« 雑誌記事:J's Tipo 1月号 | トップページ | 新車心象風景:日産・キューブ »

新車心象風景:トヨタIQ

Iq  エポックメイキングというより、理想主義なのかな。僕はその理想主義というやつが基本的には好きなんだけど、IQはどうも違うんである。

 J's Tipoの記事にも書いたけど、僕はIQを見てすぐにエスティマを連想した。エンジンを大きく傾けて車体中央の床下に追いやった、まさに理想主義的ミニバン。でも、エスティマがIQと違うのは、理想主義機構と斬新なスタイルだけでなく、3列シートのファミリーカーとして普通に実用性も備えていたことだろう。

 IQは4人乗りであることが肝だけど、同時に4人乗りだと思うことが足かせにもなってしまう残念な立場にいるんじゃないか。たしかに助手席を前にスライドすれば178cmの僕も後に座れるけど、座面は膝までの半分しかないうえ、背面は薄焼き煎餅みたいに固い。おまけに頭はバックドアに触れそう・・・と言うかヘッドレストがもう触れている。これは座っているというより”入り込んでいる”が実際。

 つまり、IQは「4人乗り」じゃなくて「4人乗ることができる」クルマなんだと思う。だから、パッケージング改革と言われてそのつもりになると無理ばかりが目立ってしまう。一方、後席は荷物置きと割り切って2名乗りだと思えばスカッと来る。これで1.5リッターでも乗れば楽しそうだゾ、とか。

 トヨタ的にはパッケージ改革としてエスティマと同じように理想を追求したんだろうとは思う。何せ開発スタッフの集合写真はエンジニアのチーフが真ん中にいるようなクルマだ。なので、理想主義プロダクトとして拝む対象としては素晴らしいけれど、購入対象にはなり難い。150万円もハッキリ言って破格だと思うけど、それはIQだけを見たときの話だし。

 もちろん、欧州はスマートが売れるような市場だからIQもアリだろう。カローラなんかよりずっと質感の高い内装も評判になるんじゃないか。僕的にもどっちかというと外国車みたいな存在だもんね。

 いや、トヨタ渾身の理想主義を”善し”として買える人はそれでいいと思う。セカンドカーとすれば面白いのは間違いないし。あとそうだな、ショーカーのときのスタイリングのままだったら、それだけでも購入動機になったのに、とも思う。量産型の顔はチョットねえ。

 そうそう、これも記事に書いたけど、この技術を次のヴィッツに丸ごと持ち込んだら、フィットなんて吹き飛ぶような、とんでもないコンパクトカーになるでしょ。そしたら今度こそスゴイ改革になると思うな。

|

« 雑誌記事:J's Tipo 1月号 | トップページ | 新車心象風景:日産・キューブ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新聞とかでも、軽より小さいくて4人載れるとか、毎度の事だけほめるような表現しか見かけませんね。
たしかに、このサイズに無理やり詰め込んだ事は凄いとは思うし、インパクト性を出す目的でこのサイズ、4人載れるというのだろうけど。

後部シートは、RX-7等、マークXジオの3サードシート等と同等で、緊急用、無理やり載れますというものでは。

総合的に見ればスバルのR1/R2の方が優れているように思える。

> 次のヴィッツに丸ごと持ち込んだら
実現すれば、IQよりもこちらの方が売れるでしょうね。

投稿: dezimac | 2008年11月23日 (日) 16時55分

トヨタの意図は分かりませんが、あくまで「次」へのステップとして考えるのであれば、この車の存在意義はあると思います。
多分、日本で売るつもりは殆ど無いんでしょうけどね。
只、そういう車がイヤーカーに選ばれているというのはいかがなものか。
市販されても、コンセプト商品であることは明白で実用商品では無いでしょうし。
確かに次のヴィッツは恐ろしい存在になるかもしれませんね。

投稿: アレスタ | 2008年11月23日 (日) 21時47分

メディアでは大変エポックメイキングであるとの評価みたいですが、本当にそうなんでしょうか。

この車はスマートありきですよね。
ネーミングからしてちょっと意識しすぎではないでしょうか。
4人乗りなのはスマートと同じでは芸が無いので、無理やり4人乗れるようにしただけにしか思えないです。

