« 新車心象風景:スバル・インプレッサアネシス | トップページ | 新車心象風景:スバル・デックス »

クルマ散策:月間販売ランキング

Conte   10月の軽自動車販売ランキングは2ヶ月連続でダイハツのムーヴがトップだったらしい。

 モデルチェンジしたワゴンRが2位に甘んじたのは、ご想像のとおりムーヴに派生車のコンテが含まれているから。見方を変えれば、この売れ線の四角いクルマを含めても3000台少々しか差が無かったのはワゴンRのスゴさとも言える。

 このランキングに実質どんな意味があるのかはよく分からないけど、自販連や軽自協が勿体ぶって発表する”イベント”なのであれば、やっぱりそれなりの公平性が欲しいところだ。これの年間累積でスズキVSダイハツみたいな話が経済紙を賑わすこともあるわけだし。

 一応自動車業界の団体なんだから、ムーヴとムーヴ・コンテはちょっと違うんじゃない?くらいの自主判断はできないのかなあ? いやー、それはメーカーさんの自己申告が基本ですからねえ、なんていうのだったら、いっそスズキもワゴンR・セルボとかワゴンR・パレットとかワゴンR・アルトなんかにしちゃえばいいのに、なんて思う。いや、冗談みたいだけど、実際コンテはそういうことでしょ。

 同様に10月トップのカローラもねー。フィールダーは分かるけど、ルミオンはないでしょルミオンは。こんなのOKだったら、ホンダもフィット・フリードでいいじゃん。もう断然トップ間違いなしでしょ。

 たとえばCOTYの10ベストカーが今回も各社1台ずつになったとか、そういうあんまりな工作がクルマ業界には結構ある。誰でも知ってるのに平然と進めちゃうようなデタラメ。いや、誰でも知っているからべつにいいやということなのか? でも、結局こういうのが業界の権威や信用を落とすことになると思うんだけどなあ。

|

« 新車心象風景:スバル・インプレッサアネシス | トップページ | 新車心象風景:スバル・デックス »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

数字とランキングで物事を図るのが好きですね、日本は…
買う側からすると、販売ランキングも、COTYもあまりにも意味をなさないものですからね。販売ランキングで上位にあるクルマを買っておけば必ず乗り換えるときに、査定で有利とうことは多少あるかもしれませんが、COTYを受賞したクルマを買えば問題ない!なんてことはないのですから。

販売ランキングやCOTYにしても、本来はもう少し第三者機関的な立場で冷静かつ客観的に見れる実績であればいいのですが、業界あるいはメーカーとあまりにも一緒になりすぎていて、なんのための実績なのか、その実績が通用するのかわからんですね。

iQのCOTY受賞なんか、またいつものジンクスになりそうな気配がありますね。
クルマが売れない時代に、業界内のお祭りを依然として続けているようでは、お互い買う側からそっぽを向かれ共倒れになることになるでしょう。
クルマ離れなんて勝手にいっちゃっておいて、このざまですから、お好きにして下さい。

投稿: アクシオム | 2008年11月11日 (火) 23時11分

難しい問題ですね。
これがMRワゴンやモコだったらどうなるんでしょうか? 別々なのか一緒なのか、一緒だったらオリジナルのMRワゴンか、スズキがあまり力を入れて無いため販売数が多いらしいモコなのか。 今度はスズキと日産で綱引きが始まったりして。
それにしても、販売台数No.1ていうのは、やっぱり魅力的なんですかね? 無理に一位になろうとして値引きを拡大したりしたら、結局自分の首を締める事にならないか、他人事ながら心配になります。
OEMで思い出しましたが、あの半端物のbBの姉妹車がスバルから?! ガ~ンです。 軽自動車も順次ダイハツ製に代わっていくとの話も聞きますし、遂にトヨタはスバルを安楽死させる事に決めたのでしょうか。 10年後にはトヨタ店・トヨペット店・・・スバル店となっていない事を祈ります。
それから、今年のCOTYってiQが獲ったんですか? 写真で見る限り、後席がリアウインドウにくっついてて、オカマ掘られたら、すぐに逝っちゃいそうで、軽自動車よりも危険な気がしますが、その辺は大丈夫なんでしょうか?

投稿: 山の熊さん | 2008年11月12日 (水) 16時16分

こういう組織にはアタマの硬い連中がひしめいているのですね。
ユーザーはそんなにバカではありません。
気になった車はじっくり検討しますよ。
決して「売れてるから」とか「COTYで賞をとった」などでは判断しません。

そんな下らない「数合わせ」なんかしてるから、いい車が出て来ないんじゃないでしょうか?

しかし今回のIQ、やっぱり出来レースだったんでしょうね…

投稿: アレスタ | 2008年11月12日 (水) 19時55分

販売ランキングは、ずいぶん前に飽きました。カローラが常に1位の頃から、ここ数年ワゴンRかムーヴ、フィットあたりが上位に来ることが当たり前になったというだけで、車が好きな人には関係ないですもんね。
ただ、原価は安いが、売値は高い車なんかがベスト10の中に入っていたりすると、「これは儲かりますなぁ」と、悲しい気分になったりします。
ところで、今年のCOTYがiQとは…確かに雑誌でも車雑誌以外でもこれでもかってぐらいに取り上げさせていますが、トヨタの力恐るべしですね。と、言ってGT-Rは容姿がなぁ。苦手なんです、あれ。
該当車なしって言う骨があるところもみてみたいですね。

投稿: ぷじお | 2008年11月12日 (水) 20時50分

今やCOTYなんて誰も気にしていないですよね。私にとってはベストドレッサー賞や流行語大賞と大差ありません。関係者とマスメディアのためにあるだけ。
まあ、ただのお祭りですかね。信用を落としているのは間違いのないところです。

投稿: yad | 2008年11月13日 (木) 12時28分

カーオブザイヤーを気にするのは、業界の人たちだけだと思います。たとえば新聞協会賞とか出版文化賞とか、一般の人が気にしますか? いまやレコ大や歌謡大賞、誰がとったかも知らない。芥川賞、直木賞しかり。気になる賞はもはやノーベル賞ぐらいでしょう、か。
賞はさておいて、iQみてきました。後席に座っていて追突されたら…寒気がします。前もよく見えない。むかしのWILL VSを思わせるウインドウの小ささ。小さな車に不釣り合いなおおきな2ドア。iQ買うなら、少し借金してもミニ買うね、俺。以上。

投稿: 優路 | 2008年11月20日 (木) 04時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/25215363

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:月間販売ランキング:

« 新車心象風景:スバル・インプレッサアネシス | トップページ | 新車心象風景:スバル・デックス »