« 新車心象風景:スズキ・ワゴンR | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・bB »

新車心象風景:日産・ムラーノ

Murano  たとえば、V35スカイラインのクーペとか、トヨタのヴィッツとか。非常に明快なテーマを持ち、とても息の長そうなスタイルのクルマが、モデルチェンジでその明快さを失うことが稀にある。ムラーノもそういう気がする1台なんである。

 スカイラインやヴィッツがそうであるように、部分的には新しそうなラインや抑揚を手に入れるのだけど、カチっと決まっていたテーマが薄れてしまって、何となくボンヤリしたイメージが漂う。

 新しいムラーノも、未来ちっくなフロントグリル、巨大なホイールアーチフレア、いまどきっぽいショルダーライン、デュアリスみたいなリアランプと、新しさいっぱいの要素が溢れている。けれども、全体として「こういうカタチなんだ!」という明快な意図が読めないんである。

 先代はマーチの親分のように、ボディの上下をハッキリしたラインで分けるというテーマがひと目で分かった。フロントランプもリアランプもそのラインに沿って配置されていて流れがあり、とにかく破綻や無理がなかった。で、何よりオリジナリティも。

 ま、北米はこういうのが好まれるから、と言われてしまえば「そうなんですか」としか言いようがないし、とんでもなく酷いとかって話じゃない。ただ、ゴーン改革時に一気に出た秀作達に比べると、何だか最近の日産は少々ムラがあるというか、思い切りがないというか。

 キーデザイナーの強い「想い」のようなものが感じられないのが残念なんである。

|

« 新車心象風景:スズキ・ワゴンR | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・bB »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

今回はすぎもとさんの意見にほぼ全面同意です。何というか、これ単体で見ている分には特に悪いって程でもないのですが、先代と比べてしまうと明らかに退化ですね。
先代が思ったより売れ、またカジュアルSUVのつもりだったのにアメリカではレクサスなどと比較されてしまったため、今度のはプレミアムSUVとして世界でもっと売っていこうということらしいですね。その為には斬新さを抑えコンサバにということなのでしょう。そしてその狙い通り売れていくならば、残念ながらそれを否定しようがありません。
AllAboutで某評論家が「先代は斬新過ぎ、日本ではまるっきり浮いていてNGだが、今度のはOK」とコメントしているのを読んで絶句しましたが、案外皆その程度なのかもしれませんよ。

そうそう、冒頭の文にだけはちょっと異議があります。モデルチェンジで明快さを失うのは稀にでは無く、非常にしばしば起こることではないでしょうか。最近ではアウディTTとか。完成されたデザインを超えるのは、つくづく難しいと感じます。次のマーチやキューブもかなり心配です。

投稿: yad | 2008年10月 9日 (木) 12時42分

旧型のムラーノは、
ドキッとするようなトキメキガあったのだが、
今度のはネェ。
なんかギンヤンマのトンボ見たいだナァ。
丁度ランドクルーザーの80が出た頃、
サファリもモデルチェンジして試乗に行った事があった。
これもギンヤンマでネェ。
勿論80を買ったのだが。

ニッサンには世界に誇れる良いデザインの車が存在する。
フェアレディーZ-33
ディユアリス
スカイラインクーペ、
これらはひっくり返ったってトヨタはマネが出来ないほどだと思うのだが、
それ以上に酷いデザインの車も有るんだネェ。
それが日産品質といえばそうなのだが。

しかし
ここんところよくネェゾォニッサン!!

投稿: 佐衛門 | 2008年10月 9日 (木) 14時46分

yadさん

意見は合わなくてもいいのですが(笑)、でも合えば嬉しいですよね。
その評論家は何となく想像できますね、口調から。NGって誰に対してのNGなんでしょうね。マーチ、キューブは僕も心配です。とくにマーチは中途半端になりそうで。

佐衛門さん

そうなんです。日産はトヨタがひっくり返ってもできないようなクルマが作れるんですよね。デザインもそうなんですけど、自分で分かっているのかいないのか、結構自爆します。トヨタは日産が本気なるのを恐れている気もしますが、どうなんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月 9日 (木) 20時57分

新型ムラ―ノの評価、あまり高くないようですね。最近の日産は、全体的な造形をいじるより、ディテールをいじる傾向にありますね。キープコンセプトで無難にセールスを確保したいようでいて、新型であることを強調したく、ムラ―ノのようにフロントマスクを妙にいじくったり…
平板的だった面の処理を、フェンダーを中心に抑揚をつけて立体的にして質感を高く見せようとしていますが、ちょっとしつこいですね。
すぎもとさんが仰るとおり、テーマがわかりづらくなっているのは、その点にも要因があると思いますね。
テーマをクリアにしながら、質感の高いデザインができればいいのですが、両立はなかなかうまくいきませんね。
次は新型キューブに、次期Z。
キューブはすでに某サイトで見て期待できないものでした。
あとはZ。デザイン的にはムラ―ノ同様キープコンセプトのようですが、ホイールベースを縮めてダウンサイジングを図る点では期待しています。

