« クルマの他:コンサート・映画・芝居の3連休 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX5月号 »

雑誌ナナメ読み:もうすぐ1000円ポッキリ

Etc   もう、今週末から高速道路の1000円ポッキリが始まる。

  もともと高すぎる料金が下がること自体はともかくとして、この施策に伴う諸問題について、ついにここまでほとんど自動車雑誌の誌面に出て来なかったのがとても残念なんである。

 たとえば天下り。ETC助成制度の財源が天下り財団の保有資産、つまり税金であること、制度自体も相変わらず別の天下り財団に丸投げなこと。その財団の役員にはETC機器開発の電機メーカーと、カード会社の役員が名を連ねており、この特需の恩恵を自身でしっかり受けていることなどなど。

 あと、意外に報道されないけれど、これはあくまで景気対策であって、2年間限定であること。ETC買わせておいて、じゃあ2年後には元の料金なの? という素朴な疑問。いや、そもそもなんでETC限定なのかとか。

 与党は道路特定財源維持は環境対策だなんて言ってたけど、そことの整合性。民主党はさらに別の話で無料化案を出しているけど、景気対策とかじゃなくて、そもそも現行料金体系はどうなんだという言及。

 はたまた高速に慣れていないドライバーの追い越し車線占有など、大幅に増えることが確実の利用者啓蒙。SAのトイレ増設などインフラ整備。従来の週末でも渋滞する路線での”自然渋滞解消策”の提言。

 天下りについては先日週刊誌で取り上げられたけど、なんで一般誌なのかと思う。この間、自動車雑誌での提言や言及はほとんどなかったし、取り上げても「1000円になったらどこに出掛けたい?」みたいなお気楽企画ばかり。インフラなどはそれぞれの立場の人たちが準備しているだろうけど、メディアで広く提言することも大きな意味があるでしょ。

 もちろん、これから時間をかけて考えることもあると思うけど、いまこそ書くべきということも少なくない筈。臨時措置とはいえ、これまでに語る時間は十分あったわけだし。当然評論家諸氏だって色々考えているんだろうけど、なんでそれが表に出て来ないのか?

 先日、あるラジオ番組のインタビューに答えていた評論家氏がいたけど、もっと能動的な活動としてということで。それは誌面に出すことができないのか、あるいは出す必要がないと考えているのか。どっちにしてもいかがなものかと思うんだけど。 

|

« クルマの他:コンサート・映画・芝居の3連休 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX5月号 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

ほんとETCについては腹の立つことばかりです。そもそもなぜ、高速の利用者に料金以外の負担を強いるのか、意味が分かりません。最近値下がりしたとはいえ、初めは何万円もかかったわけじゃないですか。海外ではもっと簡便なシステムだってあると聞きます。わざと大袈裟にして、関連団体や企業が利益を得るようにしているとしか思えません。
助成金にしても、値下げを2年間するなら助成も2年つづけるべき。助成実施期間を明言しないことが混乱に拍車をかけていますし、早くETCを取り付けないと損するぞと、脅されているような気分になり、極めて不快です。

そしてこれらの問題が、大手マスコミでは殆ど取り上げられないのが不思議。同様に不透明で問題の多い地デジについても、報道があまり見られませんし、長期的な視野を欠き、小手先のバラマキ景気対策に終始する政策への無批判ぶりとか、一体どうなっているのでしょう。麻生の漢字が読めないのがどうしたとか、そんなのどうでもいいっつうの!

投稿: yad | 2009年3月25日 (水) 12時18分

税金を使えばなにがしらかの天下り団体が関係するように出来ている。
しかし
考えてみれば民間団体が関係をすればそれもまた利権だの収賄だのと問題が大きいようにも思える。
そういうことを抜きにこの制度をでは
結構毛だらけの経済効果が有りそうだといろいろな雑誌が報道をしているのだが、
麻生政権に得点などくれてやるものかのマスゴミは絶対に報道をしないというのも、
これもどうかしている。

私は
もの凄い高所恐怖症なので、しかもそれが進んでいる現在、
高架橋などに乗ったら腰が抜けて走れなくなるのだ。
だから ETCなどというものは必要が無い。
まっすぐな延々と続く狸ご用達の農道を走るのだ。
これも税金で作ったのだぁ(^^♪

