« クルマ散策:東京モーターショーが危ない? | トップページ | クルマ散策:100年に一度の危機とは? »

クルマ散策:新旧プリウス併売

Prius  雑誌に載っていたときは半分冗談かと思っていたら、ホントだって言うんで少なからずショックなんである。いや、新旧プリウスの併売の話。

 べつに話としては簡単だから理解はできる。それだけ今度のインサイトが脅威だってことなんだろうし。けれども、やっぱり納得ができるもんじゃない。

 まずはトップメーカーとしての品位。たとえば、ストリームにウィッシュをぶつけた時もかなりのひんしゅくを買ったけれど、あれは”まだ”新型車だったからね。今度はサクっと手持ちのコマでライバル潰しなんである。

 まあ、50万円も安くちゃマズイなあとは思うんだろうけど、でもそこはホンダの「頑張り」を認めてあげればいいじゃない。何たってトヨタはハイブリッドの先駆者であって、技術的にはずっと先を行ってるワケでしょ。そしたらこう、余裕を見せるくらいのことはできないのかな。ま、しばらくはいい思いしていてくださいよって。そこまでして徹底的に潰しに掛からなくちゃ気が済まない?

 それともうひとつ。「エコ替え」だの「安全ボディ」だのでいちばん騒いでるトヨタが、平気な顔して一世代前のクルマを売るってどういうことなんだろう。新しい方が燃費がよくて環境にいいから買い替えろっていうのが「エコ替え」だったんじゃないの? 日々進化する衝突性能がGOAで「安全」なワケわけでしょ。それを中古車ならともかく、新車で旧型車売るって一体どういう了見? 

 期末決算が50数年ぶりの赤字転落。それで社長も大政奉還。世界一になったばかりのトヨタが焦るのも分かるけど、やっぱりトップメーカーとしてやっていいことと悪いことは厳然としてある筈でしょ。現行型でもインサイトより燃費がいいからって問題じゃないし。ましてキャッシュがないってわけでもないのに。

 もうここまでやるんなら、エコだの安全だのなんていうキレイごとはすっぱり捨てて、「やっぱり世の中カネですから」って言い切って欲しいな。新社長に。その方がスッキリするし。ああ、何だかんだでトヨタはそうやって一番になったんだねーって。

  

|

« クルマ散策:東京モーターショーが危ない? | トップページ | クルマ散策:100年に一度の危機とは? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

プリウスの併売ですが、僕はやっていいと思いますよ。果たして現行型がインサイトの廉価版に対してどこまで安くするのか知りませんが、200万円を切る価格で出せるのか?
また、ネーミングや販売手法がどうなるか、そこは気になりますね。

プリウスより下のクラスでハイブリッド車を立ち上げることを考えたら得策なんでしょう?逆に現行型を継続せずに、下のクラス、それもインサイトのような大きさのクルマをトヨタが作ってしまったら、ウィッシュvsストリームの二の舞の気がします。旧型を売る方がまだかわいい気がしますよ。

そもそもトヨタ以外の国産メーカーは、トヨタがいくら強大なシェアを持っているからといって、もうすこし善戦する意気込みがあってもいいような気が…ホンダはそこそこありますが、日産なんて鼻から避けていますし、情けない限りだと…
仮に競合になると、ウィッシュvsストリーム論争のようにしかならないのは、トヨタにも責任は大いにありますが、インサイトだっていくらハイブリッド車の高速走行での燃費向上として空力を意識したフォルムにするのはわかりますが、何も現行プリウスに近いデザインにすることはないだろうと…
このようなデザインをしてくるホンダに、ボクは頑張りを認めてと言われても、果たして認めていいものか疑問に思いますね。
価格に関してインサイトは確かにハイブリッド車を安くして普及させる狙いをもってつくられているから、その点は評価しますが…

「やっぱり世の中カネですから」
そう言い切れれば簡単でしょうが、果たしてトヨタは本当にそれだけでしょうかね。
だったらトヨタの社長は、社員、株主に恨みを買ってでもビッグ3のCEOのように年俸100億円くらいもらってもらわないと…
まぁこうして稼いだお金を他社リードする技術や販売力につかっているんですから、誰も太刀打ちできない。
トヨタの利益ってボクは、ビッグ3に比べれば少しは社会に還元されている気がしますが…

投稿: アクシオム | 2009年1月20日 (火) 08時36分

新旧の車を販売する事については、別に法律に反する訳でもなく、可だと思います。 但し、売り方が卑劣ですね。 今まで“コレは必要でしょう”と標準装備されていた物をバッサリ落としての大幅な価格引き下げをするなんて、今までの人は要らない物を買わされていたと…。 これって究極の抱き合わせ販売ではないの? それに落とした装備と価格にも疑問符が付きます。 幾ら長い間造ってきて設備等の償却が進んだとはいえ、あの差ですよ。 今まで利益をタップリ含んで居たのでしょうね。
この会社が他社に対して潰しを懸けて来たことは、昔からの事でしょう。 中にはライバル車のコンセプト等を表面上を繕っただけの車を急遽でっち上げて(あっ、他メーカーも大なり小なりやってるか)、見た目だけは豪華にと。 それで消えていった良車も有ります。
最後にエコ替えですが、すぎもとさんの意見に賛成です。 車を造るにも大量のエネルギーを必要とするんですから、少なくとも余り乗らない人にはエコでも何でもない。 それとハイブリッド車って、平坦な都市部では低燃費なんでしょうけども、山間地では一般車よりややマシかなって位です。

投稿: 山の熊さん | 2009年1月20日 (火) 10時41分

併売の話は初めて聞きました。
しかし、新型と旧型を比べたら、値段の差こそあれ、旧型を買う人っているんでしょうかね?
あからさまなホンダ対策としか思えませんよね。
こういう姑息なやり方が、仮にも世界No1企業のすることかと思うとガッカリです。

投稿: アレスタ | 2009年1月20日 (火) 20時00分

流石トヨタ(笑)
お金にとことん執着するところを見せてきましたね。
元々、クラウン1台で販社に100万の儲けが出る、という商売をしてきた会社ですから、先日出たカローラの様に装備を簡略化して、値下げをすれば利益には全く影響が無いと思います。
しかし、「エコ替え」等はただの販促キャンペーンだと、世の中の人もコマーシャルを見て感じないのですかね?(しかも、言っていることとやっていることに矛盾があるのに)

ただ、私は、「インサイト」、トヨタの思惑より売れるのではないかと思います。
プリウスが同価格帯ぐらいになったとしても、新型がある以上型落ちに見える物を買ってくれるか疑問です。
また、最近のホンダ車に食指が動かなかった人も今度のインサイトは「見てみよう」と、いう気にさせるのでは?

私は、各社が競い合ってくれる方が楽しいので、是非、ホンダに頑張って欲しいなぁ。

そして、トヨタには、世界一の名に恥じない行いをしてもらいたいです。
プリウスは、3ナンバーになった時点で、お財布にもエコなのか、乗ってる方は気にならないのか?も、不思議ですが。

投稿: ぷじお | 2009年1月21日 (水) 18時06分

「ハイブリッド、買いたいんだけど高いしなあ」
「お客様、それでしたら従来型(「旧型」とは言いにくいよなあ)をどうぞ。能力的には新型と遜色ありませんし、もちろんピカピカの新車です。生産設備の減価償却も済んでおりますので、その分お買い得となっております。この機会に、いかがでしょうか」
…そのうちに、ざっとこんなセールストークが展開されるのでしょうか? 新旧並売と聞いて、かつてのシビック「ビーグル」を連想してしまいました。カンガルーバーもついて、お買い得そうでした。

投稿: 優路 | 2009年1月22日 (木) 08時48分

今Priusを中古で買おうと思って、ディーラーをまわっています。トヨタの中古ディーラーでは禁句ですが、それ以外ではほとんど「インサイトはどうですか?」て聞かれます。でも中古ディーラーですら、「インサイトとプリウスは全くちがう」と言います。私もそう思います。車選ぶ人の視点はハイブリッドかどうかだけじゃないと思うんですよ。私なんて色で悩んでますから・・・
みんな「インサイトは、電気でアシストするというだけで電気が登場するシーンが少ないし、作りも安い。安い車を望んでいる人にはいいだろう」といいます。プリウスは、車好きの人には悪いけど(?)乗り心地はクラウンに勝ります。運転してる時のの重厚感だって、かなりあります。3代目に試乗したディーラーは「さらに大きくなった感じ」といいます。

だから新車のプリウスを値下げしてイメージ下げないでほしい・・・っていうのが本音です・・・。

投稿: mimimi | 2009年3月15日 (日) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/27300843

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:新旧プリウス併売:

« クルマ散策:東京モーターショーが危ない? | トップページ | クルマ散策:100年に一度の危機とは? »