他メーカーが新マーケット(ジャンル)を開拓した後で、後発の強みを発揮した車を出しマーケットを乗っ取ろうとするいつもの手法の様に思えます。

後席に乗っていて後ろから追突されたら…と思うととても恐ろしく、残念ながら乗る気にはなりません。

投稿: gilles | 2008年11月23日 (日) 22時51分

記事を拝見しました。すぎもとさんの記事の後の十番勝負も企画としては面白く見させてもらいました。2勝8敗と言う結果が、無茶な企画でありながらも逆にiQのリアルな立ち位地を現しているように感じました。
つまり、「中途半端」ということでは無いでしょうか。
開発の方には悪いですが、色々求めすぎて、結果、ひとつも秀でた物が無い訳のわからない物が出来てしまったというところでしょうか。
昔は、セラ、初代MR-2、エスティマ、プリウス(プリウスは、アイシンですか?)等、他社にできない面白い物も造っていたんですがねぇ、開発者の心意気が見えるような。ただ、二代目になると途端に別物になってしまうのですが、こう言う欠点はいっぱい有るけど開発者の情熱を買うという商品ではないですね。iQは。
理屈ではなく、エモーショナルな商品がトヨタには無くなってしまったことが残念でなりません。
あと、デザインは本当に何とかして欲しいですね、新ハリアー何ですかあれは。(怒)

投稿: ぷじお | 2008年11月24日 (月) 00時16分

トヨタって、グッドデザイン賞の際にもデザイナーの個人名を避ける傾向があるように、開発に関わったエンジニアの個人性が日産やホンダほどあまり表に出ないのに、今回のiQに関しては出ていますね。
そのせいか、iQというクルマは、理想主義というより意外とエンジニアの個性というか個人主義が出ているような気がします。
ただし、全長3m以内になった経緯や定員4名になった点については、あまり合理的なものを感じませんね。下手をすればトヨタあるいは開発スタッフの技術力のアピールに終わりかねませんね。最終的に使う人間にとってよかったと思えるものでなければいけないし、デザインも初めのエモーショナルなままではいけないし…
そろそろiQも試乗車が出回って来たようなので、自分も乗ってみて「ひひょう」してみたいものです。

投稿: アクシオム | 2008年11月24日 (月) 14時28分

dezimacさん

僕も2名乗りということならR1と迷いますね。スタイルは断然R1ですし。もちろん快適性はかなり違うんでしょうけどね。

アレスタさん

少なくとも国内はアテにしてないのでしょうね。稼ぎは欧州に任せて、国内はトヨタのイメージアップにでもなれば御の字程度で。イヤーカーは・・・また改めて考えます。

gillesさん

メディアとすれば、とにかく話題性が欲しいんでしょうね。冷静な解説より「出た!」みたいな。

ぷじおさん

技術はスゴイけど、実用性がない。ヴィッツじゃなくてもいいんですが、この寸法にこだわらなければヒット商品ができたと思いますね。それもまた重要なことの筈なんですけど、それよりもインパクトを選んだんですね。

アクシオムさん

エスティマのようなパッケージ改革がトヨタ技術の柱らしいので、今回のようなチーフエンジニア氏登場となっているんでしょうね。これが単に技術アピールで終わるならある意味スゴイですけど、欧州を中心にそれ相応の販売を見込んだからこその市販化でしょう。もちろん、その欧州でもトヨタブランド向上の意味が強いのでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年11月24日 (月) 18時31分

誰も言わないなら、ここで言ってしまいましょう。
iQは「やわらか戦車」のパクリである! と。
デザインはやわらか戦車、出自はスマート、といろいろなパクリを重ねて、欧州で大排気量売るために出してきた「アリバイ製品」である事は論を待たない。ただ欧州だけでは数をこなせないので日本にも持ってきた、と。
日本には軽がある、でもトヨタには軽がない。ダイハツにはあるけどね、あれは別会社だし…ちっちゃなものも売って、大きく儲けよう、とスズキのスローガンのような事を、トヨタの誰かが言ったか。少なくとも話題にはなるし。どんな事しても賞もかっさらう。奥田氏の「暴言」を早く忘れてもらうためにも、宣伝攻勢もかける。(全部想像です。もし事実と合致していたなら偶然でしかありません)
ネットで宣伝の動画も流れているが、サーカスとか映画「TAXI」にでも使えますよ、って言っているようで、購買意欲は湧かない。

投稿: 優路 | 2008年12月 1日 (月) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/25578683

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタIQ:

« 雑誌記事:J's Tipo 1月号 | トップページ | 新車心象風景:日産・キューブ »