクルマだ」と思ってます。単純にかっこ悪い。

これに比べたらカリーナED等の「ぺったんこ日本車」群の方がよほど格好いいですね。あくまでも「カッコだけ」でインダストリアル・デザイン的には「×」ですけど。

念押しですが「パナメーラと比べりゃまだマシだ」という話です。

投稿: 250ライダー | 2009年3月19日 (木) 10時28分

おっしゃる通りパナメーラやCLSにしても基本性能はきっちり確保してつくられているのではないかと思います。


しかし胸の内に、これらの車はベース車にスペシャリティ感をふりかけて高価に装った「どや、お洒落やろ」という匂いをふりまいている奴だとの思いが湧いてきます。


この匂いが「カリーナED臭」ではないでしょうか。


マーケット・インだかプロダクト・アウトだか分かりませんが至高を求めてきたドイツ車が市場の好みを調査して出してきた車達なのでしょう。


パナメーラを見て、これに乗っている自分っていけてるかもと思った時点で術中に嵌っている、もしくは生産者と市場との共犯関係になっているのかも。

投稿: ピオリン | 2009年3月19日 (木) 13時01分

アレスタさん

実際狭かった! CLSはたしかにエグい感じもしますが、乗っている方もちょっと・・・という印象もあったりしますね。

ぷじおさん

そうなんですね。直球で実用じゃないクルマを作るとしても、やっぱりそれなりに時間をかけて丁寧に作るということでしょうか。EDとの違いはそこかもしれませんね。

アクシオムさん

4ドアハードトップにしても、クロカン、ミニバンにしれも、皆そっちに向くという流行になってしまうのがどうも。ただ、ミニバンの場合には実用性も伴っていますから、それなりに要素は残ってゆくんでしょうね。
4ドア・クーペというカテゴリー自体があるのかどうか?ですが、ポルシェの場合ハッチバックベースというのは確かですね。

250ライダーさん

パナメーラはボディ後半が重いですね。ウエストラインでスマートさを演出してますが。そのあたりがよくない印象なのでしょうか。

ピオリンさん

カリーナED臭はぷんぷんですよ。発想は同じで、仰るようにマーケティング商品ということで。ただ、それを最終的にどうまとめるか、なんでしょうね。
しかし、そんなに鬱憤たまってるんですか・・・?

投稿: すぎもとたかよし | 2009年3月19日 (木) 16時22分

久しぶりに投稿致します。 今回のテーマはED・EXiVと欧州車のデザインについてですか。 確かにトヨタのはヒドかったですね。 友人が乗っていましたが狭苦しくて、後席はまさしくクーペ並みでした。 それと比べればメルセデスなどは、まだ空間が確保されていますよね。
で、スタイルなんですが、私は嫌いなんですね、どちらも。 トヨタの方は実質狭い。 メルセデスの方は感覚的に狭い。(適度な囲まれ感という便利な言葉も有りますけど) かといって、そうした形にする為のフィロソフィーが感じられないのです。 逆に、ただ格好だけをちょっと尖ってみました程度で、イヤラシさを感じてしまいます。。
これがパナメーラなら違います。 あれはまさしく4ドアスポーツカーで、だからこそ走りの為には…、というのが有ると私は感じます。
なんかメルセデスも、例の300万台(だったっけ?)クラブ云々以降、ちょっと変な方向に行こうとしている気がしてなりません。
他の車については、あまり良く知らないので、トヨタとメルセデスを槍玉に挙げてみました。
蛇足ですが、EXiVだったと思いますが、CMを歌っていたジュリア・フォーダムは好きでした。

投稿: 山の熊さん | 2009年3月19日 (木) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/28649938

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ポルシェ・パナメーラ:

« Drive My Car:能登・岐阜・長野ツーリング | トップページ | クルマ散策:メルセデスの「リフレッシュカー」 »