« クルマ散策:100年に一度の危機とは? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX3月号 »

クルマ散策:バッテリー交換雑感

Caos 「水抜き剤入ってませんね」で有名なガソリンスタンドの売り込みだけど、今回はバッテリーで、「フル発電が10だとしたら、もう1になってますよ」と来た。

 いや、インジケーターはまだ緑だし、1はなだろう、イチは。と、思ったんだけど、念のため行きつけのカー用品店でチェックしてもらったら、「まあ70%くらいですねえ」とのこと。

 やっぱり1じゃなかったけど、ただ、メンテナンスフリータイプに付いている警告インジケーターが”安全”の緑でも、実際には安心できないと用品店のお兄さんも仰る。最近のこの手の商品は直前まで何でもなくても、いきなり「突然死」するのが特徴なんだそう。じゃあ意味ないよなあ、インジケーター。

 いま使っているのはボッシュの国産車用バッテリーで、ジェミニにとってはかなり贅沢なやつ。最近、そのボッシュが限定生産でさらに高品質のものを出したというので、この際交換しようかなあと先のお兄さんに相談。

 すると、最近ボッシュを抑えて人気なのがパナソニックの新製品だそうで、彼もオススメとのこと。何でも内部構造はもとより、端子の品質がよくて安定した電圧が得られるとか。

 ホントかいなと思って同社のサイトを見ると、何とも懐かしい感じの記事が。安定した電圧供給により、カーオーディオの音質が良くなるというもので、たくさんのユーザーさんが試聴室のようなところで聴き比べをしているんである。

 あー、懐かしいなこれ。昔、僕もオーディオ小僧(といってもローエンドだけど)であれこれ雑誌を読んでは機器を買い込み、ケーブルはもっと太いのとか、スピーカースタンドはブロックが一番とかやってたよなあ。でもって、最後はAC電源の極性で音が違う!と。

 ここ数年はリタイアした団塊世代が高級オーディオに戻ってきているそうで、いつの間にやら雑誌も増えてたりする。やっぱり真空管が一番だとか、スピーカーケーブルはメーター10万円くらいのものじゃないとダメとか、相変わらずなんである。

 最近、クラシックカーのイベントが増えてきているのは、金銭的に余裕のあるこうした層の影響が多少なりともあるのかもしれない。じゃあ、彼らの日常使いとして真空管やら太いスピーカーケーブルみたいな新しいクルマがあれば面白いかも。それってレクサスでもクラウンでもなさそうだしなあ・・・。

 あ、ジェミニのバッテリーですが、明日から12ヶ月点検なので、そこでチェックしてもらおうと思ってます。

|

« クルマ散策:100年に一度の危機とは? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX3月号 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

バッテリーってホントに『縁の下の…』ってやつですよね。
無いと車は動きませんし。
ここに良いものを使うって、当たり前だけど疎かにされてる部分ですよね。
輸入車用は高いのが難点ですが、私もパナソニックは次回の候補にあげようかなぁ。

投稿: アレスタ | 2009年1月24日 (土) 08時05分

バッテリーの事ですが、スタンドでは(新品時からの)寿命を、用品店では充電容量と別の物差しで言ったのでは? それならば両者はさほど矛盾しないと思います。
業者は売ってナンボの所が有りますから、車検迄のあと1年は大丈夫じゃないんですか。 私の場合、車検の時に替えた方がと言われてから、次の車検迄大丈夫だった経験が在ります。
ところで本文中に在ったカーオーディオの件ですが、チョット行き過ぎの気がします。 だって自動車は振動や騒音がするだけではなく、エンジンやオルタネーター等から電気的ノイズ発生しますから、自動車の中で良い音を聞こうする事は無理が大きい。 カーオーディオは適当な処で済ました方が無難な気がします。 少なくとも運転時にはそちらに集中力を取られても駄目でしょう。 あくまでも運転時の緊張を緩和させる程度が適当なのでは? 何か本質を間違えている様な気がします。
メーカーもメーカーです。 そういった条件を無視して試聴室等の好条件で聴かせても…。 第一エンジンが掛かっている状態だと、全ての電気がバッテリーのみから供給される事は無いはずでは。

投稿: 山の熊さん | 2009年1月24日 (土) 20時53分

スタンドも、ディーラーもクルマやガソリンの儲けだけでは厳しいのは解ってるんですが、必要の無い物は、やっぱりいらないし、交換したくないですね。
私が行ってるディーラーは不思議と本当に悪い部品だけの交換だけしか薦めませんよ。
今は、ボッシュですが、良い物があればそれも試してみたいですね。

ちなみに、水抜き剤って全く効果が無いものと聞いていますが、スタンドではお約束のように言われますね。あれは、なんだかなぁと思います。

投稿: ぷじお | 2009年1月25日 (日) 15時20分

バッテリーの品質は結局6年7年と使って結果としてよかった悪かったといえると思ってます
今発売されているものが7年以上ほどテストされて出てきたものなのか?

また端子品質が今より良くても取り付け作業の良し悪しで左右されると思います
表面仕上げが悪ければ自分で表面仕上げをし、配線端子側もやすり掛けする。
そもそもの端子素材が違うのなら何かしら違いが有るかもしれませんが。

それに、オイルと同じで、性能の基準はナニをもって言うのかにもよりますね
短命でも安けりゃいいとか
温度による供給電圧変化が少ないとか

それに使い方、使っていないときの保管状況で同じものでも品質が違ってきますしね
やはり何でも自分次第ってところだと思います

投稿: 嶋次郎 | 2009年1月25日 (日) 18時42分

アレスタさん

値段がピンきりなので、なおさら疎かになりがちなのかもしれませんね。

山の熊さん

専用部屋での試聴は、まあ何ていうか趣味の範囲なんでしょうね。普通のオーディオの「聴き比べ」にしても意味のなさそうなものもありますし。
車内環境は、まあ僕のクルマなんか最悪ですね(笑) 静かな高級車ではある程度の音は聴けるのでしょうけど、どっちにしてもバッテリーでの違いはナンセンスかなと思います。

ぷじおさん

同じボッシュでしたか。僕は2回連続で使っていて、次もと何となく考えていましたが、聴いてみれば色々あるんですね。
水抜き剤は、よく分からないからこそ、ああやって売込みができるんでしょうね。

嶋次郎さん

まさに、最終的には自分次第ですね。ただ、色々試そうと思うときのファーストアドバイスは重要かもしれないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年1月28日 (水) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/27408951

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:バッテリー交換雑感:

« クルマ散策:100年に一度の危機とは? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX3月号 »