« クルマ散策:プロバイダさん訪問 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

クルマ散策:飾るより売りません?

Pao  日産の福岡ギャラリーで、同社の”情熱のクルマつくり”の表現としてヒストリックカーの展示があるらしい。まずは240Zとパオの2台とか。

 240Zはともかく、80年代後半のパオを取り上げるということで、だったら以前にマガジンXで書いた「リフレッシュカー」をやってくれないかなあ、などと考えてしまった。あ、記事をお読みいただいた方は今回は飛ばしてください・・・。

 リフレッシュカーというのは、最近人気の80、90年代のネオ・クラシックなクルマを、メーカー系ディーラーが”ほぼ”新車状態にして販売してみたら、という提案です。以前に日産がR32GT-Rで、マツダがロードスターで同じようなことをやってましたけど。

 僕の案の要は、そういうスポーツ系、走り系だけじゃなくて、フツーのお父さんが買うような車種を扱うこと。日産だったらマーチ、サニー、ローレル、トヨタならカローラやマークⅡとかね。

 いまの旧車ブームは大半がマニアが支えてるでしょ。それは入手が一般の民間販売店だとか、あるいはオークションだとか、つまりそのまま乗れる状態じゃなくて、自分で何らかの補修が必要だし、もちろん保証的なものがない。買ったはいいが、どんな状態なのかよく分からないと。でも、もしメーカー系ディーラーが徹底したリフレッシュ作業を施して、まるで新車のような状態で販売したら、マニアじゃないけど「あ、このクルマ懐かしいな」「もう1回乗ってみたいな」というような、フツーのお父さんも動きやすいんじゃないか。

 値段は当時の新車価格。こういうクルマはある程度お金に余裕のある人がセカンドカー的に購入することが多いだろうから、安かろう悪かろうじゃ却ってダメ。僕も記事を書くときに色々な意見を聞いたんだけど、印象的なのが「数十万円で中途半端な修理をするなら要らない。新車価格を出すから徹底した内容でやって欲しい」という意見。

 当時、記事はカレスト座間の中古車販売マネージャーさんに話を聞いたんだけど、メーカーのバックアップがあれば十分可能との回答だったしね。

 ま、タマ数がないから少量販売になるだろうけど、反響は大きいと思うんだけどな。今月はトラッドサニー、来月は初代セフィーロ、その翌月は初代プリメーラ発売予定・・・なんて広告を打てば期待感も高まるだろうし。

 ギャラリー展示もいいけど、どこかのメーカーさん、ディーラーさん、話題作りに是非やってみませんかねえ?

|

« クルマ散策:プロバイダさん訪問 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

>今月はトラッドサニー、来月は初代セフィーロ、その翌月は初代プリメーラ発売予定・・・

おお、数々の名車が新品同様で買えるなんてワクワクです。
リフレッシュカーのアイデア、絶対イイ!!
似たり寄ったりの現行車種を選ぶより、頭を悩ませそうです。(笑)

投稿: ぴろ | 2009年3月 6日 (金) 00時17分

旧車リフレッシュ販売に異議はありませんが、事故のときに「死にやすい」のでは? 特に80年代の車って、エアバッグもついてないし、剛性はないし。トラッドサニーなど形は好きですが、いざというときに怖いのでいまは乗りたくないです。
私の経験では、私の買った車の運転席にエアバッグがついたのが1991年、シビックでした。任意保険に「エアバッグ割引」がありました。94年に買ったビートもエアバッグ付きにしました。96年、小さな車を買おうといろいろあたってみましたが、両席エアバッグとABSのついた車が国産にない。しかたなくオペルヴィータを買いました。国産はいろいろな「飾り」はオプションでつくけど、安全に関する装備を欠いていましたね。いまでもたとえばエアウェイブなどのワゴンにパーテーションネットがない、とか。急ブレーキの場合に、車は止まっても加速度ついた荷物が後ろから襲ってきて、乗員を直撃、ってなことになりかねない、と散々指摘してはいるのですが。
懐かしさと安全の両立は、難しいというかおそらく不可能かな、と思います。
20何年かぶりに、再びバイクを買う画策をしていますが、いま26年前のVT250Fのリニューアル車を買うよりは、私は出たばっかりの新VTRを買いたい。やせて体力や筋力、金力もつけて、というのが前提ですが。やせないとね…。

投稿: 優路 | 2009年3月 6日 (金) 03時27分

今思えばカゲムシャーはその思想に近かったですね。乗っているアスカを持ち込んだ人もいたとか。
企画された方には今も良くして頂いてます。先日これを描いて頂きました。
http://987.blog.so-net.ne.jp/2008-12-01

