« Drive My Car:フロントガラス交換 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:ホンダ・オデッセイ

Odyssey   たとえば、日産の初代セフィーロやスバルのアルシオーネSVX、あるいはユーノス500とか。

 先進性や新提案が理解されず、最後まで販売台数に結びつかなかった残念なクルマは結構ある。その場合はたいていフェードアウトするか、趣旨換えしてつまらないクルマになったりするのが常だ。けれども、新しいオデッセイはそうじゃなかった。

 FCXクラリティで提示された新しい顔や、最近のフィットやフリードと同様V字基調のリアまわりをしっかり採用しているけれど、シルエットとしちゃあ、まあ同じだ。だから、ホンダは低床構造を利用したこの低いボディに相当な自信を持っているんだと思う。

 つまり、先代はちょっとしたタイミングが悪かった、という判断なんじゃないかと思うんである。クルマとしてはよかったのに、この背の低さがうまく伝わらなかった。いいタイミング、うまい広報をもってすれば本当は成功する筈なんだと。

 じゃあ、どうしようか? まずは先述の新しい顔やリアの移植。そして、いまどきの抑揚のある面に、分かりやすいキャラクターラインで「同じようだけど、カッコよくなったでしょ?」というメッセージ。これで再チャレンジを敢行したんである。もちろん、昨今の状況を勘案した燃費対策や各種便利機能も忘れていない。

 で、もうひとつ奮発してジョージ・クルーニーの起用だ。「男」というベタなコピーとともに、インパクトのある広報活動で再チャレンジを支援する。これでどうだ、今度は納得したか? とユーザーに問う。

 個人的には、ショルダーラインを筆頭にスタイリングの明快さがすっかり消えてしまったのが?なんだけど、ただ、面白い提案だった先代の商業的失敗に再チャレンジした点にはとても興味がある。これが明らかに成功すれば、かなり貴重な実験結果になる筈だと思うんである。

|

« Drive My Car:フロントガラス交換 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

先代オデッセイって、失敗作ですかね?
モデル末期は駄目だったでしょうが、比較的うまく売れていたと思いますが。その証拠に現行ステップワゴンや2代目オデッセイのようなビッグマイナーをしませんでしたし…
4代目は、2代目以上に完全なるキープコンセプトで、そこにFCXクラリティのマスクを移植したようなデザインですね。
残念なのは、この仰々しいメッキのフロントマスクや、先代に比べてワイド感を強調したテールランプ、そしてリアフェンダーの余計なブリスターの処理がどこかぎこちないですね。特にテールゲート周りはバランスが悪いですね。
しかもインテリアにいたっては、よく観察しないと見分けがつかない。

ミニバン、コンパクトカーと展開する低床フロアパッケージは評価できますが、そのパッケージを生かしながら、センスのいいデザインがでてこないのがホンダの欠点ですね。
来年早々出るインサイトも、デザインからして価格以外見どころがないのも惜しいですね。
この不況下で失敗が許されないとは言え、安定的なキープコンセプト路線を続けられても、余計クルマを買い替えなくなるのではと…
まぁばんたび変わりまくるモデルチェンジも困りものですが、もう少し息が長くて、変わった時にハッとさせるデザインをしたモデルチェンジをしていただけないものでしょうかね。

投稿: アクシオム | 2008年10月20日 (月) 09時03分

たしかに自信をもって投入した低床ワゴンなのでしょうが、私にはパジェロやekワゴンのモデルチェンジに近いもののように思えてしまいます。

実際見ると先代か?と思うほどプロポーションは同じだし、内装も先代と骨格は同じようです。

新車が売れなくなったこのご時世、開発費も少ないのかなぁと思ってしまいました。まぁ低床ワゴンというスタイルを変える必要はなかったのでしょうけど。

投稿: LANDY | 2008年10月20日 (月) 11時02分

ジャンレノがアルファード
ジョージクルーニーがオデッセィ
   
      か

日本人を馬鹿にしてると思わないカイ!!
この2人と、
この手のミニバンに家族を乗せて送り迎えをする亭主たちと、共通項ってあるの。

せめて
神楽坂署生活安全課の舘ひろし
はみだし弁護士・巽志郎の三浦友和
あたりだったら
親近感もあるだろうが、
この手のゴージャス2人にネェ。

アッそうか!!!!
馬鹿女房狙いかイィ(-_-;)

投稿: 佐衛門 | 2008年10月20日 (月) 15時45分

「え?もうモデルチェンジなの?」
個人的にはそんな印象です。
それくらい、先代モデルが先鋭的だったのかなぁと。
フロントマスクは独特ですね。
ちょっと頬のあたりがノッペリしてるのが難ですが・・・
デーモン小暮閣下みたい。

