« 雑誌記事:マガジンX2月号 | トップページ | クルマの他:年末年始が落ち着きました »

新車心象風景:スズキ・ラパン

Lapin  「お前は悪いことばっかり書いているが、それはどうなのか?」というご意見・ご指摘を頂くことがあります。なので、今回は半分はいいことで・・・。

 ラパンです。いや、昔のイギリスやフランス車あたりから拝借しちゃった企画自体には?なんですけど、注目点は「こだわり」ということです。

 とくにインテリア。ベージュやブラウンカラーを施したインパネ、アクセントの色調を合わせたオーディオ周りとフォトフレーム、インサイドドアの大胆な布張り、ツートンのシート生地配色などなど。

 あっちこっちにいるウサギはやり過ぎだろうという声もあるけれど、とにかくこういう細かいとこまでの「こだわり」が独特の質感を創っているのは間違いないんじゃないかなと。決して高級とかじゃないけど、抑え目の車両価格の中、安価な素材でも工夫すれば結構面白くできますよという提案。

 いや、これが完璧だとかそういう話じゃなくて、こうやって色々とこだわれば他の車種だってもっと面白くなるんじゃないかなと。たとえば新しいワゴンRの内装、とくに空調周りなんて悲惨なことになってるでしょ。なんだか9,800円のラジカセみたいな。格上のスイフトだって素材自体は悪くないんだろうけど、なんて言うか退屈でしょう。

 ワゴンRやスイフトはより広い層に向けた商品なので、ラパンみたいなチャラチャラ系は違うだろうけど、ただそれならもっと別方向で「こだわり」が可能だったんじゃないかな。素材や色の組み合わせで、もっと個性や質感が出せたんじゃないかなと思うんである。

 ラパンは、まあ何ていうか「色モノ」企画なので、そのあたりの迷いがなくやりたい放題やっちゃった感じだよね。その伸び伸び姿勢がよかったんじゃないかなと。これ、男子でも欲しい人いるんじゃないかなあ?

 ただ、もう半分はダメ出し。ここまでパーっとやっているのに、何でターボ車の内装は黒系だけになっちゃうんだろうね? ワゴンRもターボはスティングレーになっちゃうし、このターボ=走り系=黒系っていう固定概念はそろそろどうにかならないのかなあ? ほら、カラーにこだわったあの日産マーチだって、12SRにするといきなり室内真っ暗だし、ボディカラーも暗いのしかなくなっちゃうよね。

 身内でもパレットなんかは普通の内装色が用意されてるのは、恐らく家族向け限定車種ということなんだろうけど、それはもうホントに古い考えだと思うなあ。とくにメーターにまでウサギちゃん付けちゃったラパンなんだから、もっと頑張って欲しかった。

 

 さて、ここ数年京都での年越しにハマってますが、今回も明日から2日まで行って来ます。今年もこのブログをお読みいただきまして誠にありがとうございました。来年以降もライターとしては細々な感じだとは思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。

 皆さまもよいお年を。

|

« 雑誌記事:マガジンX2月号 | トップページ | クルマの他:年末年始が落ち着きました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ウッドボディーのを出してくれると良いんだがナァ~!!

投稿: 佐衛門 | 2008年12月30日 (火) 17時55分

今回のコダワリで一番凄いなぁと思ったのは、スズキの「S」マークが無いこと。
これはもうスズキのラパンではなく、単にラパンという固有名詞を強調するかのようです。
ターボ車の内装色については、すぎもとさんと同意見です。明るい色のターボ車が何故無いのでしょうね。
今では「ターボ=走り屋」ではなく、モアパワーという意味合いだと思うのですが…
来年もブログ楽しみにしております。
よいお年を!

投稿: アレスタ | 2008年12月30日 (火) 20時30分

今までの悪い点を指摘する姿勢は素晴らしいと思います。
いい点ばかりを強調するカタログの補足程度の太鼓持ち雑誌のようなブログなら価値ありませんね。

投稿: dezimac | 2008年12月31日 (水) 10時46分

2008年も終わりですね。
自動車業界も転換期を迎えた年でしたね。
でもこういう時こそ良い製品を造る転機になって欲しいものです。
今年の日本車は、これといったモノも無くあまり、ワクワクする物がありませんでした。
でも、最後に出てきたラパンは、先代キューブの正常進化版的で好感がもてます。
先代のまぐれ当たりな感じを払拭させて、一人前の車に仕立ててもらったようで,嬉しいです。ぜひ来年もスズキには頑張ってもらいたいです。(スズキに甘いですね...)
では、来年は更に良い車が出ることを祈りつつ、すぎもとさんも良いお年をお迎え下さい。

来年も、よろしくお願いします。

投稿: ぷじお | 2008年12月31日 (水) 16時46分

旧型ラパンには乗せて(ただし助手席)もらった事が在るんですけど、特にインパネ周りは古い仏車(4CV辺り)に似た雰囲気を受けました。 キープコンセプトの様なので、新型も一緒なんですかね?
ところで、新型のヘッドライト周りは旧キューブに似すぎていませんか? まさかスズキは、日産に負んぶに抱っこでこの車も売ろうとしているんじゃないかと、勘ぐりたくなります。 だからスズキのマークは着けない? いずれにしても、私は興味無い車ですから、いいんですけど。
それから、この前は有難うございました。 あと、オートスポーツではなくオートカーでしたね。 間違えてすみませんでした。
それでは失礼します。 良いお年を。

投稿: 山の熊さん | 2008年12月31日 (水) 20時08分

佐衛門さん

それはチョットお金が掛かりそうですね。

アレスタさん

そうそう、モアパワーなんですよね。とくに小さいクルマはそうなんですけどね。

dezimacさん

ありがとうございます。悪い点を突くこと自体が目的ではありませんが、これからも思ったことは書いて行きます。

ぷじおさん

新しいワゴンRベースで2世代分のアップデートを果たしたようですね。

山の熊さん

新型も一緒ですね。あと、ウワサではこのラパンをお化粧直しして、キューブ・ミニみたいな名前で日産版を売るという話もありますよ。

投稿: すぎもとたかよし | 2009年1月 4日 (日) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/26633762

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・ラパン:

« 雑誌記事:マガジンX2月号 | トップページ | クルマの他:年末年始が落ち着きました »