投稿: gop | 2009年3月 6日 (金) 05時11分

リフレッシュカーですか。 日産車だとオーテックやインパルなんかでも遣っていたような気がします。(エアロパーツなんぞを着けて)
賛否は別として、面白い事を考えますね。 でも、新車に近い状態に戻して、尚且つ当時の価格と云うのは無理でしょう。 特段悪い箇所が無くても、乗り心地が甘いというか、所謂ヤレだけはどうしても残ってしまいます。 これを戻そうとすると、到底数万単位では済まなくなりますし、80年代前半の車なら、完調ではない部品を交換しようにも…。 結局フルレストアに近くなって、百万単位のupは避けられないのでは。
それよりも部品供給をなんとか出来ないものでしょうか? 日本の場合、部品の供給義務は確か10年程しかないと聴いておりますし、税務に於いてはストック=資産と見なされて不利益だとも聴いています。(保管費用を考えたら更にキツイ) 英国などではメーカーが不用になった金型等を無償(或いは極低額)で第三者に譲渡し、部品の供給の確保を図っているらしいですが、日本では前に挙げた税の関係(譲渡された金型等→資産勘定及び譲渡益)で、引き受ける第三者も居ないらしいですし、何か良いシステムがないですかね?

投稿: 山の熊さん | 2009年3月 6日 (金) 11時19分

旧車繋がりで、もう一回コメントします。 私の意見発表の場の様になって済みませんが、ご勘弁を。
昨今、車が売れないとの事で、(サブプライムローン問題を除く)理由の一つに若年層の車離れが挙げられています。 私は、今の車には自分でイジる楽しみが無くなった事が、大きな原因の一つだと考えています。
昔の車であれば、季節の変わり目や調子が不調しくなったら、キャブやニードルをかまったり、一寸した電装品なら自分で配線したりと、簡単な事なら自分で構う事が出来ました。 ですが今は、インジェクション仕様で、しかもエンジンカバーがしてあったり、エンジンルームに目一杯補機類を詰め込んで、手を入れる隙間も無い等、全て車屋任せに為らざるを得ない。 単なる移動手段の道具としてなら良いとは思いますが、趣味性には乏しい感じがします。 機械をイジる事が好きな人も居るハズ。 燃費効率や排ガスのコントロール等で、難しい部分もあるとは思いますが、GT-Rの様な全メインテナンスをプロが行う車が在って良い様に、多少素人でも手を掛けられる車も作る事をメーカーサイドは考えた方が良いのでは?と思います。 数は出ないでしょうケド。

投稿: 山の熊さん | 2009年3月 6日 (金) 13時34分

この前の、マガジンXにもあった話ですね。確かに、当時を知っていて、今の白物家電化した車に飽き飽きした人には魅力ありますね。自動車会社は絶対やりたくないでしょうけど(笑)。
日本車が性能的にもデザイン的にも89~90年代初頭に世界一(私はそう思っています)であった時のノスタルジーということもありますが、そういった後ろ向きな事ではなく、新しいものが全てその時代のベストではないと考えている人の心にも刺さる部分があるんじゃないかなぁ、なんて思います。
それでいて、中身は、剛性も含めてブラッシュアップされてたら文句なしですね。
そろそろ、日本のメーカーも過去の自分たちの商品を遺産であり、良い物は良いと考える時期ではないでしょうか?

投稿: ぷじお | 2009年3月 6日 (金) 22時36分

確かに昔のクルマを甦らせる方法としてはアリですが、最近のメーカーの対応を見ると、保証期間の過ぎた部品を確保したり、供給するのを嫌がっていますね。
あと某社では、正規ディーラーに下取りとして入庫した10年以上の旧車は、大概廃車にするとも言われています。
よほどの名車でない限り、一般的な車種での展開は望みが薄いような気がしますね。
まずは、メーカー各社がポルシェやベンツみたいに自社のミュージアムをきちんと建設して保存する体制が確立しないと、すぎもとさんの言われるようなことまではしないと思いますよ。

投稿: アクシオム | 2009年3月 7日 (土) 19時30分

ぴろさん

ご賛同ありがとうございます。もともとは自分がそういうクルマが欲しいということだったんですけどね。

優路さん

新車同様に、といっても結局は中古車ですからね。それは他の中古車と同じことです。メーカー系がそれをやっていいのか? については、希少性を売りにしたごく少量販売という位置づけで問題ないのではと考えていますが・・・。

gopさん

これからサイトにお邪魔します!

山の熊さん

逆に、新車価格内で出来る範囲という発想ですね。200万円のクルマを500万円でレストアする方もいらっしゃると思いますが、そういう次元のものではないです。
部品供給を考えて80年後半以降のクルマが現実的でしょうね。欠品のものは、この企画である程度まとまった受注が発生した場合に再検討できないか、ということです。
若者のクルマ離れについては、今月のマガジンXにも書いていますが、僕はそれ自体懐疑的なんです。

ぷじおさん

旧車がみな名車ばかりではありませんけど、なぜいま旧車ブームなのかを考える必要はあるかもしれません。この企画は単なるキッカケとしてのものですね。

アクシオムさん

トヨタ博物館みたいなレベルはなかなか難しいでしょうね。この企画は何かこう主流になるようなものではないので、できる範囲でやればいいと考えています。しかし、それでもやり方によっては反響は小さくないと思いますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年3月 8日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/28488300

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:飾るより売りません?:

« クルマ散策:プロバイダさん訪問 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »