« 新車心象風景:トヨタ・パッソセッテ | トップページ | クルマ散策:新旧プリウス併売 »

クルマ散策:東京モーターショーが危ない?

Mortor_show2009   今年の東京モーターショー開催に危険信号が、というニュースが流れている。

 理由はGMとクライスラーが現時点で登録していないということで、どうやら他にも未登録のメーカーがあるらしい。で、このニュース、僕はふたつの点でどうかなあと感じているんである。

 まず、GMとクライスラーの未登録については誰も疑問を持たないんじゃないかな。自国のショーですら満足にコンセプトカーを出せない状況だしね。それより、じゃあビッグ3が出展していた前回までは、たとえばGMやクライスラーのブースがショーを引っ張るようなことになっていたかっていうと、そんなことなかったんじゃなかったっけ?

 もちろん僕は毎回足を運ぶけど、そもそも外国車ブース全体がそれほど盛況じゃないし、中でもビッグ3、つまりアメリカ車のブースは寂しいことになっていたでしょ。それをいまさら「GMとクライスラーが!」なんて言っても、正直ピンと来ないんである。他にも未登録メーカーがっていうことだけど、前回もFIATが参加していなかったしね。そりゃあ、こんなに外国車市場が小さい国なんだから、どうせアジア地域だったら中国に出したいでしょ、向こうは。

 いやいや、出展が少ないとブース代が・・・ということなら、別にビッグサイトでもいいんじゃないかな。

 あとね、そもそも東京ショーって国産メーカーは何だか現実味のない妙チクリンなコンセプトカーばっかり出していたし、自動車先進国のクセして満足に説明もできないコンパニオンで”カメラ小僧”動員を狙うみたいなことやってるでしょ。欧米のショーじゃやらないのに。 このまま行けば、今年のコンパニオンはメイドルックか?なんてノリだしね、実際。

 入場者数に翳りが見えてもそんなノリで何年もやって来て、もうとっくに衰退は見えていたんである。何もいまさらGM・クライスラーって話じゃない。って言うか、そっちに話をすり替えるのはいかがなものかと。

 東京ショーが国際的に重要なイベントなんだと言いたいなら、主催の自動車関連団体と行政は協力して外国車市場の活性策を考えるべきなんじゃないのかな? 円が高くても安くても、何でこんなに外国車って高価なのってこともあるけど、2年に1回のショーへ「招待」くらいしたっていいんだし。

 そんな国産車市場を脅かすようなマネなんかできるかとか、価格競争力がないんだから仕方がない、日本車の方が優れてるんだって言うんだったら、まあ話は戻って東京ショーは縮小でいいよね。

 あ、コンパニオンは東京の名物なんだってことなら、もうやっぱりオートサロンに統合でもいいんじゃない? あのアバルトもこっちに出品したくらいだし・・・。

|

« 新車心象風景:トヨタ・パッソセッテ | トップページ | クルマ散策:新旧プリウス併売 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

すぎもとさんに同感です。 今更BIG3云々はスケープゴートの以外の何物でも無いでしょう。 それに主催者側が儲け主義に走って居るのではないかといった気がして為りません。 確かに会場費は掛かるでしょうが、出展者からはブース代を取っておいて、更にあの高い入場料ですか? 本当に自動車業界の活性化を目的とするのなら、入場料は数百円単位に抑える位にしないと。 まあ私は、日本のモーターショウに行ったことは無いですけど(田舎から行くのは遠いし、第一人混みを見に行く様なモノなので←TVを観た限りの感想。)
メーカーもドンガラだけのコンセプトカーを出すのでは無く、一押しの技術的コンセプトを1~2つ提示する位で良いんではないでしょうか? 後は市販車を並べて開発担当者を配置し、来場者の質問や要望を聞く方が余程「お客様の声」を反映した車が出来ると思います。 アッ、下手な開発者だと鵺(ヌエ)みたいな車が出来かねないか。
コンパニオンについては何とも言えないですね。 イギリスでは自分の車に女性のペットネームを付けたりと、外国でも車=女性と云った面が少なからず有りますから。 言って置きますが、私はコンパニオンに興味有りませんよ。
ところで、昔

投稿: 山の熊さん | 2009年1月16日 (金) 12時20分

バブル最高期の1988年、当時中学生だった私はそのモーターショーに心を奪われましたね。
そこには「夢」や「憧れ」「華」がありました。
コンパニオンも今のように車より目立つような下品な感じでは無かったですし。
自動車メーカーの衰退と共に、モーターショーも品が無くなりましたね。

投稿: アレスタ | 2009年1月16日 (金) 22時32分

流石に、2年置きだと早いですね。
そのせいか、技術的なトピックも最近は少なく、日本車に至ってはデザインスタディモデルも陳腐な気持ちの悪い、市販化など到底できないものばかりで、何のためにやっているのか理解できませんね。
ホントに、オートショウと、一緒にでもやった方が面白いかも、ですね。

私は、商用車、部品メーカーの方のが好きです(笑)。

それにしても、日本車の技術的な進歩がハイブリッドや電気自動車(燃料電池は無理ですよね)等から、10年くらい進歩が無いのが不安です。
ワーゲンのTSIの技術も日本もやればできたでしょうし、アメリカも国を挙げて何かに取り組むときは侮れません。
おおっと驚く技術を見せてもらいたいです。

ハイブリッドの成功体験に縛られているとマズイ気がします。

投稿: ぷじお | 2009年1月16日 (金) 23時14分

コメントが尻切れトンボに成っちゃいました。 気持ち悪いので、続きを入れておきます。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
ところで、昔、日産のミスフェアレディなんかは、かなり厳しく叩き込まれて、並の日産社員よりも遥かに説明が上手かったって聞いた事が在るんですけど、今はどうなんでしょうか。(と云うより、今もミスフェアレディって居るのかな?)
ところで聞いた話では、モーターショウのコンパニオンは、数在るイベントコンパニオンの中でもヒラエルキーとやらが高いそうですね。 だからコンパニオン目当ての来場者も増えると。 だったら、各ディーラーの女子社員から見映えの良い人を選んで、コンパニオン代わりにしたらどうなんでしょうか?(勿論スーツ姿で、水着みたいなのはダメ) そうすれば、ショウが終わっても今度は各ディーラーに人が集まり、ついでに販売台数も増えると…。 安易な考えでしょうか?
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
調子こいて、付け足してしまいました。

投稿: 山の熊さん | 2009年1月17日 (土) 02時22分

>山の熊さん様へ
現在ミスフェアレディは、日産PRスペシャリストと名称変更となり、調べると実は日産の社員ではなく、日産と広告代理店の契約をしている博報堂の契約社員の形になっていました。

東京モーターショウですが、コンセプトカーの陳列は、せいぜい市販前提のクルマだけにしたほうがいいかもしれません。
確かに将来に向けた各社の技術提案は大切ですが、今の世の中、中長期的な展望をコンセプトカーで示したところで、昨今の金融不況みたいなことが起こればどんどん情勢は変わってしまうんだし、無理がありますね。
コンパニオンの配置はまぁお任せしますが、もし商品の説明をもっと真剣にやるのであれば、日産の高級車のCMのように、現代の名工みたいなちょっと有名な開発スタッフを呼んできて、CMと連動させながらショウ会場でトークショウみたいな形でやってみたらどうでしょうか?
東京モーターショウはもう少し、商品を積極的にアピールするビジネスライクなものでも構わないと思いますが。
東京オートサロンと一緒になるのはどうかと思いますが、このままお祭り騒ぎばかりやって、クルマの商品、あるいは作品としての魅力を訴求しないとお客さんも離れていくし、クルマ業界に携わる人も少なくなることでしょう。
これだけ非正規雇用者の削減で、悲惨な業界なのに、その業界のショウが真剣にならなくてどうするだといいたいです。
まぁGM・フォードは日本市場でそれほど販売も見込めないでしょうから、出なくても僕は構わないと思いますが…

投稿: アクシオム | 2009年1月17日 (土) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/27171118

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:東京モーターショーが危ない?:

« 新車心象風景:トヨタ・パッソセッテ | トップページ | クルマ散策:新旧プリウス併売 »