« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | Drive My Car:山形旅行・プラスワン »

雑誌ナナメ読み:プロと一般人

Wagonr  評論家の表現としては結構見かけるし、細かい話なんだけど、やっぱり気になるんである。

 たとえばいま売りのベストカーのワゴンR記事。乗り心地がソフトになった新型に対して有名評論家K氏曰く「個人的には先代のシャープさを好むけど、一般ユーザーなら新型を評価するだろう」

 まあ「一般」って言葉がどうなのかという問題はさておき、自分の好みは○○だけどフツーの人は××でしょうだなんて、プロの評論家としてはてんでダメでしょ。

 だって、自動車評論家というのは自分の価値観や感覚を総動員してクルマを客観的に評価するのが仕事なワケでしょ。明快な意見としてまとめて、それをユーザーに提供するのが。それが自分はこうだけど他の人は違うでしょ、なんていうのなら、この人が公共の媒体でモノを書く意味はないよね? そんなんだったら誰でも書けるし。

 評論家である自分が先代の走りを支持するのだったら、それはつまりプロが先代を評価しているということ。そうであるなら、説得力を持つ内容でその理由を示すのが仕事なんじゃないのかな? それができないのなら書くべきではないし、単純に好き嫌いだとしてもやっぱり書くべきじゃないでしょ。

 「慣れ」なんだろうなあと思う。個人的に、とか書いておけばべつに問題じゃないでしょっていう。自分と一般人の感覚は違うんだからこれでいいと。

 本当はその「差」こそがプロの証なんであって、どうユーザーを納得させるのかが腕の見せ所だと思う。小さい話のようで、結構重要なことだと思うんだけれどね。

 さて、明日から久々にちょっとしたロングツーリングに出かけてきます。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | Drive My Car:山形旅行・プラスワン »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

そういう書き方をする書き手が多いから「シャープ=いい車。ソフト=凡人向け」みたいなイメージができあがってしまう。

なんでもかんでもスポーティだのシャープだのになったのは、K氏のような書き手(あえて評論家とは言わない)がいるからだと思っています。

ジャーナリストだとか評論家だとかいいながら、結局はただの編集者だったり「自称クルマ好き」ライターだったりするから困ったもんです。

投稿: LANDY | 2008年10月30日 (木) 00時19分

370Zの記事を読んでたもんだから気がつかなかった。

最近の風潮。
そう確信していても刺激的なことは薄めて遠まわしで書く。
悪い意味で大人ジャン。
そういうのが多くなりました。

戻りますが370Z  
フェアレディーが悪漢GTRに犯されて産んだガキ。
完成されたデザインをいじればいじるほど悪くなると言う良い見本。
あのヘッドランプ、
あのサイドウインドウ
歯無しババアの空気取り入れ口の牙。
見るも無残
良くぞここまでの酷いのをやってくれました。

乗り換える気が失せた(-_-;)

投稿: 佐衛門 | 2008年10月30日 (木) 16時16分

「○○製のダンパーだから良い」とかそういう訳の分からない事を平気で言う、あの評論家ですね。

文章表現は中学生並み。
読み終わった後、何とも納得がいかない不快な思いをしますね。

あんなので飯が食える評論家って一体何なんでしょ?

投稿: アレスタ | 2008年10月30日 (木) 22時08分

同業者です。実はわたくしも読んでいて「!?」と感じました。おっしゃるとおりだと思います。

投稿: OU812 | 2008年10月31日 (金) 00時01分

そのK氏が誰か分かりませんし、どんな内容かも知りませんから絶対的な事は言えませんが、別に良いんじゃないですか? 少なくともベタ褒めするよりは。
確かに「すぎもと」さんの言い分も、尤もな部分もありますが、人それぞれ違った意見や嗜好があり、その公約数的考えと自分の考えとの異差を、K氏自身がしっかりと把握していれば問題が少ないのではと、私は考えます。 そう考えたからこそ、自分の嗜好も披露したのでは無いかと思いますし、逆にいえば、ただ単に良い悪いではなく、そのK氏を基準点として何割落ちなら自分に合っているとか、少なくとも定期的に購読する人には、かえって判りやすい部分もあると思います。
更に言えば、その人なりのメーカーに対しての暗に苦言を呈する意味も含んでいる(例えば、コストをケチりやがってといった様な)場合も考えられると思います。 非難がましい事を書いてメーカーサイドに睨まれたら、試乗会を含めていろんな不利益を被る可能性も高いと思いますし、そうなれば今後の活動にも影響がでますからね。 だって、今は高名な杉江さん(だったっけ?本名)が「○○だらけの車選び」を出版した時、ほとんど犯人探し状態になった事は有名な話ですから。

投稿: 山の熊さん | 2008年11月 1日 (土) 14時40分

LANDYさん

スポーティ=いいクルマみたいのって、もうずっと昔からですけど、つまりそれがいまだに変わってないってことなんでしょうね。情けないですが。

佐衛門さん

そんなに今度のは酷いんですか? たしかに現行車はいいまとまりをしてますから、基本から考え直さないで安易にイメージだけ引き継いだらいけないと思います。

アレスタさん

ダンパーの話は常にどこかで書いてますね。ああいう書き方は恥ずかしいということにも気が付かないんでしょう。それが辛い。

OU812さん

ど、同業の方ですか? 賛同いただいたのも驚きですが、その前にこのブログを同業の方が読んでいらしたのがもっと驚きです。今後もよろしくお願いいたします。

山の熊さん

業界内の都合は何となく想像できますが、ユーザーがそれを配慮する必要はないと僕は思います。まーこんなもんでしょ、色々あるんだよ、じゃ昨今の末期的な政治と同じです。それをユーザーが言ってしまった瞬間から、どちらも「同罪」だと思います。僕らはそんなに”理解のある”消費者にならなくてもいいと思いいますが、どうでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2008年11月 2日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/24824247

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:プロと一般人:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | Drive My Car:山形旅行・プラスワン »