投稿: 佐衛門 | 2009年3月25日 (水) 14時38分

結局は、マスコミも評論家も関係団体からの『圧力』が怖いだけなのでしょう。
きっとそれなりに思ってることはあるでしょうけどね。
ホント、自動車雑誌の『お気楽さ』には参ってしまいます・・・

投稿: アレスタ | 2009年3月25日 (水) 21時15分

すぎもとさんの言われる通りですよね。 第一、ETC自体に問題が在ります。 外国でも有料道路は有りますが、私の知る限りあんな複雑システムにはなってない様です。 日本のシステムはまるで、八百屋が釣り銭の計算に、わざわざパソコンを使って居るようなもので、そうしないと天下り役人や既得権益者に旨味が無いからだと思っています。
今回の1000円政策にも疑問符が付きます。 まず何故祝休日だけなのか。 平日休みの人や業種は幾らでも有ります。 まあ、政治家や役人は都合イイでしょうが。 観光産業にも言及していましたが(実は私の所は観光地なんです)、土曜等は存外お客さんが在るんです。 少なくて困っているのは平日なんですよ。
次にETCのみで現金は対象にならない事。 これは装着率を上げて手数料収入を増やす為としか思えません。 人件費云々が理由なら、現在の状況から云えば、緊急のセーフティネットとして臨時に増やしても良い位ではないでしょうか。
更に、車種等により不公平がでる事。 ワゴンを仕事で使っていたり、バンを自家用に使っている場合はどうなるのでしょうか?
まだまだ有ります(分社民営化等)が、次の機会にします。

投稿: 山の熊さん | 2009年3月26日 (木) 09時53分

皆さん、熱いですね!私が思ってることは、すぎもとさんを始め、皆さんに語り尽くされています。
ETCの利権しかり、1000円になるのは良いけど、差額分の補填はしっかり税金からする訳で、ETC無し、高速乗らずの私には、お金は知らないうちに知らない人に使われる訳で、全く面白くないですね。(怒)
雑誌もですが、NHKもメリットや、「こんなに世間は騒いでますよ~」的なニュースだけでなく、デメリットの部分も報道しない姿勢には腹が立ちます。

大体、こんな事で景気が良くなる程度の世界情勢ではないですし、自動車に経済の多くを頼ってきた国なら、ハイブリッドや、電気自動車なんて言ってないで、もう、一歩、更に次の代替エネルギー開発とか省エネシステムの開発など未来が明るくなるような事に、官民一体で(利権はいけませんが)進んだ方が良いような気がします。
他の国もやっている事を(太陽光・風力発電で電気を作る)やっても日本は生き残れないでしょう。

投稿: ぷじお | 2009年3月26日 (木) 21時14分

yadさん

いまやテレビ報道が世の中を動かしているのは間違いないのですが、そのテレビが酷すぎますね。いまも小沢代表は辞任するとかしないとか、なんでそういう表面的な問題にしちゃうのか。

佐衛門さん

天下り団体は「民間」活力導入が建前ですから面倒くさいです。全然民間じゃないんですけど。

アレスタさん

それなりに考えていることはあっても、それは書かない(書けない)。それはそれでストレスがあるんでしょうけど、読者側からは「ぬるま湯」ですからね、やっぱり。一体誰のためにペンを使うのか?

山の熊さん

あまりに高機能なので、他への利用も考えているようですね。そもそも、全ドライバーへ購入を促すような公共物に数万円を支払わせるなんてバカなことがあっていい筈がない。それで値下げしますっていうんだから、消費税UP前提の給付金と同じですね。

ぷじおさん

仰るとおり、この程度の施策で景気が回復するなら苦労しませんね。そんなにお金使って欲しいなら、住居、教育、年金で大金を使わない国にしなくちゃ無理でしょう。若い世代が貯金に走るのも仕方ないです。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年3月26日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/28773887

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:もうすぐ1000円ポッキリ:

« クルマの他:コンサート・映画・芝居の3連休 | トップページ | 雑誌記事:マガジンX5月号 »