« クルマ散策:月間販売ランキング | トップページ | 雑誌記事:J's Tipo 1月号 »

新車心象風景:スバル・デックス

Dex  業界は色々複雑なんだとは思うけど、やっぱり越えてはならない一線ってある気がする。

 ダイハツのクーだとかトヨタのラクティスだとか、まあ色んな話は聞こえてはいたけど、何だかんだ言っても最終的には思い止まるだろうなあ、なんて僕は思っていたんである。あるいは、今度出るっていうパッソベースのコンパクトミニバンを充てるのかな、とか。

 いつだったか、スバルのディーラーに取材したことがあったんだけど、営業マン氏はそもそもOEM自体が受け入れられないと言い、よもやbBベース車なんか考えられないとこぼしていたのを思い出した。いやあ、しかしホントに出しちゃったんだね。スゴイな。こいつがスバルのディーラーに並ぶんだ・・・。

 まあ、日産ではスズキや三菱の軽が売ってるし、マツダもそうだ。商用車の世界でもOEMはある。でもそれは何ていうか、あくまでも「お手伝い」的なレベルの話で、それによって日産やマツダのイメージにおかしな影響があるかと言えばそんなことはない。逆に日産の軽なんかうまいことやってるって感じだ。

 けれども、スバルの場合はマイナス感が大きくないか? 商売として月販500台がどのくらい彼らに有用なのか分からないけれど、こんな妙なクルマを売ってる負のイメージの方が勝るんじゃないのかな。 少なくとも、販売現場の士気低下はバカにならないだろうし。

 たとえば、中身はパッソ・ブーンそのものだけど、せめて殻だけ別物を被せるくらいのことをしてもいいんじゃないかと思う。少しでもスバル・ディーラーで売られる必然性が感じられるなら、それで発売が1年遅くなってもいいじゃないか。 どうしてそこまで待てないんだろう?

 クルマが売れない、若者が興味を示さないなんて色々不安な声が聞かれるけど、本気でそう思ってるならこうことはしないでしょ。液晶TVのパネルじゃあるまいし、あっちこっちでこんな使い回しなんかしてたら、クルマなんてドンドン趣味性を失うに決まってるじゃん。

 ま、エビちゃん効果でたくさん買ってくれるっていうならいいんだろうけど・・・。

 

|

« クルマ散策:月間販売ランキング | トップページ | 雑誌記事:J's Tipo 1月号 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

日産のをトヨタがパクッたデザインの車に、
スバルの星が
とうとうここまで来たカァ。

これじゃ若いモン、
ますます車に夢を持たなくなりますナァ。

カーオブザイヤーなんざどうでもいいが、
今年はあのIQだと。
悲しくなってきます。

投稿: 佐衛門 | 2008年11月15日 (土) 10時43分

同感です、トヨタと同じ(ような)物を売って、トヨタ以上に売れるわけが無いですし、そもそもトヨタでもそれほど売れてないから、販路拡大の意向が有ったと思われます。
これではいわゆるトヨタ車販売の1チャンネルに成り下がったようなものです。
スバルと言う伝統有る製造会社のプライドはもう無くなったのでしょうか。
百歩譲って、「ジャステイー」後継クラスの必要が有るからと言うならば、passo,boonのラインで行くべきなのではないでしょうか。
それもただバッチの付け替えじゃなく、ダイハツがトヨタとの差別化を図る為に投入しているboonのX4のようなものを。
「新ジャスティAWD(STi)」と言うべき車種なら、まだスバルらしさが残せたのではと思うのです。
軽自動車からのアップサイジングやインプレッサからのダウンサイジングの希望ユーザーにも対応出来るような気がしております。
もちろん新規ユーザーの開拓も見込めると思えますし。
やはり、魅力あるクルマ造り(たとえOEMでも一手間掛けて)こそがSUBARUの生き残る道だと思えるのですが。

投稿: nobol | 2008年11月15日 (土) 11時05分

これは・・・コメントできないですね。OEMをするとはアナウンスされてはいたものの、本当に発売されて見るとやはり一抹の寂しさが。
そうでは無いとわかっていても、トヨタの子会社の匂いがプンプンです。形は、元がアレなので、もう何も言えないです。「これ以上世の中に醜悪な物を出さないでくれ~」これだけです。
スバルが特に好きとかは全く無いのですが、個性的な車を造る会社として尊敬していました。しかし、無軌道にこの路線で行くのだとしたら、スバルの終わりの始まりになるのかもしれませんね。
スバルがこの調子だと日本車に未来があるのか疑問です。
嗚呼、たまには、わくわくするような車、美しい新車に会いたいですね。

投稿: ぷじお | 2008年11月15日 (土) 21時22分

個人的には「硬派」なメーカーだと思っているスバルに、「軟派」なクルマが展示されるのは、とても残念です。

営業マンも売りたくないだろうなぁ…

ってか、この車に興味をもってスバルディーラーに足を運ぶ人が何人いるんでしょうね。

スバルはトヨタにどんどん食いつぶされて行きそうで不安です。
今のうちにレガシィを買っておこうかな。

投稿: アレスタ | 2008年11月15日 (土) 22時31分

最近のマスコミやらメーカーやらは、車が売れないことをやたらとユーザーのせいだけにしていますが、
こんな事を平気でやるメーカーがある限り車離れは加速するばかりではないかと思います。


前と後ろのデザインをちょっと変えただけでメーカーまで変えて売り出すと言うのはあまりにも安易で、傲慢だと思います。
スバルでやるならば、フィアット500とフォードKaぐらい作り込んで欲しかったです。
そのくらい思い入れをもっているスバリストは少なくないのではないかと思います。


OEMが悪いというつもりはありませんし、一昔前のトヨタみたいに内部でやってるならば勝手にやってろと思いますが、メーカーの壁を越えたところでこれをやるのは、あまりにも傲慢ではないかと感じます。


一車好きとしては、メーカーとして思い入れを持つことの出来ないであろう商品を新型車ですと売りに出し、それでもユーザーは買うだろうと思われているだろうことが屈辱に感じます。


奥田座長の恫喝があったばかりですから、評論家は雑誌上で褒めまくるんでしょうね…

投稿: gilles | 2008年11月16日 (日) 11時25分

>佐衛門さん

メーカーはそんなに大きな話とは思ってないのかもしれませんが、こういうのがボディブローのように効いて来るんじゃないかと思います。

nobolさん

拡販だけですね。しかし、それにしては勝算のないことをやってしまいました。どうしても同じカタチなら、僕もパッソ・ブーンの方がマシだと思いますが、あれは売れているからダメなんでしょう。

ぷじおさん

醜悪、それに尽きます。こういうのを広くて視界もいいし、年配者に合っているなどと平気で書く評論家もいますけど。

アレスタさん

スバルは上級車に開発を絞るそうですが、そこは大切にして欲しいですね。今後もレガシィが安定して売れるとき、トヨタがどう出るかに関心があります。

gillesさん

傲慢。そうねんですよね。ユーザーをナメ切っている。デックスをどう書くかが評論家諸氏の「格」を示すリトマス試験紙になりそうです。さあ、どうでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年11月16日 (日) 18時26分

「売りたい」と「売らせたい」という大小2メーカーの思惑の結晶が「デックス」になった、と美しく言っておきましょう。資本の論理であって、ユーザーの論理ではない。インプレッサもレガシィもエクシーガもフォレスターも軽自動車も嫌い、でもスバル、という人には選択肢が現れた、ということか。そんな人がいれば、の話ですが。

投稿: 優路 | 2008年11月20日 (木) 04時13分

あぁ〜やっちゃたよ。って感じです。
唯一の救いは、フロントのデザインが本家本元のBBやCooよりは気持ちマシに見えるかなという事でしょうか。
それもタレント効果かな。

投稿: dezimac | 2008年11月21日 (金) 14時36分

>優路さん、dezimacさん

インプレッサアネシスを見に行ったお客さんが意外と高価なので「もっと安いコンパクトカーはないの?」と。そこで営業マンがデックスを見せると、あまりの醜悪なスタイルに「いいや、やっぱりアネシス買うよ」・・・という展開を狙っているのでは? と、職場のスバリストが言ってました。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年11月22日 (土) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/25304429

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・デックス:

« クルマ散策:月間販売ランキング | トップページ | 雑誌記事:J's Tipo 1月号 »