« 新車心象風景:ホンダ・オデッセイ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:プロと一般人 »

雑誌記事:今日の取材

Img_1488  今日、青山で行われたトヨタIQの試乗会に行って来ました。

 会場はレストランを詰め所にして、隣接する大型駐車場にズラリと試乗車を並べるといった形。といっても僕は試乗じゃなく、開発者へのインタビューが目的です。

 これは、先日いすゞの記事を掲載したジェイズティーポの取材で、来月発売号へ向けたもの。話を聞いたのは40分程度でしたが、たぶん2ページくらいの記事になるのでは?と思います。

Img_1486_2  実は試乗会というのは初めてでした。今回はシティコミューター的なクルマということで都心が会場なので、まあ箱根あたりの試乗会とはだいぶ雰囲気が違うのでしょうけど、けっこうアッサリな感じで意外でしたね。なんかこう、キーの奪い合いみたいなイメージだったんですけど、来場者はパラパラ来る感じで、実に静かに時間が流れていました。

 記事の内容はそんなに意外性のあるものではありませんが、ちゃんと掲載されましたらお知らせします。

|

« 新車心象風景:ホンダ・オデッセイ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:プロと一般人 »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

この車売れるんでしょうかネェ。
正直
ネッツなんかでどうして売るのカネ。
レクサスで精一杯気取って売ったら良いジャン!!
そう思います。
見る気にもならん。
これ買うンだったらそれこそワゴンRのほうがなんぼか使い勝手が良い。

仕事柄、軽のワンボックスは重宝しています。
来年
ヴァモスのオフロードタイプ出るっちゅうんでね、
買い換えようかなって思ってます。
ランドクルーザーを40から乗ってきましたが、日本の山を走るんだったら軽のオフロードカーこれにかなうRV車は有りません。
四人ゆったり乗れる。
荷物は充分すぎるくらい載せる事ができる
それこそワン公一匹に四人分のキャンプ道具だって問題なし。
車体が小さいから一車線ぎりぎりの道路を直進してもユーターンして戻れる。
そもそも値段が安いから少々傷をつけてもネェ。

ヨーロッパのレクサス店の偉いさんが、
ヨーロッパの金持ちの
ヨーロッパの道路、駐車場事情に合った
二代目の車が必要だ
から生まれたIQ 
僻みではないが、もう少し日本の事情も加味してはくれまいかトヨタさん。
円がこれだけ上がったら結局のところ日本人に売るしかないでしょう。

投稿: 佐衛門 | 2008年10月25日 (土) 11時05分

お仕事ご苦労様です。

「iQのすべて」を見ましたが、技術的に見所の多そうなクルマですね。
トヨタの技術力というか、底力を感じさせますが、日本ではプレミアムコンパクトとして宣伝、販売しているせいか思っていたほど評判が芳しくないですね。

相当な技術をつぎ込んだから、開発費も相当かかっているようなので、今までの価格勝負ありきでは無理なんでしょう。ゆえにプレミアムを訴求せざるを得なかったと思いますが。
それにお金はそこそこあるけど、街中では小さい車がいいという層もいるから、そこへ狙った気はしますね。

もともとヨーロッパで売る車だから、iQに日本のコンパクトカーや軽自動車に求められる要件まで満たそうとすることは少々無理があると思います。
これはこれで、新しい商品として扱えばいいのではないでしょうか?
僕はクルマにあまり人を乗せないので、こういう少人数で割り切ったクルマもありかと思いますし。

デザインとしては、スマートのファニーさとは違った、緊張感というか、ちょっと膨らんだ感じのある面のつくりがいいですね。
レクサスで売るには、このままでいいのかと言われれば、ブランド的に違うデザイン哲学で作り直さなければいけないしょう。それならレクサス仕様を別に作っていただきたいですね。

投稿: アクシオム | 2008年10月27日 (月) 09時32分

このiQの実車ををトヨタ系の部品メーカーで目にしました。 そこで感じたことは なぜトヨタはまたカローラやラクティスなど一つランク上の車種と同様なカラーリング設定をしたのだろうか?という疑問です。
 このiQはひとつ方向性を変えると近年姿を消していた 非常に面白い車となるように思えたのです。
1980年代にホンダが発売した あの「シティ」の平成版的なスタンスであったなら もっと話題を呼び 若者のの自動車への興味を引き出したと思えるのですが。
 必要なのはホンダがシティを登場させたあのインパクトです。カラーリングもビビッドなイエローやサックスブルー、オレンジ、グリーンなどを使い、インテリアも楽しい雰囲気にするなど従来のトヨタに無いイメージであったなら。 
ルノーの旧トゥインゴのようなイメージで楽しさがあふれていれば・・・
 トヨタはどうも中途半端な気がします。

投稿: kunnta | 2008年10月28日 (火) 13時49分

佐衛門さん

このクルマには色々な意味で実験商品なんでしょうね。軽と比べる人には売れないのは承知だろうし。もちろん主戦場は欧州だろうし。その中で日本での反応はどうか? それを確かめることができる余裕があるということでしょうね、トヨタには。

アクシオムさん

僕も同じ意見です。価格にしても、この技術博覧会みたいなクルマだと考えれば個人的には破格だと思いますし。ただ、プレミアムという表現はやめた方がいいと思いますね。狙いとは別のイメージが付いちゃうんじゃないかと。

kuuntaさん

僕もそう感じていました。これは欧州、とくにフランスあたりのセダンで見る色ですが、やっぱりある車格を示したかったんでしょうね。でも、小さなクルマにはポップな色が欲しいです。この辺、昔からトヨタは配色が上手くないですよ。カラーデザインについては日産より10年遅れてるんじゃないでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月28日 (火) 20時38分

すぎもとさんが同じ感想をもたれたとは・・・

やはりトヨタはこの辺の感性力アップが課題なのでしょうか?

投稿: kunnta | 2008年10月30日 (木) 10時23分

iQの実物は、どんなものでしょうか?
雑誌では相変わらず、良い事しか書いて無い様ですが。
デザインも微妙に、かわいくも無く、かっこよくも無く。色々、数理的?とか薀蓄があるようですが、理屈を言わないとわからないデザインはどうなんでしょうか?
素直に、アイゴでも輸入してもよかったのでは?
また、値段も高いですね。毎年、バルブ一個2円3円の物を数銭単位で値下げを要求してくる会社の利益は、どこへ行っているのでしょうか。トヨタ車を見るたびに考えてしまいます。

投稿: ぷじお | 2008年10月31日 (金) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/24725236

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:今日の取材:

« 新車心象風景:ホンダ・オデッセイ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:プロと一般人 »