« クルマ散策:遠乗会(ドライブツアー) | トップページ | クルマの他:渡辺貞夫コンサート »

雑誌記事:フツーのクルマに光を!

Autocar  いま売りのAUTOCAR誌の新車紹介ページで、協力ライターのM氏が興味深い記事を書いている。

 スプラッシュの紹介記事なんだけど、その出来がすばらしく、編集部は直ちにこのクルマの特集を組むべきだと結んでいるんである。

 AUTOCAR誌は本国版の編集意図に沿って、まさに”走ってナンボ”の記事が大半を占めていて、その根拠となる構造検証が特徴的だ。スプラッシュもその流れの中で絶賛されている。

 僕は、ああなるほどと思った。いや、スプラッシュの特集を組むこと自体じゃなくて、こういう何でもないフツーのクルマにキチンと光を当てる記事がもっとあってもいいんじゃないかと。

 たとえば、GT-RやIQみたいな変り種のクルマはそこそこ特集らしきものがあるし、欧州車ではとくに新車じゃなくたってフェラーリだのポルシェは年中特集記事が組まれる。じゃあ、同じスズキでやっぱり評判のいいスイフトはどうかというと、まあほとんどない。せいぜい新しいコンパクトカーが出たときにライバルとして引っ張り出されるくらいだろう。

 でも、実際にはスイフトの方がリーズナブルでより多くのユーザーの近くにいるのは明らかだ。だったら、そういうクルマこそ光を当てて、もっと積極的に記事にするべきなんじゃないかなと。ライバルに比べてどこが優れているのか、それはなぜなのか、なぜそういうクルマができたのか、などなど。あ、スタイリングもね。

 もちろんスイフトはあくまでも一例だけど、単に新車だとか、スーパースポーツだとか、そういう価値観じゃなくて、もっと地に足の着いた特集記事があっていいじゃないかと。なんだか、そういう記事が多くなるとユーザーのクルマを見る目も結構変わって来たりするんじゃないかな、なんて思う。

 スプラッシュの特集を組むべき。これはなかなか深い提案だなあと思ったんである。

|

« クルマ散策:遠乗会(ドライブツアー) | トップページ | クルマの他:渡辺貞夫コンサート »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

私も読みました。
M氏は「本当にユーザーにとってメリットのある車なのか」はっきり表現してくれるのでとても好きですね。

それゆえ、他誌では「使いずらい評論家」と言われてしまうのでしょうね。

広告を出してくれるメーカーに気を使うのはわかるんだけれど、「読む人のいない雑誌」を作ったら「広告の意味」もなくなってしまうと思いますよ。

メーカー自身も車雑誌が販売に及ぼす影響はほとんどないと考えているんじゃないかな。(大切なのはメーカーの内部で問題がおきないようにすることだけだと思う・・・)

投稿: キリコ | 2008年12月11日 (木) 12時36分

私も読みました。
以前にも書かせていただきましたが、スプラッシュのデザインが好きなことと、M氏のひょ~ろんが好きなので、にまにましながら読んでしまいました。
彼の自動車評は、媚びないと言うか、ご本人さんの好き嫌いがハッキリとして、自分の中の基準がブレないとても貴重なモノだと思っています。

以前、「新車情報」をやっておられたM本さんも評論家としてとても大好き(子供の頃、あの番組を見て洗脳されました)なのですが、最近は随分甘くなられてしまったので、M氏の様な方はとても貴重だと思います。

「iQ買うなら、スマートを買え」こんなことを言う評論家さん、ステキです。

投稿: ぷじお | 2008年12月11日 (木) 23時22分

はじめまして。
私も森氏、好きですね~。
最近は雑誌を見ても記事を読むのは森氏のものくらいで、あとは写真集の感覚で車の写真だけ見てますね。どうせ読んでも提灯記事ばかりですから。森氏のようなライターが増えるのを望むばかりです。あ、渡辺氏も結構好きですね。

投稿: 716 | 2008年12月12日 (金) 00時35分

スズキの製品に問題はないように思える。ホンダのライフは「笑顔」らしいが、先代MRワゴンの方がずっといい笑顔のように思える。ただ、問題は経営。78歳、この金融危機のもと社長兼会長に復帰。老骨にむち打つのは美談にも聞こえるかもしれないが、若い人にチャンスと試練を与えないと、会社はご老人とともに「寿命」を迎えるかもしれない。この先が心配だ。

投稿: 優路 | 2008年12月12日 (金) 12時40分

すぎもとさん、何誌を指して欧州スポーツカーや新車の特集ばかりだと指摘しておられるのですか?

その最右翼とも思えるカーグラフィック誌でも、読めば軽自動車からスーパースポーツまで誌面を割いて記事にしていますよ。欧州スポーツ専門誌といっても過言ではないゲンロク誌もありますが、こちらは特化するという編集方針でしょう。

ただ注意したいのはスイフトは現行型では一度小変更があっただけですが、ポルシェ、フェラーリとも改良したりモデルチェンジしたりと話題喚起も兼ねてずっと頻繁に新型の発信をしていることです。

そしてもちろん誌面を飾るに相応しい華やかさもありますから、そちらに注目が集まりメディアが取り上げる頻度も高くて当然ではないでしょうか。スズキは全国に販売店があり試乗も難しくないことに比べ、店舗自体が限られる欧州スポーツカーの情報提供をするという意味でもその取り上げ方は理に適っています。

身近な実用車を褒める記事もたまには面白いとは思いますが、自動車誌が車好きに夢を売る役割も担う以上、新聞に広告が載り、その辺の道をいくらでも走っている実用車を大特集しても、部数的にはなかなか難しいんじゃないでしょうか。前出のCG誌はむしろ意欲的に実用車の比較テストを多くしていますし、各誌とも表紙だけではなく丹念に読めば過不足なく紹介されていると思いますが、物足りなさを感じますか。

投稿: turnberry | 2008年12月17日 (水) 03時32分

キリコさん

M氏は使いにくい・・・とされているん
ですか。読む人のいない、というのは
本当にそのとおりですね。悪循環です。

ぷじおさん

いい位置でブレない方は読んでいて気持ちいいですね。そういう記事は読者もすぐ分かるものなのですが・・・。

716さん

読者の方に提灯記事と言われているのに提灯を持ち続けている悲しさ。でも、そうじゃない読者も多いのかなあ?

優路さん

健康問題らしいですが、あまりのタイミングの「良さ」に疑心暗鬼です。

tumberryさん

特定の雑誌やCGだけじゃないです。フェラーリやポルシェが華やか=読者の望み、という概念はもう古いと思いますよ。それが正しいなら雑誌販売部数は減ってないでしょうし。
その辺を走っているクルマを取り上げても面白くないというのも現在の雑誌記事のイメージにとらわれているからでは? スイフトであってもスプラッシュであっても、その企画、記事次第でいくらでも面白くなると僕は思います。いまはそういう企画がない。CGだって新車が出たときの比較テストくらいです。フツーのクルマに焦点を当てて、比較や単純な紹介だけじゃない、これまでにない”いいクルマ”特集。M氏もそういうイメージを持って提言しているんじゃないでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2008年12月18日 (木) 00時14分

私も普通の庶民の車に焦点をあてた車雑誌のあり方は 今必要なことだと思いますよ。
 フィットとビッツ、デミオなどの小型大衆車などの比較記事やサイズ、燃費の比較特集などは多くの雑誌で見かけるところですが、どうも通り一遍等で、本当の魅力まで示していません。
 先日我が家に有るデミオが1年のってあまりに燃費が悪い(Lあたり8km程度)ので、でディーラーに文句を言いに行ったところ、その対応は『運転者の乗り方に問題があります。』とドライバーの責任とすることに終始、、、、 我が家ではこれまでデミオは旧型3台を乗り継いでいて、その旧型の平均燃費は14km程度、ドライバーのクセが変わったわけでもなく、使い方に変化が出たわけでもない。なのに ドライバーの運転をその原因にしようとするディーラー・・・
 こうした問題も車から魅力を失わせている一つだと思いますが・・・

投稿: くんた | 2008年12月24日 (水) 08時59分

「健康問題」は、いつでもどこでも誰にでも切れる「万能のカード」。お腹痛くてやめちゃった首相も、どこかの国にいたぐらいで。健康より原稿、と言われることもありますが、原稿より健康を大切に。

投稿: 優路 | 2008年12月25日 (木) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/26091867

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:フツーのクルマに光を!:

« クルマ散策:遠乗会(ドライブツアー) | トップページ | クルマの他:渡辺貞夫コンサート »