投稿: アクシオム | 2008年10月 9日 (木) 22時31分

どうみても「退化」なデザインだと思います。
先代よりボディは大きくなっているのに、こじんまりした感じに見えます。

私は先代ムラーノ自体、欲しい車とは思いませんでしたが、テーマがしっかりあって「明快」なクルマであることは理解出来ましたし。

そう「誰にでも分かりやすい」ということが大事なのではないでしょうか。
やはりユーザーに媚び出したらこうなってしまうのですね。

まさに「ムラ」ーノですね(笑

投稿: アレスタ | 2008年10月 9日 (木) 23時37分

アクシオムさん

何だか妙に凝った面やラインを取り入れているけど、全体での主張がないというのは、個人的に近年の各メーカーとも社内デザイン中心体制になって余計に感じます。何だかんだでカロッツェリアに委託したものはその点が違うと。偏見かな?
Zは小さくするなら凝縮感のあるスタイルを望みたいですが、少なくともスクープにある妙なカタチのランプはどうかと思います。

アレスタさん

そうですね。誰にでも分かりやすくて、かつ新しいデザインというのは一番難しいのだと思います。そこで媚びたり、あるいは流行に乗ったりする例が多いのかもしれません。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月10日 (金) 22時41分

概ね、皆さんの意見に同感なのですが、デザイン的に強烈なインパクトと完成度を持ってデビューした車の次のモデルに、それと同等以上のインパクトを求めるのは酷な話です。

なぜなら、そういうデザインはおいそれと産出できるものじゃないですから。

問題は、同じインパクトを出せないなら、あえて変えるのではなく、良い部分は継承し、時代に合わせて変更すべきところは磨きをかけるということができない点だと思います。

そういう意味では、アウディTTは初代のインパクトを超えられないことを自覚したうえで、基本的な立体構成は変えずに、面のテイストなどを時代に合わせて変更したのは、上手い選択だったと思います。

もっとも、初代のような潔いまでの無機質なテイストやそれゆえの徹底した世界観というものは損なわれてしまいましたが、現行は現行でアリ(と共に初代を古く見せてしまう)と思わせるだけの完成度があるのは見事だと思います。(最近はアウディもディテールや細部の造型に走り、全体のバランスが二の次になっている感は否めませんが)

TTに比較してムラーノが残念なのは、初代で最もインパクトがあり、最もムラーノを象徴的に表現していた、立体構成に手を加えてしまったことです。TTのように面のテイストに手を加えるだけならまだしも、立体構成や小手先のディテールで新しさを演出しようとした結果、初代の最も魅力的だった部分までそぎ落としてしまったのは残念でなりません。

まあ、ムラーノ以降にデビューした車の中には、部分的にその立体構成を引用したような車もありましたし、サイドからリアに掛けての造型は、それ以前にデビューしたマーチや、最近のランチアとも共通性がありますから、それを継続することに抵抗があったのもわからないでもないですけどね。

投稿: KATSU | 2008年10月13日 (月) 12時57分

先ほどの補足

AllAboutで評論されている某氏ですが、氏にかんしてはカーデザイン云々を論じるだけのセンスを持ち合わせていないと思います。

アバンギャルドでレベルの高いデザインと奇をてらっただけで、陳腐なデザインを単に奇抜なデザインで受け付けないと同列に語ってしまう保守的な方って少なくないですけど、氏はまさにそんなタイプです。現行マーチをWillサイファを同列で否定するような人ですから(マーチのデザインレベル云々は抜きにしても、サイファよりは完成度が高いと断言できると思います)

まあ日本に比較的多い、保守的な方々のデザイン観には相性がいいでしょうけど。

しかし、どうして日産デザインはこうも落差がはげしいのか?と思いますね。

キューブは現行が傑作すぎることと、MCの流れからして期待できませんでしたが、アクシオムさん同様、案の定期待はずれでした。某海外サイトでみたフロントマスクだけでも変更して欲しいと思う次第です。

佐衛門さんがおっしゃるように、日産はものすごい傑作が出せる反面、それ以上に酷いデザインの車も出してしまう。日産に来てすぐのころの中村氏はとあるインタビューで、いいデザインの車があっても、平均以下のデザインの車種があると、会社のデザインのイメージを下げてしまうとおっしゃっていたのだが、だったらどうして現行ウイングロードのようなデザインを出してしまうのか…。仕事を抱えすぎてまともな判断ができないのであれば、一部の権限を委譲すべきかと思う。

それが、日産は良いデザインの次は10~12年サイクルのFMCにするかですね。先代Zやマーチといった傑作デザインからもFMCが失敗せずに済んだのは、モデルライフが長かったおかげで、日産デザイン停滞サイクルを乗り切ったからでしょうし。

投稿: KATSU | 2008年10月13日 (月) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/24370768

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・ムラーノ:

« 新車心象風景:スズキ・ワゴンR | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・bB »