« クルマの他:年末年始が落ち着きました | トップページ | クルマ散策:東京モーターショーが危ない? »

新車心象風景:トヨタ・パッソセッテ

Passo  「ハツラツと行動するママの応援」

 これはパッソセッテの開発コンセプト。いや、冗談じゃなくて。

  「ママの応援」でクルマ1台作っちゃうのってすごい話だけど、百歩譲ってそれがアリでも、じゃあママってどこの誰よってことがまずひとつ。

 女性にうれしいとされるのは、簡単シートアレンジに豊富な収納、赤外線カットガラスに花粉除去エアコン。バックモニターや連動のドアミラーなんだそう。でも、この手の装備は従来のミニバンでもほとんど網羅してるし、女性に・・・ということで性差を設けるなら、こういう内容でホントいいのと思う? こういうことで喜んじゃうわけ、いまどきの女性は?

 あと5ナンバーサイズのワンモーションフォルムだ! というエクステリアだけど、それって初代ウィッシュと何か違うのかな。それに、くどいようだけどママはこういうカタチが好きなの? 僕は、怪しい中国メーカーが作った下手な日本車のコピー商品かと思った。インテリアも含めて、なんて言うか、創造性を放棄してるでしょ、これ。

 まあね、大成功のパッソ(ブーン)に乗っていた独身女性が結婚したらそのままこちらへどうゾ、という気持ちは分かる。名前も引き継いでるし、何だかつかみどころがないけど嫌味もない内外装もそっくりだし。だけど、ホントに作っちゃうかなあ、そういう次元で。

 僕は男だから関係ないのかもしれないけど、こんなので「はい、ママさんどうぞ」「はい、女性にやさしいでしょ」なーんてこと言われて当の女性はいいのかねえ? 何だかバカにされてると思わないのかな。私たちはこんな趣味してないわヨ、適当なこと言わないでヨって。 あーいや、トマトの絵が付いたパッソでOKだからいいってことか・・・。

 「未曾有」「100年に一度」という経済恐慌とは別に、国内販売の不振もある。その打開策のひとつとウワサされた富士重とのスポーツカー開発は凍結したけれど、そこに出てきたのは既存車をベースにした何と140万円台の3列シートミニバンだ。そりゃあ、秋にはもう出来てましたからってことなんだろうけど、こういうクルマが国内販売復活の使者になるってことなのか?

|

« クルマの他:年末年始が落ち着きました | トップページ | クルマ散策:東京モーターショーが危ない? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

> 僕は、怪しい中国メーカーが作った
> 下手な日本車のコピー商品かと思った。

全くの同感です。
「ああ、やっぱりそう感じるんだ!」と。

しかし、パッソが売れた国ですから、
パッソを買う消費者の国ですから、
売れるんですよ、きっと・・・

投稿: 250ライダー | 2009年1月 7日 (水) 10時17分

開発コンセプトは後付けじゃあないんですか。 従来の女性仕様車と何等変わらない内容でしょう。 女性は運転が下手とは言いませんが、見切りの良さや、縦列駐車し易いコンパクトボディーこそ必要だと思います。 三列シート? 多産系の人なら解るけど。
シートにしても、ママ応援を謳うならアレンジ云々ではなく、チャイルドシート内蔵(以前ボルボに在った気がする)とか、簡単かつ確実に取り付け出来る機構を付ける事の方が重要でしょう。
でも、案外売れるかもしれないな~。 トヨタって意味の無い、見てくれだけの装備や格好で売ってきた車が多いから。 お陰で、同じ様なコンセプトで作られた真面目な車がどれだけ駆逐された事か。 そんな車を買う、我々も同罪だけど。

投稿: 山の熊さん | 2009年1月 7日 (水) 19時45分

仕上がりのレベルが中国車って、逆に中国に対して失礼にあたるレベルかもしれませんね。
トヨタはなんだかんだ言われても、販売力で売りますから…心配ご無用!
もうこうなるとクルマの商品力うんぬんじゃない!
このようなクルマを出す余裕があっても、非正規雇用者の削減はします。そこは抜かりがありませんと…

それにしてもトヨタという会社は、役員報酬もビッグ3なんかよりも低いし、従業員の給料だって日本一ではない。いったい誰のための日本一、世界一儲ける企業なのか。人が潤わなくて、会社だけが妙に儲けて何をするのか、さっぱりわかりませんね。

投稿: アクシオム | 2009年1月 8日 (木) 22時10分

ウチの嫁はメーカーの意に反してクーペやセダンが好きです(笑
しかし日本車では手頃なものがなかったので、結局輸入車にしました。
女性に限らず、「決めつけ」られてしまうのは非常に嫌なものです。
逆に反抗心を煽るだけではないでしょうか?
この車を企画した意図もよく分かりませんが、久しぶりに車名が読みにくい車種が誕生しましたね。

投稿: アレスタ | 2009年1月 9日 (金) 08時26分

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。ステキな年末年始をすごされた様で羨ましいです。

今年、一発目はこれですか。コマーシャルを最初に見た時、どこのメーカーなのか、どんな車なのか全く印象に残らないスバラシイ車だなぁと思ったら、パッソベースのミニミニバンでした。

これだけキャラクター薄い車を出してしまうのもまた、トヨタらしいと言うかなんと言うか...
すぎもとさんが言う通りのコンセプトがこの車の特徴だと言うなら、世の女性に限らず、やはり、トヨタは日本人をなめているとしか思えないです。
どんな車でも、買うにはそれなりのお金を払う訳ですし、何年も付き合うわけです。こういう車を世に出すことが、益々車に興味をなくならせていくと言う事にまだ気が付かないのですかね。
かつて、トヨタ系の関連会社に在籍していましたが、トヨタの車には命を預けるわけにはいかないと、思わせる企業の体質は、更に加速しているような気がします。
世界一ってなんなんでしょう?

投稿: ぷじお | 2009年1月 9日 (金) 22時47分

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年も快活な意見を期待しています。

このクルマ…CMも見ましたが、トヨタによる、職業蔑視ではないでしょうか。ママ業という職業が成立するのかは判りませんが。
ママの為のと謳えば企画が成立するならばあまりにも安易過ぎると思います。
CMにしても、7人ぎっちり乗り込んでニコニコしている姿なんて、現実には有り得ないと思うのですが。

この大きさの7人乗りの3列目って事故にあった場合安全なのでしょうか?

投稿: gilles | 2009年1月10日 (土) 10時34分

250ライダーさん

僕こそ、同じ考えの方がいらしたんだ!
とおもいました。やっぱりそうですよね。

山の熊さん

そうなんです。女性仕様を謳うなら、も
ういい加減に「お気軽使い勝手」レベルは
卒業して欲しいです。案外・・・というか
ホントに売れるんでしょうね、少なくとも
トヨタ版は。

アクシオムさん

会社自体が好きなんじゃないですか。世界
一の経営者になって経済の形を変えてやろ
うとか、クルマが作りたくて仕方がないと
か、じゃなくて。だから現状維持が一番。

アレスタさん

怒って欲しいですね。いや、女性評論家も
いるんですからここはひとつ頑張って欲し
いです。ここで怒らないと、彼女たちの存
在意義も薄れるでしょうし。

ぷじおさん

ユニクロのフリースって言ったらユニクロ
が怒りますかね? しかし無印良品って感
じでもないし。これで50万円だったらある
意味いいのかも? ですね。

gillesさん

職業蔑視であり、女性蔑視だと思います。
昔、キティちゃんとか、エッセとかの女性
仕様がありましたけど、基本的にまったく
同じレベルですよね。社内に女性も一杯い
るでしょうに・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年1月11日 (日) 09時26分

突貫工事で造ったフリード対抗車、なんでしょうか。女性向けは後付けというか、顔を決める時点でそういうことにしてしまったのでしょう。技術的にはどうあれ、商品として造っちゃった以上、あとは「売るだけ」。「後出し」の典型が、21世紀になっても株価が暴落しても繰り返されている。自動車業界も本当に根本的にチェンジしなければならない時機なのに。

投稿: 優路 | 2009年1月17日 (土) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/26833671

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・パッソセッテ:

« クルマの他:年末年始が落ち着きました | トップページ | クルマ散策:東京モーターショーが危ない? »