« Drive My Car:12ヶ月点検完了 | トップページ | 新車心象風景:トヨタIQとヴィッツ仕様追加 »

新車心象風景:ホンダ・インサイト

Insight  インサイトが示したのは、一口にハイブリッドと言っても、作り方には結構幅があるんだよということだと思う。比較的小さなエンジンを中心にすれば、180万円台も可能だと。

 このスタイルをプリウスのコピーと見るかCR-Xの子孫と見るかはともかく、僕はインサイト、いいんじゃないかと思う。いや、ひょろ長いボディとか、後席頭上に厳しいパッケージングとかじゃなく、存在として。

 それよりも、このインサイトでもって、何となく世の中がやっぱりこれからはハイブリッド、もしくはEVだよねー、という風潮になっているのがどうも気になるんである。ま、TVのニュースを疑わない視聴者はともかく、自動車雑誌までというのがどうもね。

 分かりやすいところではクリーンディーゼル。ホンダは当面市場導入見合わせだし、トヨタはいすゞとの開発を凍結したみたいだし。欧州でも軽油高騰で販売比率が下がっているみたいだけど、新車へのバリエーションは減らしてないよね。メルセデスは引き続き日本導入に注力するらしいし。でも、もうディーゼルの負けって話でしょ、雑誌では。

 ディーゼルは燃費のよさとそれに伴うCO2の少なさだけじゃなくて、高トルクのドライバビリティが魅力でしょう。ガソリン車との価格差がどうのこうのって記事が多いけど、そういうことじゃなくて。もちろん、ディーゼル・ハイブリッドの可能性もあるしね。

 あと、既存技術でのリッター30キロって可能性はどうなってるのかなと。たとえば、仮に軽自動車に900~1000㏄のエンジンを載せてそういう数字が出る可能性があるなら、規格がどうのこうの言ってる場合じゃないでしょ。もしホントに国やメーカーがエコだ環境だと本気でやってるなら。

 EVは、北米ショーで新興会社が色々出して結構TVでも取り上げられたけど、僕はちょっと懐疑的かな。もちろん、走行距離やインフラ面での実用性もあるけれど、ゼロ・エミッションという次元の話になるのなら、やっぱり電力供給の話に突っ込まなくちゃと思うので。

 だって、CMではデン子ちゃんが「電気を大切に」って言ってるけど、電気自動車が街中で走るためにはそういうわけに行かないでしょ。もう原発バンバン推進するのか、あるいは太陽光発電とかに真面目に予算出すとか、その辺ハッキリさせないとね。

 しっかり現実的な価格で登場したインサイトは面白いと思うし、是非売れればいいと思うけど、だからもうこれからはハイブリッドとEVしかない! という流れはイヤだなあと僕は思う。

|

« Drive My Car:12ヶ月点検完了 | トップページ | 新車心象風景:トヨタIQとヴィッツ仕様追加 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

近未来の車って言うと、
ハイブリッドやら電気自動車ではなく、
マッドマックスなんだよね。
ブリブリのV-8をスーパーチャージャーでぶん回して、
ガソリン探して走り回るっての。
しかし
フジツボだの、NISMOだのって後付マフラーでブゥブゥ演ってる連中、
電気自動車になったら、車内オーディオでブゥブゥ演るんでしょうかね。
マァ哀しいかな
それも有りでは有ります。

車を楽しむって言う事の中に、
音って大きな位置を占めると思うのです。
出来たら
マッドマックス的な近未来世界が楽しそうなんだがネェ。

投稿: 佐衛門 | 2009年2月11日 (水) 18時01分

インサイトのスタイルですが、私はCR-Xの斬新さがハイブリッドにピッタリだとトヨタがパクり、今度はホンダがパクリ返したと思っています。 あのスタイルはスポーツ系の車にこそ合うと思う。 だからあのスタイルを評価しません。(だからプリウスも×です) まあ、私の住む所での実効燃費は、さほど良くない(エンジンがほぼ回りぱなしになる)ので、私には興味が有りませんが。
ところで杉本さんはEVにやや否定的の様ですね。 都市部のコミュータービークルとしてはうってつけだと思うのですが。 確かに発電に伴うCo2の問題は有りますが、それでも今の時点でガソリン車と電気自動車の距離当たりのCo2排出量はあまり差が無いと聞いております。 それに何かと問題がある原子力発電ですが、定格運転しか出来ない為に、消費量の少ない夜間には発電した電気を捨てている(だから深夜電気料が安い)くらいですから、多少拙速気味でも良いと思っています。
ディーゼルですが、色々と問題は有りますが燃料効率は良いですし、もっと開発して欲しいですね。 石原都知事が粉塵を問題視していましたが、あれは日本の軽油の質が欧州より悪い事もあると聞いております。

投稿: 山の熊さん | 2009年2月11日 (水) 22時08分

本気でエコを考えるなら、国が主導で強引な政策が必要でしょうね。
インフラ整備もそうでしょうし、都心部での運転制限(北京でやってたような、ナンバーで規制するもの)など、やれることは沢山あると思うんですけどね。

投稿: アレスタ | 2009年2月11日 (水) 22時36分

>山の熊さん

日本は既に軽油はもとよりガソリンまで
質としては世界最高水準です。
http://www.paj.gr.jp/eco/sulphur_free/index.html

投稿: 佐衛門 | 2009年2月12日 (木) 14時35分

佐衛門さん

音ですか。
EVは基本的に無音ですから、今度は「走行音」を意図的に出すようなシステムができるんじゃないでしょうか? ガソリン風とかディーゼル風とか、12気筒風とか。

山の熊さん

EVに否定的ということではなく、今後すぐにメインになるものじゃないだろうと。仰るように都市部のコミューターとしてはともかく、それ以外はまだ現実的ではないです。
発電所は止めるわけに行きませんが、普及前提ならEVの充電を夜間限定というワケにも行かないでしょうね。
CO2排出による温暖化はそれ自体に疑問の声が上がってますので、僕自身はちょっと冷静な判断はできないのですが、でも環境だエコだ低炭素社会だと合唱するなら、じゃあ発電まで考えなきゃダメじゃん、ということですね。
ちなみにホンダは来月のジュネーブショーで新型ディーゼルを出すらしいですね・・・。

アレスタさん

温暖化は原発推進のための方便・・・という話の真意はともかく、三洋やシャープという優れたメーカーを擁しながら、何で日本は太陽光にこんなに消極的なの? という単純な疑問はありますね。風力は色々な影響が言われてますが、やっぱり積極的ではないですしね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年2月12日 (木) 21時03分

佐衛門さんへ
確かに今現在の硫黄分の基準は10PPM以下と厳しくなっていますが、それはここ1~2年の話しで、石原都知事の発言時は確か500PPM以下と先進国の中では緩い方だったと思います。 もし違っていましたら御訂正下さい。
硫黄分が多いと、触媒を着けても上手く働かず、また直ぐに傷むと聞き及んでいます。
私は、都知事が“何故あの様な煤煙が出るのか?”という洞察もせず(当時の欧州等での状況を調べれば解ったはず)、ただ単にディーゼル=悪といった短絡的発想で、ディーゼル車の発展を妨げた事が残念でならないのです。

投稿: 山の熊さん | 2009年2月13日 (金) 08時32分

電気モーターで駆動する車において、この期に及んでそれにのみ人為的に「走行音」をプラスするぐらいなら、
内燃機関エンジンの車が過去からここまで「静音」の為にかけたコストをすべて消費者に返して欲しいと思います。
少なくともこの問題を論ずる人たちには、現代の、街中、特に徐行プラスアルファ程度で走るエリアでの、ガソリン/ディーゼル車の音を、「外から」実際に聞いたことあるのかとお尋ねしたいものです。
もはや十分静かだと言える域に達していると思いますよ。

レクサスなんか、実際そうでしょ?

むしろタイヤノイズの方が大きいぐらい。
もちろん改造車やトラックの類、年式の古い車は別にして。
ある程度の音を出せば安全で安心、とかそんな幼稚で後ろ向きなことではなく、
デバイスを問わず、ここまで静かにすることができた車を有効に使って、
「車というものは音を出さずに歩行者のすぐ後ろに迫っているかもしれない」
ということを運転者と周りが共に認識する、そういうレベルから交通の秩序を構築し直すべき時期に来てるんじゃないかと思いますけどね。

投稿: むー | 2009年2月14日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/27892824

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・インサイト:

« Drive My Car:12ヶ月点検完了 | トップページ | 新車心象風景:トヨタIQとヴィッツ仕様追加 »