« 新車心象風景:ホンダ・インサイト | トップページ | 雑誌ナナメ読み:もう批評の時代じゃない? »

新車心象風景:トヨタIQとヴィッツ仕様追加

Iqcolor  トヨタのバリエーション追加がふたつ。いいなあと思ったのと、そうでないの。

 まず、よかったのがIQのカラー追加。コンパクトカー、とくにヨーロピアンなボディにはポップな色が合う例が多いけど、IQはプレミアムを指向してか、妙に渋い色ばっかりでパッとしてなかったでしょ。

 今回のイエローとブルーは、その点明るくてとても気持ちいいんである。ブルーはメタリックが入っているけど、彩度が高くていいし。4代目コルサ・カローラⅡもパステルカラーが似合っていたけど、あれを思い出すなあ。ま、もしかしたら単にデビューに間に合わなかっただけなのかもしれないけど、こっち方面でもう少しバリエーション増やしてもいいんじゃないかな。

Vitz  で、イケナイのがヴィッツの特別仕様である「シャンブル ア パリ コレクション」

 女性が憧れる”パリの小部屋”を想定し、何と1万人の女性を対象にリサーチしたっていうからスゴイ。・・・んだけれど、1万人に聞いた結果がコレとは。

 インパネのちょっとゴールドな加飾に加え、見せ場はターコイズやストライプの着せ替えシート。まあ、たしかにブルー系のコーディネイトにはなってるけど、とにかく安っぽい。なんかこう、改装したファミレスを連想させちゃう。

 そもそも着せ替えって要はシートカバーでしょ。しかも3パターンだけ。1万人にリサーチするようなことするんだったら、もう100種類くらいの生地見本を作ってオーダー制にすればいいのに。もちろん、ちゃんと張り合わせでさ。ホントはインパネや天井の色もコーディネイトしたいよね。

 ボディ色も少ないし、ホイールキャップは1種類。これって多少のセンスの違いはあるにせよ、70、80年代のelleseだのparcoだのと基本的に同じレベルの発想なのが寂しい。トヨタの女性チームはこの程度のセンスなの?

 たとえば先代キューブがコンランとのコラボをやったけど、あれなんかと比べると「デザイン」に対する意識や認識がまったく違うでしょう。いや、それ以前に内外装ともマーチのカタログカラーの方がよっぽどセンスいいもんなあ。

 前にも書いたことがあるけど、トヨタはカラー・テキスタイルのセンスがどうしても弱いんだよなあ。日産があそこまでできるのに、一体何でなんだろう?

|

« 新車心象風景:ホンダ・インサイト | トップページ | 雑誌ナナメ読み:もう批評の時代じゃない? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

IQとヴィッツですか。
IQの方は仮想ライバルのスマートに比べ割り切りが無く、極めて剣呑に仕上がっているので、いくら魅力的なカラーを追加したとしても、「アッ、そう。」という感じですね。 私には。
ヴィッツは新グレード追加ですか? だとしたら、またお得意の公取委勧告ギリギリの“NEWヴィッツ誕生!”とかやるんですかね。 トヨタの事ですから。

投稿: 山の熊さん | 2009年2月17日 (火) 13時38分

日産のカラーリングは、系統的に行っていて、ぞれぞれのカテゴリーにおいて戦略を感じますね。
オートカラーアワードで毎年受賞しているのもうなずけます。
クルマのキャラクターに合わせた開発をしているし、特別色による商品企画もあるし、なかなかだと思います。
それに生産工場が、高級車・スポーツカーなら栃木、D&Cプラットフォームなら九州、Bセグメントのコンパクトカーなら追浜&日産車体とカテゴリーごとに分かれているので、使用する塗装色の配置も効率的に行えるのでしょう。
その点トヨタは、様々な工場で、大小混合で生産しているせいか、カラーリングに系統性がなく、あるもので塗装する、なければ新色をつくって当てるはめるみたいなところがありますね。レクサスでも10色以上設定はあるけど、本当に魅力的な色ってないですね。
日産の場合は、カラーリングのセクションにガイヤの夜明けに紹介された方や、新型Z34に活躍されている有名な女性スタッフがいるのも強みなんでしょうね。
日産のデザインってなだかんだ言われていますが、こと色に関しては他社を圧倒していると思いますね。

投稿: アクシオム | 2009年2月19日 (木) 16時39分

こんな新色や、新グレードが出ているの知りませんでした。
ヴィッツは、なんとなく、貧乏臭い感じですね、センスのない人が考えたヨーロッパ風っていうか。今や、輸入車も当たり前のようにあるので、ちょっと、何々風(調)というのはかえって恥ずかしいですね。トヨタは昔からお得意ですが…
iQは、色はこういうのもアリではないでしょうか、最初からこういう路線を打ち出したほうが一般の人には解りやすかったかも。
でも、この車、実車を見ると既視感がものすごくあって存在感がまるで無いんですよね。
新型車のオーラが全くない。
何かに似てるなーと考えたら、後姿がパッソにそっくりじゃないですか?
大きさも似てるし、クルマに興味が無い人は区別がつかないんじゃないかなぁ。
残念なクルマです。

投稿: ぷじお | 2009年2月25日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/28059558

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタIQとヴィッツ仕様追加:

« 新車心象風景:ホンダ・インサイト | トップページ | 雑誌ナナメ読み:もう批評の時代じゃない? »