投稿: アレスタ | 2008年10月20日 (月) 21時17分

今やオデッセイってニッチ商品かなと思います。普通に多人数乗りたい人は、箱型のミニバンを選ぶのが一般的でしょう。ホンダ自身にエリシオン、ステップワゴンとストリームがあり、登場時に比べオデッセイの目指すべき方向が見えにくくなっていると思います。高級感?走り?アブソルートとか、こんな車で攻めてどうするんだ、という感想しか出ません。集団自殺する気かと。
今度のデザインに関しては…凄く悪くはないけれど、何かコメントしたい意欲が出ませんね。情感が無いというか。まあ昔からホンダって、一部の優れた車を除いて、デザイン的には無味乾燥なのが多いですけどね。バイク好きとしては頑張って欲しいものです。

投稿: yad | 2008年10月21日 (火) 12時54分

皆さん言っておられますが、3代目に今のホンダデザインの顔とお尻をくっつけただけに見えますね。ユーノス500、SVXとは違い最近のホンダお得意の線を色々弄っただけの「スタイリング」に過ぎないのではないでしょうか。
「デザイン」を根本的に考え直す時期に、ホンダもその他のメーカーも来ているのでは?スズキは、日本のメーカーでは、がんばっていると思いますが。 醜悪なデザインが増えてわくわく感が無いですねぇ。
ちなみに、自分の車は、分不相応にもプジョー406クーペです。 ではでは。

投稿: ぷじお | 2008年10月21日 (火) 22時40分

アクシオムさん

スタイリングについては個人的に後退していると思います。リアの不安定感はフリードに似てますし。先代は明快なショルダーラインとシンプルな面、低全高を生かす独特のフロントフェイスなど、よくまとまっていたと思います。シルエットは同じだけど、そういうまとまりがふっ飛んでしまいましたね。

LANDYさん

内装はもしかしたら外装より同じに見えるかもしれませんね。先代は内装も評判よかったので変えるつもりはなかったのでしょうね。

佐衛門さん

ホンダは昔からTVCFに外国人を多く使いますよね。とくに有名俳優でなくても外国人が多い。そもそも、それは何でなのでしょうね。

アレスタさん

FCXクラリティに限っては、まあコンセプトカーでもあるし面白いなあとは思いますが、これが量産車の顔として色々な車種に展開するべき処理かというと?ですね。

yadさん

集団自殺・・・ですか。前にも書きましたけど、日本のユーザーは普通の生活にはないものまでクルマには求めるそうです。ミニバンなのにスポーティとか走りとか、これもそういう「何でも欲しい」のひとつかもしれませんね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月21日 (火) 22時45分

先日(F1日本GPの前日)、青山1丁目駅から地上に出たとたん、ホンダ本社至近のビルの上に「男ですから!」と書かれたでっかい看板を発見。まだオデッセイの現物が出てなかった頃で、ホンダのショールームにも現物はありませんでした。その「男」とはジョージ・クルーニーだったのか…。CMでは、クルマを右側に寄せてパーキングメーターに近寄る。でもハンドルは右。クルーニーも右側に降りてくる。右ハンドルの日本仕様車で撮影したのか。うーん、よくわからないCM。
「フェリオ!」とジョディー・フォスターが叫んでみたり、ブラピが笑って、ナレーションが「ホンダ、買うボーイ」だったり、とハリウッドスター好きのホンダ。ディカプリオも使ってなかったっけ。個人的には「シロとイチゴ」のスズキのCMが印象に残っていますが。ま、別にホンダが自分のカネでCMに誰使おうと勝手、キープコンセプトだろうとなんだろうとそれも勝手。売れればそれが「正義」。ただこのご時世にオデッセイがヒットするか、と言われれば…。私の職場に、先代が出たばかりの頃衝動買いした人はいましたが。
フリードCMに出てきたジョン・レノンの息子がすっかりおじさんになっていたのにびっくり。それもそうだ。私なんかどちらかといえば「おじいさん」と呼ばれる人も出てきそうな(実際いるらしい)年齢になっているし。
フリード、ステップワゴン、オデッセイ。おっとストリームもあったな。ホンダの中でさえミニバンまみれ。何を買えば幸せになれるのか。難しい問題だ。
次のインサイトのCMにハリウッドの誰を起用するのか、楽しみです(笑)。

投稿: 優路 | 2008年10月29日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/24613892

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・オデッセイ:

« Drive My Car:フロントガラス交換 | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »